就活その他

【北海道の就職偏差値が高い企業とは】主要5社を紹介

そもそも就職偏差値とは


北海道で就職しようと考えたときに、就職偏差値を参考にして志望企業を選ぶ人は多いです。就職偏差値は企業への就職難易度や就職活動に必要な能力を数値化したものであり、就職先を決める指標の一つとして考えられています。

就職偏差値を参考にして、志望先を決めている人は多いですが、実は就職偏差値は定義が曖昧であり、参考にならないことも多いです。また、就職偏差値だけで就職先を決めてしまうと就活に失敗する可能性がありますし、就職できても入社後にギャップを感じてしまうことも多いです。

就職偏差値だけで就職先を決めてしまうのはよくありません。北海道にはさまざまな企業がありますので、就職偏差値以外の指標も確認して、自分に合った企業を見つけていきましょう。

企業の就職偏差値だけでなく、自分の就活偏差値を知ることによって就活に対するレベルの把握ができます。この就活力は自分のできていない部分の把握により、高めることもでkますので、まずは下記の資料から自分の就活偏差値を調べてみてください。

就職偏差値を参考にしない方がいい理由

就活を進めるためには、まずは志望する業界や企業を決めていかなければなりません。志望先を決める方法は人によってさまざまであり、中には就職偏差値を参考にして企業を決めている人もいます。

就職偏差値は企業選びの指標の一つとして考えられていますが、参考にしない方がいいものです。就職偏差値だけを参考にしてしまうと、失敗してしまう可能性も高いです。就職偏差値を参考にしない方がいい理由を知り、別の指標も知って就活を上手に進めていきましょう。

定義があいまいで情報が錯乱している

就職偏差値を参考にしない方がいい理由としては、定義が曖昧で情報が錯乱していることが挙げられます。就職偏差値はもともとネットの掲示板で生まれた言葉であり、根拠のある情報ではありません。

信憑性に欠けるため、必ずしも当たっているとは限らなく、数字がすべてではないため、あてにしない方がいいです。就職偏差値はあくまで指標の一つであり、すべてではありませんし、話半分に知っておく程度のものです。

就職偏差値だけを頼りに就活を進めてしまうと、情報と現実の違いによって就活が上手くいかないことも多く、失敗の原因になってしまいます。数字を知っておくこと自体は問題ありませんが、それを完全に信じて就活の指標にしてしまわないようにしましょう。

就職偏差値以外にも参考にすべき情報

就職偏差値を参考にしない場合は、何を参考にすればいいかわからないと悩む人は多いですが、就職偏差値以外にも参考にすべき情報はたくさんあります。平均年収や企業の売上高、それ以外にも新卒の定着率など参考にすべき情報はたくさんあり、これらは信憑性の高いものです。

企業のホームページや就活サイトなどを確認すればこれらの情報はわかりますし、わざわざ信憑性の低い就職偏差値を参考にする必要はありません。企業の規模を知りたければ売上高、給料を知りたければ平均年収、働きやすさを知りたければ新卒の定着率で企業のことを知ることはできます。

同じ数字でもこれらは信憑性の高いものですので、信頼できる情報を頼りに就活を進めていきましょう。

北海道で就職難易度が高いといわれる企業一覧

就職偏差値の他には、就職難易度と呼ばれる言葉があり、これは企業への就職の難しさを示したものです。これは明確な数値で表されるものではありませんが、例年の志望者数に対しての合格者数などから考えられているものです。

就職難易度が高い企業ほど、優良な企業である可能性が高く、難関でありながらも毎年多くの就活生が志望しています。北海道で就職難易度が高いといわれる企業一覧をチェックして、就職先選びの参考にしていきましょう。

株式会社ニトリ

株式会社ニトリは東京と北海道に本社を置く企業であり、家具やインテリアの企画、製造、販売などの事業を展開しています。ニトリは家具製造のメーカーとしての役割を担っている一方で、流通や販売についてもすべて自社企業でまかなっています。

メーカー、流通、商社、小売の役割すべてを担っている企業であり、自社製品が多いことも大きな強みです。取り扱っている商品の約85%が自社製品であり、低価格で高品質な商品展開で多くの顧客を獲得しています。

平均年収は877万円と高い水準にあり、メーカー、流通、商社、小売それぞれの業界で考えても、平均年収は高いです。教育制度も充実していますし、給料水準も高く、働きやすい企業であると言えます。

日本アイビーエム・ソリューション・サービス株式会社

日本アイビーエム・ソリューション・サービス株式会社は、金融業界向けのシステム開発を主な事業としておこなっている企業です。銀行、保険、クレジットカードなどの金融系システムをメイン事業として、官公庁向けシステムなども開発しており、活躍の幅は広いです。

システム開発だけではなく、システムの維持や保守、運用などサービスも展開しており、システム導入後のサポートも手厚くおこなっています。東京都と北海道の札幌に事業拠点があり、通信によって東京都のタイムラグなく仕事を進めることができます。

平均年収は600~800万円程度であり、自身の努力次第で、さらに高年収を目指すことも可能です。プログラミングのスペシャリストとして活躍することができ、その後のキャリアプランについてもさまざまなものが用意されています。

株式会社AIRDO

株式会社AIRDOは北海道に本社を置き、北海道と本州を結ぶ航空会社です。「北海道の翼」として北海道内の6つの都市と本州間で12の路線を運航しており、北海道のインフラとして欠かせない存在です。

地域社会に貢献することを目標に事業が展開されており、機内サービスなどにも北海道が感じられるさまざまな工夫がなされています。北海道にこだわった無料のドリンクの提供や機内誌「rapora(ラポラ)」や機内映像において北海道の魅力について情報発信をおこなっています。

地域に根差した企業であり、北海道に貢献したい人におすすめの企業です。AIRD0の平均年収は603万円です。他業界と比べれば平均、あるいはやや高い水準にありますし、自身の努力次第ではさらに高い年収を目指すことができます。

DCMホーマック株式会社

DCMホーマック株式会社は、北海道に本社を置く企業であり、地域に根差すホームセンターとして事業を展開しています。DCMホールディングスのグループ会社であり、株式会社カーマとダイキ株式会社との経営統合をおこなっている企業です。

統合により売上高は上昇し、国内として最大のホームセンターグループへと成長しています。ホームセンターとして事業を展開していますが、標準店と大型店2つのフォーマットによって、さまざまな層の顧客を獲得しています。

ニーズの異なるフォーマットを展開することで、地域社会に大きく貢献している企業です。平均年収は350~400万円程度であり、全体的な水準としてはそれほど高くはありません。しかし近隣のホームセンターと比べると高い水準ですし、福利厚生などは充実しています。

株式会社アレフ

株式会社アレフは東京と北海道に本社を置く企業であり、外食・レストラン事業を展開しています。レストランチェーンのびっくりドンキーをはじめ、さまざまな外食チェーンを手がけている企業です。

安全、安心なサービスの提供が目指されており、牛本来の食糧である牧草で飼育した「アレフナチュナルビーフ」など、使用する食材にさまざまな工夫がなされています。また農薬の使用を最小限にとどめた「省農薬米」なども手掛け、減農薬にも力を入れています。

安全性を高めるために、素材の研究や生産・買付、加工、サービスまでを自社で一貫しておこなっており、食材へのこだわりが強い企業です。平均年収は400~500万円程度であり、外食チェーンとしては高い水準にあります。

就職偏差値に惑わされず北海道で働こう!

就職先を決めるときに就職偏差値を参考にする人は多いですが、これは信憑性のないものです。就職偏差値はネットの掲示板から生まれた根拠のない情報であり、これを鵜呑みにしてしまうと、就職先選びに失敗してしまいます。

就職偏差値以外にも参考にすべき情報はたくさんありますし、それらを確認しながら就職先を決めていくことが大切です。企業の売上高や平均年収、さらには新卒の定着率など、知っておくべき情報はたくさんあります。

就職偏差値に惑わされてしまうと、より良い企業を選択することができませんし、自分に合った企業を見つけるのも難しくなります。根拠のない情報に騙されることなく、その他の指標を基準にして、就職先を決めていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ