職種研究

投資銀行の志望動機の書き方|例文とポイント・NG例を紹介

投資銀行について

投資銀行は、企業向けの金融サービスを専門的におこなう銀行です。一般的な銀行と違い、個人向けの預貯金や融資はおこなっていません。銀行という名がついてはいるものの、実際には証券会社に近い性質を持っています。

欧米では投資銀行が独立した形で存在する一方、日本では銀行の部門の一つとして投資銀行業務がおこなわれることが多いようです。

投資銀行の主な業務内容

投資銀行の主な業務は、企業の資金調達をサポートする引受業務です。具体的には、営業や提案資料の作成、金融市場のリサーチ、顧客のマネジメントをおこないます。

また、近年では経済の自由化によって、M&A(企業の買収・合併)の仲介や、株式の公開にも投資銀行が深く関わるようになっています。

その他にも、不動産投資や財務管理のアドバイス、事業の再生支援など、その業務内容は多岐に渡ります。さらには、M&Aに特化した投資銀行も登場し、活躍の場は現在進行形で広がっています。

志望動機を書く際の注意ポイント

投資銀行の仕事は、肉体的にも精神的にも大変な激務といわれていますので、志望理由には金融に対する強い熱意が必要となります。「なぜ金融業界に興味を持ったのか」「投資銀行に入って何がしたいのか」を明確にしましょう。

また、外資系の投資銀行を志望するには英語力が必須で、エントリーシートの一部を英語で書かせる企業もあります。もちろん、交渉に必要なコミュニケーション能力もアピールポイントになります。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

投資銀行の志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に投資銀行に採用される志望動機を完成させましょう。

投資銀行の志望動機NG例

まずは、投資銀行の志望動機としてNGな例をみていきます。

NG例

私が金融業界を志望する理由は、世界の中心ともいえる場所で仕事がしたいからです。現行の資本主義社会において、金融業界はあらゆる業界の中心であり、最も多くのお金が集まる場所です。その中でも、投資銀行こそが私の力を発揮できる場所だと思い志望しました。

投資銀行の仕事をすることになったときには、私の知識とコミュニケーション能力、体力、精神力のすべてを動員して業務に取り組むつもりです。

例文では、熱意だけは伝わってきますが、肝心の志望動機が曖昧です。なぜ世界の中心で仕事をしたいのかが書かれていませんし、そもそも金融業界が世界の中心だと決め付けるような発言は好ましくありません。

また、投資銀行を志望する目的も曖昧で、これではただお金がほしいだけという印象が強くなってしまいます。金融業界においては、お金に貪欲な姿勢はそれほどマイナスにはなりませんが、それとは別に社会貢献的な目標を持っていた方が印象は良くなります。

自分は投資銀行に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、投資銀行の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が投資銀行に向いているタイプか、診断してみましょう。

投資銀行の志望動機例3選

次に、投資銀行の志望動機として正しい例文をみていきます。一例として参考にしてください。

例文①

私が投資銀行を志望する理由は、日本のグローバル展開に貢献したいからです。なぜなら、グローバル事業での成功こそが、日本の経済を強くし、国民の生活を豊かにする最良の方法だと思うからです。

アメリカ留学の経験がありますので、英語力には自信があります。また、高校と大学で所属していたサッカー部で培ったチームワークの面でも、貴社のお役に立てると思います。

例文では、投資銀行を志望する理由と目的が明確に述べられています。グローバル事業を通して社会に貢献したいという気持ちが好印象となるでしょう。投資銀行は、莫大なお金を動かすスケールの大きな仕事ですので、このように目標を大きく設定する必要があります。

例文②

私は社会や企業に大きな影響を与える仕事がしたいと思い、貴社の投資銀行部門を志望しました。私は昔から壮大な計画を立てることが好きで、大学の夏休みには世界20ヵ国を巡る旅を実行しました。その計画性と実行力を投資の仕事で生かしたいと思っています。

また、海外旅行において、言葉が通じない中で相手のニュアンスを察する経験を積んだおかげで、コミュニケーション能力にも自信を持つことができました。この能力と持ち前の明るい性格で、顧客の信頼を獲得したいと思います。

計画性と実行力は金融の仕事において重要な能力です。例文のように具体的な根拠を示した上で 、積極的にアピールしましょう。海外での長期滞在でなくとも、あまり実行する人がいない特殊な経験があればアピールポイントになります。

コミュニケーション能力をアピールするのに、自分の性格について述べるのも有効です。

例文③

私の尊敬する人物像を端的に述べますと、お金の扱いに長けた人間です。お金は、知識やコミュニケーション能力はもちろん、人からの信用があってこそ集まってくるものです。私は、そうした人たちと共に仕事がしたいと思い貴社を志望しました。

私が投資銀行で仕事をする際は、目先の利益にとらわれず、信用を第一に考えて業務に励みます。いついかなるときにも長期的に物事を見据えて、結果として企業の利益になる選択をしたいと思っています。

金融業界はお金を扱う業界なので、お金の本質を肯定的にとらえた発言はプラスになります。ただし、あくまでも信用が第一であり、お金は信用の後からついてくるものだという認識が必要です。もちろん、長期的に物事を見据える視野の広さも大事です。

投資銀行の志望動機は業務内容を把握して作成しよう

投資銀行の業務は企業を長期的に支援するものであり、短期的な利ざやで稼ぐ投機(マネーゲーム)とは違います。その理念を忘れ、ただ目先の利益のみを追求する人間が信用を勝ち取ることは難しいでしょう。

とはいえ、金融業界は厳しい実力社会ですので、利益を上げなければ生き残ることはできません。また、利益を上げることが信用を得ることでもあるので、どちらにも偏らない絶妙なバランス感覚が必要となります。

投資銀行は高収入である代わりに、肉体的にも精神的に非常にハードな仕事です。半端な覚悟では到底務まらないことを念頭に置きましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ