職種研究

【販売の仕事とは】働くメリットや求められるスキル・資格を紹介

販売の仕事は幅広い

就活の選択肢のひとつとして、販売の仕事が挙げられます。一口に販売の仕事といっても、活躍の場は幅広く用意されています。販売の仕事は経済発展のためには欠かせないため、今後もなくなる可能性の低い仕事のひとつです。

就活を成功させるためには、仕事内容を理解しておくことはもちろん、求められるスキルや就活を進めていく上で有利になる資格などを知っておくことも大切です。それらを知っておくことで、より有利に就活を進めることができますし、就職後も活躍がしやすくなります。

就活の目的は単に就職先を決めることだけではなく、しっかりと活躍できる業界や企業に就職することでもあります。販売の仕事についての理解を深めて、就活を有利に進めていきましょう。

販売の仕事内容

販売の仕事について理解を深めるためには、まずは仕事内容を知っておく必要があります。仕事内容を知らないままでは選考を突破することはできませんし、そのまま就職してしまうと、理想と現実のギャップを大きく感じてしまうためです。

イメージしていた仕事と実際の仕事が大きく違っていれば、働き続けることは難しくなります。ギャップを無くしてから就職するためにも、販売の仕事内容をしっかりと知っておきましょう。

主に店頭での商品の販売

販売の仕事内容は、主に店頭での商品の販売になります。お店で商品の販売をおこなうことが主な仕事であり、すべての仕事の中で最も大きな割合を占める業務です。新卒で入社したての場合は、まずは現場に販売員として配属されることが多いです。

最初に現場での販売を経験し、そこからキャリアアップをしていく人が多いですが、場合によってはそのまま現場のプロとして働くこともあります。店頭での販売を経験することで、販売の仕事の基本を知ることができますし、お客様への対応やどのようなものが求められているのかなどを知ることができます。現場での仕事は後々さまざまな場所で活かされるため、しっかりと経験を積むことが大切です。

品出しやレジなどもおこなう

販売の仕事では店頭での商品の販売だけではなく、品出しやレジ、在庫管理などもおこないます。対お客様のスキルを磨くことは大切ですが、それだけでは販売の仕事を進めることはできません。販売の仕事は商品があってこその仕事であるため、商品の扱いにも長けていることが大切です。

品出しがしっかりとできていなければ、販売のチャンスを逃してしまいますし、レジで間違えば正しく収益が挙げられなくなります。また、在庫は抱え過ぎても少なすぎても企業の不利益につながるなど、直接お客様に関わらない部分の仕事も非常に重要です。

レジや品出しなどは裏方の地味な仕事に思う人も多いですが、裏方の仕事をきちんとこなさなければ販売の仕事は成立しないことも覚えておきましょう。

販売スタッフの就職先

販売スタッフの就職先は、アパレル関係やドラッグストア、書店、百貨店など幅広いといえます。同じ販売の仕事でも、職場の雰囲気や仕事内容はさまざまです。職種ごとに特徴が異なるため、薬局などの衛生的かつ清潔感の求められる業種では制服の着用が求められたり、アパレル業ではそのブランドに合った服装をしなければならなかったりします。

また、同じ業種であるアパレル業でもブランドショップと量販店では販売形態も異なります。客層や業務内容の他、忙しい時間帯などもそれぞれですので、自分に合った働き方ができる企業かよく調べる必要があります。

志望業界を選ぶ前に、自己分析をしよう

自分に合った業界を探すには、自己分析をして、あなた自身の適性を把握しておく必要があります。でも、そんな時間がとれない人も多いはず。

そこで、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づくあなたに適した業界を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして適性を把握し、業界研究を効率的に進めましょう。

自己分析をして自分のタイプを診断しよう

販売の仕事が合うかどうか、自分のタイプと照らし合わせてみましょう。そこでおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプを診断できます。

技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

販売の仕事で働くメリット

販売の仕事は、商品レイアウト等の販売スキルが身につく、顧客と直接コミュニケーションがとれるなどのメリットがあります。販売の知識があると、さまざまな業界で働くことができるため、将来のキャリアアップや転職にも役立ちます。販売の仕事を志望する時には、どのようなメリットがあるのかを事前に確認しておきましょう。ここでは、販売の仕事で働くメリットを詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

販売スキルが身につく

販売で身につくスキルのひとつに、商品レイアウトがあります。とくにスーパーマーケットや百貨店などでは、アパレルや雑貨店などと異なり、接客で来店者とコミュニケーションをとる機会が少なく、商品レイアウトや商品ポップを工夫して販売を促進する必要があります。
配置や商品のみせ方によって売り上げが大きく変わることもあるでしょう。

どのようにすれば消費者の購買意欲を刺激できるかを考え、商品レイアウトをおこなっていくことで、販売戦略の面白さを感じられます。レイアウトに力を入れた商品が売れたときは、やりがいも実感できるでしょう。販売スキルは多くの業界で必要となる能力であるため、身につけておくことでキャリアアップに繋がる可能性も期待できます。

顧客と直接コミュニケーションがとれる

販売の仕事で重要なのが、コミュニケーション能力です。顧客と直接話をすることで、要望を読み取り最適な商品・サービスを提供することが重要になります。店舗の印象は販売員によって決まるため、販売の仕事におけるコミュニケーションスキルは、売上にも大きく影響するといえます。

販売は顧客からのリクエストを直接受ける仕事であるため大変な部分もありますが、その分喜んでもらえたときの嬉しさは大きいでしょう。企業のファンや、商品に満足した顧客が直接お礼を伝えるのは、店舗の販売員です。目の前で顧客の満足度を感じられるのは、販売の仕事のメリットのひとつといえます。コミュニケーションをとるなかで、自分の気持ちが顧客に伝わると、仕事へのやりがいを感じられるでしょう。

販売の仕事に就く前に知っておくべきこと

販売の仕事を志望するなら、仕事のデメリットについても知っておきましょう。仕事にはメリットとデメリットが存在します。入社してから「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、事前にデメリットを理解しておくことが大切です。

販売の仕事は、立ち仕事で体力的に負担になることがあります。また、お客様からのクレームなどを受ける場合もあるでしょう。ほかにも、販売の仕事のデメリットや事前に知っておくべきことを解説していきます。

インセンティブ制度の有無は店舗によって異なる

販売・接客などのサービス業は、一般的に出世や勤続年数による年収アップが少なく、他の業界の営業職のように、成果をあげた分だけインセンティブとして収入に還元されることが少ない傾向にあります。多くの場合、基本給に役員報酬が追加される仕組みを採用しているため、新卒ではなかなか年収アップが見込めません。

販売員として顧客に商品やサービスの提供をおこない購入につなげても、給与額に反映されることは稀で、仕事に対するやりがいや頑張っている実感を持つのが難しい職種といえます。企業や店舗によって、インセンティブ制度の有無は異なり、なかには販売実績に応じて給与額が上がることもあるため、志望する企業はどのような制度になっているか事前に確認しておきましょう。

休日が不規則になる

販売の仕事は、土日や祝日に忙しく、平日が休みとなることが多いです。店舗の営業時間に合わせることになりますが、時には休みがとれずに連続勤務となったり、休日出勤になったりする可能性も考えられます。休日の予定だったはずが、店舗の状況により急に出勤となる場合もあり、プライベートの時間とのバランスが難しい職種です。

周りの友人とも、休みが合わせづらいというデメリットもあります。また、一般的な企業では夏季・冬季に長期休暇がありますが、販売の仕事では連休がないことも珍しくありません。販売の仕事は、ライフワークバランスをどのようにとっていくかがポイントになります。

販売の仕事で求められるスキル3つ

販売の仕事を目指す場合は、どんなスキルが求められているのかを知ることも大切です。求められるスキルを知っておくことで、仕事への適性を知ることができますし、それをアピールすることで選考を有利に進めることができます。

また、必要なスキルを事前に身につけておけば、就職後にそれらを活かして活躍することができます。販売の仕事に求められるスキルを正しく理解して、それらを事前に身につけておくことで、選考をより有利に進めていきましょう。

①コミュニケーション能力

販売の仕事で求められるスキルとしては、コミュニケーション能力が挙げられます。販売の仕事と一口にいっても業務内容はさまざまですが、やはり接客業であるため、コミュニケーション能力は求められています。常に人と関わりながら仕事を進めていく必要があるため、人と接することが苦手では務まらない仕事です。

ただ顧客のタイプもさまざまであるため、人と接することが好きであればOKです。高いコミュニケーション能力があるに越したことはありませんが、人と関わることが苦にならない方は、基本的には問題ありません。

コミュニケーション能力は、販売の仕事を続けていれば自然と身についていきます。選考では、人と関わることが好きであることをアピールしていくようにしましょう。

②英語力

英語力も販売の仕事に求められるスキルのひとつです。外国人観光客が増えている現代では、外国人の方を相手に販売をする機会も多いです。ジェスチャーだけでも何とかやりとりができないわけではありませんが、英語が話せると非常にスムーズですし、顧客満足度も上がります。

海外圏のお客様でもリピーターにならないとは限りません。そのため、丁寧に接客し、スムーズに販売できるに越したことはありません。販売の仕事でもグローバル展開を進めている企業は多いため、今後もさらに英語力の需要は高まります。

もちろん英語だけに限らず、語学力があれば仕事で役立つことは多いです。語学のスキルが身についている場合は、積極的にアピールしていきましょう。

③体力

販売の仕事は華やかなイメージを持っている人も多いですが、実際は立ち仕事が大半で、体力が必要な仕事でもあります。場合によっては一日中立ちっぱなしである可能性もあるため、体力がなければ続けられないことも多いです。また、立ち仕事であるだけではなく、ディスプレイを飾り付けたり、倉庫から商品を卸すなどの力仕事もあります。

体力面は非常に大事であり、体力があるだけでも充分なアピールになります。販売の仕事では常に笑顔でいることが大切ですが、どれだけ意識していても疲れ切っていると笑顔になれないことも多いです。

常に笑顔をキープし、きびきびと働くためにも体力は必要不可欠であるため、体力に自信がない場合は事前にトレーニングをしておくといいでしょう。

販売の仕事を目指す上で有利になる資格

販売の仕事を目指すために、求められるスキルを身につけることは大切です。しかし、それだけではなく、就職にあたって有利になる資格を取得することも重要です。販売の仕事に関係した資格はさまざまあり、それらを持っていることで選考を有利に進めることができます。

また、企業によっては就職後に資格の取得を求められることもあるでしょう。事前に取得していることで、スムーズにキャリアアップを目指すこともできます。販売の仕事で有利になる資格を知って、取得を目指して勉強を始めておきましょう。

流通等の知識を学ぶことができる販売士

販売の仕事で有利になる資格としては、販売士の資格が挙げられます。販売士の資格では、流通などの知識を学ぶことができ、マーケティングの能力を高めることができます。販売の仕事では商品や在庫の管理なども重要ですし、何が売れる商品なのかを見極めることが大切です。

流通やマーケティングの知識があることで、効率的な販売プランを考えることができ、売り上げに貢献することができます。販売士は全国の商工会議所が主催する人気のある資格であり、3級、2級、1級に分かれていて、どこからでも受験可能です。

より高い級数を獲得していれば、アピール力は高まりますし、選考でも有利になります。3級であれば誰でも挑戦しやすいレベルであるため、積極的に試験を受けるようにしましょう。

接客サービスマナー検定やサービス接遇検定

接客サービスマナー検定や、サービス接遇検定も、販売の仕事では役に立つ資格です。販売の仕事では店頭での商品の販売がメインになるため、接客のスキルが高いことは重要なことです。

どんなによい商品でも、販売員次第では売上が悪くなってしまうこともあります。そのため、販売のスキルやサービスのマナーなどは欠かすことができません。資格を持っていることで、接客スキルの高さをアピールできるだけではなく、販売の仕事への志望度の高さも伝わります。

接客サービスマナーは試験日が任意に決められ、サービス接遇検定に関しては合格率が高いなど気軽に受験可能な資格になります。どちらも挑戦しやすい資格であるため、自身の力試しのためにも受験してみるといいでしょう。

英語が話せる人は心強いTOEIC

販売の仕事は英語力があれば役立ちますし、TOEICを取得していることでも選考を有利に進めることができます。英語力を測る試験はさまざまありますが、TOEICは筆記だけでなく、ヒアリングも問われるため非常に実践的です。

TOEICは級数ではなく、獲得したスコアによって英語力を測ります。社会人としては500点以上、英語をよく使う業界なら750点以上を目指しましょう。販売の仕事であれば、それほど頻繁に英語を使うわけではないため、500点以上であれば充分にアピールすることができます。

しかし、得点が高ければ高いほど選考でもアピールになるため、高得点を目指すことが大切です。TOEICは販売の仕事だけではなく、その他の業界でも広く評価されるため、就活全体を有利に進めるためにも、高得点の獲得を目指しましょう。

販売の仕事について理解して就活に挑もう

販売の仕事と一口にいっても仕事内容はさまざまであるため、それぞれについて理解を深めておくことが大切です。仕事内容を知らなければ選考を有利に進めることができませんし、理解が深まっていないと就職後に困ってしまうこともたくさんあります。

また、どんなスキルが求められ、どんな資格を持っていれば就職で有利になるのかを知っておくことも大切です。就活を成功させるためには、目指す仕事に合わせたアピールが大切ですし、必要なスキルや資格などを持っていることで、選考を有利に進めることができます。

販売の仕事は華やかなだけではなく、大変なことも多いため、イメージだけで就職を決めないことが大切です。仕事についてしっかりと理解した上で、入念に準備して販売の仕事を目指していきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ