就活その他

【就活で成功したい人の特徴3選】失敗する人の例と合わせて紹介

就活では失敗者と成功者の2通りしかいない

就活にいおいては、希望した企業からの内定を勝ち取り、明るい未来へと足を踏み出すことになる成功者と、どこからも内定をもらうことができなかったり、あるいは納得のいかない形で就職しなければいけないような、いわゆる失敗者の2通りしかいないと言えます。成功した人は、入社してからのビジョンに胸を高鳴らせ、どのように働くかを考えて、すがすがしい気持ちでいっぱいになることでしょう。

一方で、失敗した人は、就活が徒労に終わってしまったことに対して後悔や悲しい気持ちだけが残り、人生が悪い方向へと進んでいくかもしれません。就活は人生を左右するものです。失敗するか、成功するか、結果はどちらかしか結末はありえないのです。自分が成功者になりたいのであれば、それを強く意識しておきましょう。

就活で成功する人の特徴

就活で成功する人には、共通の特徴があります。成功するために必要な要素を持っている人や、それを面接官に惜しみなく伝えることができた人が、成功者になれたと言えるでしょう。

成功したいと考えているのならば、どのように振る舞えば志望している企業からの内定を勝ち取ることができるのかを把握しておく必要があります。そのためにも、まずは成功者と呼ばれる人たちについて知っておきましょう。

①明るく第一印象のいい人

入社してからのビジョンを描く時に、面接官に良いイメージを与えるのはとても重要なことです。特に、この人と一緒に働いたら良い方向にいくのではないか、と感じさせることができれば満点であると言えるでしょう。

そのためにはまず、面接で明るくハキハキとした挨拶をすることを忘れてはいけません。初歩的ですが、挨拶は第一印象を決めます。そこで面接官に元気で明るい人間であると思ってもらうことは、非常に大切なのです。

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力の高さは社会人としての必須スキルです。取引先の企業とも関わらなければならないことを考えると、企業は引っ込み思案な人よりも一歩前に出ることができる人を選ぶでしょう。また、コミュニケーション能力が必要になるのは対外的な場面だけではありません。

入社後は、報告、連絡、相談が必須です。社内でも同僚、上司と円滑にコミュニケーションを取ることができる人材は貴重となります。コミュニケーション能力は社会に出てからいろいろな人と関わる中で磨かれるものですが、それを面接の時点でアピールできるのはかなり大きな強みとなります。

②志望動機が明確にある人

面接官は、就活生の志望度の高さ、熱意についても注目しています。就活生が企業に対してどれくらいの興味と志望度を持って面接に臨んでいるのかは、面接官が合否を決める上で重要な要因です。この企業でなければ自分のやりたいことはできないのだという、明確な志望動機をはっきりと伝えましょう。

③PDCAを回せる人

3つ目に紹介するのが、PDCAを回せる人です。面接やグループワークにおいて、1度も不採用通知を貰ったことがないという人は稀です。しかし、成功している人はいます。何が違うのかというと、失敗した原因を考え改善して次に挑んでいるかという点です。

失敗する人は、1度失敗しても改善なく同じことを繰り返しているだけになっていませんか。今一度、自分の敗因から就活で成功するたえにはどうすべきか考えてみましょう。

就活で失敗する人の例

成功を収める人がいる一方で、どうしても失敗から逃れられないという人もいます。失敗する人は、自分がなぜ失敗するのかわからなかったり、わかっていても同じ過ちを繰り返してしまったりと、なかなか成功へとたどり着けません。もしかすると、自分が失敗の渦の中にいることに気付いていない人もいるのではないでしょうか。

そこで、失敗している人の例をご紹介していきます。もしも自分が失敗しているのかもしれないと心当たりがある人は、ぜひご確認してみてください。

自分を上手にアピールできない人

就活において、自分をアピールできないのは致命的です。他の就活生たちは自分の長所をどんどんアピールしていくわけですから、そこで出遅れてしまい、何も言えずに終わってしまうと、当然のことですが採用されることはありません。ディスカッションやグループ面接などの複数名で行われる面接で全くしゃべれなかったり、何かその場で印象に残ることができないと、面接官はすぐに他の就活生に意識を向けてしまいます。

また、自分では上手くアピールできたつもりでも、それが空回りしていて面接官には伝わっていなかったという可能性も考えておくべきでしょう。その場合は、次の面接からはやり方を変えていく必要があります。自分のアピールの仕方の何がいけなかったのかを客観的に考えるために、第三者にアドバイスしてもらうのもいいでしょう。

忍耐力がなくすぐ諦めてしまう人

就活は持久戦です。最後まで頑張った人こそが成功できると言えるでしょう。ですが、失敗してしまう人は、途中でつまづいたり挫折したりしてしまい、最後まで頑張り切ることができない傾向にあります。どこかで「もういいだろう」と妥協したり、つらいからと諦めたりすると、必ず後悔することになります。そのため、やれるだけのことは全てやりつくしましょう。

投げやりにならずに、これからの人生がまさに今の時期にかかっているのだということを今一度意識し直して、自分の理想としているビジョンを叶えるために努力してください。諦めたくなる気持ちや、つらくて挫けそうになる気持ちは誰にでもあるものですが、それを越えた先に必ず成功があると信じて進んでいきましょう。

失敗者と成功者の違いを理解して就活に活かそう

人生の成功者、と聞くと大それた響きに聞こえてしまうかもしれませんが、就活においての成功に的を絞って努力をすれば、それは実現不可能なことではありません。しかも、就活での成功は人生での成功にも繋がるのです。ですから、就活の失敗者と成功者の違いをしっかり理解しておくことはとても重要なことです。明暗を分けるものが何なのかを知っておくことで、今後の人生が大きく左右されると言っても過言ではないでしょう。

就活の期間が終わった後には、失敗か成功か、はっきりとその違いが分かれているはずです。その時自分がどちら側にいるかということは、就活中にどれだけ上手く立ち回れたかということの結果に他なりません。これを機に、成功者と失敗者という二者の違いを意識してみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ