身だしなみ

【スーツにネックレスはNG?】就活のアクセサリーに関するマナー

スーツにアクセサリーは付けていいのか

就活ではスーツ着用が基本のマナーですが、その際にネックレスを付けていいのか悩んでしまう人は多いです。就活では身だしなみも評価の対象としてチェックされていますので、マナーを守ったスーツの着こなしを心がけなければなりません。スーツの着こなしは単にジャケットやパンツをどう着ているかが見られているのではなく、全体のコーディネートなども含めてチェックされています。

全部含めて身だしなみが評価されていますので、アクセサリーの有無なども含め、細部まで見られています。就活でのスーツの着こなしは、フォーマルさを意識することが大切です。フォーマルさを意識することを理解した上で、アクセサリーを付けるべきかどうかを考えていきましょう。

就活時にアクセサリーがNGな理由

就活では基本的にはアクセサリーを付けるのはNGとされており、付けていることで身だしなみの印象が悪くなってしまいます。その他の部分が良くても身だしなみの印象が悪ければ選考でも不利になってしまいますし、マイナスの評価になってしまうことも多いです。

また、身だしなみが整っていないと第一印象が悪くなりやすく、それによっても選考で不利になってしまう可能性は高いです。アクセサリーがNGとされている理由を知って、正しいスーツの着こなしを考えていきましょう。

TPOを見極められないと思われがち

就活時にアクセサリーがNGな理由としては、TPOを見極められないと思われがちであることをが挙げられます。就活では単にスーツを綺麗に着られているかだけではなく、TPOに合った着こなしができているかがチェックされています。フォーマルさが必要とされている場でカジュアルな服装はNGですし、その場にあった服装で浮いた存在にならないことが大切です。

アクセサリーは基本的には仕事に不必要なものですし、無駄な装飾品があることでカジュアルに見えてしまいます。フォーマルな装いが求められている場でカジュアルになってしまうのはTPOに違反していますし、印象が良くありません。TPOを守ることは社会人としては基本的なマナーであり、アクセサリーを付けることでそれを違反してしまいます。

就活を軽んじている印象になる

就活を軽んじている印象になることも、就活時にアクセサリーがNGな理由の一つです。就活はおしゃれをアピールする場ではありませんし、まじめな振る舞いや服装が求められます。アクセサリーを身に付け、おしゃれさを演出してしまうことでまじめさに欠けて見え、就活への意欲が低いと判断されてしまう可能性が高いです。

企業としてもやる気のある学生、仕事への意欲が高い学生を採用したいと考えていますし、就活に対してまじめでないのは大きなマイナスポイントになってしまいます。新卒の就活では成長力を重視して採用が決定しますので、やる気が伝わらないと成長力が感じられず、評価としても致命的です。印象が悪くなり、評価も下げられてしまいますので、アクセサリーは原則NGです。

会社の規定に反している可能性も

就活でアクセサリーを身に付けるのがNGな理由は、基本的にはマナー違反になるからですが、場合によっては会社の規定に反している可能性もあるので注意が必要です。一般的に就業時のアクセサリーは禁止となっている職場が多く、身に付けていると規定違反になってしまいます。

就活中は企業の社員ではありませんので、規定を違反しているからといって罰則はありませんが、それでも評価としてはマイナスになります。マナー云々もそうですが、ルールが守れないのは社会人としては最もNGなことですし、最悪の評価になりその場で不合格になることも多いです。規則違反のまま選考に臨むのも企業に対して失礼なことですので、アクセサリーは外して選考に臨むようにしましょう。

スーツでつけてもいいアクセサリーとは

就活時はアクセサリーを身に付けることは原則NGであり、身だしなみで悪印象を与えないためには、アクセサリーはすべて外す必要があります。しかし身に付けてもいいアクセサリーも実は存在し、それらであれば身に付けていてもマイナスの印象を与えることはありません。

アクセサリーは原則NGではありますが、例外的にOKとされているものもあります。スーツで身に付けてもいいアクセサリーは何かを知り、スーツの正しい着こなしを知っていきましょう。

腕時計

スーツでつけてもいいアクセサリーでは腕時計が挙げられます。腕時計であればスーツを着る際の装飾品として認められており、身に付けていてもマイナスの印象を与えることはありません。就活で使用する腕時計は、男女ともにストラップは革かシルバー、文字盤もシンプルなものを選ぶようにしましょう。

腕時計は認められているとはいえ、どんなものでもいいわけではなく、腕時計のデザインや色などによってはマイナスの印象を与えてしまうこともあります。基本的には落ち着いたデザインのものを選ぶことが大切であり、派手すぎるもの、カジュアルに見えるものはNGです。デジタルではなくアナログの方が好ましいので、黒や茶色、シルバーなどの落ち着いた色の時計を選びましょう。

ピアス

ピアスもスーツでつけてもいいアクセサリーとして認められています。ピアスはカジュアルな印象を与えてしまうイメージがありますが、透明なもの、もしくは小ぶりなもののみOKとされています。派手なものは当然NGですし、スーツにも合いませんので、付けるのであれば派手すぎないものを選びましょう。

また基本的にピアスがOKなのは女性のみであり、男性の場合はどんなピアスでもマイナスの印象を与えてしまう可能性が高いです。透明なものでも印象が悪くなる可能性があるので、注意が必要です。ピアスについてはあくまで派手すぎなければOKとされているだけであり、付けるのを推奨されているわけではありません。できればつけないのがベストですので、つける必要がないなら外して就活に臨みましょう。

面接では身だしなみのマナーを見られている

面接において、身だしなみは一番最初に見られるポイントです。髪がボサボサだったり、服にしわが寄っていたりすると、場合によっては面接の受け答えに問題なかったとしても落とされてしまう可能性があります。社会人として、身だしなみのマナーを守るのは基本です。また、接客業や営業など、顧客や取引先と直接顔を合わせる職業を希望しているのであれば、入社後も気を付ける必要があるポイントです。

就活の未来では、面接評価シートを無料で公開しています。面接で評価されるポイントについて、身だしなみや入退室のマナーを確認しながら、実際にどういった点を評価されているのか、面接官の視点に立ってチェックすることができます。面接官の立場に立って、自分の面接内容を振り返ってみましょう。

アパレル業界はネックレスなどを適宜身に着ける

スーツの着こなしとしては基本的にはアクセサリーはNGであり、認められているものもほんの少しです。しかし同じ就活でも志望する業界によって身だしなみは違い、アパレル業界であれば、アクセサリーも基本的にはOKとされています。

アパレルの場合は面接でもスーツではなく、私服で参加する場合も多いですし、ネックレスなどを適宜身に付け、センスをアピールする必要があります。もちろんアパレルの場合でもどんなアクセサリーもOKではありませんので、どの程度であればOKとされているかを知っておきましょう。

ブランドイメージにあったものがベスト

アパレル業界では自身のセンスをアピールするためにも、アクセサリーを身に付けることが大切ですが、ブランドイメージにあったものがベストです。いくらおしゃれでも志望先のブランドイメージにあわないものは避けるようにしましょう。アパレル業界では企業ごとにブランドイメージが決まっており、服装もそれに合わせて考えていく必要があります。

ブランドイメージに合った服装ができていない=企業への理解が乏しいと判断されますし、志望度も低いと評価され、マイナスの印象を与えてしまいます。おしゃれであることをアピールするのも大切ですが、イメージに合わせた服装を心がけることも大切です。アクセサリー一つでコーディネートなども変わりますので、志望先のブランドイメージを意識して、身に付けるものを決めていきましょう。

華美すぎるものやアクセサリーのつけすぎはNG

アパレル業界では私服で面接に参加することも多く、アクセサリーをつけても問題はありませんが、華美なものや、アクセサリーのつけすぎは印象が悪くなるためNGです。いくら私服でOK、カジュアルでもOKとされていても、就活の面接であることには変わりありませんし、ある程度はフォーマルさを意識した服装を心がけなければなりません。

志望先のブランドイメージを意識した上で、フォーマルさを演出することが大切であり、カジュアルとフォーマルのバランスが取れていることが大切です。華美なアクセサリーは一つつけているだけでも印象が悪くなりますし、地味でもたくさんつけているとマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。アクセサリーをつける場合は落ち着いたデザインのものを選び、ジャラジャラとつけすぎないようにしましょう。

アクセサリーは原則NG

就活では身だしなみも評価の対象として見られており、正しいスーツの着こなしができているかどうかがチェックされています。スーツの着こなしが悪ければそれだけで印象は悪くなりますし、選考でも不利になりますので注意しなければなりません。スーツの着こなしとしては、身に付けるアクセサリーにも注意が必要であり、就活では原則アクセサリーはNGです。

例外的に許されているものもありますし、志望する業界によってはOKとされている場合もありますが、それはあくまで例外です。基本的にはアクセサリーは不要なものですし、身だしなみとしてもNGですので、外して就活に臨む必要があります。無駄なものを身に付けて印象を悪くしないためにも、就活ではアクセサリーを外し、正しい身だしなみで取り組みましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ