企業研究

【JR九州インターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

JR九州を研究!

1987年に日本国有鉄道から事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つが、JR九州です。路線は九州と山口県の一部に及びます。沿線には「ハウステンボス」や「湯布院」などの観光地もあり、この鉄道を利用した就活生も多いのではないでしょうか。

2011年には九州新幹線の全線開通が達成され、東京や大阪からのアクセスも容易になりました。また、普通列車のワンマン化や駅の無人化の推進により、経営合理化を図りつつあります。この記事ではそんなJR九州のインターンをご紹介します。

インターンは就活生にとって貴重な体験の出来る絶好の機会です。これを機に参加を検討してみてください。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2017年度実施の内容です。

JR九州の基本情報

九州を守備範囲としている日本有数の旅客鉄道会社です。会社の指針は「誠実」「成長と進化」「地域を元気に」で、社内で広く浸透しています。誠実さを最優先するのは、安全にお客様を運ぶという強い意志の表れでしょう。

「成長と進化」は既に成果を生み出しつつあり、近年売上は増加傾向にあります。また、地域に根ざしたまちづくりで九州を活性化しようという試みにも力を入れているのが特徴です。

正式名称:九州旅客鉄道株式会社
所在地:福岡市博多区博多駅前三丁目25番21号
設立年:1987年
従業員数:7,767人
平均年齢:40.9歳
平均勤続年数:18.2年

JR九州を企業研究

社風は、「元気で前向き」です。何かを実現するために熱心に勉強し、その上で責任ある発言をしようという思いを持った社員が多いと言われています。

事業内容は、「旅客鉄道事業」「貨物鉄道事業」が主なものですが、この他に鉄道に関わる関連事業(旅行業や倉庫業や旅行用品販売等)を手広く行っています。

求められる人物像は、「誠実な人」「成長と進化を希求する人」「地域を元気にしようと願う人」です。この中でも「誠実な人」は特に重視されています。少しでも手を抜くと大事故に繋がる鉄道では、誠実さは絶対に欠かせない要素だからです。

JR九州インターンの選考フロー

JR九州のインターンの選考フローは、エントリー→アンケート提出→書類選考→合否連絡です。

JR九州インターンの内容と日程

JR九州のインターンは、「JR九州インターンシップ(秋季)」と「JR九州インターンシップ(冬季)」の2つがあります。いずれも同じ内容の4日間のインターンです。前者は11月~12月、後者は1月~2月にかけて開催される、鉄道事業に特化したカリキュラムとなります。

このインターンを通じて、JR九州で働く面白さを知るとともに、鉄道に欠かせない「安全さ」「快適さ」「正確さ」がどのようにして作り上げられているかを学びます。

①JR九州インターンシップ(秋季)

11月~12月にかけて福岡本社において4日間のインターンが3回開催されます。前半の2日は、駅・乗務員、車両・運輸、保線・土木、電気・情報システムという各系統の業務について知り、職場・施設の見学を通してJR九州の鉄道事業に触れることが出来ます。

後半の2日は4コースに分かれ、専門的な各業務の見学とフィールドワークが行われます。報酬はありません。また交通費・宿泊費の支給は基本的にありません。

■実施時期
1.2017年11月7日(火) 〜 11月10日(金)
2.2017年11月28日(火) 〜 12月1日(金)
3.2017年12月19日(火) 〜 12月22日(金)

■参加条件
大学(短大・大学院を含む)・高専・専門学校の学生(学年問わず)

■開催地
福岡県(福岡本社)

■待遇
報酬なし。交通費・宿泊費は基本的になし。

■その他
参加の可否及び実習の詳細等は決まり次第連絡されます。

 

  • エントリー〆切:2017年10月15日
  • 適性検査・ES:不明。
  • 面接:なし。エントリー時に提出したアンケートにより書類選考が行われます。
  • 合否連絡:不明。

 

②JR九州インターンシップ(冬季)

1月~2月にかけて福岡本社において4日間のインターンが3回開催されます。内容、報酬については秋季のインターンと同様です。

■実施時期
1.2018年1月15日(月)~1月18日(木)
2.2018年1月29日(月)~年2月1日(木)
3.2018年2月6日(火)~2月9日(金)

■参加条件
大学(短大・大学院を含む)・高専・専門学校の学生(学年問わず)

■開催地
福岡県(福岡本社)

■待遇
報酬なし。交通費・宿泊費は基本的になし。

■その他
参加の可否及び実習の詳細等は決まり次第連絡されます。

 

  • エントリー〆切:2017年12月17日
  • 適性検査・ES:不明。
  • 面接:なし。エントリー時に提出したアンケートにより書類選考が行われます。
  • 合否連絡:不明。

 

まとめ

JR九州のインターンは、秋と冬にそれぞれ4回、同じ内容のものが博多市にある福岡本社で開催されます。鉄道業務に限定したもので、4日間の日程の中で業務の説明や職場や施設の見学を通じて、JR九州がどのような仕事をしているかを理解することが目的となっています。

その中で、列車運行において欠かせない「安全性」「快適性」「正確性」がどのように守られているかを知ることは、大いに意味のあることだと言えるでしょう。

インターンは、自分の目指す会社の中に実際に入ってみて体験することができる、絶好のチャンスです。このチャンスを得るためにも、ぜひインターンへの参加を検討してみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ