就活その他

中国語検定は就職に有利か?スキルが活かせる業界についても紹介

中国語検定が就職に有利な理由

中国語検定を就活に活かすためには、そもそも中国語検定がなぜ就職に有利なのか、その理由を知っておくことが大切です。資格やスキルはあれば必ずしも評価されるわけではなく、それらが企業の仕事で活かせなければなりません。

どれだけ素晴らしい資格であっても、企業で活かせなけれは意味がありませんし、宝の持ち腐れになってしまいます。なぜ中国語検定が評価されるのか、就職に有利になるのかを知り、積極的に取得を目指しましょう。

①世界で最も話されている言語

世界で一番話されている言語は中国語なのです。世界共通言語は英語であるがゆえに、私たち日本人も義務教育で英語を習うので、てっきり英語が世界で一番話されている言語だと思っている方は多いでしょう。しかし、近代になり、中国は急激に人口が急増しました。そのため、中国語を話す人口は今や約10億人にも達し、世界で最も話されている言語となりました。

また、中国には広大な土地と豊かな物資があります。日本企業が未進出の巨大マーケットが期待できますし、規模の大きい事業が参入できる可能性が高いです。そのため、中国語を話せる人物というのは、企業にとっても大変魅力的であり、就職活動でも有利になります。

②英語ほど取得者が少ない

中国語検定が就職に有利な理由としては、取得者が少ない分、中国語ができる人を求めている企業に重宝されることが挙げられます。英検やTOEICなども語学スキルとして評価されますが、これらは取得者が多く、かなりのレベルでなければアピールにならない場合も多いです。

中国語ができる人を求めている企業ではもちろん、グローバルな企業では評価されることが多く、就職でも有利になることが多いです。

③中国進出する企業が多い

中国進出する企業が増えていることも、中国語検定が就職に有利な理由の一つです。中国は世界最大の人口を持つ国であり、世界的にも大きなビジネス国であるため、進出する企業が増えています。中国はその規模の大きさからビジネスのチャンスがたくさん眠っていますし、アジア進出の足掛かりとして目をつけている企業は多いです。

中国進出が増え、中国語が必要とされる頻度も増えましたので、中国語検定が大きく評価されるようになっています。

あなたの就活力は何点?

就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。ぜひ、「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

就職に必要な中国語検定のレベルとは

中国語検定には漢検や英検などと同じように、レベルが級数によって分けられています。中国語検定は準4級からはじまり、3級、2級、1級と数字が低くなるにつれて、より高いレベルであることを示しています。

資格の取得は大切ですが、そのレベルがあまりに低くては仕事で役立てることはできませんし、ある程度のスキルは持っていなければなりません。就職に必要な中国語検定のレベルを知り、まずはそのレベルの取得を目指していきましょう。

中国語検定は3級からでも履歴書に書ける

中国語検定は珍しいため、3級からでも履歴書に書いて問題ありません。英検などであれば2級でなければアピールの材料にはなりませんが、中国語検定の場合は3級からアピールできますので、持っているなら履歴書には必ず書いておきましょう。3級は基本的な文章の読み書きができ、簡単な日常会話ができるレベルです。

難易度としてはそれほど高くはありませんし、大学の第2言語の2年度レベルですので、しっかりと勉強していれば取得を目指すことは難しくありません。3級であればそれほど苦労なく取得できる場合も多いですし、就活に向けて取得を目指して勉強しておくことが大切です。まずは3級の取得を目指し、可能であればさらに高い級数にもチャレンジしていきましょう。

中国語必須の場合は2級から

一般的な企業であれば3級からでも履歴書に書くことができますが、中国語を仕事で使う企業の場合は、2級から書くようにしましょう。3級であっても全くアピールにならないわけではありませんが、それでも能力が不十分とされてしまう場合もありますし、基本的には2級から書くのがおすすめです。

もちろん3級しか取得していない場合であっても、2級以上の実力を持っているのであれば、その旨を面接などで伝えても問題はありません。スキルの高さを面接で証明することができれば、評価の対象にはなりますし、資格としては3級しか持っていなくても、それ以上の評価が受けられる可能性もあります。それでも資格があればアピールはスムーズに進みますし、実力があるなら2級も取得しておきましょう。

中国語検定を活かせる就職先

グローバル化を進めている企業は多く、さまざまな業界で語学のスキルが必要となる企業は増えています。そのため中国語が必要とされる企業も増えていますが、すべての企業で中国語が必要なわけではありません。

企業によっては国内展開のみの場合もありますし、その場合は中国語検定がアピールの材料にならない場合もあります。スキルや資格は仕事で活かせることが大切ですので、中国語検定を活かせる就職先を知って、上手にアピールしていきましょう。

旅行業界

中国語検定を活かせる就職先としては、旅行業界が挙げられます。中国からの旅行客が増えているため、案内などで中国語が必要になるケースが多く、中国語のスキルがある人材が重宝されています。ツアーなどに参加してガイドをする場合はもちろん、代理店などでの営業でも中国語が必要になることはありますし、海外営業などであれば語学のスキルは必須です。

英語スキルはもちろん大切ですが、企業によってはアジアを中心に事業を展開している場合もありますし、その場合は中国語の方が重要視されることもあります。東京オリンピックの開催に向けて、今後も旅行客は増加する見込みですし、さらに中国からの旅行客は増加しますので、中国語検定をしっかりアピールしていきましょう。

ホテル業界

ホテル業界も中国語検定を活かせる就職先の一つです。中国からの旅行客が増えたことで、中国語での案内をする機会も増えていますし、接客で英語だけでなく中国語が使えると、より即戦力に感じてもらいやすいです。

ホテル業界では語学のスキルは必須とされていることも多いですが、中国語のスキルを身に付けている人はそれほど多くはありません。そのため、スキルがあれば職場でも重宝され安いです。

個人の旅行客であれば、英語も片言程度しか話せない場合も多いですし、中国語が話せれば仕事がスムーズに進めます。ホテル業界でも今後、中国人旅行客の利用は増加する見込みですので、中国語のスキルがさらに必要となってきます。

中国語通訳・翻訳家

中国語を使用する職種として、中国語通訳・翻訳家があります。中国語通訳は、その名の通り日本語を中国語に通訳したり、反対に中国語を日本語に通訳したりする仕事です。会話の意図を的確に汲み取って通訳し、そして言語を他言語に変換していくスピード感が要求される責任のある仕事です。ビジネスの商談などで通訳を依頼されるケースも多いので、専門的な知識や用語を知っておく必要があります。また、経験の積み重ねより、著名人や政治的分野の通訳を担当する場合もあります。

翻訳の仕事は、有名な中国人著者の作品に触れる機会もあるので、中国の小説やドラマ、映画が好きな人に非常に向いています。ただし、読み手がわかりやすい表現を考える創造性や、集中力の高さ、わからないことを納得のいくまで調査する粘り強さが求められる職種でもあります。

中国語通訳・翻訳家いずれも中国語に関してはハイレベルな言語力が必要であり、専門用語や時事言語の習得が求められます。もちろん、自身の母国語に対しても精通していることが前提とされています。

中国現地の観光ガイド

観光ガイドの仕事も、中国語を使用する職種として大変おすすめです。観光客を相手に、中国語を巧みに使い、現地のおすすめスポットや食事、施設などのガイドをします。他にも、現地でのバス手配や確認、レストランの予約、施設の予約などをすることもあります。

相手を喜ばせることが好きな人に向いています。ただし、中国独自の文化に詳しくなければいけませんし、中国の有名観光地や博物館などについて熟知しなければならないので、覚える専門用語が多いのが特徴でもあります。また、所属する企業によっては日本法人ではなく、中国の現地法人になるので、雇用形態や給与、福利厚生などはしっかりと確認しましょう。

中国語検定は極めることでより就活に活かせる

null

今回は、中国語検定は就職に有利なのかどうかを紐解いてきました。実際に中国語を活かせる業界や職種は多く、中国語検定を所持していると、就職に有利に運ぶ可能性があります。

中国語検定3級しか取得しておらず、中国語の実力に不安があったとしても、資格の保持は中国に関心が強いという証明になります。就職活動が終わってからも語学勉強をする意思を示し、中国に関わる仕事がしたいと熱意を見せましょう。企業は中国語検定の資格を取得していることがゴールではないと考えています。資格は努力の証であり、能力の証明でもありますが、資格を取得した後も引き続き語学力を高めていくようにしましょう。

 

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ