業界研究

【化学メーカーを徹底研究】仕事内容や年収ランキングも公開|志望動機例文付き

化学メーカーの魅力を解説

化学メーカーでの仕事には隠された魅力がたくさんあります。化学メーカーと聞いてピンとこない人は多いですが、他の企業にはないさまざまなメリットや魅力を持っている企業は多いです。化学メーカーの実態を知る人が少ないということは、それだけ狙い目でもあると言えます。他の業界、企業よりも志望者が少なく、倍率が低いことも多いですし、就職しやすい場合も多いです。

化学メーカーで活躍を目指す就活生向けの特集として、化学メーカーについてのさまざまな情報を紹介します。化学メーカーを志望しようと考えている人はもちろん、業界選びに迷っている就活生はぜひ一読してください。化学メーカーの魅力を知り、やりがいあふれる仕事を目指していきましょう。

そもそも化学メーカーとは

化学メーカーの実態を知るためには、そもそも化学メーカーとはどんな仕事をしている企業なのかを知っておく必要があります。化学メーカーは端的に言えば、化学反応で素材を作る企業です。

作り出される素材の例としては樹脂やゴム、合成繊維などが挙げられます。石油や天然ガスなどを原材料にこれらの素材を生み出し、それを販売することで利益を生み出しています。素材の販売は基本的には企業に対して行われますので、一般の消費者が化学メーカーの商品に触れることはまずありません。

化学メーカーの素材を利用して、各種メーカーなどが商品を作り、それが消費者のもとに届いています。化学メーカーはその他のメーカーが使用する原材料、素材を作っている企業です。

化学業界の業界・企業研究を進めよう

化学業界で働きたいという就活生は、仕組みや各企業について把握することが大切です。業績推移や各社の強みを知っておくことで、「この企業でなければならない」という入社意欲を志望動機に反映させることができるでしょう。

そこでおすすめなのが「化学業界大研究Book」です。三菱ケミカルホールディングスや住友化学などの企業やトピックスに目を通して理解を深めましょう。無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。

なぜ化学メーカーが狙い目なのか

化学メーカーへの就活は狙い目と言われており、その魅力の大きさから化学メーカーを志望する人も多いです。化学メーカーは業績や雇用面において比較的安定している企業が多く、平均年収も他業界と比べるとやや高い水準にあります。

従業員の平均継続年数の水準も高く、化学業界全体として長く続けている人が多いのが特徴です。化学メーカーが安定している理由としては、取引相手の企業が多いことがあげられます。加えて消費のニーズが大きく変わることはありませんので、安定しやすい環境にあります。

化学メーカーの就職希望人気ランキング

タイトルを入力してください

  1. 花王
  2. 富士フィルム
  3. 旭化成
  4. 東レ
  5. ライオン

化学メーカーの就職希望人気ランキングとしては上記の5つの企業が挙げられます。1位の花王や5位のライオンは化粧品や洗剤、石鹸などのトイレタリー商品でも有名です。2位の富士フィルムも化粧品を手がけていますが、有名なのはカメラやフィルムなどです。

3位の旭化成や4位の東レなども一般的な知名度は高いですが、具体的な商品についてはあまり知られていないものも多くあります。いずれも化学メーカーとして高い売上を誇っている企業であり、就職にはおすすめの企業ばかりです。

国内化学メーカーの企業情報9選

化学メーカーについて説明してきましたが、全体像はつかめましたでしょうか。ここからは具体的な有名化学メーカーについて、事業内容などを簡単にご紹介していきます。各企業の違いなどについて比較してみましょう。

ここで挙げる9つのメーカーは、どれも業界最大手の企業であり、就活生からの人気も高いです。エントリーする学生もレベルの高い就活生ばかりとなっていますので、興味のある企業があったならしっかりと企業情報をリサーチし就活に臨みましょう。

花王

まずは花王です。花王は、売り上げは1兆8,494億円(2017年12月時点)、連結従業員数は33,560人と非常に規模の大きい企業です。研究開発費も567億円と潤沢です。また、花王は海外100箇所以上の国や地域にも事業展開をしているグローバルな企業です。

事業の内容は化粧品やスキンケア用品、ヘアケア用品の他に、家庭用洗剤、研究用ケミカル製品まで幅広く展開しています。代表的な商品としては化粧品ブランドのカネボウ、洗顔やハンドソープのビオレ、家庭用洗剤のアタックなどがあります。どの商品も私たちの生活に密に関係している商品です。就活の際は様々な花王製品を実際に手にとって他の企業との違いなどを比較しておくといいかもしれません。

富士フィルム

富士フイルムには、カラーフィルム、デジタルカメラ、工学デバイス、ライフサイエンス、医薬品などの事業があります。代表的な商品は、デジタルカメラやインスタントカメラの「写ルンです」です。また、富士フイルムは医薬品やサプリメントも生産しており、代表的なものでは新グルコサミン&コラーゲンがあげられます。また、富士フイルムが誇るカメラ、フィルムの技術は、医療検査の場面でも利用されています。代表的なもので言えば経鼻内視鏡です。

富士フイルムの売り上げは2兆3,221億円(2017年12月時点)と花王を超える売り上げを誇っています。連結従業員数は 29,956人とこちらも大規模な企業です。また、世界227社の連結企業を抱えるグローバルな事業を展開しています。

旭化成

旭化成の売り上げは 2兆442億円(2017年12月時点)で連結従業員数は33,720人です。従業員規模が非常に大きい企業です。海外 20カ国以上に生産・販売・研究開発拠点を置いています。

事業内容は繊維産業、エレクトロニクス、住宅やヘルスケアとなっており、代表的な商品は料理に使用するサランラップやジップロックです。これらの調理道具も旭化成の化学繊維や樹脂を利用して生産されています。サランラップやジップロックは私たちが日常でお世話になることが多い商品だけに、事業内容をイメージしやすいのではないでしょうか。また工業や研究に用いる化学薬品の生産や、救急の現場で活躍する除細動器、医薬品なども生産しています。

東レ

東レの経営理念は「わたしたちは新しい価値の創造を通じて社会に貢献します」です。新しい技術に特に力を入れて、高機能な製品を開発する企業です。 東レの事業内容は繊維、機能化成品、ライフサイエンス、炭素繊維材料などです。代表的な商品はポリエステルなどの繊維や、コンタクトレンズのブレスオーでしょう。また東レはトレミキシンという吸着式血液浄化用装置の開発もおこなっています。コンタクトレンズのような身近なものから、医療機器まで展開している非常に幅の広い事業形態です。

東レのホームページより東レの売り上げは2兆2,048億円、連結従業員数は45,762人と今回ご紹介する企業の中でもトップクラスの規模となっています。また、海外 26カ国で事業を展開しています。

ライオン

ライオンのホームページによると、売り上げは 4,104億円(2017年12月時点)連結従業員数は7,075人です。今回紹介する9つの企業の中では一番小規模な企業となっています。

ライオンの事業内容はハミガキ粉や歯ブラシといったオーラルケア製品から、ヘアケア・スキンケア製品、医薬品が中心となっています。代表的な商品はハミガキ粉のクリニカ、解熱鎮痛剤のバファリン、家庭用洗濯洗剤のトップなど、どれもテレビCMで見かける有名な商品ばかりです。経営理念は、「われわれは、人の力、技術の力、マーケティングの力を結集して、日々の暮らしに役立つ優良製品を提供する。」「われわれは、創業以来の伝統である

「挑戦と創造の心」を大切にし、事業の永続的発展に努める。」「われわれは、企業を支えるすべての人々に深く感謝し、誠意と相互の信頼をもって共栄をはかる。」です。

三菱ケミカル

三菱ケミカルのホームページによると売り上げは2兆3,909億円(2017年12月時点)で従業員数41,000人です。2017年に三菱化学、三菱樹脂、三菱レイヨンと合併して設立された企業です。三菱グループの企業であり、その企業規模は今回ご紹介する企業でもトップです。

三菱ケミカルの事業内容は高機能ポリマーや高機能化学、高機能フィルム、環境生活関連などが挙げられます。どれも私たちの生活に馴染みのないものかもしれませんが、どれも生活の中で役に立つ高機能製品を開発製造しています。

また、海外展開では日本を含めて世界380社の連結企業を抱えています。応募する際には、海外での勤務も視野にいれて望むべきでしょう。

信越化学工業

信越化学工業は、売り上げが1兆4,414億円(2017年12月時点)で、連結従業員数は19,206人です。事業内容は塩化ビニル樹脂やシリコン樹脂といった樹脂製品を中心に開発・製造をおこなっています。特に塩化ビニル樹脂に関しては世界トップのシェアを誇っています。信越化学工業の製品は私たちが直接目にするものではなく、工業製品の素材として利用されることがほとんどですので、なかなか商品についてイメージしづらいかもしれません。就活の際はより具体的に「信越化学工業の製品がどんな場所で使われているか」をリサーチしておくとよいでしょう。

また信越化学工業は海外18カ国に連結企業を展開しています。グローバルな活躍が期待できる人材が求められる企業といえるでしょう。

住友化学

住友化学は、売り上げが2兆1,950億円(2017年12月時点)で連結従業員数は31,837人です。住友化学の事業内容は、石油化学やエネルギー機能材料、健康農業関連、医薬品などです。特に代表的な製品はリチウムイオン電池の材料となるアルミナや、アルミ、合成ゴムなどです。工業製品を生産する企業に住友化学は製品を供給しています。

また、海外での売上高が高いことでも有名です。他の日本のメーカーよりも早い段階から海外への事業展開をおこなっており、売り上げの大半を海外が占めます。そのため、英語をはじめとした語学力のある人材が必要とされます。就活を考える場合は語学力を磨いておくべきでしょう。

三井化学

三井化学の売り上げは1兆3,285億円(2017年12月時点)、連結従業員数は17,277人となっています。三井化学の経営理念は「地球環境との調和の中で、材料物質の確信と創出を通して、高品質の製品とサービスを顧客に提供し、もって広く社会に貢献する」です。

三井化学の主な事業内容は自動車関連製品の開発、家電情報通信、包装印刷材料、ヘルスケアなどが挙げられます。なかでも代表的な商品はポリプロピレンや耐熱ポリエステルといった高機能樹脂です。石油化学の分野を得意とした企業です。日常で私たちがお世話になっている製品の素材を開発・製造しています。

さらに、三井化学の海外展開は他の企業と異なり、ヨーロッパを中心に展開されています。

化学メーカーの平均年収

就活ではその業界や企業の年収を知っておくことも大切です。お金のためだけに仕事をするのではないと考える人もいますが、生活をするにはお金が必要ですし、生活がままならなければ仕事を続けることもできません。

就職に当たって年収は重要な指標でもあります。化学メーカーの平均年収は631万円であり、他業界の平均と比べても高い水準です。業界内でも企業ごとに年収は異なっており、高い企業であれば1,000万円を超えている場合もあります。

企業によって年収のバラつきはあるものの、それほど大きなものではなく、全体的に高い年収を獲得している人が多いです。働きやすい環境にあり、年収も高い場合が多いので、豊かな生活を実現しやすい環境にあると言えます。

化学メーカーの残業時間

化学メーカーは働きやすい環境にあるホワイト企業であることが多く、残業は少ないと言われています。平均年収も高いですし、労働環境も良いため長く続けている人が多い業界です。

しかしすべての企業や職種で残業がない、あるいは少ないわけではなく、企業や配属職種によっては激務な場合もあります。研究職などは研究所か自社の工場で勤務をすることが多く、時間通りの定時で上がれる場合は多いです。

しかし商品開発の納期が迫っている場合などは激務となり、残業が増える場合もあります。また営業などの仕事であれば他業界同様に大変であることが多く、残業も多い傾向にあります。化学メーカーは働きやすい企業も多いですが、場合によっては残業が多いこともありますので注意が必要です。

化学メーカーの主な職種

化学メーカーを志望するのであれば、業界にはどんな職種があるのかを知っておくことが大切です。化学メーカーは化学反応で素材を作る企業ですが、それがどのように行われているのかはあまり知られていませんし、どんな人が働いているのかも知られていません。

化学メーカーでは1つの素材を作り上げるのにも、多くの人が関与しており、さまざまな職種に分かれて商品の製造、開発が進められています。化学メーカーの職種について知り、さらに業界への理解を深めていきましょう。

研究開発

化学メーカーの職種としては研究開発が挙げられます。研究開発は新しい素材、商品を作るための基礎研究などを行う職種です。研究や化学実験を行いながら新たな商品の開発を模索し、さまざまな化合物の組み合わせや分析などを行っています。

また新規の商品の開発だけではなく、既存の商品、素材の研究、改良などを行うこともあります。基本的には研究や実験をしながら仕事を進めていきますので、研究職を志す人に人気の職種です。

研究開発は化学メーカーには欠かすことができない職種であり、企業の心臓部として働く非常に重要な職種です。化学メーカーの中でも倍率の高い職種ですので、志望するのであれば、事前にしっかりと就活の対策を行いましょう。

生産技術

生産技術はどうすれば商品を効率良く、大量に生産することができるかなどを考える職種です。研究開発が基礎研究によって生み出した商品、素材をより多くの企業に販売するための量産体制を整える役割を担います。

利益を出すためには需要に合わせて生産数を上げなければなりませんし、大量に生産できることは大切なことです。また大量に生産するとなれば生産コストも一気に増大しますので、それをいかに抑えることができるかが、企業の利益を左右します。

大量に生産し、大量に売れたとしても膨大な生産コストがかかってしまっては意味はありません。少ないコストで効率よく生産することで利益の幅を広げ、企業の利益を追求していくのが生産技術の役割です。

品質管理

品質管理はその名の通り、完成した商品や素材の品質のチェックを行う職種です。化学メーカーでは工場などで機械によって量産体制が取られている場合がほとんどですが、機械に任せていればすべて完璧にできるわけではありません。

何らかの不具合によって品質の悪い商品ができあがってしまう可能性もありますし、低品質のものを売り出してしまえば企業の信用にも関わります。完成した商品のすべてが完璧であるとは限らない以上、人の目で品質のチェックを行う必要があります。

品質管理は企業の信用を守るための重要な職種です。ビジネスでは信用が第一であり、信頼がなければ企業の経営はままなりません。品質管理は企業や商品のセーフティーネットの役割を果たす職種です。

化学メーカーの現状と今後の展望

化学メーカーは、どの企業も海外への進出を進めていることがわかります。すでに化学メーカーの市場は、日本だけでなく世界を視野に入れて事業を展開しているのです。この流れは、今後ますます加速していくでしょう。

そのため、今後はどの化学メーカーも日本の企業だからといって日本での勤務になるとは限りません。海外に出向しなければならないシーンがあるでしょう。そういった場面に直面したときに対応できるよう、高い語学力や海外での仕事をこなすためのコミュニケーション能力が必要とされます。

そういった流れが企業にある以上、もちろん採用の場面でも「語学力」「コミュニケーション能力」が問われるのはいうまでもありません。化学メーカー勤務を望むなら「語学力」と「コミュニケーション能力」をしっかりと鍛えてから就活に望むことをおすすめします。

文系も化学メーカーで活躍できるのか

化学メーカーでの仕事と言えば、研究開発や生産などのイメージを持っている人が多いです。そのため研究職しか募集がなく、理系しか働けない企業と考えている人は多いですが、それは間違いです。

化学メーカーであっても営業、人事、総務、事務職など、文系でも活躍できる職種はたくさんあります。文系だからといって、化学メーカーへの就職を諦める必要はありません。化学に関する知識やスキルがない場合でも、化学メーカーで働き、活躍することはできます。

ただ文系の採用人数は少ない傾向にあることは覚えておかなければなりません。化学メーカーで働く人のほとんどは理系の人です。文系は採用枠が少なく、競争率も高いですので、しっかりと対策をして就活に臨むことが大切です。

化学メーカーの志望動機

化学メーカーについての理解を深め、志望するとなれば志望動機を作成する必要があります。志望動機は就活を通してさまざまなシーンで必要になりますので、丁寧に書き上げることが大切です。

また理系と文系で書き方のポイントなども違っていますので、注意が必要です。志望動機は書き方次第で印象が大きく変わり、評価は良くも悪くも違ってきます。理系と文系それぞれの志望動機の書き方をマスターし、化学メーカーへの就職を目指しましょう。

理系

私は素材の研究を通じて、豊かな生活に貢献したいと考え、御社を志望しました。御社は合成繊維の開発に強みがあり、高機能な繊維を作り出しています。高機能な繊維を世の中に流通させることで、着心地の良い衣料品の生産の手助けをし、間接的に世の中を豊かにしたいと考えています。私は継続力があるのが強みであり、大学時代に所属していたゼミで2年から4年まで同じ研究を続け、学内の研究発表会では高い評価を受け、表彰されました。御社でも継続して研究を行うことで、新たな商品を生み出し、活躍したいと考えています。

理系の例文では素材の研究を通じて、豊かな生活に貢献したいと志望動機が語られています。冒頭で志望動機を語ることでアピール内容が明確になっており、印象深く志望理由を伝えることができています。

企業独自の強みに触れながら志望動機をアピールすることで、企業への志望度の高さも伝わり好印象です。仕事に対しての熱意を伝えるだけではなく、自身の能力を示し、それが企業でどのように役立つかを語ることで、採用メリットの高さもアピールできています。

文系

私は様々な業界や企業に素材を提供することで、世の中をさらに便利にしたいと考え、御社を志望しました。御社では合成樹脂の開発に強みがあり、国内だけではなく海外にも広く事業を展開しています。日本に限らず世界中に素材を提供することで、便利な世の中を作る手助けをしたいと考えています。私は大学時代にバックパッカーとして主に英語圏の国を旅し、コミュニケーション能力と英語力を身に付けました。御社ではコミュニケーション能力活かして顧客に信用される営業マンとして働き、また英語力を活かしてグローバルに活躍する人材に成長したいと考えています。

文系の例文ではさまざまな業界や企業に素材を提供することで、世の中をさらに便利にしたいと志望動機が語られています。冒頭では結論から語られており、文章構成には問題はありません。

企業を志望する理由についても、企業の強みを踏まえて志望動機をアピールすることで、その企業でなければならない理由を伝えることができ、好印象です。また企業で自分がどのように活躍するかも具体的に示されています。企業で働く姿をイメージしやすく、これも好印象です。

ホワイト企業が多いおすすめの業界

化学メーカーは就活生にはあまり馴染みのない業界であり、そもそも就活の選択肢にすら入っていない人も多いです。化学メーカーにはさまざまな魅力がありますので、選択肢の一つに入れずにスルーしてしまうのは非常に勿体ないです。

化学メーカーはホワイト企業も多いおすすめの業界であり、業界選びに迷っているのであれば、化学メーカーを目指してみるのもいいでしょう。しかし労働環境が良く、おすすめの業界ですので、志望者が増えているのも事実です。

研究職を志望する人は多いですし、文系の職種も志望者が多く、採用も少ない傾向にあるので、しっかりと事前に対策を立てることが大切です。業界研究、企業研究を進め、面接などの対策をして、人気の化学メーカーへの就職を目指しましょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ