職種研究

【激務と言われる医者の実態を徹底解説】就活生が知っておきたい仕事内容や魅力をご紹介!

高収入かつ安定したイメージが強い医者という職業

医者は高収入で安定しているイメージを持つ人も多いですが、実は激務な職業でもあります。病気になれば医者が必要ですし、医学がいくら進歩しているとは言え、すべての病気を未然に防ぐことはできません。

そのため医者は必須の職業ですし、今後高齢化社会が進んでいけばさらに需要は高まります。医者になるためには医大で難しい勉強をし、医師免許を取得しなければなりませんし、就職するためのハードルは高いです。

就職が難しいだけに、就職後は好待遇が望めると考えている人も多いですが、必ずしもそうであるとは限りません。医者は魅力的な職業ではありますが、同時に大変な職業でもありますので、激務と言われている理由や魅力などを知って、医者への理解を深めていきましょう。

医者の仕事内容

医者についての理解を深めるためには、まずは仕事内容を知っておくことが大切です。医者の仕事と言えば、患者を診察し、治療、手術などをおこなうイメージを持っている人が多いですが、仕事内容はそれだけではありません。

医者には他にもさまざまな仕事がありますし、担当する部署などによっては同じ病院に勤めていても仕事内容は大きく違っています。医者の仕事内容は詳細まではあまり知られていませんので、具体的な仕事内容を知って、理解を深めていきましょう。

臨床医

医者は臨床医と呼ばれる働き方があり、患者を診察し、治療、手術などをおこなうのが臨床医の役割になります。医者と聞いて最もイメージされやすいのが臨床医です。臨床医の仕事は現場での医療業務が主になりますが、それだけではなく患者のカルテの作成やさまざまな事務処理などもおこなわなければなりません。

会議に必要な資料の作成や論文の作成など、やるべきことは多いです。診察のためには高い医療知識や技術が必要になりますし、それらを身に付けるための勉強も仕事の一環です。

単に治療をおこなうだけではなく、患者とコミュニケーションを取ることも大切な仕事ですし、求められる能力は多岐にわたります。直接患者に接する機会も多く、人の命に強く関わる働き方です。

研究医

臨床医が現場で患者に医療行為をおこなうのに対し、研究医は研究室などで病気の研究をおこないます。病原体からワクチンの開発をおこなうなど、医療の発展に向けて研究を進めていくのが仕事です。

研究内容は医療機関や病院などによって異なっており、内容は多岐にわたります。ワクチンの研究をする場合もあれば、人体の構造や細胞などの研究をする場合もあります。研究医は医者でありながら研究者の側面を持ち合わせており、基本的には患者に接することはありません。

病院勤務ではなく、研究所勤務の場合もありますし、患者と直接接する機会は少ないです。医者としての高い知識が求められますし、いきなり研究医になるのではなく、臨床医から研究医に転向することがほとんどです。

医者が激務といわれる3つの理由

医者は給料も高く、高待遇の職業とイメージを持つ人も多いですが、実際には激務であることがほとんどです。職業としての医者のイメージは良いものの、実際の業務は多忙を極めますので注意しなければなりません。

医者が激務と言われる理由は大きく3つであり、医者という職業への理解を深めるためには、それらを正しく知っておく必要があります。医者は魅力的な職業ですが、反面大変なことも多いので、激務と言われる理由を知っておきましょう。

①勤務時間が変動する場合が多い

医者が激務といわれる理由としては、勤務時間が変動する場合が多いことが挙げられます。勤務時間自体は決められているものの、急患などが入った場合も即対応しなければいけないため、なかなか予定通りのスケジュールでは動けません。

また急患だけではなく、入院患者の病状が悪化するなど、緊急事態が起これば即座に現場に向かって対応する必要があります。やらなければならない仕事はあるものの、患者第一で動かなければなりませんので、自分の仕事がスムーズに進められない場合も多いです。

やるべき仕事が終わらず残業しているところに、急患が入る、入院患者の容体が悪くなるなど、トラブルが続く場合もあります。必然的に残業が多くなり、長時間勤務が続くことも多いです。

②休める時間が少ない

休める時間が少ないことも、医者が激務といわれる理由の一つです。医者は患者がいればすぐに対応しなければなりませんし、病院は常に開けておかなければなりません。大きな病院であれば、交代制で休みを取ることはできますが、それでもサラリーマンのように週休2日が基本的ではなく、休みは不定期になります。

仕事が終わらずにいつまでも休めない場合もありますし、当直などで徹夜続きとなる場合も多いです。医者は需要の高い仕事ではありますが、現在では需要の高まりとともに人手不足が深刻化している職業でもあります。

増え続ける患者に対して、医者の数が追い付いていない状況であり、休める時間がどんどん削られており、さらに激務化が進んでいます。

③やることが多いわりに薄給

高収入のイメージが強い医者ですが、労働の内容のわりには意外と薄給という場合が多いです。同じ医者であっても、研修医であれば給料は少ないですし、研修医の期間を経て一人前になってもそれほど給料は上がらない場合もあります。

給料の水準が病院によって異なっており、大学病院など規模が大きくなれば給料も高くなる傾向にありますが、それでもやらなければならないことは多いです。実際に高い給料をもらっている人でも、実際の労働内容や労働時間から考えれば、給料は少ないと感じている人も少なくありません。

条件次第では高収入を目指すことも充分に可能ではありますが、仕事の量などや責任などは当然重くのしかかることを覚えておきましょう。

医者の魅力

医者はなるのも大変な仕事ですし、なってからも激務と言われており大変なことは多いです。しかし大変なことは多いですが、魅力的な職業であることは確かです。大変な仕事だと感じながらも、その魅力から辞めずに続けている人は多いですし、医者の仕事に誇りを持っている人もたくさんいます。

医者になるのは大変なことですので、モチベーションを維持するためにも、魅力を知っておくのは大切です。医者の魅力を知って、就職に向けての意欲を高めていきましょう。

命の尊さを感じることができる

医者はたくさんの命に関わる仕事であり、命の尊さを感じることができる仕事です。命が大切なものであることは誰しも分かっていることではありますが、当たり前ゆえに忘れてしまっている人も多いです。

医者になれば患者の命を預かりますし、患者の生死を握るため、生と死を身近に感じながら仕事を進めていきます。患者の命を守るためには全力で治療に取り組みますし、治療の過程で命の尊さ、大切さ、素晴らしさなどを感じることができます。

医者をしていれば患者の死に立ち会うこともありますし、辛い現実にも向き合わなければなりません。しかし最も大切なことを再確認し、強く心に刻める仕事でもありますし、人間として一回りも二回りも大きく成長することができます。

高い地位を得ることができる

高い地位を得ることができることも、医者の魅力の一つです。医者の実態としては激務であったり、意外にも薄給であることも多いですが、それでも世間のイメージでは素晴らしい職業と考えられています。

医者を名乗るだけで社会的に大きな信頼を得ることができますし、それがプライベートの充実につながることも多いです。社会人になれば社会的な信頼は非常に大切なものであり、信頼がなければ行動の多くが制限されてしまいます。

お金を借りたり、大きな買い物をしてローンを組む場合などでも社会的な信頼は必要ですし、他にも信頼が必要な場面は数多くあります。社会的な信頼を高めることは容易ではありませんが、医者の場合は職業柄圧倒的に信頼が高く、メリットが得られることも多いです。

患者さんの笑顔がやりがい

医者は大変な職業ではありますが、大変な分、やりがいの大きい仕事でもあります。やりがいを感じる瞬間はさまざまありますが、病魔に打ち勝った患者さんの笑顔が医者にとってのやりがいとなることが多いです。

病気の治療は大変なことも多いですし、病気を治せるのは医者しかいません。患者にしてみれば、医者はまさに命の恩人ですし、多くの人に感謝される職業でもあります。命を預かる大変な職業であるからこそ、大きなやりがいを感じることができますし、どれだけ大変でもやりがいの大きさから続けている人は多いです。

これまでに勉強したこと、自身のスキルを活かして人を助けることができる仕事であり、達成感や充実感などを感じやすい仕事でもあります。

自分はどんな仕事に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、どんな仕事に向いているのか気になりませんか?
そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。
My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に向いているタイプか、診断してみましょう。

人の命や健康を背負った仕事に簡単なものはない

世間のイメージでは医者は高年収で安定した仕事ですが、実際には激務であり、大変なことも多いです。医者という職業に対して高い理想を抱いていると、就職後にギャップを感じて大変な思いをする可能性もありますし、理想と現実のギャップを埋めることが大切です。

医者はイメージに反して大変な仕事ではありますが、人の命や健康を背負った仕事に簡単なものはありません。常に命を預かっていることを意識して働かなければなりませんし、一つのミスが重大な事故につながってしまう可能性もあります。

しかし大変な分、やりがいも大きく、魅力的な仕事であることも確かです。大変なことも多いですが、魅力に溢れた仕事でもありますので、しっかりと現実を知った上で医者を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ