志望動機

【医療事務職は志望動機が最大のキーポイント】面接官を納得させる志望動機の書き方とは

まずは医療事務の仕事を理解しよう!

就活での志望動機は重要なものであり、医療事務を志望する場合もそれは同じです。志望動機はその仕事に対する意欲をアピールするものですので、正しく書けていなければ好印象を与え、選考を通過することはできません。志望する業界や企業に合わせて、仕事への意欲が伝わる志望動機を考えることが大切です。

志望動機を考えるために、まずは仕事に対する理解が必要になります。仕事を知らないままで志望動機を作成することはできませんので、医療事務とはどのような仕事なのかを知ることが大切です。医療事務以外にも事務職はさまざまな業界、企業にありますが、それらと医療事務にはどのような違いがあるのかなどを知っていきましょう。

関連記事

【医療事務の正社員になるメリット・デメリット】就活を有利に進める資格についてもご紹介

医療事務職で志望動機が重要な理由

就活において志望動機は、仕事へのやる気や意欲を表したものであり、非常に重要なものですが、医療事務においては特に志望動機が大切であると言われています。医療事務を志望するのであれば、志望動機を完璧にしておかなければ、選考を勝ち抜いていくことはできません。

医療事務の就活においてなぜ志望動機がそこまで重要視されているのか、その理由を正しく知り、それらを踏まえた上で志望動機を考えていきましょう。

キャリアプランが描きにくい

医療事務で志望動機が重要な理由としては医療事務の仕事はキャリアプランが描きにくいことが考えられます。志望動機は仕事への意欲を伝えるものであり、その仕事に就いてどのように活躍したいか、どのように成長したいかをアピールすることが大切です。しかし医療事務の仕事は出世という概念があまりないため、「将来どうなりたいか」という目標を決めにくく、仕事への意欲を伝えることが難しいです。

医療事務の志望動機として本音を言えば「楽そう」などの理由で応募する人も多いのが現状ですので、何のために就職するのか、なぜ医療事務なのかを説明する事が重要でもあります。医療事務の志望動機は仕事に対する意欲を伝えることが難しく、だからこそ志望する理由が重要しされています。

新卒ではなくても挑戦しやすい

医療事務の仕事で志望動機が重要な理由としては新卒ではなくても挑戦しやすいことも挙げられます。医療事務の仕事は未経験でも挑戦できるため、新卒ではなくても将来挑戦できるチャンスはいくらでもあります。

いつでも挑戦できる仕事ですので、新卒の場合はなぜ「今」なのかを説明する事が重要です。いつでも挑戦できる仕事に、新卒の今なぜ取り組みたいのか、なぜ今でなければならないのかなど、理由を明確にして伝えるようにしましょう。

いつでも挑戦できる仕事は挑戦自体のハードルは低いものの、周囲と差別化を図り、選考を攻略していくのは非常に難しいです。なぜ医療事務の仕事で、なぜ今挑戦したいのかを徹底的に考えて、志望動機を作成していきましょう。

関連記事

医療事務の志望動機で好印象を与えるためのポイント4つ|未経験者が参考にできる例文もご紹介

未経験で無資格でも大丈夫?

就活では志望動機だけではなく、自己PRも大切であり、自身を売り込み採用メリットがあることを伝える必要があります。売り込む題材として経験や資格などが挙げられますが、医療事務を志望する場合は未経験、無資格でも問題はありません。

もちろん無いよりはあった方が良いですが、経験や資格は絶対ではないので、ないからと言って不合格になるわけではありません。未経験、無資格であっても正しくアピールできれば採用されますので、自分なりのアピール方法を考えることが大切です。

志望動機を作成する際のコツ3つ

こちらでは、医療事務ならではの志望動機を作成するコツを解説します。志望動機を作成するに当たり、事前に医療事務という仕事の内容を正しく理解しておく必要があります。漠然としたイメージで医療事務の仕事を選ぶと、志望動機を聞かれたときに面接官に伝わってしまいます。

医療事務に求められている人物像や資質などを正しく把握し、なぜこの病院を選び、医療事務として働きたいと思うのか、採用されたら自分には何ができるのかといったことを具体的に述べるようにしましょう。これからそれぞれのポイントごとに分けて、以下で詳しく解説していきます。

①なぜ医療事務として働きたいのか

医療事務の業務は、非常に細かい神経と速さを必要とします。検査・処置費用など、診察にかかった金額を正確に計算し、できるだけ患者さんを会計で待たせないようにしなければなりません。診療報酬制度も定期的に改正されるため、勤務後も改正点をしっかりと身につける必要があります。

また、医療事務は病院の受付から会計までを受け持つため、病院の中で最初から最後まで働くことになります。18時までの受付であっても、最後の患者さんが会計が終わるまでその業務は続きます。一度に患者さんの対応や電話の問い合わせ、カルテの整理など複数の業務を抱えるため、時間帯によっては大変忙しい仕事です。そのような医療事務の現場でなぜ働きたいと思うか、志望動機の中で強い志を伝える必要があります。

②なぜその病院なのか

これは病院でなくとも、一般企業においても言えることですが、なぜここで働きたいのか、ここでなければいけない理由というものを明確にしておかなければいけません。志望動機の中で、自分の体験を通じてその病院に対して感じたことや、その病院が地域で果たしている役割の重要性を自分の言葉で面接官に訴えかけることが大切です。

幼い頃父がこの病院に入院してお見舞いに来た時に、受付の人が優しかったので親しみがある、地域の救急受入病院として指定されている貴院で働くことで、自分の育った町に社会貢献したいなど、具体的な志望理由を述べると、熱意が伝わります。

③仕事に活かせる自分の強みは何か

次に、自分の性格や特技、持っている資格などから医療事務の業務のどの部分で活躍できるという自分の強みをアピールしましょう。ボランティア活動で培ったお年寄りとコミュニケーションを図るスキル、接客業のアルバイト経験で培った常に笑顔で対応できる資質、学生時代に取った医療事務の資格などといったように、仕事で活かせる自分の能力を志望動機に盛り込みます。

その強みに対する具体的なエピソードや根拠を持って述べることで、アピールする内容に説得力が増します。面接官に対し、自分にはこのような強みがあり、それを活かしてこの病院に貢献できるということを売り込むのです。

関連記事

【病院の志望動機】採用されるための書き方3つと注意点〜職種別で作成した5つの例文もご紹介〜

履歴書の志望動機で採用担当者の心を掴む例文3選

医療事務の仕事は未経験、無資格でも挑戦できますし、新卒でなくても挑戦しやすい仕事ですので、志望動機でどれだけ採用担当者の心を掴むことができるかが勝負になります。魅力的な志望動機を伝えることができれば、それだけで採用にぐっと近づきますし、反対に志望動機次第では、大きくマイナスになってしまう可能性もあります。

医療事務の仕事を目指すのであれば、志望動機が最も重要になりますので、例文から採用担当者の心を掴む志望動機とはどのようなものかを知っていきましょう。

例文①医療事務の仕事自体が志望理由

私は医療事務として働き、患者様の不安を少しでも取り除きたいと考え、志望しました。小さい頃喘息で病院に行く機会が多くありました。病院は私にとっては不安な場所でしたが、いつも受付の方が優しく接してくれ、そのおかげで不安はなくなり、前向きな気持ちで通院を続けることができました。医療事務では事務作業だけではなく、受付の仕事もあります。今度は私が受付に立ち、患者様に優しく接して、病気の不安を少しでも和らげたいと考えています。

例文①では、患者の不安を少しでも取り除く仕事がしたいとアピールされています。例文では自身の過去の通院経験を明かし、受付の人のおかげで不安を持たずに通院を続けることができたとあります。自身の原体験をもとに志望動機を作成することで仕事に対する意欲や熱意がアピールできており、好印象です。また事務の仕事だけではなく、病院の受付としても働き、患者の不安を和らげたいとすることで、医療事務でなければならない理由も明確にすることができています。

医療事務は他の事務の仕事と差別化を図るために、医療事務にこだわる理由を明確にすることが大切であり、例文では患者の不安を取り除くことに焦点を当てることで、こだわりをアピールできています。

例文②その医療機関を選んだ理由

私は貴院の患者様とその家族を大切にする取り組みを知り、それを実現することで病気と向き合う勇気を応援したいと考え、志望しました。私は貴院のHPを拝見し、病気の説明を患者様にするだけではなく、家族にも伝え、病気から逃げるのではなく、しっかりと見つめることで治療していく方針に共感しました。一人きりで病気と向き合うのは怖いことですが、家族と一緒であれば、勇気を持って立ち向かうことができます。私は医療事務の仕事を通して、患者様とその家族を勇気づけ、治療のサポートがしたいと考え、志望しました。

例文②では、志望する病院の取り組みを挙げ、それを実現したいことを志望動機にしています。医療事務の仕事は各病院、医療機関によって異なりますし、設備や取り組みなども異なります。志望する病院にしかない設備や取り組みを上げ、それを題材にすることで、そこでなければならない理由が明確にアピールできており、好印象です。例文では患者だけではなく、家族にもしっかりと病状を伝えることで、治療に向き合う勇気づけがしたいとあります。

医療事務は単に事務作業だけではなく、受付を行ったり、医者と患者の両方と関わる仕事です。病院の取り組みを実現し、患者と関わりたいとすることで仕事への意欲がアピールできており、これも好印象でしょう。

例文③女性が活躍し働きやすい環境が理由

私は貴院が女性が働きやすい職場づくりをしていること、そしてそれが実現されていることを知り、志望しました。私は母子家庭で育ち、母は女手一つで私を育ててくれました。子育てをしながら働くのは大変なことで、子供を育てながらでは活躍することも難しいのが現実です。母が働く会社は環境が整っておらず、苦労も絶えないようでした。私は女性であっても働きやすく、また活躍できる貴院の職場にひかれ、ここで働きたいと思いました。私は医療事務として精一杯働き、またライフスタイルに合わせて、産休や育休などを取得しつつ、長く働き、活躍したいと考えています。

例文③では、女性が働きやすい職場づくりをしていること、それが実現されていることが志望動機としてアピールされています。医療事務の仕事は圧倒的に女性が多い職場ですので、長く働ける環境や家庭を持ちながらでも仕事が続けられることは非常に重要です。女性が活躍できる環境が整っていることを志望動機にするのは効果的だと言えます。

例文では母親の経験から子育てをしながら働くことの難しさや、女性であっても働ける環境が整っていることが挙げられています。女性が働くことの大変さを知った上で、整った環境を求めることで単に、楽がしたいからではないことがアピールできていますし、病院のこともしっかりと分析できていることが伝わるでしょう。

関連記事

【例文あり】医療事務の志望動機で書くべき内容と書き方ポイント|採用担当者が見ている部分もご紹介

医療事務の面接や履歴書で気をつけるポイント

医療事務を志望するのであれば志望動機が重要ですが、当然ながら志望動機だけでは選考を勝ち抜くことはできません。確かに志望動機は重要視されますが、就活では他にもやらなければならないことがたくさんあります。一つの項目で評価が決定するのではなく、さまざまな項目を総合的に見て最終的な評価が決定しますので、志望動機の他にも気をつけるべきポイントはあるのです。

医療事務を志望する際は、面接や履歴書でも気をつけるべきポイントがあります。それらを踏まえて選考を攻略していきましょう。

①履歴書やエントリーシートは丁寧に

医療事務を志望するのであれば、履歴書やエントリーシートは丁寧に書くことを心がけましょう。履歴書やエントリーシートはパソコンが主流の時代ですが、医療事務は文字を書くことが多い仕事なので、文字がキレイで丁寧だと好印象です。履歴書の内容も大切ではありますが、字が汚かったり、雑に書かれているとそれだけで悪印象になっていまします。字には人柄が表れますし、汚い字、雑な字はそのまま乱暴でがさつな印象を与えてしまう可能性が高いので、注意しなければなりません。

反対にキレイな字、丁寧な字で書かれていれば、穏やかであったり、丁寧な人間性を印象付けることができますので、字に気をつけるだけでも選考を有利に進めることができます。

②資格や経験より接遇

医療事務の大半は窓口の対応がほとんどですので、資格や経験よりも接遇が重要視されます。医療事務は病院の顔でもありますので、窓口での印象が悪ければ、それがそのまま病院への悪印象へと変わってしまいます。知識も大事ですが、言葉づかいや笑顔など面接では気をつけるようにしましょう。どれだけ素晴らしい志望動機や自己PRができても、面接での印象が悪ければ不採用になってしまう可能性もあります。

面接では特に伝え方も大切ですので、鏡の前に立ってアピールの練習をするなどもおすすめです。医療事務の面接では笑顔を心がけ、ハキハキと話すことが大切です。印象の良い話し方や立ち居振る舞いを心がけ、面接を攻略していきましょう。

医療事務の志望動機は「独自性」がポイント

医療事務の仕事は未経験や無資格でも挑戦しやすい仕事であり、また新卒ではなくても挑戦しやすい仕事です。多くの人に門戸が開かれた仕事ですので、ライバルの数は当然多く、また挑戦しやすい仕事だからこそ、志望動機の作成が難しい仕事でもあります。志望動機は仕事へのやる気や意欲を伝えるものですので、それらが伝わるように工夫することが大切ですが、医療事務の場合はさらに独自性も大切です。

医療事務は人気も高く、応募者も多いので、他の人と差別化をし、印象に残るためには志望動機に独自性が必要になります。自分らしさをアピールすることができれば、選考でも有利になります。自分らしさを伝えることを意識して、志望動機を作成しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ