面接対策

【面接官の態度が悪かった場合の対応方法とは】就活生が知っておきたい注意点などを徹底解説

面接官の態度は全て良いとは限らない

面接を受けていると面接官の態度が気になりますが、面接官の態度は全ていいとは限りません。熱心に話を聞いてくれる面接官もいれば、何を言っても反応してくれない面接官もいますし、企業によって、人によって面接官の態度はさまざまです。面接官の態度が良ければ発言もしやすいですし、面接をスムーズに進めることができます。

反対に面接官の態度が悪ければ、話も弾まず、上手く発言をすることができなくなってしまいます。面接官の態度が悪いと、それだけで不合格なのではないかと思ってしまうことも多いですし、自信がなくなってしまうことも多いです。面接官の態度は本当に合否に関係あるのか、面接官の態度が悪い場合はどのように対処すればいいのかを知って、面接を上手に進めていきましょう。

面接官の態度で合否がわかる?

面接を進める上では面接官の態度が気になりますし、態度次第では上手く面接が進められない場合もあります。面接官の態度が悪ければ評価が悪いと感じてしまうことも多いですし、不合格なのではないかと不安に思ってしまう人も多いです。

実際に面接官の態度が良ければ手応えを感じることができますし、合格できると自信を持つこともできます。面接官の態度によって感じられる手応えは違いますが、面接官の態度と合否は関係があるのかを知っておきましょう。

面接官の態度だけでは判断できない

面接官によって態度はさまざまですが、面接官の態度だけでは合否を判断することはできません。面接官の態度は人によっても異なりますし、企業の方針によっても違ってきます。人によっては感情を一切露わにしない面接官もいますし、反対に就活生に対して優しく接し、話が弾む場合もあります。

そのため面接官の態度が必ずしも合否に直結するわけではありませんので、態度だけでは判断することは難しいです。しかし、ネット上などでは合否の結果によって態度が違うとも言われています。情報の信憑性はありませんが、態度によって評価が違っている場合も多いですし、面接官の態度が良ければ合格の可能性は高く、悪ければ可能は低いと言えます。

合格に多い面接官の態度の例

合格に多い面接官の態度の例としては、メモをよく取る、質問をしてくれてよく話を聞いてくれるなどが挙げられます。面接では就活生のことを知るためにおこなわれますし、就活生への興味関心が強いほど評価されている可能性は高いです。きちんと評価をするためには、さまざまな話をしなければなりませんし、一つでも多くの質問をしてさらにその人のことを知りたいと考えます。

質問をすれば、その回答から印象や評価などを決定しなければなりませんし、確実に記録するためにはメモを取らなければなりません。せっかく質問をしてもメモを取らなければ忘れてしまう場合も多いです。メモを取り、話も弾むようであれば、合格の可能性は高いと言えます。

不合格に多い面接官の態度の例

不合格に多い面接官の態度の例としては、質問はほぼなく、面接時間が短いなどが挙げられます。質問がほとんどないことで、就活生への興味がないと判断できますし、不合格の可能性は高いです。また面接時間が短いことでも同様のことが言え、時間が短い=質問が少なくもなりますし、評価は悪くなる場合が多いです。

面接では質問数がある程度決まっていますし、質問が少ないことで、途中で切り上げられている可能性が高いと言えます。もちろん企業によってはもともと面接の時間が短い場合もありますし、面接時間が短いからといって、必ずしも不合格なわけではありません。しかし面接時間が短いことで不合格の可能性が高いことは確かですし、質問も少なければかなりの確率で不合格だと言えます。

面接中の面接官の態度が悪かった場合の対応

面接官の態度が悪いからといって、必ずしも不合格になるわけではありませんし、気にせずに頑張ることが大切です。しかし態度が悪いとやはり気になってしまいますし、実際に不合格になってしまう可能性も高いです。

面接官の態度が悪いと面接を進めづらくなってしまいますが、雰囲気に飲まれて実力が発揮できなければ、不合格の可能性は高くなってしまいます。態度に関係なくベストを尽くすことが大切ですので、面接官の態度が悪い時の対処法を知っておきましょう。

冷静に対応する

面接中の面接官の態度が悪かった場合は、冷静に対応することが大切です。面接官の態度が悪いことに対して泣いたり、逆上したり態度に出さないようにしましょう。面接官の態度が悪いからといって、必ずしも不合格なわけではありませんが、泣いたり、逆上してしまうと印象が悪くなってしまいます。

印象が悪くなってしまえば、不合格の可能性が高くなってしまいますし、せっかくのチャンスを無駄にしてしまいます。面接官の態度が悪いからと、感情的になってしまっては合格からさらに遠のいてしまいますので注意が必要です。面接官の態度が悪い場合でも感情的にならず、落ち着いて対処し、冷静にアピールを進めて少しでも好印象の獲得を目指しましょう。

ハキハキと元気よく対応する

ハキハキと元気よく対応することも、面接中の面接官の態度が悪かった場合の対応としては大切なことです。悪い態度に負けずに元気に対応することで、相手にも好印象を与えることができますし、合格の可能性を高めることができます。面接官によっては、わざと冷たく接することで就活生の対応力をみようと考えている場合もありますので、めげずに対応することが大切です。

相手の態度に負けてしまい、元気がなくなってしまうと好印象を与えることはできませんし、印象も悪くなってしまいます。合格するためには、常にポジティブに取り組み、元気よく対応することが大切です。面接官の態度が悪い時こそ元気よく対応し、ポジティブさをアピールしていきましょう。

面接官の態度が悪かった場合の注意点

面接官の態度が悪くても、上手に対応して面接の攻略を目指す必要がありますが、いくつか注意点があります。上手に対応しても面接官の態度は変わらない場合も多いですし、諦めてしまいそうになることも多いです。

しかし面接は最後まで合否はわかりませんし、諦めてしまっては合格することもできません。面接官の態度が悪い場合は上手に対応するだけではなく、面接後の行動や心構えなども重要になりますので、それらの注意点を知っておきましょう。

不合格だと落ち込まない

面接官の態度が悪く、どれだけ上手に対処しても態度が変わらなかった場合でも、不合格だと落ち込まないことが大切です。不合格だと思い落ち込んで、他の選考に影響しないようにしましょう。面接官の態度が悪いことで不合格の可能性は高いですし、実際に不合格になってしまうことも多いです。

しかしすべての場合で不合格なわけではありませんし、仮に不合格だとしても、深刻に考えすぎないことが大切です。就活では並行して複数の企業を受けていることが多いですし、他の企業の選考に影響しないように心を落ち着ける必要があります。面接は攻略することがもともと難しいですし、必ずしも合格できるわけではありませんので、気持ちを切り替えて就活を続けていきましょう。

態度だけで選考の辞退をしない

面接官の態度が悪いと、不合格なのではないかと心配になってしまいますが、態度だけで選考の辞退をしないようにしましょう。面接官の態度は合否の判断材料にはなりませんし、態度が悪くても合格している可能性はあります。また態度が悪いことで、企業へのイメージが悪くなることもありますが、1人の面接官の態度を会社の判断材料にしないことが大切です。

面接官の態度が悪いからといって、悪い企業とは限りませんし、たまたま面接官との相性が悪いだけである可能性も高いです。選考を辞退すれば、その時点でチャンスを失ってしまいますし、本当はその企業が自分に合った企業である可能性もあります。辞退しては元も子もありませんので、簡単に諦めず、最後まで取り組み、結果をきちんと聞くようにしましょう。

面接官の態度に左右されずに気持ちを強く持とう!

面接官の態度が悪いと不合格ではないかと心配してしまいますし、反対に態度が良ければ合格への期待が高まります。実際に面接官の態度によって、評価がある程度予測できる場合もありますし、態度の通りに合否が決定する場合もあります。しかし面接官の態度が悪いからといって、必ずしも不合格になるわけではありません。

態度が良ければ合格になるわけでもありませんので、面接官の態度で一喜一憂しないことが大切です。面接官の態度はあくまで評価を知る上での参考でしかありませんし、絶対的な指標ではありません。一喜一憂せずに、目の前の面接に全力で取り組むことが大切です。最後まで諦めずに面接に臨み、好印象を与えて面接を攻略していきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ