志望動機

JAに受かる志望動機は書き方が違った|8つの例文のポイントをおさえて勝てる就活を始めよう

農協徹底研究で好感度の高い志望動機を作成

JAに受かるためには、まず初めの難関である志望動機をクリアする必要があります。志望動機は就活において自分を形作る要素です。相手の好感度を得られる志望動機を作成すれば、JAに受かる可能性も高くなります。好感度の高い志望動機を作成するためには、ポイントをおさえた志望動機が必要です。

ポイントをおさえた志望動機を作成するには、農協徹底研究が欠かせません。今回は好感度の高い志望動機を作成するために、農協の事業内容を細かくお伝えしていきます。後半には志望動機の例文を紹介していきますので、志望動機の作成の場合には参考にしてみてください。また、NG志望動機も一緒に例に挙げていますので、安心して作成を試みることができるでしょう。

農業だけではない多角的事業内容

JAは農協とも呼ばれているので、農業関係の事業をおこなっていると考える人もいるでしょう。しかし現在、事業は多岐にわたっており、組合員が必要と考えられるさまざまなサービスを展開しています。一部を例にあげると、営農や生活の指導事業、通称JAバンクと呼ばれる信用事業、またJA共済と呼ばれる共済事業などがあります。

他にも病院や保健施設の運営といった厚生事業、冠婚葬祭事業や観光事業といった利用事業もおこなわれているのです。こういった事業は全ての農協がおこなっているのではなく、地域によってはおこなっていない農協もあります。また、地域によっては農協が県に1つだけの場合もありますので、農協研究の前に事前の確認は必要です。

JAの職種を事業別に解説

JAはさまざまな事業を手がけている分、職種もたくさんあります。職種は一般企業でも必要とされている経理や営業に加えて、一部の事業には専門知識が必要となってくる技術的な職種も存在します。採用の際は基本的に一般事務の枠で募集することが多いです。一般事務の範囲は地域にもよりますが、信用事業や共済事業、利用事業などで必要となる業務を担当します。

一般事務への配属の場合は職種によってわけられることがありません。一応事業によって名称や業務内容は変わりますが異動もあり得ます。農営指導といった指導事業や厚生事業は専門の知識が必要になってくる職員であるため、地域によって条件は違いますが専門知識を習得・研修した人が基本的に応募可能です。

JAの志望動機を書くポイント①事業内容を理解する

JAに受かるための志望動機を書くには、3つのポイントがあります。魅力的な志望動機を書けるように、ぜひ参考にしてください。JAに受かるための志望動機を書く1つ目のポイントは、事業内容を理解することです。事業内容を知ることは、就活を始める前の大事な準備だといえます。

事前の準備が万全でないと、JAがどんな仕事をしていてどんな事業を展開しているのかわからず、魅力的な志望動機を書くことができません。最低限、自分が志望する地域のJAの特色や業務内容は、事前にチェックしておきましょう。

JAの志望動機を書くポイント②農業との関わりを伝える

JAに受かるための志望動機を書く2つ目のポイントは、農業との関りを伝えることです。JAは、農業協同組合と呼ばれるように農業に大きく関係しています。その内容は、JAの経営理念にもあるように生産者と消費者を安心で結ぶ架け橋となるような取り組みです。

このような点から、志望動機に農業との関りがあることを伝えると担当者からの印象も良くなります。必ず関わらないといけない訳ではないですが印象が大きく変わるので、JAを志望する就活生は何かしらの関りを持つようにしましょう。

JAの志望動機を書くポイント③どのように活躍したいかを伝える

JAに受かるための志望動機を書く3つ目のポイントは、どのように活躍したいのかを伝えることです。このポイントはJAだけでなくほかの業界に志望するときでも言えることですし、志望動機に限らず自己PRにも盛り込む場合がほとんどだといえます。

それだけ「どのように活躍したいのか」や「どのように貢献したいのか」などのキャリアプランは、企業や担当者に自分の魅力をアピールできる絶好の機会なのです。漠然としたものにならないように具体的に書き、担当者の印象に残るような志望動機を書きましょう。

関連記事

JA全農に採用されるための志望動機の書き方と回答例

履歴書に志望動機を記入する際は「貴組合」とする

志望動機を記入する際に、JAのことを指す表現を使用する場合は「貴組合」と表現しましょう。JAは会社ではなく信用組合に当たるので、「貴社」と表現するのはよろしくありません。面接で志望動機を話す場合は「御組合」が正しいです。使い分けには注意して就活に臨んでいきましょう。

「御組合」と「貴組合」に使い分けが必要な理由はひとえに「御組合」は話し言葉で、「貴組合」は書き言葉だからです。ときに「貴組合」を知らない人がいるので、職員によってはこだわらない人もいますが、細かい点にも気をつけておけば、好感度へとつなげることができます。また組合に社員として入る場合は「入社」ではなく、「入組」を使用するので覚えておくとよいでしょう。

志望動機の注意点①地元愛だけを強調しない

志望動機の書き方における1つ目の注意点は、地元愛だけを強調してはいけないことです。このような志望動機の書き方は、地元への愛着こそ伝わりますが、その企業に就職したいという理由にはなっていません。どれだけ地元が好きでも、それだけを強調するのはやめましょう。

その企業のどこに惹かれたのかを書く

もちろん、地元に就職したいという気持ちを隠す必要はありません。しかしながらそれは副次的な理由に留め、その企業ならではの特徴や良さなど、どういったところに惹かれたのかを自分の言葉で表現する必要があります。「地元だから」は自分側のメリットであり、決して企業があなたを採用するメリットではないことを認識しておきましょう。

NG志望動機例

私が貴組合を志望したのは〇〇地域が好きだからです。昔から農家の方にはお世話になっており、特産品の野菜や果物が好きでいつも食べています。全国基準で見ると特産品は有名ではありませんが、特産品の美味しさはどの地域にも負けないと考えています。入組の際は、地元の方たちの支援をしながら将来的には、全国に地元の美味しい特産品の名前が知られるほどに有名にさせていきたいです。貴組合では後継者問題に取り組んでいると伺っているので、私もぜひ皆様のお役に立っていきたいと考えています。農営指導は学部の関係上勤めることはできませんが、その方たちをサポートする形で地元の方たちを応援していく所存です。

この志望動機はやる気を感じることができますが、最初から最後まで地元が好きだという内容のためNGです。入組後の展望にも触れてはいますが、はっきりとした内容がないのでこの点でもよくありません。熱意にしてもJAに貢献してくれるような魅力的な内容になっておらず、採用側としては望ましくない志望動機になっています。

志望動機の注意点②漠然とした「地元に貢献したい」はNG

志望動機の書き方における2つ目の注意点は、漠然とした「地元に貢献したい」はNGだということです。よく「自分を育ててくれた地元に恩返しをしたい」とか、「地元に地域貢献したい」などの理由を志望動機とする人がいます。こうした書き方自体が悪いわけではありませんが、やはりそれだけでは具体性に欠けます。

地元について書く志望動機における2つのポイント

そもそも地元であろうがなかろうが、ただ企業に就職するだけでは地元への恩返しや地域貢献には繋がりません。

この2つのポイントについて、きちんと考えた上での志望動機にしましょう。

NG志望動機例

私の家が農家をしていることもあり、小さい頃から何かとお世話になっていたので貴組合を志望しました。昔から父は何かと困るとJAの職員の方に色々アドバイスを貰っており、その光景を私は小さな頃から見ていました。受付でお世話になった際も、笑顔で対応してくれて円満にことが進んだのを覚えています。貴組合の方とのやり取りはいつも頼もしく、父からの評価も高いので今では貴組合で働くことは私の憧れです。入組の際は自分も貴組合の方々のように、困っている方のサポートをして安心してもらえるような存在になって、地元に貢献していきたいと考えています。

JAを志望するきっかけは具体的で問題ないのですが、過去の回想が多すぎて志望する人の人物像が見えないためよくありません。職員の方に憧れての志望は、多くの人が回答する理由の一つなので、他の志望動機に埋もれてしまいます。入組後の展望も具体性にかけているので、JAでなくてはいけない理由を書き加える必要があります。さらに〇〇地域のJAでないといけない理由を加えると好感度が上がります。

志望動機の注意点③「転勤したくない」は不利になる

志望動機の書き方における3つ目の注意点は、「転勤したくない」は不利になるということです。地元にこだわって就職活動をする人にとって、転勤の有無は重大な問題です。この点に関しては、まず転勤のリスクが少ないであろう企業を選択するべきです。そうはいっても、どのような企業であれ完全にそのリスクをゼロにすることは難しいでしょう。

もしも面接時に「転勤に応じることはできますか?」と尋ねられるようなことがあれば、当然ながら「応じられます」と答えた人よりも「応じられません」と答えた人のほうが、少なくともその点においては不利になるでしょう。これは、あらかじめ覚悟しておかねばなりません。

NG志望動機例

私は今まで育ってきた地元に恩返しをしたかったため貴組合を志望しました。貴組合では基本的に転勤がなく、地元に密着したさまざまなサービスを地元の方に提供していると伺っています。私にはそれがとても魅力で、貴組合で長く働けていきたいと考えています。そのためにも先輩方や地元の方たちのサポートができるように、ノウハウを早く身に着けていきたいです。小さいころから〇〇地域で育ってきたため、〇〇地域のことはよく知っています。今まで培ってきた知識も生かしつつ、貴組合を通して地元に貢献していきたいと思っています。

転勤がないからという理由を志望動機の一つとしてあげることはNGです。冒頭が大事な志望動機でNGを出してしまうと、採用側はその時点で読む気をなくしてしまいます。志望動機に組み込むのは避けたい理由の一つですが、どうしても志望動機に絡んでくる場合は転勤がないという言葉を使わずに志望動機を作成しましょう。志望動機作成の軸に絡んでいないが、どうしても転勤したくないということを組合側に伝えたい場合は、その理由を面接の際に伝えるのが無難です。

嘘のない範囲で事情を織り交ぜるのがベター

しかしながらそういった場合でも、印象の低下を最小限に抑えるためにできる工夫はしておきましょう。転勤に応じられない理由として、例えば「長男なのでいずれは親の面倒も見たいと思っており、なるべく地元から離れたくない」などの家庭の事情を、嘘のない範囲で織り交ぜましょう。こうすることで少なくとも単に「地元から離れたくないから」よりは印象の低下を抑える効果があるはずです。

関連記事

【農協に応募する際の志望動機作成ガイド】周囲と差をつける必勝ポイントをご紹介します

 

JAの志望動機例文8選

ここでは、JAの志望動機例文を8つご紹介します。解説もついているので、どこがポイントなのか、何をアピールできるのかチェックしてください。前提として大事なのは、先述したポイントと注意点です。重要な点をしっかり押さえ、JAに受かるための魅力的な志望動機を書けるようになりましょう。

例文①

私は、自分が育った〇〇県に農業を通して恩返しがしたいと思い貴組合を志望致しました。私自身、この〇〇県の美しい自然や温泉に親しんで育ち、これらの魅力は誰よりも知っているつもりです。そこで貴組合が地域活性化のための取り組みをしていると伺い、貴組合でなら地元に恩返しができるだけでなく地域に貢献できると思いました。入組致しましたら、この魅力的な〇〇県をどんどん他県の方にアピールして、地元にたくさんの人を呼び込み地域を活性化させたいと考えております。

1つ目は、「農業を通して地元に恩返ししたい」という志望理由の例文です。注意点②で「地元に貢献したいはNG」とご紹介していますが、この例文はどのように貢献するのか具体的に書かれています。担当者にもどれだけ地元のことを考えているのか、アピールできるでしょう。

例文②

私は、貴組合の地域に密着した事業を展開していることに感銘を受け、貴組合を志望いたしました。私がJAに興味を持つまでは、ただただ保険を勧めてくる嫌な会社だなと思っていました。ある日「対応が良い」と祖父に言われ心配で家に行ってみると、営業の方とお茶を飲んでいたのです。その営業の方はただ保険を勧めてくるのではなく、祖父の悩みに真剣に耳を傾け相談にのっていました。祖父も「この人なら安心できる」と、初めて保険を契約したそうです。それからは、JAに抱くイメージが180度変わり、私もこの営業の方のように人に寄り添える営業マンになりたいと思うようになりました。貴組合でもお客様の本質的な悩みを聞き、力になれるよう尽力する所存です。

2つ目は、「地域に密着した営業をしたい」という志望理由の例文です。なぜそう思うようになったのか、過去の経験が書かれているので説得力があります。志望理由が漠然としている志望動機は、担当者に熱意を伝えられません。過去の経験を具体的に盛り込み、志望する理由の説得力を高めましょう。

例文③

私は、地元である〇〇県の農作物を、他県に届けたいと思い貴組合を志望いたしました。私の地元で収穫できる〇〇が、全国1位の生産量を誇っていることを大学2年生のときに初めて知りました。地元の有名な農作物を知らなかった恥ずかしさと同時に、悔しさがこみ上げてきたのを今でも覚えています。そこで私は、大学で専攻していた農業の知識を活かし、地元に恩返ししたいと思うようになりました。農家である両親から農作物を育てる側の願いや在り方を聞き、それらが貴組合の掲げる理念とマッチしていると知ったときは、貴組合しかないと武者震いしました。地元の良さを他県にアピールするという取り組みを最近始めた貴組合でなら、私の地元に対する気持ちと大学で学んだ知識を遺憾なく発揮できると思っております。

3つ目は、「農作物を他県に届けたい」という志望理由の例文です。この例文は「アピールするという取り組みをしている」と、その企業でないといけない理由を盛り込んでいるので、担当者からの印象も良くなります。どういう風に貢献していくのかを最後に書き、さらにアピールしましょう。

例文④

私は、日本の食産業に貢献したいと思い、農家の方の役に立てる貴組合を希望いたしました。昨今、日本人の食の欧米化が進み、米離れが深刻化してきています。私は、そのことにより米の価格が下落し、収入の不安定さや後継者不足で米農家の減少が問題になっていることに危機感を覚えました。和食は、世界に誇るべき日本の文化です。私は、和食の中核を担う日本人の主食である米の良さを、人々に今一度再認識してもらい、それを広めたいと考えております。私の生まれ故郷の田園風景を守りながら、日本の古き良き食文化を取り戻すことができるのは、貴組合の他にありません。私の強みである学生時代に山岳部で培ったフットワークの良さと、連携プレイの力を活かし、組合員である農家の方と信頼関係を築くことで、〇〇地区の農業の将来的な発展に寄与したいと考えております。

このアピール内容からは、現代の日本が直面している、日本人の米離れや農家の後継者不足などの問題を的確に理解していることや、そのことを自ら問題意識として捉えていることが伺えます。自分の意見をしっかりと述べられており、入組後は、この問題に対し、どのように貢献していきたいのか、熱意を持って語ることができています。

例文⑤

私は人々の人生に寄り添う保険業で多くの人の力になりたいと考えております。その上で貴組合を志望致しましたのは、JA共済の、人に関する保障だけでなく、その人の財産である家や車についても幅広くカバーしている部分について、魅力を感じたからです。私は、貴組合の保険事業について調べていくうちに、貴組合は他の保険会社のように保障の分野が限られていないため、人の一生涯を見守り、サポートすることが可能だと思いました。入組後は、電話受付のアルバイトで身につけたヒアリング能力を活かし、地元地区の方に親しまれ、より地域に密着した仕事をすることで、農家の方や若い子育て世代の役に立てる保険担当者として活躍したいと考えております。

JAの保険事業について、よく研究していることが伺えるアピール内容になっています。JA共済のどの部分に魅力を感じたのかを詳細に述べ、なぜ他の保険会社ではなく、JAでなくてはならないのかという部分が明確にされています。自分の将来像についても、こうなりたいというイメージが具体化されており、好印象を与えることができるでしょう。

例文⑥

私の実家は農家で、主に祖父や父が農業に携わっていましたので、幼いころからJAは身近な存在でした。家族に連れられて行くJAでは、いつも窓口で明るく迎えてくれる女性職員の方がおり、「大人になったらこのような女性になりたい」という憧れから、いつしか自分もJAの窓口に立つ仕事に就きたいと志すようになりました。その為、学生時代には、接客業のアルバイトをし、いつも笑顔で明るく接する姿勢と、コミュニケーション能力を身につけてまいりました。この経験を活かして、入組後は憧れであった女性職員のように親切で丁寧な対応をし、農家の方に寄り添うことのできるJA職員になりたいと考えております。

自分の過去のエピソードを志望動機に盛り込むことで、説得力のある内容に仕上がっています。就活をスタートさせるよりもずっと前からJAの職員に憧れていたということから、入組意欲の意志の強さを伺うことができます。また、この志望動機では幼少期から家族とJAの窓口に出入りしていたという過去談を語っているため、採用担当者にとっても就活生に対し、親近感を覚えることができるでしょう。

例文⑦

私は、JA職員としてお金や保険など、人生設計に関わるところで〇〇地域に住む人の力になりたいと考え、貴組合を志望いたしました。私は大学で農学部に在籍しておりましたが、農業を学んでいくうちに、後継者不足や、休みがないこと、野生動物による被害など、農業に従事する大変さや苦労について知り、将来農家の方を支える仕事に就きたいと考えるようになりました。貴組合であれば、私の学生時代に身につけた専門知識を活かし、農家の方や地域住民の方とコミュニケーションを図り、相談に乗ることで、様々な方面からサポートできると確信しております。

志望動機の冒頭で自分の就きたい職種とその理由を簡潔に述べているため、インパクトがあります。その次に、そのように考えるようになったきっかけを述べており、最後に自分にできることが何かを明確に伝えているため、理路整然としています。農業についての知見があることをアピールできている内容です。

例文⑧

私が貴組合を志望いたしましたのは、助け合いの精神で成り立っているJA共済に魅力を感じて、自分も人の助けになる一端を担い、働きたいと思ったからです。就職活動において企業研究を進めていくうちに、JAは総合事業として様々な事業を展開していることを知りました。JA共済の仕事は、人の一生の中にあるライフイベントで、的確にお手伝いをすることで、人生設計の役に立つことができるやりがいのある仕事だと思います。私は貴組合でマルチな方面で多くの方の人生に寄り添うことのできる職員として活躍していきたいと考えております。

JA共済の事業内容や、JAの事業全般について、よく調べ理解していることがうかがえる内容です。具体的な志望理由が述べられており、入組後に将来こうなりたいというイメージ像を伝えることで、企業や仕事内容に対する熱意があることを印象付けています。

志望動機の書き方において「地元だから」だけでは不十分

今回は志望動機で地元への貢献心をアピールする際の書き方と注意点について紹介してきましたが、いかがでしたか。結論をまとめると「地元だから」と書くだけでは、志望動機としては不十分といえます。地域・業界を問わず、志望動機には必ず具体性が必要です。さらに、企業側の目線に立って、自分を採用することのメリットを示す必要があります。地元が大好きだというのは素晴らしいですが、志望動機でアピールする際には漠然とした内容にならないように気を付けましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ