身だしなみ

スキッパーシャツが就活生に人気!好印象を与える選び方と着こなし方

スキッパーシャツとは

女性が就活中に着るシャツには、2つのタイプがあります。もっともオーソドックスな種類は、レギュラーシャツでしょう。ボタンをすべて閉じることにより、「真面目」、「清楚」などの雰囲気があり、就活シーンにもってこいのシャツだと言えます。しかし他にも、襟をすべて出すタイプのスキッパーシャツもあります。

人によってはこのタイプのシャツに「不真面目な印象がある」、「派手過ぎないだろうか」という印象を持っているかもしれません。結論から先に述べると、スキッパーシャツもビジネスシーンでの着用は良しとされています。そこでこの記事では、スキッパーシャツ着用時の印象や選び方のポイントなどをまとめています。着るときの注意ポイントも網羅していますので、女子就活生は参考にしてみてください。

 就活でスキッパーシャツを着用しても問題ない

スキッパーシャツ着用時、相手に与える印象は「活発」、「明るい」などのポジティブなものになるでしょう。襟を出すタイプのシャツなので、顔周りがスッキリとして華やかさを演出できます。もちろん、就活において重宝されるアイテムです。レギュラーシャツは、金融系や公務員などの堅めな仕事に適しています。では、スキッパーシャツはどんな業界に最適なのでしょうか。正解は、広告業界などのマスコミや商社、メーカーなどです。

志望する企業や職種によって、スキッパーシャツとレギュラーシャツを使い分けると面接でうまくいくかもしれません。また、小顔の人がスキッパーを着用した際、少しだけ首まわりにだらしなさが出てしますので、十分ご注意ください。

あなたの面接力は何点?

身だしなみは第一印象に大きな影響を与えますが、外見以外のマナーも例外ではありません。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

スキッパーシャツの選び方

スキッパーシャツの選び方にいくつか注意ポイントがあるのでご紹介します。相手に「元気」、「活発」などのポジティブな印象を与えるスキッパーシャツでも、選び方を間違えてしまえば先のような好印象から遠のいてしまうでしょう。

具体的には、胸元が開きすぎているタイプは避けてください。また、襟が大きすぎることもNGです。プライベートのファッションでもするように、必ず試着してから購入することをオススメします。

胸元が開きすぎていないもの

スキッパーシャツは、第一ボタンが首元から10cmあたりにあるものなので、胸元が見えます。とはいえ、商品によっては胸元が出過ぎるタイプもあるので、十分注意してください。襟を大きく見せてフレッシュな印象があるものの、胸元を大きく開くとだらしない着こなしになってしまいます。着用時には、必ず胸元を確認してください。そして、襟を美しく開きましょう。

スキッパーシャツは、「明るい」と行った印象の他に「デキる女性」、「大人っぽい」という雰囲気の出るタイプです。スカートだけではなく、パンツスタイルにもマッチするでしょう。こうしたスキッパーシャツをきちんと着こなしていないと、余計にだらしなく見えてしまうかもしれません。

襟のはみ出し具合が自分に合っているもの

そもそもスキッパーシャツは、レギュラーシャツとは異なり、襟を外に出すものです。しかし、ジャケットの襟幅よりも大きな襟はNGなので、注意しましょう。大きすぎる襟は、全体のバランスを崩してしまい、だらしない印象になってしまいます。また、後ろ襟にも注意が必要です。スキッパーシャツは、後ろ襟も外に出します。

とはいえ、一般的なシャツよりも後ろ襟の幅がせまく、ジャケットによっては後ろ襟が中に入った状態になってしまうこともあるでしょう。胸元の開き具合や襟の大きさを確かめるためには、必ず試着してください。これはシャツだけに限った話ではありません。自分に合ったサイズでなければバランスの悪い着こなしになってしまいます。

スキッパーシャツを着るときの4つのポイント

スキッパーシャツをより上手に着こなせるポイントをご紹介しましょう。まずは、清潔感や襟はもちろんのこと、汚れているシャツはNGです。また、シワがあるとだらしのない印象があるので注意してください。スキッパーシャツの種類によっては、スーツとの相性があまり良くないので、避けるようにしましょう。襟は出すスタイルであるものの、他の部分は出してはいけません。こうした細かい注意ポイントを具体的にお伝えします。

①真っ白な襟を保とう

スキッパーシャツにデメリットがあるとすれば、襟の汚れが目立ってしまうことでしょう。レギュラーシャツよりも襟が強調されるタイプなので、就活の際は特に気をつけてください。襟が顔周りに近く大きい種類であれば、なおさら目に付きやすいです。面接後に「襟にシミがついていた」と気づいても、「時すでに遅し」かもしれません。面接前に鏡でチェックすることや日頃のクリーニングなどはマストです。

清潔感に限っては、襟だけの話ではありません。髪型やスーツなど、身だしなみには細心の注意を払ってください。第一印象は、面接の合否などにも大きく影響されるでしょう。襟についたシミによって、相手に悪い印象を与えてしまう可能性があります。

②キチンとアイロンをかけておこう

アイロンがけ要らずのスキッパーシャツも販売されていますが、そうではないタイプの場合、アイロンがけを怠ってはいけません。先に述べた通り、襟が目立つ種類のシャツなので、シワひとつでもだらしない印象になってしまう危険性があります。アイロンがけのポイントは、スプレーのりを用いることです。パリッとシワのないスキッパーシャツは、より華やかな印象を演出してくれるでしょう。

もちろん襟だけではなく、シャツ全体にアイロンがけしてください。アイロンがけを手間に感じる人は、形態安定型のシャツを試してみましょう。アイロン不要なので、時間を節約できます。いずれにせよ、どのタイプであれ清潔感があれば問題ありません。

③シャツの襟はジャケットの襟の上に収まるように

襟のはみ出し具合については少しだけ上記で触れましたが、スキッパーシャツの襟がジャケットの襟から飛び出してはいけません。イタリアンカラーのように、襟をねかせて着るタイプの場合、スーツの襟からはみ出してしまうことがあります。襟の大きさには、十分注意してください。

スキッパーシャツは襟を出して着るのが一般的ですが、レギュラーシャツのように襟をジャケットにしまっても問題ありません。襟のサイズによって、自分なりにアレンジしてみましょう。最近ではスキッパーシャツの方がメジャーかもしれませんが、着こなしに自信のない人は、レギュラータイプでも良いでしょう。しかし、業界によってはスキッパーシャツの方が適しているかもしれないので、事前に調べておいてください。

④襟は出してもOKだが袖はNG

「襟を出す」ということは、何度も触れてきました。では、袖はジャケットから出しても問題ないのでしょうか。男性の場合、スーツの袖からワイシャツが出ていても、構いません。もちろん出過ぎているのは問題ですが、1cm程度であれば立派なスーツスタイルと言えるでしょう。

女性がスキッパーシャツを着用していた場合、袖は出してはいけません。襟と対応が異なるので、ご注意ください。腕をおろして、約5mmジャケットの中に入っている状態が良いとされています。後ろ襟の幅もそうですが、スキッパーシャツを購入するのは、スーツと同じタイミングがベストかもしれません。ジャケットとサイズが合っているのか確認できるので、美しい着こなしを実現できるでしょう。

自分に合ったスキッパーシャツで就活に挑もう

スキッパーシャツとは、襟を外に出して着るタイプのものです。就活シーンの着用は「不真面目な印象がある」と感じるかもしれませんが、今やレギュラーシャツよりも主流になっています。選び方のポイントは、胸元が開きすぎていないタイプが良いでしょう。あるいは、襟が大きすぎて、上着の襟からはみ出ていないスキッパーシャツを選んでください。どちらもだらしのない印象から遠のけるはずです。

着用時のポイントは、何よりも清潔感です。真っ白な襟を保ち、アイロンがけを怠ってはいけません。襟が目立つタイプなので、十分注意してください。そして襟は上着から出すものの、袖は内側にしまいましょう。試着などをして、自分にマッチしたスキッパーシャツを着こなしてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ