就活その他

【就活用の証明写真をデータ化する方法とは】自宅で行える方法からオススメの写真機までご紹介

就活の証明写真はデータ化が可能

履歴書などに欠かせないのが証明写真です。駅前やコンビニに併設されている写真機にて撮影し、カッターで切って貼り付けることなります。人によってはすぐに証明写真を使ってしまい、再度、撮り直しに行く人もいます。

証明写真の撮影におけるさまざまな不満な点を解決するためには、データ化するのが便利です。もちろん就活用の証明写真をデータにして何度も使用して問題ありません。「明日は面接なのに写真がない」などと最寄りの写真機まで行くこともないはずです。

本記事では、就活用の証明写真をデータ化する方法について詳しくご紹介します。データ化する方法だけではなく、メリットについて幅広くお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

データ化の3つのメリット

証明写真をデータ化するメリットはたくさんあります。証明写真に限らずの話ではありますが、データ化することにより何度も印刷することが可能です。何度も何度もコンビニや駅前、あるいは写真館などに通う必要性もありません。

また、サイズの調整もできるので、履歴書以外にも使用でき、さらには昨今主流になりつつある電子履歴書・エントリーシートでも、データ化した証明写真を使えます。次にこうしたメリットを具体的にご紹介しましょう。

①写りの良い写真の焼き増しが出来る

写真館では、プロのカメラマンが撮影をしてくれます。もちろんそこでの撮影は、最寄りの写真機以上のうつりの良い写真に仕上がります。この写真をデータ化することにより、何度も焼き増しすることができるのです。

また、体調の悪い日などは写真うつりが良くない日もあります。その写真を履歴書に貼り付けてしまうと、最悪の場合は相手に悪い印象を与えてしまうでしょう。うつりの良い写真をデータ化することにより、自分の家や最寄りのコンビニなどで焼き回しすることができます。再撮影の手間もないので時間短縮にもなります。もちろんコスパ的にも良いケースが多いです。

②サイズのトリミングが可能

履歴書に証明写真を貼り付ける際、サイズに決まりがあります。「サイズは自分の好きなようにしている」、「サイズを気にしたことがない」というのはNGです。一般的には縦4.0cm×横3.0cmのサイズなので、この決まりを守ってください。ですが、履歴書にはさまざまな種類があります。タイプによっては4.5cm×3.5cmのサイズもあるので十分注意してください。

しかし、データ化すれば、どのようなサイズでも調節可能です。データなので、トリミングをすればサイズに合わせた撮影の必要はありません。基本的に履歴書には、証明写真を貼り付けるところにサイズが記載されています。

それに合わせてキレイにトリミングしてください。大きすぎる・小さすぎるなど、サイズ違いはNGです。

③電子履歴書や ESで利用出来る

企業からの指定で、紙の履歴書やエントリーシートではなく、電子履歴書などでの提出を求められることも0%とは言い切れません。業界や企業によっては、データで提出することを好むケースも考えられます。そうした際、データ化していない証明写真であれば、スキャンなどをする手間がかかります。

もちろん就活では、履歴書作成以外にもさまざまなことに対応しなければなりません。時間を短縮できるところは短縮するのが鉄則です。データの証明写真であれば、履歴書やエントリーシートにそのまま貼り付けることができます。

まったく手間がかからず、しかもカッターなどで切る必要もありません。「手先が不器用」という人であってもキレイな履歴書に仕上がるでしょう。

データ化する4つの方法

データ化する4つの方法

証明写真をデータ化するためには、さまざまな方法があります。「せっかく写真撮影したのにデータでもらうのを忘れた」などという人もいるかもしれません。とはいえ、紙の写真があればデータ化することは可能です。

もっとも効率の良いデータ化の方法は、写真館にて紙の写真とともにデータをもらうことです。うっかりデータでもらうことを忘れていたら、自宅でスキャンなどをしてください。他にも、アプリを使用したデータ化の方法もあります。

 ①写真館でデータ化する

写真館でデータにしてもらうためにはどうすれば良いのでしょうか。その方法はとても簡単で、事前にデータで欲しい旨を伝えておくことです。そうすれば、CD-ROMもしくはUSBにデータを入れてもらえます。もちろん紙の写真もセットです。ネットでエントリーすることが当たり前の世の中ですので、こうした対応をしてくてる写真館はたくさんあります。

正直な話、写真館でのデータ化は価格が少し高いです。とはいえ、その価格の分高品質の写真を手にすることができるので、高価格がデメリットとは一概には言えません。店舗によっては、撮影した写真館に焼き回しを頼むと割引きしてくれるサービスを提供しています。ですので、写真館にてデータ化する際は、事前に各店舗の価格やサービスを調べておくべきでしょう。

②自宅でデータ化する

もちろん自宅でデータ化することもできます。ただし、スキャナーと画像加工ソフトが必要になるので、これらを所持していない場合は、データにすることはできません。スキャナーであれば、学校やコンビニにも設置されている所も多いです。

スキャンする方法は、極めてシンプルで、紙の写真をスキャンすれば、あっという間にデータにできます。次のその証明写真を、画像加工ソフトでキレイにトリミングしてください。その際サイズなどを間違えないように注意しましょう。

もし自宅にプリンターがあれば、データ化した写真をプリンアウトすることもできます。スキャナー、画像加工ソフト、プリンターを持っている場合、気軽に証明写真をデータ化・プリントアウトすることが可能です。

③スピード写真でデータ化する

専用のアプリをスマホにダウンロードすれば、データとして保存できるスピード写真があります。その写真機の名称は「Ki-Re-i」です。アプリは「Ki-Re-i ID Photo」という名前なので、ぜひ利用してみてください。データは2種類あり、ひとつは「再プリント用」になります。

これを使えば、キレイに取れた写真をいつでも再プリント可能です。「Withスマホ」に対応している「Ki-Re-i EX」ならばこのサービスを実現できます。サイズなども調整することができるので、とても便利です。

もうひとつは「Web用」になります。パソコンやウェブエントリーにて自由にデータを利用できます。サイズ変更は自身で行うものの、証明写真のデータを提出する時などにおすすめです。

④アプリでデータ化する

写真機や写真館を利用しなくても、証明写真の撮影は可能です。お手持ちのスマホやタブレットで撮影すれば良いのです。しかし、ただ撮影するのではなく、証明写真に特化したアプリを使用してください。おすすめのアプリは「証明写真~かんたん・キレイな履歴書カメラ ( by タウンワーク ) 」です。

ガイドに合わせて自撮りするだけではなく、持っているデータを活用することができるでしょう。撮影あるいはデータの読み込みを行えば、あっという間にキレイな証明写真の完成です。このアプリでは気になるクマや肌質をサッと修正することができます。履歴書用だけではなく、パスポート用などさまざまな用途に合わせた写真を作れることも嬉しいポイントです。

証明写真をデータ化しておくと必要なときにすぐ使える

就活おいて履歴書などに貼り付ける証明写真は、データ化すると大変便利です。何度も撮影する必要がなくなり、うつりの良い写真を焼き回しできるメリットがあります。他にも、それぞれの履歴書に合わせたサイズにトリミングすることもできるでしょう。昨今当たり前になりつつある電子履歴書などに対応することができます。

データ化するためには、写真館などで撮影する際、事前にその旨を伝えておくと良いです。紙の写真とともにUSBなどでデータを入れてくれます。また、スキャナーや画像加工ソフトさえあれば、自宅でデータ化を実現することできるでしょう。

専用アプリを活用してデータにすることもでき、必要な時にすぐに手に入れられるので、証明写真はデータ化しておいてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ