志望動機

【美容師の志望動機の書き方】サロンが求める人材や例文も紹介

美容師は人気の職種

美容師は人気の高い職種であり、就職するためには志望動機が重要になります。志望動機が弱いと、それだけで評価を下げられてしまう場合も多いですし、不合格になる可能性が高くなってしまいます。志望動機は美容師になろうと考えたきっかけだけではなく、いかに美容師になりたいかなど、就職への熱意をアピールすることが大切です。

仕事へのやる気が伝わらなければ評価の対象にはなりませんし、就職することもできません。人気の職種でライバルが多いからこそ、志望動機をしっかりと練り上げ、他の応募者と差別化をすることが大切です。志望動機を作成するには何に気をつければいいのかなどを知って、美容師になるためのアピール力の高い志望動機を考えていきましょう。

美容師の仕事内容

美容師の仕事内容として大半の方がイメージするのは、お客様の髪をカット・パーマ・カラーなどでスタイリングしていくヘアスタイリストの仕事ではないでしょうか。実際の美容師としての業務はヘアスタイリストにとどまらず、メイクや着付けなどお客様のスタイリング全般に及びます。

もちろんそこにはお客様のファッションや生活スタイル、要望など全般を理解しなければお客様が望むものを提供することはできません。ファッションやスタイリングが上手く決まると気分が明るくなります。美容師の仕事とは突き詰めると、お客様にトータルビューティーを通してワクワク感を提供するサービス業と言えるのではないでしょうか。

入社前の美容師志望者に求められるもの

入社前の美容師志望者に求められるもの

美容師として就職を目指すためには、企業が美容師に求めているものは何かを知っておくことが大切です。美容師になるためには、資格が必要ですし、美容師免許を持っていることは最低限必要なことですが、企業が求めているのはそれだけではありません。

免許があれば誰でも雇いたいと考えているだけではなく、その中からさまざまな特徴や強みなどを持った人を、企業は採用したいと考えています。選考で勝ち抜くためにも、企業が美容師に何を求めているかを知って、それらを上手にアピールしていきましょう。

向上心

美容業界もファッション業界と同様に流行の移り変わりが激しい業界です。第一線で活躍していくためには美容業界での最先端を追究し続けるのはもちろんのこと、ファッション業界や芸能界、街中のトレンドなど常に色々なことにアンテナを張っていなければなりません。さらに美容に関する様々な技術や機器、用品や化粧品などについても深い知識が求められますし、それらの情報収集も必要になります。

つまり、毎日が勉強であり常に高い技術と情報を身につける向上心が必要不可欠といえます。自分の環境に満足して勉強を怠るようであれば、それは現状維持どころか大きな後退であり、そのような人がお客様を満足させることはできないでしょう。

細かい気配り

美容師の仕事は単に作業をし終えただとか、自分自身だけが満足するようなものであってはなりません。サービスを受けたお客様が満足して初めて仕事をしたと言えるのです。ヘアスタイリングやメイクなど様々な業務もすべてお客様があってのこと。お客様に対する細かい気配りや心配りがあるからこそ、サービスに対する深い満足が得られるのです。

細かいところまで気にする方もいらっしゃれば、とにかく早くしてくれと思われる方、沢山の要望を伝える方や要望が上手に伝えられない方など、様々なお客様がいらっしゃいます。全てのお客様と完璧なコミュニケーションをとることは難しいですが、細かい気配りや心配りがあればそれらをカバーしてお客様に満足を与えることが出来るでしょう。

コミュニケーション力

お客様に最上のサービスを提供するにはお客様のファッションや生活スタイル、要望など全般を理解しなければなりません。そのためには、お客様とのコミュニケーションが必要です。

例えばヘアースタイルひとつとっても、お客様がこうして欲しいと言われることをただ額面通りに受け取るだけでなく、お客様のファッションやこの後のご予定など、コミュニケーションによって得られる様々な情報からお客様の要望を推し量る気遣いこそが高い満足感に繋がります。世間話などリラックスした状況の中で伺える話の中に重要なキーワードが含まれているものですから、まずはお客様との信頼関係を築くことが重要です。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

美容師の志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に美容師に採用される志望動機を完成させましょう。

美容師の志望動機を書く際のポイント3つ

企業が美容師に求めていることを知れば、それを踏まえて志望動機を考えていきましょう。志望動機では志望度の高さを示すために仕事への熱意をアピールすることが大切ですが、それだけでは魅力的な志望動機にはなりません。

仕事への熱意以外にも書かなければならないことはたくさんありますし、志望動機作成時にはいくつかのポイントがあります。志望動機は作成の仕方でアピール力も大きく変わりますので、作成のポイントを理解して、美容師の志望動機を上手に作成していきましょう。

①そのサロンを選んだ理由を書く

美容師の志望動機を書く際のポイントとしては、そのサロンを選んだ理由を書くことが挙げられます。そのサロンでしかできないことなど、サロンの特徴を掴んで自分の言葉で書くようにしましょう。美容師の免許を持っていれば、基本的にはすべてのサロンで働くことはできますが、サロンによって特徴や強みなどは違っています。

お客様の髪を切ったり、ヘアスタイリングをするなど業務の面では同じですが、設備も違えば客層も違いますし、それらを理解しておくことが大切です。どこでもいいから美容師として働きたいでは、志望動機としては弱いですし、評価の対象にはなりません。他のどこでもない、そのサロンだからこそ働きたい理由をアピールしていきましょう。

②「教えてもらう」のではなく「学ぶ」姿勢をアピール

美容師に求められるのは主体性の高さですので、志望動機では「教えてもらう」といった表現ではなく自ら「学ぶ」意思をアピールすることが大切です。「教えてもらう」ことは誰にでもできますし、それでは仕事に対してのやる気や、成長力などをアピールすることができません。

美容師として就職してからもすぐに即戦力として働けるわけではなく、長い修業期間を経てようやく一人前として働くことができます。即戦力として期待されていない以上、成長力の高さを示すことが大切であり、そのためには自ら「学ぶ」姿勢があることをアピールする必要があります。

受け身になるのではなく、主体性を持って行動していけることを志望動機でも示し、積極性の高さや向上心を伝えていきましょう。

③サロンに入ったらやりたいことを具体的に書く

就活では就職すれば目的が達成されたわけではなく、就職してその企業でしっかりと活躍し、企業に貢献していくことが大切です。美容師でもそれは同じであり、サロンに就職すればそれで終わりではありませんので、サロンに入ったらやりたいことを具体的に書くようにしましょう。

将来の夢や目標を踏まえて、長く活躍したいことをしっかりと伝えることが大切です。志望度の高さをアピールするには、どのように仕事を進めていきたいのか、どんなことにチャレンジしたいのかを、できるだけ具体的に伝えていく必要があります。

将来の夢や目標などをきちんと語れることで、仕事への熱意も伝わりますし、主体性のアピールにもなります。就職後に実現したいことを明確にし、それを詳細まで伝えていきましょう。

美容師の志望動機例文

実際の就活で使用する志望動機を作成していきましょう。志望動機の作成は非常に難しく、一度完成すればそれで終わりではありません。書き上げた志望動機は何度も読み返し、改善を重ねていくことが大切です。

見直し、繰り返しブラッシュアップをすることで志望動機のアピール力を高めることができますし、就活の成功率を上げることができます。例文なども参考にしながら、美容師の志望動機を完成させていきましょう。

例文①

私は新しいヘアスタイルの提供によって、お客様に楽しみと喜びを感じて頂きたいと考え、貴社を志望しました。貴社では美容師が毎月おすすめの髪型を発表し、それをお客様に提案していることが特徴であり、その提案力の高さが強みです。お客様に求められる髪型でのカットはもちろん、自ら発信することで、より満足度の高いカットサービスの提供を目指したいと考えています。
入社後は先輩の働きを見ながら技術を盗み、練習を重ねることでスキルとセンスを磨いていきたいと考えています。実力を充分に高めて自分ならではの髪型、スタイリングを編み出し、多くのお客様に提供したいと考えています。

例文の①では新しいヘアスタイルの提供によって、お客様に楽しみと喜びを提供したいという志望動機が述べられています。最初に結論から語ることで、アピールしたい内容を明確にすることができており、志望動機にインパクトを持たせることができています。

サロンの特徴や強みを踏まえて志望動機を語ることで、他のサロンを目指す理由と差別化ができており、好印象です。入社後にどのように成長していくかも具体的に語られており、向上心の高さ、主体性などもアピールできています。

例文②

私はヘアカットの提供だけではなく、お客様とのコミュニケーションを大切にすることで、楽しい時間を提供したいと考え貴社を志望しました。貴社ではサロンの空間づくりに力が入れられており、お客様がより楽しい時間を過ごせるように様々な工夫がされています。単に髪を切る美容師としてではなく、お客様との会話も含めた楽しい時間を提供できる美容師に成長したいと考えています。
入社後は、カット技術を向上させることはもちろん、様々な方面へアンテナを貼り、トレンドの情報にも敏感になりたいと考えています。お客様を楽しませることで私自身のファンを作り、リピーターを増やすことで貴社に貢献したいと考えています。

例文の②ではヘアカットの提供だけではなく、お客様とのコミュニケーションによって楽しい時間を提供したいと志望動機が述べられています。お客様が楽しめる空間づくりに力が入れられているなど、サロン独自の特徴を挙げることで、志望理由を差別化することができています。

また入社後どのようなことがしたいか、どのように成長したいかが具体的に語られており、主体性もアピールでき好印象です。どのように成長するかについては、詳細に述べられており、成長する姿がイメージしやすくなっています。

魅力的な志望動機で美容師になろう!

美容師は人気の高い職種であり、多くの人が美容師を志して就活をおこなっています。人気の職種ですので、ライバルの数も多いですし、就職は容易なことではありません。並みいるライバルを勝ち抜いて就職を決めるためには、志望動機をしっかりと練り込んで考えることが大切です。

志望動機が弱ければ選考でも不利になってしまいますし、他のライバルに負けてしまいます。志望動機でいかに美容師の仕事に対しての熱意や情熱をアピールすることができるか、他の応募者と差別化することができるかが大切です。志望動機は就活の中でも基本的であり、中心的なものですので、しっかりと考える必要があります。何度も繰り返し考え、改善を重ねて魅力的な志望動機を作成し、美容師を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ