業界研究

【損保業界の志望動機の例文あり】書き方のポイントと伝え方のコツ

損保業界とは

損保業界は就活生にも人気の業界であり、就職するためにはしっかりと志望動機を練り上げておく必要があります。損保は損害保険の略であり、金融業界の中でも特に人気の高い業界です。多くのライバルの中を勝ち抜くためには、志望動機は重要なものですし、志望動機が弱ければ高評価を獲得することはできません。

志望動機は単に企業を志すきっかけを示したものではなく、仕事への熱意ややる気、成長意欲などを示したものです。それらを上手に伝えることができれば、好印象を与えることができますし、選考を有利に進めていくことができます。志望動機の書き方や伝え方のポイントを正しく理解して、上手に作成し、好印象を与えて就活を攻略していきましょう。

志望動機の書き方のポイント4つ

志望動機で好印象を与えるためには、まずは志望動機の書き方を知っておく必要があります。志望動機は作成が難しいため、書き進めることができずに困ってしまう人は多いです。

しかし書き方を知っていれば、素早く作成することができますし、好印象を与えることもできます。志望動機は書き方次第で印象が違ってきますし、上手に作成するためにはポイントを知っておくことが大切です。志望動機の書き方を理解して、スムーズに作成を進めていきましょう。

①冒頭は志望動機から

志望動機の書き方として、冒頭は志望動機から書き始めることが大切です。志望動機は書き出しで印象が違ってきますし、最初にインパクトを与えることで、採用担当者の記憶にも残りやすくなります。

冒頭ではなぜその企業を志望したいのか、その会社でどんなことをしたいのか明確なビジョンを書くことが大切です。最初に企業でやりたいことをアピールすることで、積極的な姿勢が伝わりますし、仕事への熱意を伝えることができます。

志望動機を最初に提示しておくことで、アピール内容を明確にすることができますし、文章全体も簡潔にまとめやすくなります。志望動機も伝わりやすいですし、作成もしやすくなりますので、冒頭では結論を提示するようにしましょう。

②業界を選んだ理由は経験を交えて具体的に

志望動機では業界を選んだ理由を書くことが大切であり、理由については経験を交えて具体的に書くことが大切です。経験を交えて書くことで具体性が増し、納得度の高い志望動機に仕上げることができます。冒頭で結論を語ることで、志望動機にインパクトを持たせることができますが、それを裏付ける内容が記されていなければ、説得力がなく、良いアピールにはなりません。

志望動機で好印象を与えるためには、説得力が重要であり、いかに企業への入社意欲が本物であるかをアピールしていく必要があります。具体的な経験を交えることで、説得力は高まりますし、好印象を与えることができます。自身の過去の経験と志望動機を上手に連携させて書き進めていきましょう。

③企業を選んだ理由は企業の強みを書く

志望動機では業界を志望する理由だけではなく、企業を志望した理由についても詳細に伝えることが大切です。そしてなぜその企業を志望したいのかを明確にするためには、企業の強みを書く必要があります。企業が強みとしていること、魅力を交えて、そこでどんなことがしたいのかを書くようにしましょう。

志望動機でより好印象を与えるためには、他の企業を志望する理由と差別化をすることが大切です。同じ業界であれば、仕事内容は類似している場合も多いですし、差別化ができていなければ他の企業でもいいのではないかと思われてしまう可能性があります。その企業でなければならない理由を伝えることが大切ですので、企業の強みをしっかりと調べて志望動機に盛り込むようにしましょう。

④なぜ生保ではなく損保を選んだのか伝える

保険業界であれば、損保以外に生保の仕事を選ぶという選択肢もあるでしょう。志望動機を伝える際には、「なぜ損保業界を志望するのか」が分かるような伝え方をしなければなりません。損保業界を志望するきっかけとなったエピソードや理由について、詳しく伝えることが大切です。

「形のない商品を提供するサービスに就きたかった」というような内容だと生保や金融の仕事も当てはまってしまい、損保業界を志望する根拠のある志望動機として印象付けることができません。「自然災害など様々なリスクから人々を守る損保業界に惹かれた」、「顧客の生活に安心を提供する損保の仕事に魅力を感じている」などといった内容を付け加えて、保険業界の中でもなぜ損保を選んだのか、なぜ生保ではないのか、という点について具体的な説明をするように心がけましょう。

志望動機が書けない時は、志望動機ジェネレーターを活用してみよう

損保業界の志望動機を作成する際、深く考えても、なかなか良い内容が思い浮かばない方も多いはず。

そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用してみましょう。

志望動機ジェネレーターなら、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードして、効率的に損保業界に採用される志望動機を完成させましょう。

志望動機の伝え方ポイント3つ

志望動機は書き方も大切ですが、伝え方も非常に重要になります。志望動機は履歴書だけではなく、面接で求められることもありますし、その際には上手な伝え方を知っていなければ好印象を獲得することはできません。

同じ内容であっても、伝え方次第で印象は良くも悪くも変わりますし、上手な伝え方を知っていれば選考を有利に進めることができます。志望動機の上手な伝え方を知り、好印象を獲得して、面接の合格を目指していきましょう。

①自分が何をしたいかを伝える

志望動機の伝え方ポイントとしては、自分が何をしたいかを伝えることが大切です。その損保会社に入って何をしたいか、どのように成長していきたいのかを具体的に伝えていきましょう。就活は就職すればそれで終わりではなく、就職後もその会社で働き、活躍していくことが大切です。

内定が決まることは社会人生活の第一歩であり、その先の仕事は長く続いていきます。大事なのは就職することではなく、就職後にどのように働くかですので、就職後の自身の働きについてを明確に示すことが、好印象を獲得するためのポイントです。企業でやりたいことをできるだけ具体的にアピールし、働く姿をイメージさせることが大切です。企業でやりたいことを詳細まで伝え、成長意欲の高さをアピールしていきましょう。

②自分が何をできるかを伝える

自分が何をできるかを伝えることも、志望動機の伝え方のポイントです。志望動機では仕事に対しての意欲の高さを伝えることが大切ですが、やる気だけでは企業で活躍することはできません。企業で活躍するためにはやる気だけではなく、能力があることが大切であり、自分だったらこの会社にどのように貢献できるかを伝えていくことが大切です。

企業でどのように貢献できるかを具体的に示すことで、採用メリットを伝えることができますし、それが高評価につながります。どのように貢献できるかを伝えるときには、具体的かつ自分だからこそこんなことができるなど、差別化を図ることが大切です。他の誰でもない、自分だからこそ企業に貢献できることをアピールしていきましょう。

③資格やスキルをアピールする

志望動機では企業にどのように貢献できるかを伝えることが大切であり、能力を裏付けるためには資格やスキルをアピールすることが大切です。漠然と能力のアピールや企業に貢献できることを伝えても信憑性がありませんし、それでは意味がありません。資格やスキルをアピールして、自分の強みをしっかりと主張することが大切であり、具体的な根拠を示すことで、より高評価を獲得しやすくなります。

資格であれば自身の能力を定量的にアピールすることができますし、スキルであっても実体験などを交えて伝えれば説得力を高めることができます。より信憑性のある情報を提供することで、能力の裏付けをし、本当に企業に貢献できる人材であることを伝えていきましょう。

損保業界に入るための志望動機例文

志望動機の書き方や伝え方のポイントを知れば、実際に就活で使用する志望動機を考えていきましょう。志望動機の作成は難しいものですので、書き方や伝え方のポイントを知っているだけでは、作成するのが難しい場合も多いです。

作成には時間がかかることも多いですし、充分な余裕を持って、早めから準備を進めておくことが大切です。例文を参考にすることで、どのように作成すればいいのか、具体的なイメージを掴むことができます。例文を参考に損保業界の志望動機を作成していきましょう。

例文①

私は損害保険を通じて、多くの人の安心した生活を守りたいと考え、御社を志望しました。御社ではさまざまなタイプの保険商品を展開しており、低い保険料からでも入れる保険プランに強みがあります。少しでも入りやすい保険を提案し、加入していただくことで、生活に安全と豊かさをもたらしたいと考えています。私は幼い頃に交通事故を経験し、事故を起こしたのは車を運転していた父でした。物損だけで済み、御社の保険に加入していたことで、さまざまなサポートを受けて生活に支障をきたすことはありませんでした。実体験から学んだ保険の大切さをお客様に伝えることで、少しでも多くの人に保険商品を提供し、御社に貢献したいと考えています。

例文の①では、損害保険を通じて多くの人の安心した生活を守りたいと志望動機が語られています。冒頭に結論を持ってくることで、アピールしたい内容を明確にすることができており、インパクトのある始まりになっています。

企業を志望する理由についても、志望企業独自の強みを交えてアピールすることで、他の企業を志望する理由と差別化できており、好印象です。実体験から保険の大切さを知っていることで、志望動機の説得力も上がっていますし、アピール力を高めることができています。

例文②

私は一人でも多くのお客様に保険に加入していただくことで、生活の安心を守りたいと考え、御社を志望しました。御社は国内だけではなく、海外でも広く事業を展開しております。海外では保険未加入者が多い国もたくさんありますし、それらの国でも入りやすい保険を提案することで、生活を守っていきたいと考えています。私は大学時代にカナダに留学しており、英語力を身に付け、TOEICでは800点を獲得しました。英語力と英語を使ったコミュニケーション能力を活かして、海外事業に尽力し、御社に貢献したいと考えています。

例文の②では一人でも多くのお客様に保険に加入してもらうことで、生活の安心を守りたいと志望動機が語られています。最初に結論から述べられており、文章構成には問題ありません。企業を志望する理由も、企業独自の強みを捉えて述べることができています。

企業で貢献できることについては、自身の能力を明確にした上で具体的な方法が語られており、働く姿をイメージさせることができています。TOEICなど明確な資格を挙げることでアピール力も高められていますし、全体的に好印象でしょう。

例文③

私は、損害保険の形のない商品について魅力を伝えて顧客にサービスを提供するという仕事に魅力を感じています。形のない商品について言葉だけで説明するのは、形のある商品を販売するより難易度が高く営業としての話術やコミュニケーション能力が求められると思います。学生時代に接客業のアルバイトで身に着けたコミュニケーション能力を生かして、営業として成長し多くの人に安心を届けられるようになりたいです。

私の地元である熊本県は、地震の影響によって家屋の倒壊や土砂崩れなど多くの被害を受けました。そうした自然災害を経験したことで、自然災害保険などの商品を提供している損害保険の大切さをより感じています。私もお客様のニーズに合わせた商品を提案し、安心した暮らしを支えるサービスを提供できる営業職として活躍していきたいです。

例文③は、損保業界を志望するようになったきかっけとして災害の経験について述べています。志望動機では、自身の経験やエピソードを盛り込んで根拠のある内容にすることが大切でしょう。また、営業職として働いていきたいということをアピールしつつ、自身のスキルについても説明できています。スキルについて説明する際には「アルバイトで店の業績を〇%上げることができた」など、具体的な数値も述べるとより分かりやすくなります。

自分の経験や入社後のビジョンを志望動機で伝えよう

損保業界は就活生に人気の高い業界であり、就職するためには事前にしっかりと準備をしておかなければなりません。事前準備としてはさまざまなものが必要ですが、特に志望動機は念入りに準備をしておく必要があります。志望動機によって企業への志望度の高さや採用メリットがあるかなどが見られていますし、上手にアピールすることができなければ、それだけで印象は悪くなります。

選考では志望動機が重要視されますので、上手にアピールできるようにしっかりと考えておかなければなりません。志望動機では自分の経験や入社後のビジョンなどを伝えていくことが大切です。それらを上手に伝えて好印象を獲得し、人気の損保業界への就職を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ