職種研究

携帯ショップの志望動機の書き方|例文3選とNG例をご紹介

携帯ショップについて

携帯電話は、今や子供から高齢者まで生活に欠かすことのできない機器となりました。しかし、機種の操作方法や料金プランなどわかりづらい面も多く、プロの立場として携帯ショップのスタッフが担う役割は増えていると言っていいでしょう。

携帯ショップでは最新機種をいち早く触ることができるため、新しい携帯電話やスマートフォンに興味がある人は楽しく働くことができるはずです。ここでは、携帯ショップの主な業務内容や、志望動機を考える際のポイントを例文を交えながらご紹介していきます。志望動機を考える際の参考にしてみてください。

携帯ショップの主な業務内容

携帯ショップの主な業務内容は、携帯機種やスマートフォンの販売・機種変更、料金プランや各種サービスの案内、料金の収納、住所など契約内容の変更、修理の受付などです。その他、店内のディスプレイや清掃業務、販促のための企画の実施、電話応対などもおこないます。

携帯電話は次々と新機種が発売されており、それに伴って料金プランも改定されていきます。携帯ショップは、常に勉強し続ける必要がある職業です。

志望動機を書く際のポイント

携帯ショップの志望動機を考える際に大切なことは、「なぜ携帯ショップで働きたいのか」「なぜその会社(店)で働きたいのか」「自分の特性や経験を業務にどのように活かしていきたいか」をわかりやすくまとめることです。

まずは、携帯ショップのスタッフに求められる能力や適性を自分なりに洗い出してみましょう。そうすることで、自分の性格や経験がどのように業務に活かせるかイメージしやすくなり、なぜ携帯ショップで働きたいのかをはっきり掴むことができるでしょう。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

携帯ショップを志望する場合の志望動機の書き方をご紹介してきましたが、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に携帯ショップに採用される志望動機を完成させましょう。

携帯ショップの志望動機例文3選

それでは、携帯ショップの志望動機としてふさわしいのはどのようなものでしょうか。3つ例を挙げて見ていきましょう。

例文①

私が貴社を志望した動機は、「“自分たちのため”は“お客様のため”」という企業理念に共感したからです。私は今までアパレル店やファーストフード店などの接客業を経験してきましたが、お客様のためと業務に励むあまり、スタッフの体調や休息が二の次になってしまう場面に数多く遭遇してきました。
貴社は、まずスタッフ一人一人を大切にしてくださる姿勢が感じられ、貴社でなら安心して働くことができそうだと感じました。私も貴社の一員として、今までの接客業の経験を活かし、他のスタッフさんたちと協力しながら業務に励んでいきたいと思います。

こちらは、会社の社風や企業理念を盛り込んだ志望動機の例です。他の会社にはない特徴を挙げることで、その会社で働きたいのだというアピールになるでしょう。また、自分が今まで経験してきた具体的なエピソードを盛り込むことで、その会社に共感しているという気持ちが伝わりやすくなるはずです。

例文②

私が貴社を志望した動機は、雑貨店でのアルバイト経験を活かしたいと思ったからです。私が働いていた店はスタッフが少人数だったため、在庫管理から販促に至るまで様々な業務を経験させていただきました。POP制作や店内のディスプレイの経験もあります。
貴社は、お客様に商品やサービスの魅力が伝わりやすいよう、ディスプレイやPOPを非常に工夫されている印象を受けました。私も貴社の一員として、アルバイト経験を活かし、より訴求力の高い店作りに努めていきたいと思っています。

今までのアルバイト経験を業務に活かす方法を盛り込んだ志望動機の例です。携帯ショップのスタッフに求められる能力や適性を自分なりに洗い出し、自分の経験をどのように活かしていけるかを考えてみましょう。

例文③

私が貴店を志望した動機は、以前貴店を利用した際の対応が素晴らしく、私も貴店で働きたいと思ったからです。私の祖父が最近スマートフォンを持つようになり、付き添いで一緒に貴店を訪れたのですが、説明の声を大きくしたり、説明用のタブレット画面の文字を大きくしたりするなど、高齢の祖父に配慮した接客をしていただきました。私が貴店の一員となった際には、貴店のスタッフさんのように、お客様の年齢や状況に応じたきめ細かい対応をしていきたいと思っています。

最後に、自分が携帯ショップを利用してきて感じたことなどを盛り込む志望動機の例です。身近なエピソードを盛り込むとより具体性が出て、採用担当者の印象に残りやすくなるでしょう。それをふまえて、自分は携帯ショップでどのように働いていきたいかを伝えましょう。

携帯ショップの志望動機NG例

次に、携帯ショップの志望動機としてふさわしくない例を見てみましょう。どこがよくないのか考えながら読んでみてください。

NG例

私が貴社を志望する動機は、生活になくてはならない機器を人々に提供する仕事に魅力を感じたからです。今や携帯電話の普及率は◯◯%であり、私たちの生活とは切っても切れない存在となりました。
さらに、スマートフォンの進化も急速に進んでおり、スマートフォン所有者の数は日本だけで◯◯人にも及びます。私が貴社の一員となった際には、スマートフォンのさらなる普及に努め、お客様の生活を豊かにするお手伝いをしていきたいと思っています。

この例では、携帯電話を取り巻く状況についてよく調べてはいるものの、その結果を単にまとめただけという印象が強く、「携帯ショップで働きたい」という意欲があまり伝わってきません。

また、「自分がどのように業務に貢献していきたいのか」も曖昧なため、採用担当者にとっては「一緒に仕事をするメリット」がわかりづらいでしょう。「◯◯の経験を△△に活かしていきたい」「自分は◯◯な性格であり△△の面で貢献できると思う」といったように、できるだけ具体的に伝えるように心がけましょう。

携帯ショップの志望動機は説得力を大切にしよう

ここまで、携帯ショップの主な業務内容や、志望動機を考える際のポイントなどを見てきました。まずは「なぜ携帯ショップで働きたいのか」をしっかりとまとめましょう。他の接客業ではなく携帯ショップで働きたいのだということがしっかり伝われば、説得力が増します。

また、携帯会社の社風はそれぞれであり、「売り」にしているサービスも異なります。実際にショップを訪れることができれば一番良いですが、そうでなければ身近な人から話を聞くなど、できるだけ多くの情報を集めるようにしましょう。そうすることで、実際に働きはじめた時にも、自分の抱いていたイメージとのギャップに悩むようなことが少なくなるはずです。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ