職種研究

航空管制官に必要な英語力とは|就活生におすすめ勉強方法を紹介

航空管制官とは

新卒のCAを募集している航空会社一覧

航空管制官には英語力が必要と言われることも多く、目指すのであれば事前に勉強をしておくことが大切です。航空管制官とは航空機を安全に運行するために、管制塔からさまざまな指示を出す仕事です。航空機同士が近づきすぎたり、接触して事故を起こさないように運行を管理する仕事であり、空の安全を守るためには欠かすことができません。

航空管制官は航空機のパイロットと通信をしますし、英語を使用する機会も多い職業です。英語力を身に付けておかなければ仕事を進めることはできませんし、就職でも不利になってしまいます。航空管制官になるためにはどれくらいの英語力が必要になるのかを知り、効果的な勉強方法を知って、就職に向けて英語力を高めていきましょう。

あなたの就活力は何点?

就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

航空管制官には英語が必要

航空管制官には英語力が必要と言われることも多いです。今やほとんどの仕事で英語が必要と言われていますが、あればいい程度であることも多く、英語力が必須な仕事はそれほど多くはありません。

航空管制官の仕事を理解するためにも、どれくらいの頻度で英語を使用するのか、本当に英語が必要なのかを知っておくことが大切です。仕事内容から英語の使用頻度やどのようなシーンで必要になるのかを知っておきましょう。

国際線での共通語は英語

航空業界では旅客機による人員輸送が主になりますが、旅客機では国内だけの運行となる国内線と、海外を行き来する国際線があります。国内線の場合は基本的には日本語のみでも問題はありませんが、国際線での共通語は英語です。基本的に英語を使用しての会話になりますので、自国語よりも英語を使う機会が多くあります。

管制塔から各旅客機、航空機への指示なども英語でおこないますし、管制塔内での会話や通信なども英語でおこなうことが多いです。国際線に勤める場合は、英語は基本的な能力として必要なものであり、身に付いていないことには仕事を進めることができません。航空管制官には英語力は必須になりますので、就職前には必ず身に付けておきましょう。

パイロットと通信する時も英語

航空管制官はパイロットと通信することも多く、通信時の会話も全て英語になります。英語で指示を出さなければなりませんので、業務に必要な基本的な英語は知っておかなければなりません。パイロットへの指示を間違えれば、大きな事故につながってしまう可能性もありますし、正しく英語を理解し、伝えられることが大切です。

英語力が身に付いていなければ、単に仕事が進められないだけではなく、空の安全を守ることもできなくなってしまいます。航空管制官は空の安全を守るために必須の存在ですし、管制官がいなければ航空機は飛び立つことはできません。航空業界に欠かせない存在でもありますので、多くの人の安全を守るためにも、英語力は必須の能力になります。

航空管制官に必要な英語力

航空管制官は業務上英語を使用する機会も多く、しっかりと英語力を身に付けておかなければ仕事を進めることができません。そのため就職に向けて英語の勉強をしておくことが大切ですが、どの程度のレベルの英語力が必要なのかを知っておくことも大切です。

求められる英語力のレベルを知っておくことで、より効率的に勉強を進めることができますし、高い能力を持っていれば就職時にも大きなアピールになります。航空管制官に必要な英語力を知って、その水準を目指して勉強を進めていきましょう。

ネイティブでなくても大丈夫

航空管制官は日常的に英語を使いますが、使用する単語や会話が限られているため、ネイティブレベルでなくてもある程度話せれば大丈夫です。基本的な英語が理解でき、会話が聞き取れるレベルであれば問題はありませんし、あとは就職後に必要な英語を覚えればOKです。業務では専門的な言葉も多く登場しますが、それらさえ覚えてしまえば、あとは基本的な英語だけでも問題なく業務を進めることができます。

まずは日常会話レベルを目指して英語力を高めることが大切です。もちろんネイティブレベルの英語力があれば、大きなアピールになります。英語力はあって困るものではありませんし、より円滑に業務を進めるためにも、高いレベルの英語力が備わっているに越したことはありません。

TOEICで600点あれば十分

就職時には英語力がきちんと備わっていることを示す必要があり、そのときに役立つのがTOEICです。TOEICは必須ではありませんが、持っている管制官が大半を占めると言われていますので、事前に受検しておくことで選考を有利に進めることができます。TOEICは英検などのように級数ではなく、獲得したスコアによって英語力の高さを表しますが、それほど高得点でなくても600点あれば十分です。

TOEICの600点は日常会話レベルであり、600点獲得できるだけの能力があれば、航空管制官の業務を進める上では差支えはありません。就活でTOEICを利用して英語力をアピールする際には最低でも600点は必要と言われていますので、しっかり勉強して事前に獲得しておきましょう。

航空管制官が使用する英語は特徴的

航空管制官が使用する英語を見ていきましょう。

・もう一度言ってほしいとき:Say again?
・待ってほしいとき:Standby
・ゆっくり話してほしいとき:Speak slower
・応答してほしいとき:Acknowledge

以上のような英語があげられます。

通常の英語の場合、長くなりがちですが、航空管制官の場合、短縮され、短い言葉が使われる傾向にあります。

「YES/NO」の言い方が違う

航空管制官は、はい、いいえの使い方も「YES/NO」ではない場合があります。

YES→Affiem
NO→Negative

上記がYES、NOの変わりに使われます。先ほどは、短縮した言葉が使われるとお伝えしましたが、YES、NOのようにあまりにも短すぎる場合、聞き漏らす場合があるためです。そのため、若干ですが長めの変わりの言葉が使われるのです。

英語力を高めるための勉強法

航空管制官ではそれほど高いレベルでの英語力は必要ありませんが、それでも日常会話レベルの英語力は必要です。英語力を高めるためには、しっかりと勉強をしなければなりませんが、勉強方法も工夫することで、効率的に英語力を身に付けることができます。

闇雲に勉強してもなかなか成果が得られない場合も多いので、勉強方法を工夫することが大切です。英語力を高めるための勉強方法を知って、正しい方法で効率的に英語力を身に付けていきましょう。

継続的に英文の雑誌や新聞を読む

英語力を高めるための勉強法としては、継続的に英文の雑誌や新聞を読むことがおすすめです。航空管制官の採用試験では長文英語も出るため、ニューズウィークなど政治や社会情勢に関する記事を英語版で読むことで、試験の対策も進めることができます。試験では長文英語を短時間で読み、質問に回答していかなければなりませんし、英語を素早く読解できる能力が必要です。

長文は慣れていないと素早く読み解くことはできませんし、長文読解の能力は一朝一夕で身に付くものではありません。日頃から英語の長文に触れておくことが大切ですので、英語の記事に目を通しておくのがおすすめです。英語の記事を読むことを日課にして、継続して勉強をおこないましょう。

海外ニュースを見聞きする

採用試験では長文読解のリーディングだけではなく、リスニング試験もあるため海外ニュースを見聞きし、ネイティブ英語に慣れておくことが大切です。リスニングも継続しておこなうことが大切であり、繰り返し聞いておくことで次第に聞き取れるようになります。ネイティブ英語を聞き取ることができれば、リスニング試験でもしっかり聞き取ることができますので、より高いレベルで耳を鍛えておくことが大切です。

海外ニュースを聞くことでネイティブ英語に慣れることはもちろん、社会情勢なども頭に入りますし、知識を深めることでさらに英語力を高めることができます。英語の語彙も増えますので、リーディングだけではなく、リスニングも日頃から継続しておこなうようにしましょう。

航空管制官になるために英語を学ぼう

【航空会社別CA採用情報】内定を獲得するために実践しておきたいこと3つ|志望動機例文あり

航空管制官は日常的に英語を使用しますし、業務によっては自国語よりも英語の方が使用する機会が多い場合もあります。英語力が必須の仕事ですので、就職を目指すのであれば事前に身に付けておくことが大切ですが、それほど高いレベルが必要になるわけではありません。航空管制官に求められる英語力は日常会話レベルであり、TOEICであれば600点程度です。

業務上で使用するフレーズは限られていますし、基礎的な英語力さえあれば採用試験を突破することはできます。もちろん高いレベルで英語力が備わっているに越したことはありませんので、より高みを目指して勉強しておくことが大切です。まずは日常会話レベルを目指し、余力があればさらに英語力を高めて航空管制官を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ