職種研究

設備管理職の志望動機|3つの例文とポイント・NG例を紹介

設備管理職について

設備管理職は、オフィスビルや商業施設、病院、工場などの大型施設を維持管理する職業です。施設を利用する人が、快適に過ごせるようにメンテナンスや修理をおこないます。

昔は定年退職した人が設備を管理し、問題が発生した際は専門業者に委託するというケースが多かったのですが、現在は資格を持った技術者が自ら維持管理することが増えています。設備管理職を目指すのであれば、資格を取得して頼れる技術者となる心構えが必要です。

設備管理職の主な業務内容

設備管理職の仕事は分野が広く、電気や水道、ガス、空調など多岐にわたります。「水漏れ」や「配管のつまり」、「蛍光灯の交換」、「フィルター交換」などの細かなメンテナンスから、「水質検査」や「受水槽の清掃」、「害虫駆除」、「廃棄物管理」などをおこなう場合もあります。

普段は設備に異常がないかを定期的に巡回するとともに、各種検査の結果を見て施設の状況を把握します。異常を確認した際は、専門の業者に修理を依頼し、作業に立ち会って状態を確認します。

商業施設などの場合は、テナントから設備管理職に対する要望が入ることがあり、設備の変更や導入についてはオーナーの許可が必要であるため、コミュニケーション能力も必要です。

志望動機を書く際の注意ポイント

ここでは、設備管理の仕事に就くための志望動機の作成ポイントについて紹介します。設備管理ならではのポイントとなるので、しっかり押さえておきましょう。

資格があるなら積極的にアピール

志望動機作成のうえでの1つめのポイントは、資格のアピールです。設備管理の仕事に就く場合、取得すべき資格に電気工事士や危険物取扱者などがあります。1つも持っていない人より、資格を取得しているほうが職種へのやる気が見られます。

設備管理ので持っておいたほうが良い資格のなかには、実務を共わなければ受検資格がないものもありますが、大学の指定講義の単位を取得していることで受けられる試験もありますので、ぜひ確認してみてください

入社後に取得していくため無い人も多い

資格のアピールを上記では記載しましたが、新卒で設備管理の仕事を目指す人のなかには、資格をなにも持っていない人も多いです。特に院卒ではなく、大学卒の人の場合は資格0の人が多い傾向にあります。

設備管理は知識と技術が必要であり、所持している資格によってできる仕事内容もかわってきます。就職希望時に資格を持っていないのであれば、設備管理のなかでも何系に進みたいのか、資格を取得するためにどんな風に勉強していくのか具体的にやる気を述べていきましょう。

志望動機が書けない時は、志望動機ジェネレーターを活用してみよう

設備管理職の志望動機を作成する際、深く考えても、なかなか良い内容が思い浮かばない方も多いはず。

そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用してみましょう。

志望動機ジェネレーターなら、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードして、効率的に設備管理職に採用される志望動機を完成させましょう。

設備管理職の志望動機NG例

設備管理職の志望動機におけるNG例を記載します。理由も併せて記載しますので、参考にしてください。

NG例

私が貴社を志望した理由は、大規模な商業施設で多くのテナントを有しており、他業種の裏側を見ることができると思ったからです。また、設備管理職を志望した理由は、職務が定期的な見回りと各種検査結果の確認、問題発生時の修理作業への立ち会いだけでよく、私でも務まると感じたからです。設備管理職に有効な資格はもっていませんが、貴社のすばらしい研修のサポートを受けて、早く資格を取得したいと考えています。

他業種の裏側を見たいという理由は、企業を志望する理由にはなりません。企業研究で、志望する会社の魅かれた部分を明確にしましょう。また、「私でも務まる」との表現は、能力が低いと判断されるだけでなく、仕事を甘く見ていると誤解されます。最後に、「資格を取得する」という表現は自己中心的だと見られかねません。「資格を取得して会社に貢献する」ということをアピールするようにしましょう。

自分は設備管理に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、設備管理の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が設備管理に向いているタイプか、診断してみましょう。

設備管理職の志望動機例3選

設備管理職の志望動機をアピールするにあたり、必要なポイントをおさえた3例を下記にて説明します。

志望動機の例文①

私が貴社の設備管理職を志望した理由は、貴社は大規模な商業施設を運営しており、お客様に楽しく快適に買い物していただくためには、設備環境を整えるのが最も大事だと感じたからです。私は大学で機械工学を専攻していました。機械に関する基礎知識はあるものの、設備管理に関しては学ばなければならないことが多数あると思います。大学で学んだことを基本に、必要な資格を積極的に取得し、1日でも早く業務に活かしたいと考えています。

上記は商業施設の設備管理職を例にしたものです。希望する施設について設備管理の観点からどのように考えているかを伝え、採用担当者に企業研究と職種研究ができていることをアピールしています。また、大学で学んだ知識がその職種にどのように役立つかを説明し、資格も積極的に取得することを意思表示することが大切です。

志望動機の例文②

私が貴院を志望した理由は、昔から愛されている地域の総合病院だからです。私は子供の頃に貴院に入院したことがあり、先生や看護婦さんの優しさに触れて、貴院で働きたいと思うようになりました。私は大学で電気工学を専攻しており、医療に関する仕事はできませんが、設備管理職で貴院に貢献できると思います。得意な電気分野だけでなく、幅広いスキルや資格を取得し、メンテナンスで環境の良い病院をサポートしたいと考えます。

上記は病院施設の設備管理職に対する志望動機です。過去の経験をもとに、その病院に就職したいという思いを採用担当者に伝え、自分の持つ能力は設備管理職で活かすことができるとアピールしています。最後に、専門分野以外の勉強をして必要な資格を取得し、病院に積極的に貢献したいと伝えることも重要です。

志望動機の例文③

貴社の工場を見学した際に、良い製品を作るためには「設備・材料・方法・人」が重要という話を聞き、さらに設備管理は社員が良い環境で仕事をするためにも必要不可欠であるとの話に感銘を受けて、設備環境職を志望いたしました。電気工学科を専攻しており、電検3種も取得しています。まだまだ未熟な部分もありますが、仕事で必要な資格は積極的に取得し、貴社に貢献したいと考えています。

工場の設備管理職に対する志望動機の例です。工場見学で感じた良い経験を伝えることで、会社・職種に対する志望理由を具体的にしています。また、設備管理職は資格が求められる場合があるため、資格を保有している場合は積極的にアピールすることで、採用される確率が高まります。入社後も引き続きスキルアップすることも、忘れずに伝えましょう。

設備管理職の志望動機は資格があれば積極的にアピールする

施設や設備はメンテナンスを怠れば急速に老朽化します。施設の環境を快適にするための雑務だけでなく、水質検査や空調検査などによる状態確認や、壁の塗装や配管の交換などの予防措置などをおこなうことで、トラブルを未然に防ぐことが設備管理職に求められています。

採用選考時には、細かな部分にも気が付く洞察力、発生した事象に対応できる判断力、専門業者とのコミュニケーション能力が問われる場合もありますので、事前に回答を考えておくとよいでしょう。

最後に、設備管理職は入社してから習得しなければならない資格やスキルが多くあります。積極的に資格の取得をおこない、仕事に活かすことをアピールすることも大事です。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ