業界研究

自動車部品業界の志望動機|3つの例文とポイント・NG例を紹介

自動車部品業界について

トヨタなどの日本の自動車メーカーは、世界をリードしています。その自動車メーカーを支えるのが自動車部品業界です。ひとことに自動車部品といっても、エンジン部品や車体部品、更には電気自動車化と関係が深いモーターなど様々な部品があります。また、職種も営業から品質管理まで多岐に渡るのが特徴です。

この記事では、そんな自動車部品業界を目指す方に、志望動機を考えるコツや例文など参考になる情報をお伝えします。

自動車部品業界の主な業務内容

自動車部品業界の業務内容は多岐に渡ります。部品をデザインする「設計」、部品を製造する機械やラインを作る「生産技術」、部品の品質を管理する「品質保証」、そして完成した部品を販売する「営業」など様々な職種がある業界です。

自動車部品と聞くと自動車メーカーの下請けというネガティブな印象を持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。例えば、デンソーやアイシン精機など世界的な企業なども、日本を代表する自動車部品メーカーです。自動車メーカーに負けない技術力と営業力を持っているといっても過言ではないでしょう。

志望動機を書く際のポイント

自動車部品メーカーの志望動機を書く際は「なぜ自動車部品メーカーを選んだのか?」ということを明確に説明できることが非常に重要です。完成した自動車や家電と違い、普段目に触れることがない自動車部品は、製品をイメージするのが難しいところがあります。そんな自動車部品をつくるメーカーでなぜ働きたいのか、根拠のある理由を説明する必要があるのです。

また、自動車部品メーカーで働く方はその製品にプライドを持っています。単純に自動車が好きだからという志望理由だけでは非常に弱いです。製品についての最低限の知識は必要でしょう。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

自動車部品業界の志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に自動車部品業界に採用される志望動機を完成させましょう。

自動車部品業界の正しい志望動機例3選

続いて、自動車部品業界で受け入れやすい志望動機を3つ紹介します。いずれも応募者の「強い意志」を感じることができます。

志望動機の例文①

エンジン性能に大きな影響力がある貴社製品〇〇の設計に携わりたいと考え、貴社を志望しました。私は大学で自動車部に所属しており、エンジンの整備で〇〇を変えると自動車の走りが変わり感動したことを覚えています。貴社は〇〇のトップメーカーですが、電気自動車など時代の流れと共にエンジン部品以外にも多角化を図っています。今後の自動車業界を担う貴社での業務を通じて、自分を高めていきたいと考えております。

大学時代の部活経験から応募企業の主力製品を知り、エンジンにおける製品の影響力を自らの経験から説明しています。また主力製品だけでなく、他の事業についても調べており、応募者の本気度が伝わります。自動車部に所属していた際の知識を活かして働きたいという想いを感じることができる志望動機です。

志望動機の例文②

自動車の安全に関わる貴社の製品を世界に広めたいと思い、貴社を志望しました。運転中にアクセルとブレーキを踏み間違えてしまいましたが、運転間違いを検知する貴社の〇〇で命を救われました。この経験から、一歩間違えれば命を落とす可能性がある自動車の運転を、技術の力でより安全にしていきたいと考えるようになりました。貴社の〇〇を世界に広めていくことにより、世の中から交通事故を少なくしたいというのが私の想いです。

自らの事故寸前の経験から、交通事故を少なくしたいという想いが伝わる志望動機です。その経験から、応募企業の製品を研究したことが分かります。具体的な経験から応募企業で働きたいという熱意を感じることができ、企業側も仲間として迎えたいという気持ちになるような志望動機です。

志望動機の例文③

私は日本のモノ作り技術をさらに世界に広めたいと思い、貴社を志望しました。私は大学時代に様々な国を訪問した経験がありますが、中には日本のことをほとんど知らない国もありました。加速するグローバル化の中で、日本のモノ作り技術を世界に広めるために、日本の自動車メーカーだけではなく海外の自動車メーカーへも幅広く〇〇を供給している、トップメーカーである貴社で働きたいと強く思っております。

今後グローバル化の流れがより顕著になっていくと思われますが、その中で力を発揮できる人材だと感じることができる志望動機です。大学時代に様々な国を訪問した行動力は、実際に面接をして経験談を聞きたいと人事は思うはずです。また応募企業の得意先についても調べており、本気度が伝わってきます。

自動車部品業界の志望動機NG例

前述した通り、「自動車が好きだから」だけでは非常に弱い志望動機になってしまいます。志望動機のNG例を見ていきましょう。

NG例

私は自動車が好きなので貴社を志望します。貴社で製造している〇〇という自動車部品は数多くの自動車に使われているので、貴社での仕事を通じて自動車の良さを社会に広めていきたいと考えております。貴社で自動車部品の勉強をさせて頂き、自動車に関する知識を深めて、ステップアップしたいです。また貴社のグローバル戦略にとても興味があります。私も将来的には、世界を舞台として幅広く活躍したいと考えております。

私この応募者の志望理由の中心は「自動車が好き」ということと「グローバル戦略に興味がある」という点ですが、なぜこの企業でないといけないのかという明確な理由が見えないため、NGとなります。また「勉強をさせて頂き~」の言葉から自分の成長を企業任せにしているという印象を持たれてしまいます。どこの企業でも通用する様な志望理由は一見聞こえが良いですが、人事部から「あまり当社のことを勉強していないな」と思われてしまいます。

自動車部品業界の志望動機は例文を参考にしよう

自動車部品業界への志望動機を考える際は、しっかりと応募企業の製品についての研究をおこなう必要があります。自動車業界は大きな変革期にあります。当然自動車部品メーカーもその影響を受けていますので、応募企業を取り巻く市場環境についても一通り調べておいた方が良いでしょう。

また志望動機を伝える際は、自らの経験談を交えて伝えることが重要です。その経験から何を学んだかというポイントを、人事はチェックしております。そのポイントから応募者がどのような特徴があるかどうかを判断するためです。

以上のポイントを踏まえて人事に熱意を伝える志望動機を考え、「ぜひ面接して話を聞いてみたい」と思われる人材を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ