就活その他

【挙げられやすい尊敬する人物ランキングTOP3】質問の意図も解説

尊敬する人物で挙げるべき人とは

thinking

就活では尊敬する人物についての質問もあるため、尊敬する人物ランキングを知って誰を例に出してアピールするのかを考えておくことが大切です。尊敬する人物についてはエントリーシートで求められる場合もあれば、面接で質問されるケースもあります。

質問に対してどのように答えるかも大切ですが、誰を例に挙げてアピールするのかも重要視されていますし、事前にしっかりと考えておかなければなりません。事前に準備していなければ上手に答えることは難しいですし、マイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。尊敬する人物は誰を挙げるべきなのか、どのようにアピールすべきかを知り、就活を上手に進めていきましょう。

企業が尊敬する人物を質問する理由

尊敬する人物を答えて上手にアピールを進めるためには、そもそもなぜ企業が尊敬する人物を質問するのか、その理由を知っておくことが大切です。面接などの質問はすべて意味がありますし、一つとして無駄なものはありません。尊敬する人物についての質問にも明確な意図があり、就活生の価値観を測り、その価値観が社風にあっているかを知るために企業は質問をしています。

あなたの面接力は何点?

尊敬する人物の質問対策を始めている人は、面接準備がはかどっているのではないでしょうか?面接は事前準備が重要ですが、現時点での面接力を診断することで、より念入りな対策を進めましょう。そこで活用したいのが「面接力診断」です。自分の弱点を把握するとともに、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で確認できます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

尊敬する人物は歴史上の偉人や有名人を挙げよう

尊敬する人物は誰と答えてもいいわけではなく、歴史上の偉人や有名人を挙げてアピールするのがおすすめです。社会的に貢献している有名人や、歴史上功績を挙げた人物は価値観が想像しやすいため、上手に伝えれば好印です。親を例に挙げてアピールするのもいいですが、価値観などが上手く伝わらない場合も多いですし、社会的に共通認識がある人を例に挙げてアピールをするのがおすすめです。

また歴史上の人物であれば、どんな人でもいいわけではありません。独裁者や悪人と考えられている人を尊敬していると伝えてしまうと、印象が悪くなってしまいますので注意が必要です。尊敬している人物は歴史上の偉人や有名人で、かつ正しいおこないをし、多くの人の役に立ったと認識されている人を挙げてアピールしましょう。

挙げられやすい尊敬する人物ランキングTOP3【男性編】

尊敬する人物を答える場合には、歴史上の人物や有名人を答える必要がありますが、選択肢は非常に多いですし、誰を例に挙げるべきか悩んでしまう人は多いです。誰を尊敬しているかによって与える印象は違ってきますし、評価も異なります。

尊敬する人物次第で合否に影響する場合も多いので、しっかりと考えておかなければなりません。尊敬する人物として挙げられやすい人は男女によって違いますので、まずは男性に挙げられやすい尊敬する人物ランキングから知っていきましょう。

1位スティーブ・ジョブズ

挙げられやすい尊敬する人物ランキングの1位はスティーブ・ジョブズです。スティーブ・ジョブズは情熱的で不可能を可能とする能力を持ち、どんな境遇をもポジティブに捉えられるパワーのある人として人気があります。スティーブ・ジョブズはアップル社の共同設立者の1人であり、アップルの最高経営責任者も経験しています。

iPhoneの発売は世界に大きな影響を与えましたし、IT業界に与えた影響も大きいです。しかしスティーブ・ジョブズの人生は決して華やかなものではなく、一時はアップルコンピュータを解任されていますし、晩年は病気にも苦しめられています。さまざまな困難に立ち向かい、諦めずにチャレンジする姿からビジネスマンからも人気が高く、多くの人に尊敬されている人物です。

2位イチロー

挙げられやすい尊敬する人物ランキングの2位はイチローです。イチローは現状に満足し、甘んじることなく高みを目指して挑戦し続ける姿から人気があります。イチローはプロ野球選手として日本で活躍しているのはもちろん、海外のメジャーリーグでもさまざまな成績を残しています。

10年連続の200本安打達成をはじめとし、アジア人初のメジャー3,000本安打を達成するなど、打撃に強みのある選手です。また打撃だけではなく、守備や走塁にも定評があり、走攻守のすべてが揃った選手としてさまざまなチームで活躍しています。練習に臨むストイックな姿勢なども人気の理由であり、一切妥協をせずに常に高い向上心を持ち続けていることからも尊敬する人物として挙げられています。

3位アインシュタイン

挙げられやすい尊敬する人物ランキングの3位はアインシュタインです。アインシュタインは好奇心に溢れ、誰にも理解されなくとも、自分のやり方を突き通して全く新しいことを成し遂げる姿から人気があります。アインシュタインは天才的な物理学者であり、さまざま理論を提唱しています。

特殊相対性理論や一般相対性理論、相対性宇宙論、ボーズ=アインシュタイン凝縮などさまざまな功績を挙げ、物理学の父とも呼ばれている人物です。天才ゆえに変人とも言われることが多く、実際に変人とイメージを持っている人もたくさんいます。しかし世間からの風にも負けず、自身のやり方で進むべき道を突き進んだ人物であり、そのぶれのない姿勢も人気の理由です。

挙げられやすい尊敬する人物ランキングTOP3【女性編】

男性に挙げられやすい尊敬する人物ランキングを知れば、今後は女性のランキングも知っていきましょう。尊敬する人物は男女によっても違いがあり、女性のランキングは男性とは全く異なっています。

男性の場合は同性で男性の偉人を挙げることが多いですが、女性の場合も同性の女性の偉人が多く挙げられています。歴史上の人物や有名人で多くの功績を残した女性もたくさんいますので、ランキングを参考にしながら女性の偉人についても知っていきましょう。

1位マザー・テレサ

挙げられやすい尊敬する人物ランキング1位はマザー・テレサです。マザー・テレサは見返りを求めず、自己犠牲の精神で多くの難民の救助に尽力した姿から人気があります。マザー・テレサは恵まれない人に対して見返りを求めることなく施しを与えた人物であり、愛の人としても知られています。

戦争中に上官に掛け合い、戦闘を中止させて病人の看病をおこなうなど、自身を危険に晒してまで他人を助けるための行動に行動した人物です。福祉活動は高く評価され、ノーベル平和賞も受賞しています。受賞時の賞金はすべて貧しい人々のために使われ、世界平和のためにさまざまな活動をおこないました。自分よりもまず他人を考える優しさや、愛情の大きさから多くの人に人気があります。

2位キュリー夫人

挙げられやすい尊敬する人物ランキング2位はキュリー夫人です。キュリー夫人は貪欲に知識を求め続けたひたむきな姿と、あきらめない姿勢に人気があります。キュリー夫人はポーランドで生まれましたが、当時は戦争の影響で勉強するのもままならない状況でした。

加えて女性であることがハンデとなり、学校に入学するだけでもさまざまな苦労がありましたが、諦めることなく学べる場を探し、科学の研究に没頭します。キュリー夫人は放射能を発見し、放射線技術を開発し、ノーベル化学賞を受賞しています。放射線技術を使用したレントゲン設備によって医療の発展にも貢献しており、高い実績と向上心の高さ、そして女性であるハンデをものともしない姿勢が人気です。

3位ヘレン・ケラー

挙げられやすい尊敬する人物ランキング3位はヘレン・ケラーです。逆境に負けず、数多くの障害にも挫けずに人生を前向きに生きていく姿から人気があります。ヘレン・ケラーは生まれて間もなく髄膜炎にかかり、一命は取り留めたものの、その後遺症として聴力、視力、言葉を失います。

しつけをすることすらままならない状態であり、自らの不遇を嘆き、ヘレン・ケラー自身もわがままに成長しますが、恩師のサリヴァンによって言葉を取り戻しました。教育を受けたことによってヘレン・ケラーは成長し、障害者の教育や福祉の発展に尽力します。逆境に負けず、他の人のために行動できる姿に胸を打たれる人は多く、奇跡の人としても知られており、尊敬する人物として挙げられることも多いです。

尊敬する人物のランキングを参考に質問対策をしておこう

就活では尊敬する人物について聞かれることが多く、どのように答えるかによって評価は大きく違ってきます。どのように答えるかも大切ですが、誰を尊敬していると伝えるかも重要であり、挙げる人物によっては印象は良くも悪くも変化しますので注意が必要です。基本的には、誰もが知っている歴史上の偉人や有名人がおすすめです。

世界に大きく影響した人物でも、悪のカリスマとして考えられている人物を挙げてしまうと印象が悪くなりますので注意しなければなりません。誰を尊敬しているかによって価値観が見られていますし、企業との相性も見られていますので、尊敬する人物の質問から熱意をアピールし、好印象を与えていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ