企業研究

【オリックスインターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

オリックスを研究!

幅機械設備のリースから始まり、現在はカードや住宅ローン、融資といった金融業から、不動産業、環境エネルギー事業など幅広い分野で事業を展開するのがオリックスです。大企業であるオリックスの就職選考ともなれば、当然倍率が高く、通過するのが難しくなるものです。

ここでは、企業研究を充実させるためには、ぜひ参加をおすすめするインターンについてご紹介します。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2017年度実施の内容です。

オリックスの基本情報

オリックスは、法人向け・個人向けの金融サービスでは世界40ヵ国・地域に展開しており、国内外合わせて2,000以上の拠点を持っています。そんなオリックスの基本情報を以下で見ていきましょう。

正式名称:オリックス株式会社
所在地:
(東京本社)
〒105-6135 東京都港区浜松町2丁目4番1号 世界貿易センタービル
(大阪本社)
〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目4番1号 オリックス本町ビル
設立年:1964年4月
従業員数:3,011名(2018年3月31日時点)
平均年齢:42.3歳(2018年3月31日時点)
平均勤続年数:13.7年(2018年3月31日時点)

オリックスを企業研究

オリックスは社員同士の仲が良く、家賃補助などの福利厚生がきちんとしている社風のようです。実力主義な面もあり、結果さえ出せば女性でも活躍できる点が魅力といえるでしょう。

オリックスの事業内容は、「金融サービス」「自動車関連サービス」「不動産関連サービス」「環境エネルギーサービス」と、多岐にわたります。とくに、金融サービスは法人向け・個人向け・海外向けと3種類展開しており、事業の中でもメインとなる部分です。

オリックスが求める人材は、「絶えず新たなビジネスを自ら創り出す人材」「高い専門性を身につけ、チャレンジし続けられる人材」「多様な価値観を認め、周囲を巻き込みながら主体的に行動できる人材」です。オリックスで働く際には、積極的に働く意欲が大切といえるでしょう。

オリックスのインターンの選考フロー

オリックスでは、インターンの応募者が多数の場合に選考がおこなわれます。インターンの選考として面接をおこなうことはありません。

オリックスのインターン選考対策

オリックスのインターン選考は面接はありませんが、適性検査があります。また選考以外でも準備しておくべき点について紹介しましょう。

問題集2冊を用意した筆記対策

オリックスのインターン選考では、適性検査があるため対策が必要です。おすすめの筆記試験対策が問題集を2冊用意する方法です。1冊目は解き方を把握するために、解いては回答を見て間違っていればもう1度同じ問題を解く方法で問題集を使いましょう。一通り問題を解き、解き方について把握したら、2冊目を模試用として使用してみてください。

模試用として使用する場合、時間をはかって必要なスピード感も身に付けることをおすすめします。問題集はたくさん買えばいいというわけでもありません。効率的に使用できる方法で対策をおこなっていきましょう。

インターン参加の目的を明確にさせる

リース業界の大手であるオリックスのインターンに参加して、何が得たいのか明確にさせましょう。インターンは参加して何が得たいのかを明確にさせることで、志望意欲が高まりま、得られるものも多くなります。また志望理由について問われた際に、得たいものがあることで簡潔に答えられます。

インターンの内容が公開されたら、プログラムにしっかりと目を通したうえで、得たいものや社員に聞いておきたい内容等を用意しておきましょう。

あなたが受けない方がいい職業をチェックしよう

就活では、自分に適性のある仕事を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に適性があるのか診断してみましょう。

オリックスインターンの内容と日程

2017年度におこなわれたオリックスのインターンは、「Summerインターンシップ」「ORIX Group Internship」「一般職インターンシップ」「Winterインターンシップ」の4種類です。基本的に、「会社説明」「グループワーク」「振り返り」という3つのプログラムが組まれているため、どのインターンでも同じような経験ができます。以下では、このうち「ORIX Group Internship」「Winterインターンシップ」の詳細をご紹介します。

①ORIX Group Internship

「ORIX Group Internship」では、「オリックスが新たに進出する分野」を考えるグループワークに参加できます。プログラムは三部構成です。一部でオリックスという企業について理解し、二部でグループワークをおこない、三部でフィードバックをもらえます。

■実施時期
2018年2月中旬~下旬予定

■参加条件
大学生・大学院生・短大生
※学年・学部・学科不問

■開催地
<東京会場>オリックス株式会社 東京本社(東京都港区)
<大阪会場>オリックス株式会社 大阪本社(大阪府大阪市西区)

■待遇
不明

■その他
受け入れ人数は各回120名程度

エントリー〆切:2018年1月31日

選考に関する日程は公表されていません。

②Winterインターンシップ

「Winterインターンシップ」では、オリックスの業務を体感することができます。幅広い分野で事業を展開するオリックスだからこそ、業務内容等をきちんと把握していれば、就活時のアピールポイントになるでしょう。

■実施時期
2018年1月中旬~2月下旬を予定

■参加条件
大学生・大学院生・短大生 ※学年・学部・学科不問

■開催地
<東京会場>オリックス(株) 東京本社(東京都港区)
<大阪会場>オリックス(株) 大阪本社(大阪市西区)

■待遇
不明

■その他
受け入れ人数は各回30~40名程度

エントリー〆切:2018年1月31日

選考に関する日程は公表されていません。

オリックスのインターン選考は筆記試験対策をしておこう

オリックスの基本情報・概要・インターン情報をご紹介しました。オリックスは、幅広い分野で事業を展開している大手企業のうちの1つです。個人・法人・海外向けの金融サービスに注力しており、国内外を合わせると2,000以上の拠点を持っています。実力主義な社風のため、努力次第で女性も活躍することができるでしょう。

オリックスのインターンには、「Summerインターンシップ」「ORIX Group Internship」「一般職インターンシップ」「Winterインターンシップ」の4種類があります。先着順のインターンもありますので、事前にしっかりと確認しておいてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ