その他

【隠れ優良企業の特徴3つ】就職後に後悔しない企業の探し方

そもそも「優良企業」とは

株主にとっては「投資する価値があるか、売上が良いか」、ユーザー(顧客、消費者)にとっては「利用する価値があるか、信頼できるか」、そして社員にとっては「給与に満足できるか、離職率が高くないか」などと定義されます。

優良企業に就職したいと漠然と考えていても、その実態を理解しないまま就職したところでギャップに悩まされてしまいます。事実、そのギャップから転職してしまう新入社員は後を絶ちません。まずは、優良企業とは何かを知りましょう。優良企業は上記3視点から定義付けられます。

当然、入社するにあたって重要視すべきはなのは「社員目線で優良企業かどうか」です。優良企業か判断する際には、給与・離職率・財務内容・福利厚生などを中心に調べましょう。しかし実際には、社員という立場の中でも「何をもって優良企業と感じるか」は人それぞれです。自分が特に何を重要視したいのかによって自分にとっての優良企業もまた変わります。

実は優良企業に明確な定義はない

就職するのであれば優良企業と考えている人は多いですが、実は優良企業には明確な定義はありません。優良企業といっても給料がいいことを言う場合もあれば、残業などが少なく、ワークライフバランスが取りやすい企業を優良企業と呼ぶ場合もあります。また倒産の心配のない経営が順調な企業を指して優良企業と呼ぶ場合もありますので、決まった定義はないことを覚えておく必要があります。

好条件ばかりを求めてしまい、なかなか志望先の企業を絞り切れていない人は多く、そもそも志望する企業すら見つけられていない人も多いです。明確な定義のないものにぴたりと当てはまるものを探すのは困難を極めますので、ある程度は妥協が必要な場合もあることを覚えておきましょう。

自分が考える優良企業の定義を決めよう

優良企業の明確な定義はありませんが、それを自分で決めることはできます。一般的に言われる優良企業の基準に照らし合わせて就活を進めるのではなく、自分の中で優良企業と呼べる基準は何かを決めて志望先を選ぶことが大切です。人によって仕事に求めるものは違っていますし、優良企業の条件も違ってきます。

給料の良い企業を優良企業と感じる人もいれば、給料が少なくても残業が少なく、きちんと休める会社こそ優良企業だと考える人もいます。誰かにとっての優良企業が自分にとっても優良企業であるとは限りませんので、自分ならではの基準を作ることが大切です。仕事をする上でこれだけは絶対に欠かせないという条件を考え、それを基準に自分に合った優良企業を探していきましょう。

定時で上がれて残業が少ない

優良企業の基準としては、定時で上がれて残業が少ないことが挙げられます。企業ごとに定時の時間は違っていますが、基本的には一日の労働時間は就業規則などで決められています。しかし必ずしも定時で上がれるとは限らず、残業をしなければならない場合も多いです。特に忙しい業界や繁忙期などであれば、残業は当たり前という企業も少なくありませんので、毎日残業をしなければならないこともあります。

また毎日残業でも30分や1時間程度であればそれほど苦ではありませんが、毎日数時間残業するのが当たり前な企業も、少なからずあります。残業がない企業は働きやすいですし、あったとしても時間が短ければ働きやすく、優良企業だと言えるでしょう。

収入が安定していて残業代もしっかり支払われる

収入が安定していて、残業してもしっかりと給与が出ることも、優良企業の基準のひとつです。仕事をする上ではどんな仕事をするか、自分がしたい仕事ができるかも大切ですが、やはり給与も大切になります。どれだけ仕事の満足度が高くても、給与が低かったり、安定しないなどの理由で生活が立ち行かなくなっては意味はありませんし、安定して給与がもらえるのは重要です。

また企業によっては残業をしてもすべてサービス残業となり、残業代が支払われない場合もあります。残業があること自体は仕方ない場合も多く、繁忙期であればどれだけ優良企業でも残業があることも多くなります。問題は残業代がしっかりと支払われるかどうかですので、サービス残業の有無も確認しておきましょう。

福利厚生がしっかりしている

仕事をする上では給与も大切な水準になりますが、それだけではなく福利厚生も大切です。福利厚生がしっかりして保障されている企業は優良企業と言えますし、これがどれだけ充実しているかによって志望する企業を選ぶ人も多いです。福利厚生が充実していれば、仕事もしやすいですし、プライベートも充実させやすくなります。単に給与が良いだけではプライベートの充実までは図れない場合も多いですし、福利厚生については必ずチェックしておく必要があります。

給与などは努力次第で昇給もありますし、増やすことができますが、福利厚生に関しては基本的に入社時から変わることはありません。優良企業の基準として福利厚生が充実しているかどうかは重要になりますので、これも忘れずにチェックしておきましょう。

定着率が高く離職が少ない

離職率の高い会社は、働く環境や業務量、人間関係になにかあるのではと思いませんか?離職する理由としては自信のキャリアアップや他の企業からの熱烈なオファーなど、その人にとってポジティブな理由もあります。しかし、離職率が高いと聞くと、初めに紹介した環境や業務量、人間関係が悪いのではないかと捉えるほうが多いでしょう。そのため、定着率が高いと、職場環境がいいや人間関係にトラブルがないなど思われがちです。

隠れ優良企業の特徴3つ

大手優良企業を一般的な優良企業とすると、隠れ優良企業とは主に知名度の低い中小企業の中の優良企業を指します。大企業と中小企業の違いとは、資本金や出資金、従業員数ですが、優良企業かどうかの指標にはなりません。

以下に隠れ優良企業の特徴をまとめました。自分が重要視したい点と照らし合わせ、どのような企業に就職したいかを定めていきましょう。

①健全な企業経営

会社が一丸となり経営方針に従っている企業です。一概に経営状態の良し悪しだけでは決まらず、上層部が経営意欲を持ち明確な計画・方針を打ち出しおり、その理念が社員に浸透しているかが重要となっています。

しかしそのようなことは、会社のホームページや企業説明会などの話だけではとても判断がつくものではありません。離職率や直近の社員の増減数、そしてなにより現場の社員の働く姿から見定めましょう。

会社の内情を把握することは、入社した社員ですら1年や2年では難しいですが、入社して数年たった後に気づき後悔してしまうという可能性もあります。現場で働く社員と積極的にコミュニケーションをとる機会を得て、文面では把握できないことを聞き出しましょう。

②一定水準以上の年収

全国の平均年収は400万円前後、東京都では600万円前後を例年推移していますが、多くの隠れ優良企業の年収は700万円以上となっています。

最もシンプルな働く理由の1つが給与です。高い給与がなくてもやりがいがあればどんな企業でも働きたいと考える就活生はたくさんいますが、新卒採用の離職率は例年約3割を推移しています。

その中には社会人として生きる中で高い給与が必要になったり、やりがいが感じられなくなってしまったといったミスマッチから離職する人が多く含まれます。給与とやりがいを切り離して考えず、将来のビジョンを見据えた上で自分に必要なお金というものを一度考えてみましょう。

③充実した労働条件

  • 年間休日が少ない
  • 拘束時間が極端に長い
  • 残業代が適切に支払われない
  • 離職率が極端に高い
  • パワハラ・セクハラが横行している

逆にブラック企業と言われる企業の労働条件はどのようなものでしょうか。ブラック企業の定義というのは曖昧なものですが、一般的には上記のような労働条件となっています。

このような問題がないのが隠れ優良企業の特徴となっていますが、この点は一般的な優良企業と大きな違いはありません。言い換えますと、このような条件が整っている会社でないと、優良企業とは言えません。

ワークライフバランスという、仕事と私生活の両立がとれた状態を示す言葉があります。社会人が1日の多くの時間を過ごすのが職場ですが、私生活との相乗効果をもたらすことができるような職場で働くことを目指しましょう。

隠れ優良企業を探す手がかり

隠れ優良企業の魅力や特徴を伝えてきましたが、ではどのようにしたら隠れ優良企業を探すことができるでしょうか。一般的な優良企業、隠れ優良企業をリストアップすることは簡単ですが、そこに就職できたとしても万人の正解にはなりえません。

重要なのは「自分にとって優良企業かどうか」です。向き不向きや企業に何を求めるかでその人にとっての優良企業は変わるでしょう。以下に自分にとっての優良企業を見つけるための手助けとなるような3つの方法を解説します。

BtoB企業をチェック

BtoB企業とは、メーカーやIT業界といった理系の就職先に多く、法人または企業を相手に取引を行っている企業です。 企業が取引相手の場合、1度取引が成功すると長期案件となることが多いため、安定した収益を得ることができるようになります。

BtoC企業のように顧客が相手の場合には、広告やCMをどんどん流すことが収益につながるため自然と知名度が高くなり、それに伴い応募の倍率も高くなってしまいます。

BtoB企業とBtoC企業の差はブランド力であり、優良企業かどうかの差ではないと言えます。しかし「ものづくりへのやりがい」という観点では双方に優位性はありません。競争率の低いBtoB企業をチェックしておくのは、隠れ優良企業を見つける1つの方法です。

離職率をチェック

さまざまな優良企業の特徴の中でも、離職率に関しては特に重要視しなければならないポイントとなります。例えば、「給与が水準以上かつ十分な年間休日が保障されているが、離職率が以上に高い企業」があったとして、安心して就職したいと考えられるでしょうか。他に何か大きな問題があるのではないかと疑わなければなりません。

全ての労働条件が高い水準であれば、自然と離職率が0%に近くなります。離職率が高い場合には必ず理由があります。一生付き合っていけるような企業と出会うためにも、離職率は外せないチェック項目です。そのためにも企業研究には特に力を入れましょう。

ネットで情報収集

インターネットの普及により、多くの情報が誰でも手に入れられる状態になっています。ホワイト企業ランキングや口コミサイトでは盛んに情報が発信されており、中でも口コミサイトや2chでは内情を知る人間でなければ知りえないような情報が含まれている場合もあるため、参考にしてもよいでしょう。

しかし、インターネットの情報とは根拠がなく真実かどうか確かめる術がない場合が多いです。インターネットで情報収集を行う場合には、情報に振り回されないために目的意識を持って検索をかけ、情報に対して見るだけでなく自分で考え、取捨選択を行いましょう。

企業の探し方を間違えている就活生は多い

【面接でのマスク着用は絶対NG】就活で失敗しないために知っておきたいマナーをご紹介

志望先がなかなか見つからなかったり、良い企業と巡り合えないと悩んでいる就活生は多いですが、これらの悩みを持つ人のほとんどが企業の探し方を間違えています。志望先の企業を見つけるにはコツがいりますし、闇雲に探しても本当に自分に合った企業に巡り合えないことは多いです。

優良企業に就職するのは大切ですが、探し方を間違えて挙句見つからないのでは意味がありません。どのような探し方をすべきかを知って、上手に企業を見つけていきましょう。

大企業が優良企業というわけではない

優良企業を探そうとして大企業ばかりに目を向けている就活生は多いですが、これはNGです。確かに大企業であれば優良企業であることも多いですが、大企業=優良企業とは限りません。大企業であってもブラック企業はありますし、企業の規模が大きければいい会社と思い込まないことが大切です。

大企業を志望する就活生は多いですし、倍率も高いため就職難易度は非常に高いです。大企業ばかりを受けていて選考で全滅してしまうことも少なくありません。中小企業でも優良企業はたくさんありますので、大企業だけに選択肢を絞り込まないことが大切です。就職難易度の高い企業ばかりを受けていると就活に失敗してしまう可能性もありますので、時には適度に難易度を下げて企業を選ぶことも必要です。

優良企業を見つける方法としては、企業の売上高から探すことが挙げられ、売上高が高い=優良企業と考える人は多いです。売上高が高ければ企業としても安泰ですし、優良企業である場合も多いですが、これも必ずしも優良企業であるとは言えません。売上高が高くても優良企業とは呼べない企業もありますので、利益だけで判断しないことが大切です。

優良企業を見つけるために本当に注目しなければならないのは売上高ではなく、ビジネスモデルです。どのようなビジネスモデルで利益を獲得しているのか、利益が社員へもきちんと還元されているのかをチェックしてみましょう。他の企業にはない独自のビジネスモデルをしていれば競争力が高い場合も多く、優良企業である可能性も高いです。

隠れ優良企業群から狙う企業をしぼる

前述した方法で隠れ優良企業をピックアップしても、それが「自分にとっての優良企業かどうか」を見定めなければなりません。就職後に後悔をしないためにも、隠れ優良企業を見つけたことに満足せず、狙う企業をしぼる必要があります。

例えば、「どの程度給与がほしいか」、「どのエリアで働きたいか」、「どのような業界に興味があるか」、「業界の中でもどのような職種を希望するか」など複数の項目を分けてリストアップしましょう。自分が重要視するポイントを定めることで、就職後に感じるギャップを減らすことができます。

また、自分が重要視するポイントが定まっていれば、業界・企業研究の際には調べる内容の手助けになり、企業説明会や面接時にも企業との認識合わせが行いやすくなるでしょう。

自身が思う優良企業をいくつかリストアップする

どのような条件を重点において就活を進めるかを決めれば、それに該当する自分が思う優良企業をいくつかリストアップしていきましょう。優良企業の基準はさまざまあるものの、実際には明確な基準は存在していませんし、どの企業を優良企業と思うかは個人によって違っています。給料のいい企業を優良企業と思う人もいれば、多少給料は低くても、残業などが少なく、福利厚生が充実している企業を優良企業を思う人もいます。

大切なのは自分にとっての優良企業を見つけることであり、他人の指標ではなく自分の指標を持って就活を進めていくことです。優良だと思える企業をいくつかリストアップすれば、それぞれの業界、企業研究を進め、さらに興味が湧く企業を絞り込んでいきましょう。

企業研究の末に優先順位をつけて受けてみる

自分が思う優良企業をリストアップすれば、リストアップした中から、企業研究をして優先順位をつけ、実際に受けてみることが大切です。実際に受けてみないことには就職を目指すことはできませんし、就職難易度が高い場合でもチャレンジしなければ何も始まりません。このとき闇雲に受けるのではなく、最も優先順位の高い企業から順に選考の対策を進め、受けることが大切です。

企業研究や面接の対策には時間がかかります。すべてを受けようと思っても難しい場合も多く、中途半端になるとすべて落ちてしまう可能性もあります。合格率を上げるためにも志望する企業はしっかりと絞り込む必要がありますので、どの企業に最も就職したいかを考え、優先順位をつけていきましょう。

さまざまな業界を見るのが大切

隠れ優良企業を探すためには、視野を広げてさまざまな業界をチェックしておくことが大切です。志望する業界を絞り込みすぎると、視野が狭くなってしまいますし、選択肢も少なくなってしまいます。

隠れ優良企業を見つけるためには、視野を広げて選択肢を増やしていくことが大切ですし、複数の業界を見ることで理想とする就職先を見つけやすくなります。ひとつの業界の固執するのではなく、上手に視野を広げてより良い就職先を見つけていきましょう。

隠れ優良企業はどの業界にも存在する

優良企業を見つけようと考えれば、メジャーな業界、人気の高い業界に絞って志望先を見つけようとする人は多いはずです。確かに知名度が高く、人気の高い業界にも優良企業はありますが、隠れ優良企業は実はさまざまな業界に存在していることを忘れてはいけません。

知名度が低い業界や、就活生からの人気はそれほど高くない業界にも隠れ優良企業はあります。視野を広げて、それらも選択肢として加えておくことが大切です。知名度の低い業界や企業であれば、倍率が低いことも多く、優良企業でありながら就職しやすい企業もたくさんあります。隠れ優良企業はどの業界にも必ず存在していますので、視野を広げてさまざまな業界をチェックし、隠れ優良企業を探していきましょう。

21の人気業界の主要企業から探してみる

隠れ優良企業を見つけるために、業界研究をするにあたりおすすめの資料が人気21業界丸わかりマップです。この資料は、商社や金融など、就活生に人気の業界が21にわたって紹介してます。そして、各業界ごとに主要企業も紹介しています。

就活を進めるにあたり、これ!と決めている企業がない限りは、業界研究をせずに絞るのは非常にもったいないことです。まずは幅広く業界を知り、自分が興味ある業界の企業をしっていくことがベストです。ぜひ一度チェックしてみてください。

マイナーな業界こそ隠れ優良企業は多い

隠れ優良企業を見つけるためには、さまざまな業界をチェックすることが大切ですが、特にマイナーな業界をチェックしておくことが大切です。マイナーな業界こそ隠れ優良企業は多いですし、就活生に知られていないだけ、素晴らしい実績を持っている企業はたくさんあります。分野がマイナーだったり、就活生には馴染みがないために知られていないだけで、世界で活躍している企業はたくさんあります。

マイナーな業界にこそ就職のチャンスは広がっていますので、さまざまな業界に目を向けることが大切です。企業の知名度が高い=必ずしも優良企業であるとは限りません。知名度と優良企業かどうかは比例しませんので、知名度だけに惑わされずに本当に優れた企業を見つけていきましょう。

隠れ優良企業を見つけて真の勝ち組へ!

大手企業に勤めることがイコール優良企業に勤めることではありません。優良企業とは人それぞれ定義が異なり、それを見つけるには相応の努力が必要となります。また就職活動とは、今後の人生を大きく左右するものであり、真剣に取り組まなければなりません。

真剣に取り組んだ就職活動というものは希望の企業に入社するためのものだけではなく、必ず入社後にも役に立つものです。自分だけの隠れ優良企業を見つけて真の勝ち組になりましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ