就活のマナー

【研修会に適した服装とは】就活生は知っておくべき服装指定がない場合の注意点を徹底解説

研修会でもあなたの服装は見られている

企業から内定をもらえば、就職日を迎えるまでの間に研修会がおこなわれることも多く、参加時の服装には充分に気をつけなければなりません。就職が決まっているからといって、油断していてはマイナスの印象を与えてしまいますし、印象が悪くなることで就職後に困ることも多いです。

就活は内定が決まればそこで終わりではなく、就職して企業で活躍するまで続いています。研修会も就活のうちですし、服装にも気をつけて参加することが大切です。研修会では服装の指定がある場合も多いですが、指定がない場合もあり、服装の選び方が学生に任されている場合もあります。どんな服装で参加するかによって、マナーが身に付いているかが見られていますので、正しい服装を知って、研修会に臨みましょう。

研修会に適した服装

研修会で好印象を残すためには、まずは研修会に適した服装を知っておく必要があります。研修会は就職後の仕事をスムーズに進めるための大切なイベントであり、真面目に取り組むことが大切です。

しかし、ただ真面目に取り組むだけではなく、服装にも注意を払わなければなりません。服装にも仕事への意識は表れますし、研修会への取り組みはもちろん、見た目の印象からやる気をアピールすることが大切です。研修会に適した服装を知って、身だしなみから好印象を獲得しましょう。

リクルートスーツ

研修会は就活の一環ですので、リクルートスーツが適した服装です。企業から私服などの指定があれば必ずしもスーツである必要はありませんが、男女ともに服装指定がない場合はリクルートスーツが無難です。リクルートスーツであれば、どんな場でも基本的には浮くことはありませんし、身だしなみでマイナスの印象を与えることもありません。

また、仮に私服が指定されていたとしても、スーツを着ていることで印象が悪くなることはありませんので、迷った場合はスーツを着るようにしましょう。またスーツであれば何でもいいわけではなく、研修会の場合はリクルートスーツが基本です。同じスーツを着る場合でも、カジュアルなものは選ばず、フォーマルさを意識する必要があります。

オフィスカジュアル

企業から私服でもOKと指定があれば、研修会であってもスーツ以外の服装で参加することはできます。しかし私服がOKだからといって、どんな服装で参加してもいいわけではありません。私服指定の場合でもオフィスカジュアルを意識することが大切です。私服指定だからとTシャツにジーンズなど、カジュアルな服装で臨んでしまうと、マナーが身に付いていない印象を与えてしまうので注意しなければなりません。

ただし、業界によっては(美容・アパレル業界など)私服を見たいところもあるので確認しておくことが大切です。私服が見たいと考えられている場合にオフィスカジュアルだと物足りない印象を与えてしまう場合もあります。私服指定の場合は業界によって、服装を変えるようにしましょう。

研修会に着ていく服装選びの注意点

研修会では服装はチェックされていますので、好印象が与えられるように、何を着ていくべきかをしっかりと選ばなければなりません。服装の選び方次第で与える印象は良くも悪くも変わりますし、研修会全体での印象も違ってきます。

服装一つで印象は大きく変わりますので、適切な服装で臨み、かつ好印象が与えられる服装を心がけることが大切です。研修会に着ていく服装選びの注意点を知り、それらを踏まえて正しい服装で研修会に参加しましょう。

派手な格好やラフ過ぎる格好はNG

研修会に着ていく服装選びの注意点として、派手な格好やラフ過ぎる格好はNGであることが挙げられます。研修会によっては私服が指定されている場合もありますが、その場合でもミニスカートやジーンズなどの格好はしないようにしましょう。派手な格好やラフすぎる格好ではカジュアルな印象を与えてしまい、社会人としてふさわしくないと思われてしまいます。

研修会は就活の一環であると同時に、企業の仕事の一環でもあります。研修会は仕事をするための準備ですし、社会人にふさわしい服装で参加することが大切です。私服指定の場合でも、オフィスカジュアルなどを心がけ、カジュアルになり過ぎないように気をつけながら服装を選んでいきましょう。

服装については企業に確認しておこう

研修会では事前に会場や日時などの案内があり、そこで服装についても記されていることが多いです。しかし企業によっては服装の指定がない場合もありますし、指定がある場合でも業界によってどのような服装で臨むべきかが違う場合もあります。何を着ていけばいいかわからなくなったときは、自己判断で決めるのではなく、研修会での服装について事前に企業に確認しておくと安心です。

服装について尋ねることは失礼なことではありませんし、むしろ研修会の参加に真剣であることが伝わりますので、好印象が与えられる場合もあります。迷って自己判断で服装を選ぶと失敗してしまうこともありますので、迷った場合は企業に確認して、何を着ていけばいいのかを聞いておきましょう。

服装以外の注意点

研修会では服装は細かくチェックされていますので、適切な服装で臨むことが大切ですが、身だしなみとして見られているのは服装だけではありません。服装だけではなく、その他さまざまな場所も見られており、他にも注意しなければならないことがたくさんあります。

身だしなみは服装だけではなく、全身きちんと整えられてこそ好印象を与えることができます。服装以外の注意点も知り、身だしなみを完璧に整えて研修会に参加しましょう。

アクセサリーは付けない

研修会参加時の服装以外の注意点としては、アクセサリーは付けないことが挙げられます。研修会ではフォーマルな服装を心がける必要がありますので、ピアスやネックレスなどもしていかないようにしましょう。これは私服指定の場合でも同じであり、オフィスカジュアルでも基本的にはアクセサリーは認められていません。

装飾品としてOKなのはネクタイやネクタイピン、時計などですので、これら以外のものは基本的には不要であると考えましょう。またアパレル業界などの場合はアクセサリーがOKである場合もありますので、これも業界ごとに変えていく必要があります。アパレルや美容などの業界以外では、アクセサリーは付けないようにし、フォーマルな格好を心がけましょう。

清潔感のある身だしなみをする

身だしなみは服装だけではなく、全身を整える必要があり、髪型やヒゲ、化粧など清潔感を意識することが大切です。服装が整えられていても、髪がぼさぼさであったり、ヒゲが伸びていると清潔感が感じられず、印象は悪くなってしまいます。また化粧についても濃すぎるのはもちろんNGであり、反対にすっぴんなど全く化粧をしないのもマナー違反となります。

化粧は薄すぎず、濃すぎないようにしておく必要がありますので、すっぴんではなくてもすっぴんに見えるナチュラルすぎるメイクもNGです。研修会の身だしなみとしては、基本的には就活中と同じです。清潔感を意識しながら身だしなみを整え、服装以外の部分についても注意を払うようにしましょう。

研修会は清潔感のあるTPOを意識した服装で参加する

研修会はどのような服装で参加すればいいのか迷ってしまう人は多いですが、基本的には清潔感を意識することが大切です。研修会は就活の一環ですし、同時に企業としての仕事の一環でもあります。カジュアルすぎるのは当然NGですし、フォーマルを意識した服装、身だしなみを心がけることが大切です。

服装のマナーやルールはさまざまありますが、最もたいせつなのはTPOをわきまえた服装をすることです。TPOをわきまえた服装ができるかどうかによって、正しいマナーが身に付いているかがわかりますし、社会人としての自覚があるかもわかります。社会人としての自覚をきちんと持ち、清潔感とTPOを意識して研修会にふさわしい服装を選んでいきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ