職種研究

管理栄養士の志望動機|3つの例文とポイント・NG例を紹介

管理栄養士について

管理栄養士は、病人や高齢者を中心に栄養の管理や食事内容の指導をおこなう職業です。小・中学校の給食管理や救護施設、更生施設の食事管理をおこなうこともあります。

なお、名称は似ていますが管理栄養士と栄養士には若干の違いがあります。管理栄養士が国家資格であるのに対し、栄養士の免許は都道府県知事からの交付です。

管理栄養士の主な業務内容

管理栄養士の主な業務内容は、病院や介護施設における食事の管理と指導です。病状別による集団指導をはじめ、個々の健康状態に合わせた献立を作成することで、療養のサポートをします。

他にも、給食メニューの管理やスポーツ選手の食事管理、ダイエットのサポートなど、栄養に関するあらゆる仕事があり、それぞれの専門知識が必要とされます。もちろん、一方的に指導するだけでなく、相手の事情に耳を傾けることも大切です。

志望動機を書く際の注意ポイント

管理栄養士を志望するからには、まずは自分の栄養管理ができていなければ何を書いても説得力がないということを念頭においてください。もちろん、食事や栄養に対する関心は必須といえます。食の文化や歴史にも興味があれば、それもプラスになります。

自分が栄養について関心を持つ理由と、管理栄養士になった場合に何がしたいのかを書くとよいでしょう。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

管理栄養士の志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に管理栄養士に採用される志望動機を完成させましょう。

管理栄養士の志望動機NG例

まずは、管理栄養士の志望動機として悪い例文をみていきます。

NG例

私が管理栄養士を志望する理由は、料理が好きだったことがきっかけです。料理を通して栄養学にも興味を持ち、管理栄養士を目指すことにしました。

管理栄養士になったときには、おいしくて健康にもよい料理を作りたいと思っています。そして、食事を通して日本の伝統的な食文化にも関心を持ってもらえるような献立作りを目指したいです。

例文では、栄養よりも料理についての話が前面に出ており、これでは「調理師を目指した方がよいのでは?」ということになってしまいます。職場によっては管理栄養士自身が料理をすることもありますが、仕事の主体となるのは栄養の管理と指導です。

料理と栄養は切っても切り離せない関係ではありますが、志望動機については栄養の方を前面にして書きましょう。

管理栄養士の正しい志望動機例3選

次に、管理栄養士の志望動機として正しい例文をみていきます。一例として参考にしてください。

例文①

私が管理栄養士を志望する理由は、料理が好きだったことがきっかけです。母と一緒に料理をする中で、母がいつも高齢の祖父母の健康面を考えている姿を見て、栄養学に興味を持ちました。

管理栄養士になったときには、高齢者をはじめとした人たちの健康を第一に考え、その上でおいしく食べられる献立を作りたいと思っています。

先の例文と志望動機は同じですが、この例文では管理栄養士の根幹である栄養面が前面に出ています。管理栄養士に関心を持った理由もより明白です。 このように、内容は同じでも文章を書き換えるだけで印象が変わることがありますので、ぜひ参考にしてください。

例文②

私が管理栄養士を志望するのは、過去に私が誤ったダイエット方法を実践して体調を崩してしまったことがあるからです。その際に食事管理の仕方を教わったことで、管理栄養士の仕事に興味を持ちました。

私が管理栄養士になったときには、健康は短期間でどうにかなるものではなく、日々の食生活がなによりも大事だということを伝えていきたいと思っています。

例文では、管理栄養士を目指す理由と管理栄養士になったときの目標が明確に書かれています。過去の経験を生かしたいという気持ちも大事です。また、食事療法が薬のように即効性のあるものではなく、日々の食生活が第一だと触れている点もプラスになるでしょう。

例文③

私が管理栄養士に関心を持ったきっかけはスポーツです。私は中学生の頃から陸上競技をやっていましたが、あるとき成長の壁に突き当たり、伸び悩んでいました。そんなとき、実力をつけるには練習内容だけでなく、食事内容も大事だと先生から教わり、悩みを解決することができました。

私が管理栄養士になったときには、そのときの経験が生かせるスポーツ選手の栄養管理をしたいと思っています。

この例文でも、管理栄養士を目指す理由と管理栄養士になったときの目標が明確に書かれています。自分の得意分野が明確となっている部分もプラスになります。

志望動機とはいっても、実際には動機だけでなく自己アピールの場でもあるので、得意分野があれば書くようにしましょう。

まとめ

高齢者と生活習慣病が増加する現代社会において、管理栄養士の役割はますます重要になっています。管理栄養士の仕事は病気の療養と予防ですが、当然ながら予防の方が大事です。病気になってから治療するよりも、そもそも病気にならないことの方が大事だからです。

ですが、日本では未だに『たくさん食べるのは良いことだ』という考えが強く根付いているため、対応が後手になってしまうのが現状です。管理栄養士を目指すからには、目先のことだけでなく、社会全体のことを考える姿勢が必要といえるでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ