企業研究

【関西電力インターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

関西電力を研究

関西電力は近畿地方、福井県、三重県、岐阜県の一部地域で電気やガス、熱などを供給する電力会社です。関西電力のインターンシップは、事務系インターンシップ 、技術コンサルティングインターンシップ、技術系インターンシップの3種類があります。

入社したい方や興味のある方は、関西電力のインターンシップ情報を確認しましょう。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

関西電力の基本情報

関西電力は1951年に設立され、近畿地方を中心に電気やガス、熱などを供給しています。1998年に国内の電力会社で初めて海外発電事業としてプロジェクトに加わり、現在では9カ国13件のプロジェクトを展開しています。

関西電力の基本情報は下記のとおりです。

正式名称:関西電力株式会社
所在地:大阪府大阪市北区中之島3丁目6番16号
設立年:1951年
従業員数:19,243人
平均年齢:43歳
平均勤続年数:22.3年

関西電力を企業研究

関西電力の社風は、人を大切することを第一に考え、安全を守ることを使命とし、何ごとにも挑戦する力を発揮そして貢献することを念頭においている企業であるといえるでしょう。

関西電力は「お客さまと社会のお役に立ち続ける」という企業理念のもと、国内で電気やガス、熱などを供給するだけでなく、現在では9カ国13件のプロジェクトを展開しています。個人のもつ技術やスキルを現状に留まることなく、成長する力のある人、それぞれの良い部分を引き出し、情熱をもって行動できる人が求められる人材だといえます。

関西電力の選考フロー

関西電力のインターンの選考フローは、エントリー→ES提出→書類選考→説明会・面接→合否判定という流れです。開催場所は大阪、京都、兵庫、福井です。交通費は支給され、通勤が不可能な人のみ指定宿泊施設の宿泊費が支給されます。

関西電力の選考対策

関西電力のインターン選考についてみていきます。関西電力のインターンは競争率が高く、選考を突破するのはなかなか難しいと言われています。関西電力のインターン選考を突破するためには、どういった能力や考え方が求められているのかを知っておくことが大切です。ここでは、インターン選考通過者の回答例をご紹介します。

業界の中でも関西電力を志望する理由を伝える

エネルギー業界が提供しているサービスは、生活に必要不可欠であるにもかかわらず、日常生活において当たり前だと思い込み、今まで意識することはほとんどありませんでした。様々な業界を見ていくうえで、「当たり前」を作り上げ、人々の生活の根底を支えるエネルギー業界の仕事に魅力を感じ、その中でも電力だけでなく様々なエネルギーサービスを提供してきた御社に興味を持ち、応募いたしました。

上記は、志望理由の回答例です。エネルギー業界に魅力を感じた理由と、その中でも関西電力に絞った理由について伝えています。企業を選んだ理由を伝えるには、事業内容や業界内でのあり方を把握しておくことが大切です。

自分の強みと希望職種をリンクさせる

私は相手と信頼関係を築き、本音を引き出すことが得意です。昔から相談を受ける機会が多く相手の立場に立って話を聞く経験を重ねてきました。今では初対面の方からもよく「何でも話しやすい」との御言葉を頂きます。

上記は自分の強みを伝える回答例文です。営業職を希望しているため、「聞く力」が伝わるようにエピソードを選んでいます。スキルと裏付けとなるエピソードと、第三者からの「何でも話しやすい」という評価があることで、説得力のある文章となっています。

関西電力のインターン内容と日程

関西電力のインターンは、4種類あります。開催時期は主に1月中旬~2月中旬で、開催場所は大阪、京都、兵庫、福井です。実施内容はコースにより異なりますが、ディスカッション形式で事業内容を体感できる研修や実務体験をおこない、その成果を発表します。

受講生同士が交流できる場でもあるため、就活生同士情報交換をすることも可能です。日程やプログラム内容を詳しくみていきましょう。

【技術系】“BREAK” REAL Internship

関西電力のインターンシップの中でも、技術系の就活生向けのインターンになります。5日間程度の時間を使って、様々な電力供給の技術に触れられるようになっており、各技術によってコースが別れているのが特徴です。またその中でも一部のコースでは、総合職向けのコースとプロフェッショナル職向けコースに更に別れているため、エントリーの際はその点に注意したいところです。 インターン内容はウォーミングアップ研修から始まり、それぞれのコースごとに課題に取り組み、その成果を元にグループディスカッションが行われます。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
総合職:2019年1月21日(月)~1月25日(金)、2019年2月 4日(月)~2月 8日(金)
プロフェッショナル職:2019年2月18日(月)~2月22日(金)

参加条件:
大学2年生以上の学生で、当社の就業体験に興味のある方。(※大学にて1年以上学んだ専門知識を要する就業体験のため)

開催地:
関西電力 本店(大阪市)ほか、主に大阪府、京都府、兵庫県下の支社・営業所・電力所・発電所など (一部のコースは福井県)

待遇:
交通費、宿泊費の支給あり

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:
【総合職】
1次締切 2018年11月18日(日)
2次締切 2018年11月25日(日)
【プロフェッショナル職 】
1次締切 2018年11月18日(日)
2次締切 2018年11月25日(日)
3次締切 2018年12月 2日(日)
適性検査・ES:不明
面接:不明
合否連絡:不明

【事務系・技術コンサル】“BREAK” -REAL- Internship

このインターンシップは、主に関西電力での事務、エネルギーコンサルティングのような技術コンサルティング業務を体験することができる3日間開催のインターンになっています。 実際に電力会社の窓口業務などに関わりたい、と思っている就活生におすすめのインターンでしょう。その分技術系インターンに比べると日程が短い分、やや駆け足のプログラム行程になる可能性はあります。 応募方法は、企業の公式ホームページや各就職サイトからのWEBエントリー形式となっています。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
2019年1月23日~25日、2月6日~8日予定

参加条件:
日本あるいは海外の大学・大学院生の方

開催地:
関西電力 本店(大阪市)ほか、主に大阪府、京都府、兵庫県下の支社・営業所・電力所・発電所など

待遇:
交通費、宿泊費の支給あり

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:不明
適性検査・ES:不明
面接:不明
合否連絡:不明

【事務系】BREAK 1Day Internship -Mission×Value-

数日間に渡るインターンと違い、こちらのインターンは1dayのみの開催となっています。その分このインターンは事務系業務のみ体験可能なインターンとなっています。 電力会社の事務職がどういったものか知りたい、携わりたいと思っているのであれば、まずは1日開催のインターンに参加してみるのもいいでしょう。 開催地は大阪となっているので、遠方から参加する際には交通手段の確保が必要となるので、注意しておきたいところです。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
2019年2月23日

参加条件:
日本あるいは海外の大学・大学院生の方(文理・学部学科不問)

開催地:
関西電力 本店(大阪市)ほか、近畿圏内の事業所

待遇:
交通費支給あり

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:2019年1月29日
適性検査・ES:不明
面接:不明
合否連絡:不明

【事務系】【技術系】インターナショナルインターンシップ

このインターンシップは主に、海外からの留学生向けのインターンとなっています。参加者も留学生が多いのが特徴です。日本の電力会社に興味・関心がある海外からの就活生の方には有意義なインターンとなるでしょう。その分募集人数が10人と少ないので、選考の際は競争率の高いインターンになりそうです。 インターンでの主なプログラム内容は、ディスカッション形式の体験型グループワーク、先輩社員によるフィードバックが予定されています。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
2019年2月12日~2月22日

参加条件:
関西電力での就業体験に興味・関心のある大学生・大学院生の方

開催地:
関西電力 本店(大阪市)ほか、近畿圏内の事業所

待遇:
交通費支給あり

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:2019年1月11日
適性検査・ES:不明
面接:不明
合否連絡:不明

関西電力のインターンは早めの対策を心がけよう

関西電力のインターンシップは大きく分けて4種類あることがわかりました。応募は大学生・大学院生が対象で、特に細かい応募条件が記されていないことから多くのエントリーが予想されます。交通費・宿泊費は支給されますが、報酬はありません。

関西電力のインターン参加を検討される方は、早めに対策を練るようにしましょう。また、関西電力への入社を希望される方は、インターンシップに挑戦し、本選考への第一歩としてチャレンジしてみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ