職種研究

【アパレルの営業職とは】仕事内容から志望動機例文まで紹介

アパレル業界の営業として働くには

「昔から洋服が好き」「バリバリ働きたい」などという就活生にとって、アパレル業界の営業職はうってつけの仕事かもしれません。現状ですでに、志望する業界・職種として就職に向けて動き出している人もいるでしょう。とはいえ、「どんな人が向いている仕事なのか」「他業界の営業職と違う点は何か」など、詳しく知りたい人もたくさんいるかもしれません。

そこでこの記事では、アパレル業界の営業に関する情報を紹介していきます。具体的には、求められる人物像、詳しい仕事内容、志望動機の書き方などです。人気のある仕事のひとつでもありますので、事前にしっかりと知識を蓄え、他の就活生に負けないようにしましょう。

営業職は製造会社や卸問屋に勤める

アパレル業界の営業職で働く場合、実際の就職先にはどのような企業に勤めることが多いのでしょうか。アパレルは衣服・ファッションに関する業界です。衣類を製造・販売・企画などしている会社がまず思い浮かびます。また、総合的なアパレルのメーカーだけでなく、専門的な分野に特化して製造している企業、卸問屋、そして海外などから仕入れをして販売する商社などさまざまな企業があります。

もし自分が将来アパレル業界の営業として働きたい、という場合にはどのような形で営業をしていきたいのか、ということをまず念頭に置いて探すようにしてみましょう。営業職でスタートして、将来は企画や経営・プロデュースなど総合的にアパレルの仕事をしたい、という人は大手の総合アパレル企業が向いています。また専門的な特定のアパレルにのみに興味があるなら、専門のアパレル会社に勤めるなど選択が違ってきます。

志望動機が思い浮かばない時は、志望動機作成ツールを活用しよう

志望動機の内容が薄いと、人事に採用されません。選考を突破するには、志望動機を作り込む必要があります。

そこで活用したいのが志望動機作成ツールの「志望動機ジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで、理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードできるので、ぜひ活用して採用される志望動機を完成させましょう。

アパレル業界における営業の仕事内容

アパレル業界の営業職はどういった仕事内容なのでしょうか。もちろん、企業や所属部署、扱う商品やブランドなどによって業務は大きく異なるでしょう。基本的には洋服などを販売する仕事ではありますが、一般的な営業職と違う点はあるのでしょうか。

どの業界でも、売り上げを作るポジションである営業職は、大変責務のあるポジションです。「バリバリ働く」というイメージが強い仕事だといえます。その分、やりがいや達成感は格別なものになるでしょう。

取り扱う商品を小売店に紹介しに行く

アパレルの営業は、たくさんの方法やルートがあります。営業の基本の仕事は、自分の会社以外に自社商品や仕入れ商品を売り込み、利益を上げることなどですので、他業種の営業職とあまり変わりがありません。

その営業のルートのひとつが、自社の商品を未開拓の小売店に売り込みに行く、というものです。また、すでに取引がある企業に対しても、新しい商品を購入してもらうように説明をしにいくこともあります。

どちらにしても、自社の製品をPRして売り込みをかける業務になります。既存に取引している小売店の場合は、担当者同士で人間関係ができている場合も多いですので、新規の商品の紹介をしやすいというメリットがあります。

在庫管理

商品を売る仕事につきものではありますが、在庫管理もアパレル業界の営業職の役割といえるでしょう。「売れない商品ばかり在庫がおさえてある」などの状況では、店舗側も困ってしまいます。

在庫管理のポイントとなるのは、売れるのか売れないのか商品を見極めることです。「サイズがない」「色がない」などの在庫が切れた時も、各スタッフと連携して速やかに補充しなければ、売り上げに大きく関わってしまいます。

追加商品の選定に頭を悩ませることもあるでしょう。企業によっては、在庫管理のキャリアアップの道として、営業職や企画職などがあるようです。つまり、それほどこの仕事内容は、売り上げにおいて欠かせないものになっているのです。

展示会の対応と商談

アパレルメーカーは展示会で新製品の発表や人気商品の紹介をおこない、新規顧客や新規取引先を開拓します。来場者の反応を見て商品づくりのヒントにしたり、マーケティング方法を考えたりと、展示会には多くのビジネスチャンスがあります。展示会に訪れる小売店や百貨店のバイヤーなどと商談をおこない、自社商品を購入してもらえるように働きかけるのもアパレル営業の仕事のひとつです。

展示会はシーズンが始まる前、年に数回開催されます。商談をおこなうのが展示会の主な目的となるため、基本的には一般の人は入場できません。展示会はブランドのコンセプトを知ってもらうための貴重な機会になりますので、アパレルメーカーにとって非常に重要な営業活動です。

販促イベントを企画する

アパレル営業の仕事は新規顧客を開拓するだけでなく、販売後のサポートもおこないます。展示会で商談が成立した百貨店や専門店の担当者と打ち合わせをおこない、シーズンごとに販促イベントの企画を立ち上げることもあります。展示会は多くの人の興味を引き注目を集める効果はありますが、実際に商品を購入してもらうためには販売方法など、細かな点まで工夫しなければなりません。

アパレル営業は、担当する店舗で実施するイベントやセールに向けて、企画を考えることが多くなっています。販促にはマーケティングの考えも大切になりますので、経営に興味がある人もアパレル営業に向いていると考えられます。消費者のニーズやトレンドをいち早くキャッチする能力も求められるでしょう。

アパレル営業のメリット・デメリット

アパレル営業は、新商品をいち早く知ることができます。ファッションに関わる仕事をしたい、アパレル商材が好きという人はやりがいを感じられるでしょう。自分の力で新規顧客を開拓した時や、商品を売ることができた時には、達成感を感じられるはずです。

また、小売りについての知識を学べることもアパレル営業のメリットです。一方で努力に見合ったインセンティブが付きにくいというデメリットもあります。アパレル営業を志望する際には、メリット・デメリットをしっかりと理解しておきましょう。

メリット:小売りについての知識が身に付く

アパレル営業として働くメリットのひとつに、小売りについての知識が身に付くことが挙げられます。アパレル業界のさまざまな商品について理解を深められるだけでなく、販売状況をチェックしたり、それぞれの小売店においての陳列方法や販売スタイルをみることで、マーケティングについての知識を深められます。

仕事をしていくうえで、どのような売り方をすればいいのか、多くの人の目に留まるためにはどうすればいいのかなど、小売りについて自然に学べるはずです。マーケティングについての知識を身に付けておくと、キャリアアップの際に役立つこともあります。小売店に転職する、アパレル業のコンサルトとして店舗販売の方法をアドバイスするなど、活躍の場が広がるでしょう。

デメリット:インセンティブが付きにくい

アパレル営業のデメリットは、他の業界と比較すると待遇面がよくない傾向にあることです。アパレル商品は営業の技術よりも、メーカーやブランドの知名度が売り上げに繋がると考えられているため、営業で成果を出してもインセンティブなどが付かないのが一般的です。営業でどれだけ頑張っても給与に反映されにくく、年収が大きく増えることもありません。

また、アパレル産業は価格戦争が激しく収益をあげるのが困難で、全体的に給与が低めに設定されています。他の業界の営業職に比べると、頑張りに見合った報酬が得られないため、給与に対して不満を感じることもあるかもしれません。アパレル業界の営業は他の業界とは異なる部分も多く、一定の年齢を過ぎると異業種への転職が厳しいともいわれています。

アパレル業界の営業職に求められる人材

接客、商品ディスプレイ、在庫管理などを担うアパレル業界の営業職は、どんな人が向いている仕事なのでしょうか。あくまでも営業職ですので、一般的な企業の営業職と同様のスキルが必要といえるでしょう。

また、アパレル業界やファッションに関する知識もなくては務まりません。アパレル業界の営業職に求められるものとして、「洋服が好き」「コミュニケーション能力が高い」「目標達成意識が高い」の3つを中心に紹介していきます。

洋服が好きな人

大前提としてあるのは、洋服が好きなことでしょう。自分の「好き」を仕事にすることは、長くアパレル業界で働くことを考えると、とても大切なことです。「好き」という強い気持ちがなければ、ひとつの仕事を持続させることは難しいでしょう。洋服が好きであれば、ファッションに関する知識は自然と身につきます。そしてそれが、アパレル業界に従事する場合、欠かせないものとなのです。

洋服の知識が欠如していたり、トレンドを把握していなかったりすれば、売れるものも売れません。各スタッフと連携する時などにおいても、アパレル業界の素養があればあるほど武器になるでしょう。日頃からアンテナを貼っておくことは、とても大切なことです。

コミュニケーション能力が高い人

どの業界・職種においても必要なものではありますが、とりわけ接客が中心となる営業職においては、コミュニケーション能力の高さは武器になります。商談する時、各スタッフに指示を出す時など、適切なタイミングで適切な言葉を投げかけることにより、うまく進行することでしょう。コミュニケーション能力を上げる方法は、たくさんあります。もともと「人と話すのが好き」という人であれば、自然と能力に磨きがかかるため、営業職に向いている性格かもしれません。

コミュニケーション能力が低い場合、取引先の要求に応えられなかったり、社内の連携が滞ってしまうこともあるでしょう。話自体が上手ではなくても、ヒアリング能力などが長けていることが重要です。

小売店との交渉に活きる

コミュニケーション能力の高さは、実際に小売店への売り込みや交渉をするときに役立ちます。小売店へ出向いて営業をするときには、まずは相手側の担当者とよい人間関係を築く必要があります。丁寧で誠実な対応と、自社ブランドに対する知識を熱心に伝えられることなどは基本のスキルです。

そして、それ以外に相手が心を開くような会話能力や、コミュニケーション能力が大切なのです。他社と比較されて小売店側がどちらにするかを迷っている場合、最後に生きてくるのが人間関係の築き方でもあるのです。

目標達成意識が高い人

営業職には、目標設定があります。企業によってはノルマがあったり、目標達成の期間も異なることがあるでしょう。いずれにせよ、目標達成意識が高い人はアパレル業界の営業職に向いています。目標を達成するためには、あらかじめ戦略を立てたり、何事にも粘り強く取り組める強い意志が必要です。

いわれた通りに行動したり、マニュアル通りに対応したりするだけでは、高い目標をクリアすることは難しいといえます。目標から逆算して、「今日は〇〇を必ずやり遂げる」「今週までに〇〇を完結させよう」と計画を立てることが重要です。目標を達成するためにはさまざまな能力が必要になりますが、ゴールに到着した時のやりがいは格別でしょう。

語学力がある人

アパレルメーカーの中には海外と取引をおこなう企業があります。そのような企業で営業職として働くためには、語学力が必要です。また、小売店では外国人スタッフの採用も増えてきていて、英語や中国語を習得していると、商談やイベント企画の際に役立ちます。

ほかにも、外資系のアパレル企業では、本社とのやり取りが全て英語でおこなわれたり、正式な書類は英語で作成したりと、日常的に英語が使われています。外資系のアパレル企業の求人は、採用条件として一定の英語力を求められることも多く、語学力があると就職に有利といえるでしょう。今後はさらにグローバル化が進むと予想されていますので、外国語を身に付けておくとさまざまな面で役立つと考えられます。

アパレルの営業として就職するための志望動機例文

アパレル業界の営業職で面接を受ける時や履歴書を作成する時、どういった志望動機が人事担当者の心を動かすのか紹介します。「洋服が好きだから」「かっこいい仕事だから」というシンプルな志望動機では、ライバルとなる就活生に負けてしまうでしょう。

志望動機は、より具体的に自分の熱い気持ちを込めて作る必要があります。もちろん経歴などをごまかしてはいけません。例文をいくつか提示しますので、ぜひ参考にしてみてください。

例文①

アパレルの販売店でアルバイトをしていた時、さまざまなお客様と触れ合い、自ら商品を提案してご購入していただくことにやりがいを感じていました。この経験から、アパレル業界の営業職にチャレンジしたいと強く思うようになりました。接客業務で身につけてきた、商品をアピールする力やコミュニケーション能力は長けていると自負しております。
今後は営業職として、御社のさらなる飛躍に貢献できるよう努めてまいります。

アパレルショップなどで販売スタッフのアルバイト経験があるならば、そのことを存分にアピールしましょう。販売スタッフの経験を通して身につけた、営業職で活かせそうな知識・スキルなどは志望動機に組み込むべきです。

非正規とはいえアパレル業界に身を置いていたことは、ライバルの就活生と比較すると、有利になるポイントです。販売スタッフであれば、さまざまな人と接することが営業職との共通点として挙げられます。

例文②

私が最初にアパレル業界に興味を持ち注目するようになった理由は、洋服は人間の生活の中で欠かせないという実用性と、自己表現ができるという2つの側面を持ったツールである、ということを実感したからです。御社のブランドは、デザインだけでなく、素材にこだわり機能性も抜群ということで、世界中で人気があります。そのため、以前から私も○○で働いてみたいと注目していました。特に〇〇という製品が好きで自分でも愛用しています。
御社の服を着ることで、人を幸せな気持ちにさせ、快適さも与えることができるという所に魅力を感じました。そして人々に求められるような衣類を提供できる営業という職種は、とてもやりがいを感じられる仕事ではないかと思い、今回応募させて頂きました。

一般の顧客側としての目線からこの企業に注目していた、という志望動機は、企業の採用担当者の心に響く内容であるといえます。数あるアパレルのブランドと比較して、なぜ当社がいいと思い志望したのかについては、企業が最もが知りたい事柄といえるでしょう。

もともと、自社のブランドのファンで商品の知識があると、顧客目線に立ちながら営業としての目線で新鮮なアイディアを出せるのではないかというメリットを感じさせます。そして、プラスして自分が営業に向いていると思う点も熱意を持って伝えると、より印象がよくなるでしょう。

アパレルの営業職に求められる人物像を把握して就活に臨もう

アパレル業界の営業職は、自社の洋服についての知識が詳しいだけではなく、どのくらい自社を理解しているかということも大切です。相手にとっては熱意があるという風に映りますので、自社の洋服に対する深い思いを表現するようにしましょう。

また、その企業ではどのような人材が求められているのかを考えながら、面接に臨むことが大切です。その企業で活躍する姿が想像できるようなアピールを心掛けましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ