インターン

インターンとは?就活生が知っておきたい実施意味や種類

インターンについて正しく理解して参加しよう!

就職活動の中で、内定というゴールをつかむためには、インターンは非常に重要な機会です。

インターンという言葉を聞いたことはあるけど、どんな活動をするのか、なんのためにやるのかわからないという学生も多いです。ここでは、インターンについて就活生にとって役立つ情報を紹介していきます。

インターンとは?

就職活動を始める前にインターンと聞いても、ピンとこない学生も非常に多いです。インターンは学生にとってだけでなく、企業にとってもメリットがあります。先ほども触れたとおり、そのインターンを正しく理解し、活かしていくことで内定に大きく近づきます。

職業体験制度

インターンの正式名称はインターンシップです。インターンはアルバイトと似ていると勘違いする方もいますが、目的が異なります。

アルバイトは、学生の労働力と時間の提供により賃金をもらうことが目的ですが、インターンシップは職業体験自体を目的にしています。ですので企業の一員としての責任を持ち、自分で考えて行動することが重要です。社会人と共に業務をこなすことで実践的なスキルが身に付けられます。

学生にとっては将来を見据えて業務がこなせる点は、大きなメリットでしょう。

種類は1day・短期・長期の3つ

インターンは参加時間によって、1day・短期・長期があります。当然ながら、インターンごとに参加のメリットがあります。

1dayのメリットは、1日のみのためスケジュールが組みやすい点にあります。開催日も多いため、参加できる確率も高いのもメリットです。しかし、企業の詳細を理解するには短く、直接内定に繋がることがほぼありません。

数日~1週間程の短期も、日数の短さから参加しやすいのがメリットと言えます。デメリットは応募率の高さで、1dayより企業に深く関われるため応募者が多くなり全員が参加できるわけではないため選考対策が必要です。

長期のメリットは企業について深く知れる点と、実際の業務を体験できる点です。デメリットとして、社員同様拘束時間が長いことを挙げる人もいるでしょう。

本選への参加条件となっているケースもある

インターンは企業としても非常に重要な機会になります。大手の企業によってはインターンへの参加はマストとしている会社があり、インターンに参加していない学生は応募もできないことがあります。企業としても貴重な時間と人材をインターンに割くことにより、より新しい人材との出会いを期待しているのです。

またマストではないにせよ、参加が有効になるケースもあります。インターンは会社の人と直接つながりを持てる時間でもあります。

直接のつながりにより、学生にとっては企業や採用担当者に対して自分のアピールをする場所であると把握してください。できれば志望する企業を前もって絞っておき、その企業のインターンシップに参加するようにしましょう。

インターンの時期までに、自己分析を終わらせておこう

就活には自己分析が必須。遅くても、インターンの時期までに終わらせる必要があります。ただ、やり方がわからず、上手く進められない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、万全の準備を整え、内定への最短距離を走りましょう。

海外でもインターンは可能

null

現代社会は動きが早いのが特徴です。その傾向が顕著に現れているのはグローバル化ではないでしょうか。日本国内でもグローバル化の傾向は非常に高まっており、そういった動きが学生にも生じています。

そんな中、海外志向の強い学生を受け入れるためにインターンを開催している海外の日系企業やローカル企業も増加しています。そういった海外でのインターンを海外インターンと呼びます。ここでは海外インターンのメリット・デメリットを説明していきます。

海外インターンに参加するメリットとデメリット

海外インターンは海外で仕事をしたい人にとっては非常に魅力的なインターンではないでしょうか。海外でインターンをすることによるメリットは、世界を俯瞰的に見る目が付くというところです。また海外の語学を学びながら、給料をもらって実務を経験できる点です。

それにより、日本国内では体験できない非常に濃密な体験をしたり、本人の意識次第で大きな力をつけることができる機会となります。しかし、海外インターンは短期ではなく長期がほとんどですので参加の時期には注意しましょう。

参加するために必要な条件

海外インターンに参加するために必要な条件を設けている企業もあります。設けられている条件は高い英語力などさまざまなものがありますが、ここではその条件について説明していきます。

企業によっては学生のスキルを見ます。また該当する職業は専門学生・大学生と社会人等の区分があり、インターン先の国や参加企業によってはビザを取得する必要が出てきます。さらに、経歴を問われることもあるので学校の講義の専攻や学歴については企業の募集要項きちんと確認して、応募するようにしていきましょう。

インターンへの参加方法

インターンへ参加するには、開催している企業の検索から始まります。基本的に就活サイトや企業ページに掲載しているケースがほとんどですが、他にも大学のキャリアセンターでも参加募集がされている場合もあります。これらの場所を定期的にチェックすることで、求めている企業へのインターンが開催されるかどうか、確認しやすいでしょう。

それぞれの利点などもあるので、ひとつの方法に頼らず、複数の方法に頼るようにしましょう。

就活の総合サイト

就活を始めると最初に登録する就活サイトでは、企業の情報を総合的に手に入れやすいです。更に就活サイトでは、インターンへの参加登録も簡単におこなえるのがメリットといえます。

基本的にインターンでは、個人情報の入力などが必要になります。就活サイトでは事前に登録した情報を用いて、サイト内の専用ページから少ないクリックで参加応募することができるようになっているため、手軽にインターンへの参加表明をすることができるのです。またインターンについての詳細な口コミを調べることができたり、説明会などにも参加しやすいのも、就活総合サイトを使うメリットといえるでしょう。

その分、インターンに気軽に応募する就活生も多くなるので、競争率は高くなるかもしれないので注意しましょう。

企業ホームページ

企業が独自に作っているインターン用サイトからも、応募フォームなどが用意されている場合が多いため、パソコンやスマートフォンから簡単に応募が可能です。

企業のインターンページの場合は、就活総合サイト以上にインターンの詳細について記載されていることも多くあり、またインターンの写真も合わせて掲載されている場合が多いです。企業側からの情報が充実しているので、企業ページは実際にインターンに参加した際のイメージを掴むのに最適と言えます。

その分、応募の際の個人情報は個別に入力をしなくてはいけない場合がほとんどです。誤入力をすると正しく選考に進めなくなるため、入力情報には注意しましょう。

大学のキャリアセンター

大学のキャリアセンターから参加できるインターンは、ネット上では応募がなかなかできない企業へのインターン情報も取り扱っているケースがあります。

このように、大学では法人同士の横のつながりもあって、一般的な就活では見つけにくい企業や業界へのインターンに参加するきっかけにできるのがメリットです。また大学の学科に関連のある業界の企業情報やインターン情報も入りやすくなっています。

また大学のキャリアセンターは就活についての相談もできるので、インターンに向けての不安なども一緒に相談してみましょう。

インターンを知って就活をスムーズに進めよう!

null

インターンは企業においても学生においても、メリットの多い機会です。学生にとっては、実際に社会人と共に業務をこなすことができる貴重な機会です。社会や業界を知れるため、参加後の学生生活や就活に大きな影響が出るでしょう。

自分のビジョンを持ってインターンシップに参加し、社会人に近い目線で業務にチャレンジできれば、仕事の魅力を発見できるチャンスになるでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ