業界研究

【鉄道会社の志望動機の書き方】考える際のポイントと例文4選

鉄道会社に就職したいけど志望動機がまとまらない!

社会インフラとして景気にあまり影響されない鉄道業界を第一志望とする就活生は多くいます。鉄道業界に就職したいと考えたときに、そこには人によってさまざまな志望動機があるでしょう。中には子供の頃から憧れていた職業であったことを志望動機にしている人も居るかも知れません。しかし、それらをそのままストレートに伝えることで採用活動を突破できるかは不安です。

鉄道が好きだったり、鉄道業界に憧れを抱いている人は多くいるでしょう。そのため、ただその気持ちをアピールするだけでは、憧れの仕事に就くことは困難です。就活生は、就職した後に鉄道業界でどのような仕事をしていきたいか明確にする必要があります。鉄道業界の実情を学んで、企業の採用担当者から評価を受けるように志望動機をまとめましょう。

鉄道会社の魅力

鉄道会社は、もともと国営であったJRと、それぞれの地域に密着して住民の生活を支える私鉄に分けられます。双方ともに社会インフラとして経営基盤がしっかりしており、一般的に見ると大企業になります。そのため、安定志向の就活生にとっては魅力的で、たくさんの応募が集まる人気の就職先となっているのです。高い入社倍率が予想される鉄道業界の選考を勝ち抜くために、鉄道業界の仕事に詳しくなり、それらを踏まえた上で説得力のある志望動機をまとめるよう準備をしてきましょう。

仕事の幅が広い

鉄道会社は、通勤や通学で、地域住民の生活に密接して暮らしを支える役割を果たしています。安全に鉄道を運行するのが、鉄道会社の主な仕事です。運行ダイヤや運賃を取りまとめる事務職、鉄道が走る線路を整備する土木職などがあり、職種はさまざまです。

また、鉄道会社は沿線地域の発展にも深くかかわっています。大きな駅ビルは、商業施設が集まり地域の経済に貢献しています。また、たくさんの人が集まる駅ビルのテナントは集客率がよく、どんな店舗を誘致するのか鉄道会社の職員が検討しているのです。

鉄道会社は、沿線近くの不動産を多く保有しているので、戦略を立てて不動産会社と連携して新規ビジネスを立ち上げたりもします。鉄道会社の仕事の幅は広く、色々なフィールドで成長することができるでしょう。

人の暮らしを支えられる

毎日の通勤と通学で利用する人や、車を運転できない人にとって鉄道は生活に欠かせない存在です。時間通りに到着して、安全に目的地へ到着する鉄道は、皆から信頼されています。毎日鉄道を利用する人は、鉄道と関わることが生活の一部であり、なくてはならないものになっているでしょう。

朝方に鉄道を利用する人は、駅の飲食店で食事を取る人もいますし、鉄道の座席で授業の予習をする学生もいます。また、仕事などで夜に鉄道を利用する人の中には、電車の中で一休みをしてリラックスしている人もいます。このように、鉄道は公共性の高い乗り物であり、人の暮らしを支えているのです。社会の役に立っていることを実感できる仕事だと言えるでしょう。

志望動機を考える際のキーワード

成長できる仕事が一杯あるため、鉄道会社へ就職したい思いが高まります。何としてでも鉄道会社で働きたいと第一志望にする就活生は、鉄道会社に入社したい志望動機を考えないといけません。志望動機を考える際に、鉄道会社ならではのキーワードを用いると、自分の思いがまとまってきます。

まずは自分の思いが大事ですが、業界のキーワードをうまく使って鉄道会社でやりたいことを取りまとめるように考えてください。キーワードを盛り込んだ志望動機は分かり易い内容になります。

「まちづくり」

鉄道会社は、鉄道の沿線に不動産を所有して地域の経済に大きな影響力を持っています。駅ビルは多くの人が生活の拠点として利用していますが、鉄道会社で働く人のなかには、駅ビルのテナントにどんなお店や施設を誘致するのか考える担当者も居ます。一日何万人もの利用者がいる駅ビルの開発は、大型ショッピングモールの運用と同じです。

生活に便利なお店を開発すれば、駅を利用者している人の暮らしはよくなり、沿線の多くの人が喜ばれるでしょう。鉄道会社の仕事を通してまちづくりに貢献したいといった内容を、深く掘り下げて行くのも志望動機の一つのポイントになります。鉄道会社で働いて、沿線に住む人の暮らしをよくできるように成長したい思いをまとめましょう。

「安全」

地域住民や観光客など多くの人達が利用する鉄道の安全を確保するのは、鉄道会社で働くことの志望動機につながります。万が一に重大な事故が発生すると、鉄道の利用者へ多大な迷惑が発生する可能性があるでしょう。そのため日々の業務における点検や、一つ一つの作業の正確性を高めるよう使命感をもって働きたいという思いは、面接官の心に届く志望動機になります。

安全を第一に仕事をするのは、基本的な作業を丁寧に継続していく根気がいることです。自己分析を行い、コツコツ真面目に努力ができる性格であることがわかれば、大いにアピールしましょう。これまでのクラブ活動や受験勉強で頑張った経験と照らし合わせて志望動機を作成すると、説得力がある志望動機にまとまります。人々の安全という大きな目標を達成するために、地道な努力ができる強みをアピールしてください。

「鉄道が好き」

一般的な志望動機になりますが、鉄道が好きということを、自分なりにアレンジしてまとめると自己アピールにつながります。ただ、単に鉄道が好きであると自分の思いを述べても説得力のある内容になりません。どうして鉄道が好きになったのか、分析ができていることが前提条件となります。鉄道を好きになったきっかけを、鉄道会社で働きたい理由として志望動機に言いかえることがポイントです。

例えば、幼少期に鉄道博物館に家族で一緒に遊んだ経験が鉄道を好きになったきっかけになった場合は、鉄道自体の格好よさに惹かれたのか、家族と過ごした時間が楽しかったのか、きっかけを分析することで異なった志望動機が生まれるでしょう。鉄道自体の格好よさに惹かれたのがきっかけであれば、子供の頃から心を奪われた鉄道の凄さを同じく子供達へ伝えたいなど、自分ならではの志望動機に発展させていくことができるでしょう。

志望動機を考える際のポイント

鉄道会社の志望動機をスムーズに作成するには、志望動機を考えるためのポイントを知ることが大切です。志望動機を作成するにあたって、意識したいポイントは大きく3つ挙げられます。

3つのポイントを意識することで、よりスムーズに作成しやすくなり、アピール力も高められます。魅力的な志望動機を作成して高評価の獲得を目指すためにも、考え方のポイントは細部まで把握しておきましょう。

なぜ鉄道業界を選んだのか述べる

志望動機では、まずは業界を選んだ理由を提示することが大切です。そのため、なぜ鉄道業界を選んだのか、根本的な志望理由から述べましょう。就職先の業界には数多くの選択肢があり、可能性は無限大です。

数ある選択肢の中から、なぜ鉄道業界を選んだのか、他の業界ではなぜだめなのかを、明確に伝える必要があります。業界に興味を持った理由やその業界で成し遂げたいことを提示すると、業界を志望する理由は伝わりやすいでしょう。

アピール力を高めるには、鉄道業界でなければならない理由を、自分の体験と結び付けて伝えることが大切です。過去の経験と業界の志望理由がリンクしていると、より説得力を高められます。

他社ではなくその企業を選んだ理由を明確にする

業界を志望した理由の後は、さらに企業単位に絞って志望理由を考えることが大切です。鉄道業界といっても選択肢はまだまだ多いため、その中でもなぜその企業を選んだのか、他の企業ではなぜだめなのかを明確にしなければなりません。

単に鉄道業界で働きたいとするだけでは、他の企業でもよいと思われ、志望度の高さが伝えられないため注意が必要です。鉄道業界の中でも、その企業だからこそ働きたいと思った理由を提示することで、志望度の高さはより顕著に伝わります。

その企業を志望する理由を伝えるには、他の企業との差別化を図ることが大切です。該当企業にしかない強みや、独自の特徴を絡めてアピールすると、他社との差別化がしやすくなるでしょう。

企業にどう貢献できるのか伝える

就職意欲を伝えるだけではなく、実際に就職してから自分がどのようにして企業へ貢献できるのかを売り込むことも大切です。企業は就活生の熱意をみていますが、ただやる気があるだけで採用してくれるわけではありません。

就職意欲の高さに加えて、自社の利益に貢献できる、つまり採用するだけのメリットがある人を選びたいと考えています。そのため、自分に何ができるのか、どのように活躍して利益に貢献できるのかを、具体的に伝えて採用メリットの高さを提示することが大切です。

能力を活かした働き方や、どのようにキャリアを積んで活躍したいかを具体的に述べ、その企業で働く姿をイメージさせて、自分を売り込んでいきましょう。

鉄道会社の志望動機例文

鉄道会社で働くことで、自分はどのように成長して、会社と社会に貢献をしたいのかを志望動機にするのが基本です。志望動機を考える際のキーワードを盛り込んで、鉄道会社で働きたい思いを、企業の採用担当者にアピールしましょう。地域の発展に力を注ぎたいというまちづくりへの熱意、多くの人の暮らしを安全に支えたいという気持ち、そして自分なりの鉄道に対する思いなどを、エピソードを交えて志望動機としてまとめるのです。

志望動機例文①

私は御社で地道に業務に取り組み、地域の人の暮らしに貢献したいと考えております。御社は長きにわたり、地域に密着して住民の暮らしを支えています。私も学生時代、御社の路線を使い通学をしました。地域での生活に鉄道は必要不可欠です。そして鉄道利用が安全になされるには、日々の努力の積み重ねが重要だと思います。
毎日の点検やルールを守り続けることによって、安全性が確保されると思います。私は努力を地道に継続することに自信を持っています。所属していたサークルでは、地道な練習を重ねることで、大学別の対抗戦で勝利することができました。私の強みである地道な努力を活かし、御社で人々の暮らしを支える貢献をしたいと考えます。

人の暮らしを支える鉄道会社で働きたいという思いを、自分の長所を交えながら志望動機にまとめています。キーワードとなる安全性は、毎日努力を続けていた自分の強みが活かせる仕事であるとつなげています。地域の生活を支える鉄道会社では、真面目に行動する習慣を身に付けている就活生が臨まれているでしょう。地域に密着をしている鉄道会社の仕事を、キーワードを意識しながら作成した内容となっています。

志望動機例文②

鉄道会社で働くことで、自分は社会に貢献できる人に成長をしたいと思っています。御社は、多くの人の暮らしを支える企業です。○○駅は、私も利用したことがありますが、毎日多くの人が通勤や通学に利用しています。また、暮らしを支えるたくさんの商業施設を保有しています。まちづくりに欠かせない鉄道を、利用している人にとってよりよくしたいと思っています。
私は、サークル活動で主将を務めた経験があります。大会のスケジュールや練習メニューを取り決めていました。メンバーをまとめることを通し、コミュニケーション能力を養いました。このコミュニケーション能力を活かし、御社で地域に貢献したいと考えています。

まちづくりに貢献している鉄道会社で働きたい気持ちを志望動機にまとめています。通勤と通学、買い物をする場面で鉄道は多くの人の生活と関わりを持っています。人の役に立ちたいと思うことは、鉄道会社を志望する理由としてとても大切です。地域の暮らしを支える鉄道の仕事に貢献したい気持ちと、まちづくりのキーワードを取り入れてまとめており、自分のスキルもアピールできている点が好印象です。

志望動機例文③

私は駅構内の施設を充実させ、交通手段だけではなく憩いの場としての鉄道を提供したいと考えています。御社は駅構内の開発に力を入れており、最近では○○の誘致などが非常に印象的でした。駅利用者の方々に望まれる施設の誘致や催しを開催し、満足度を高めて利用者の増加に貢献したいと考えています。
大学時代はイベントサークルで活動し、コミュニケーション能力や企画力を養いました。御社ではまずは現場スタッフとしてノウハウを身につけ、駅の利用者の方とできるだけコミュニケーションを取ります。実際に利用者の方と接することで何が求められているのかを考え、よりよい駅施設の実現を目指す企画を発案して活躍したいです。

将来的にどのようなことをしたいかを述べ、鉄道業界、および該当企業への志望動機が語られています。志望先独自の強みが提示されており、それに志望動機を絡めることで他社を志望する理由との差別化ができているでしょう。また、就職後の働き方について言及できている点も、評価できるポイントです。

志望動機例文④

安定したインフラの供給によって、社会を円滑に回す役割を担いたいと考え、鉄道業界を志望しました。大学時代に数ヶ国旅行に行きましたが、どの国でも電車の遅延は当たり前で、常に時刻表通りに到着する日本の凄さを改めて感じました。特に御社は遅延がほとんどなく、トラブルの際にもいち早く復旧しています。
私も安定したインフラサービスを提供する一員になり、社会に貢献したいと考え、御社を志望しました。大学時代は海外旅行のために、毎日英語の勉強をし、その習慣は今でも続けています。継続力を活かして日々の仕事に気を抜くことなく取り組み、ミスをしないことで利益を守り続け、活躍したいと考えています。

自身の過去の経験から、鉄道業界に興味を持った理由や、その企業を選んだ理由が説明できています。どのように働きたいかも明確に提示できており、「ミスをせずに利益を守る」という部分が、安定したインフラの供給を目指す鉄道会社にもマッチしているでしょう。

志望動機に必要なキーワードを盛り込もう!

安定したインフラ企業である鉄道会社は、多くの就活生が内定を望む人気企業と言えます。ライバルに負けないために、どうして鉄道会社で働きたいのか、重要なキーワードを盛り込んで志望動機を作成してください。鉄道会社で働くことで何ができるのか、自分がどのように成長したいのかまとめるのがポイントです。

「まちづくり」「安全」「鉄道が好き」といったキーワードの内容を掘り下げて、自分が実際に体験したエピソードと交えて志望動機を作成すると、採用担当者に伝わり易い志望動機になります。丁寧に志望動機を準備し、激戦が予想される鉄道会社の採用を突破して、憧れの鉄道会社で働く夢を叶えましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ