インターン

【インターンシップでの目標はどのように設定するのか】設定をする理由やポイントを徹底解説

インターンとは

インターンにはただ漠然と参加するのではなく、明確な目標を持って参加することが大切です。インターンは職業体験として企業で働くことであり、多くの企業が開催している就活イベントです。インターンは1日から体験できる短期のものもあれば、数か月や1年にも及ぶ長期のものもあります。

それぞれで得られるものは違いますが、自分のためになることは確かですし、就活の対策としてインターンへの参加を目指す人は多いです。インターンは参加することでさまざまなことを学ぶことができますが、より有意義な時間にするためには目標を設定しておく必要があります。目標を定めずに参加してしまうと時間を無駄にしてしまう可能性も高いので、明確な目標を設定して有意義な時間を過ごしましょう。

就活成功には欠かすことの出来ないインターン

インターンの目標を設定するためには、そもそもなぜインターンへの参加が大切なのかを知っておく必要があります。インターンは就活対策としては欠かせないものとされていますが、その理由はさまざまです。インターンに参加することで得られるメリットはさまざまありますし、それらを得ることで就活をより有利に進めることができます。就活対策としてなぜインターンが優れているのかを知り、迷っている人も参加を検討してみましょう。

学生の半数がインターンに参加している

インターンは就活対策として欠かすことができないものとして考えられており、半数以上の学生が参加しています。半数以上の学生はインターンに参加してさまざまなことを身に付け、就活を有利に進めていますので、それに負けないためにも参加しておく必要があります。また就活の競争力を上げるためだけではなく、さまざまな学生と知り合い、人脈を広げておくことも就活では大切です。

インターンに参加している人は同じ志を持っていますし、共通の目標に向かって努力する仲間を作っておくことで、モチベーションを上げることができます。連絡先を交換しておけば、就活に必要な情報の共有などができる場合もありますし、就活を進める上で有利に働くことが多いです。

インターンに参加する目的

インターンに参加する目的

就職活動中の学生のほとんどは、企業が開催するインターンシップに参加することとなります。インターンに参加する目的は、就職する際に必要なスキルを把握するため、実際に働いている社員と交流するため、仕事を通じて自己分析をおこなうためなどがあります。

企業研究や、業界研究は一人でもできますが、インターンシップに参加して実際に仕事を経験することで、ホームページやパンフレットだけでは分からない企業の雰囲気なども体験できます。企業への理解がさらに深まり、就職活動に役立つ情報を得られるはずです。ここでは、インターンシップに参加する目的をそれぞれ詳しく紹介します。

①必要なスキルを把握するため

企業のインターンシップでは、学生でも社員の一員として扱われることになります。インターンの学生でも社員と同じように、実際の仕事を任されることもあります。社会人として仕事をしていく上で必要なスキルや、ビジネスマナーなどを経験するチャンスでもあります。

入社後の自分をイメージして、どのようなスキルが必要なのか、どんな資格があれば仕事に有利になりそうか、どのような能力があると役に立つのか、などをしっかりと把握しましょう。インターンシップ中に、自分に足りないと感じたスキルがあれば、それを補えるような工夫も大切です。必要なスキルを把握するという目的を持っておくと、インターンシップもより有意義なものになります。

②実際に働いている社員と交流するため

実際に企業で働いている社員との交流も、インターンシップの目的のひとつとして意識しておきましょう。先輩社員に直接話を聞ける機会はなかなかありません。疑問に思っていたことや、働いていてどのように感じているのかなど、質問するチャンスがあれば聞いてみましょう。社内の雰囲気は、外から見ただけでは分かりません。

上司との関係や、同僚とどのように協力しているのかなども知ることができます。事前に、先輩社員に聞いておきたい質問を考えておくのも良い方法です。先輩と交流して、社会人としての考え方に触れることで、今後の就職活動の参考になります。質問をすることも大切ですが、相手の都合も考え、業務の邪魔にならないように気を付けましょう。

③仕事を通じて自己分析するため

インターンシップに参加することで自己分析にも役立ちます。インターン先の企業を選ぶ時にも、なぜその企業や業界を選んだのかなども考えてみましょう。志望動機や、志望したきっかけなどをもう一度確認することで、自分の方向性が明確になります。実際にインターンシップに参加する際には、どんな目的を持っているのか、自分に合っているのかを確認します。

向いていると思った理由、反対に自分には合っていないと思う理由なども分析すると、これから目指すべきものが分かります。仕事を経験したことで、これまで気付かなかった自分の得意・不得意なども把握できるかもしれません。今後の就職活動に活かせるように、仕事を通じて自己分析をおこなってみましょう。

就活の軸を定めておくことも大切

就活を始める際には「就活の軸」を定めることが大切です。就活は内定を得ることが目的ですが、内定を得て入社した後も自分の選択に自信を持つことで、本当に就活が成功したといえるでしょう。しかし、就活の軸を定めることは難しいです。

そこで活用したいのが「就活の軸作成マニュアル」です。このマニュアルでは、就活の軸の作り方が詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、就活に迷いがある学生はぜひダウンロードしてみましょう。

インターンでの目標設定のポイント

インターンでの目標設定のポイントの画像

インターンを有意義な時間にするために目標の設定を欠かすことはできませんが、目標を決めるといっても何を目標にすればいいか分からない人も多いです。周りの人がみんな参加しているからと焦って参加を決めれば、目標が決められず困ることも多いですが、目標設定にはいくつかポイントがあります。ポイントを踏まえて考えていけば、自分に合った目標を設定することができるはずです。インターン参加前には必ず目標を設定し、有意義な時間を過ごして就活に役立てましょう。

①学びたい事を書き出す

インターンの目標を設定するためには、何を学び、身につけたいかを書き出すのがおすすめです。インターンに参加する目的は人によってさまざまですし、参加することで得られるメリットもたくさんあります。インターンで学べること、身に付けられることは一つではありませんので、まずは自分が求めるものを書き出して整理することが大切です。

学びたいことを整理することができれば、それが実現できる企業を選んでいきましょう。インターンではどの企業でも社会人に必要な基本的なスキルは学ぶことができますが、業界や企業に特化したスキルを学ぶ場合はインターン先にも注意が必要です。企業によっては職種でコースが分けらている場合もありますので、それも確認しておきましょう。

②克服したい課題を書き出す

インターンの目標としては、学びたいことや身に付けたい能力を探すだけではなく、自分の課題を克服することもおすすめです。インターンを通して学べることはさまざまありますし、場合によっては学んだこと、身に付けたスキルによって自身の課題が克服できる場合もあります。課題の克服を目指す場合も現在の自分の課題を書き出し、整理していきましょう。

課題によっては参加すべきインターン先が変わる場合もありますので、注意が必要です。例えばコミュニケーションが苦手な場合であれば、克服するためには営業関係のインターンがおすすめですし、課題に合わせてインターン先を変える必要があります。課題を明確にしてその克服を目指すことで、インターンを有意義な時間にしましょう。

インターンの目標例

インターンシップに参加する際には、目的を持っていると有意義に仕事ができます。企業で実際に仕事をする前に、自分なりに目標を立てておくようにしましょう。何の目標もなくただ参加するだけでは、せっかくの機会を無駄にしてしまうことになるかもしれません。また、目標に合わせてインターンシップ先を変える必要もあります。

企業の事業内容や特徴を事前に調べておき、自分の目的と合っているかも確認しておきましょう。ここでは、具体的にどんな目標を設定すれば良いのか、ビジネスマナー・スキルを身に付ける、仕事の実績を作る、人脈を広げるの3つの例を挙げて見ていきます。

ビジネスマナー・スキルを身に付ける

企業のインターンシップに参加することで、実際に企業で働いている社員と同様に仕事を任されることになります。企業の実務に関わり、社会人としての実践経験を積む貴重な機会です。責任も大きくなりますが、社会人として必要なマナーを学んだり、業務に必要なスキルは何なのかを学べます。

仕事をしていくなかで、自分に足りていないと思うものがあれば、今後そのスキルをアップさせるために、新しい課題も見つかるかもしれません。自分に必要なスキルやマナーはどんなものなのかを探す、という目的を意識するのも良いでしょう。学生時代では経験することのない、社会人としての実務経験ができる機会だという意識を持つことが大切です。ぜひこの機会に、ビジネスマナーやスキルを身に付けましょう。

仕事の実績を作る

インターンシップに参加する目標として、仕事の実績を作るということが挙げられます。インターン期間中にひとつでも、仕事においての実績を作ることを意識してみましょう。実績を作ることで、面接で好印象を与えられる可能性も高くなります。志望動機や、自己PRの際に、インターンシップでの仕事の実績を述べると効果的です。

例えば、プレゼンテーションで優勝した、出したアイデアが採用された、など具体的なエピソードがあると分かりやすくなります。そうした実績を採用試験の面接で話すと、仕事にも積極的に取り組んでいく人物であると評価されます。入社後も社員として、仕事での成果を出してくれると期待され、良い印象を残すことができます。

人脈を広げる

インターンシップで、人脈を広げるという目標を持って参加するのも良いでしょう。人脈を広げ、知り合いを増やしておくことで、今後の就職活動や社会人になってからの助けになります。社内の雰囲気や、どのような人が求められているかなど、就職活動のヒントとなる情報をもらえることもあります。分からないことや、疑問に思ったことなどを聞けば、参考になるアドバイスをもらえるかもしれません。

インターンの際に知り合いになった社員と関係を築いておくで、その後のOB・OG訪問につながる可能性もあります。また、同じくインターンシップに参加した学生と交流することで、就職についての情報交換ができます。現役の社会人として企業で働いている人と、話をする機会はなかなかありませんので、せひチャンスを活かせるようにしましょう。

具体的な目標を立てて有意義なインターンに

インターンに参加することにはさまざまなメリットがあり、就活を有利に進めるためにも積極的に参加しておく必要があります。インターンでしか得られない経験、学べないことも多いため、就活の対策としてもインターンは非常に優れています。インターンの参加はメリットが大きいですが、さらにメリットを得るためには明確な目標を立ててインターンに臨むことが大切です。

同じインターンに参加している場合でも、目標があるのとないのとでは得られるメリットは違いますし、目標があった方が断然有意義な時間を過ごすことができます。インターンを有意義な時間にするかどうかは目標の設定にかかっていますので、自分なりに目標を設定して、インターンの経験を就活に役立てていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ