履歴書

履歴書を万年筆で書くポイント|与える印象やデメリットをご紹介

万年筆で履歴書を書いてもいいのか?

履歴書を書く場合、基本的にはボールペンを使用しますが、万年筆で書いてもいいのか悩む人は多いです。履歴書をボールペンで記入するのは、消しゴムなどで簡単に消し、修正できないためであり、改変された場合にわかるようにするためです。万年筆であればインクを使用していますし、ボールペンと同様に簡単に修正することはできません。

修正できない点だけで考えれば、万年筆もボールペンも共通していますし、万年筆を使用してもいいと考えられます。しかし就活ではさまざまなマナーがあり、細部まで厳しく決められていることも多いです。そのため万年筆を使ってもいいのか悩み、使用してはいけないのではないかと不安に感じる人も多いです。実際に使用していいのかどうかを知っていきましょう。

履歴書は万年筆とボールペンどちらがおすすめ?

履歴書は、改変される恐れがなければ基本的には何を使用しても問題はありません。そのため、万年筆であっても使用することは可能です。万年筆で書いてあることはわかるものの、ボールペンで書いた場合と大幅に文字が違うわけではありませんし、履歴書で万年筆を使用しても問題はありません。

しかし万年筆を使用することで、与える印象が違ってくることは知っておく必要があります。履歴書は万年筆とボールペンどちらで書くのがおすすめかを知り、それぞれが与える印象を知っていきましょう。

万年筆で書くと面接官や担当者の目に留まりやすい

履歴書を万年筆で書くと、面接官や担当者の目に留まりやすいことがメリットとして挙げられます。ほとんどがボールペンで書いている中、万年筆で書くとインパクトが強く、目に留まりやすいため、面接官に覚えてもらいやすくなります。万年筆で綺麗な文字を書いていると、しっかりした人、丁寧な人、落ち着いた人など好評価を得られる可能性がありますし、おすすめ度は高いです。

履歴書で好印象を与えることができれば、書類選考で有利になることはもちろん、選考を通して有利に進めていくことができます。面接では履歴書を見ながら進めていきますし、履歴書での印象が強ければ、面接での評価も高まりやすく、覚えてもらいやすいです。万年筆を持っているのであれば、チャレンジしてみてもいいでしょう。

美しい字を書くには万年筆がおすすめ

万年筆を使用することで表現力が高まりますので、美しい字を書ける人には万年筆がおすすめです。万年筆は絶妙な跳ね、払いを表現できるため味のある履歴書になります。味のある履歴書になることで、他の就活生と差別化をすることができますし、面接官の印象にも残りやすくなります。

また、手書きの履歴書では文字からも人柄を判断されるため、人柄の面で高評価が得られる可能性が高いです。万年筆は他の筆記用具とは違って上手に書くためにはコツがいりますが、慣れていれば素早く美しい文字を書くことができます。万年筆で書いた文字は印象にも残りやすいですし、選考を有利に進めることができますので、字に自信があれば万年筆を使用しましょう。

字に自信がない人はボールペンがおすすめ

万年筆は美しい文字を書くことができますが、使用すれば誰でも綺麗に書けるわけではありません。普段ボールペンで書いている人は万年筆に慣れていないので、反対に文字が汚くなったり、滲んだりする可能性があります。万年筆で履歴書を書くことで面接官の印象にも残りやすくなりますが、それはマイナスの印象であっても同じです。

文字が汚くなることでマイナスの印象を与えてしまいますし、万年筆で書いてあることで悪目立ちしてしまい、評価が大きく下げられてしまう可能性もあります。万年筆で上手に字を書くのは簡単なことではありませんし、日頃から書いていなければ上手く書けない場合も多いです。文字に自信がないなら、無難にボールペンを使用しましょう。

履歴書の作成ポイントをおさえておこう

履歴書を作成するのが初めてという就活生は多く、どのような点に気を付ければいいのか把握できていない人も多いのではないでしょうか。筆記用具以外にも履歴書には細かいルールや書き方が存在するため、きちんと守られているか作成前後にチェックすることが大切です。

そこでぜひ活用したいのが「履歴書作成マニュアル」です。無料でGETできるので、履歴書の書き方に悩んでいる就活生におすすめです。実際に履歴書を作成する際のお手本としても、持っておいて損はありません。

履歴書を万年筆で書くときのポイント

文字に自信があるのなら、履歴書を万年筆で書くのもおすすめですが、さらに好印象を与えるためにはいくつかポイントがあります。ポイントを押さえて作成することで、より好印象を与えやすくなりますし、綺麗な文字で書きやすくなります。

ボールペンであれ、万年筆であれ、履歴書で好印象を与えるためには綺麗な字であることは必須の条件です。万年筆の場合は書き方のポイントがありますので、それらを知って上手に書き進めていきましょう。

万年筆で書くならブルーブラックがおすすめ

万年筆で文字を書く際はインクが必要であり、自分自身でどのインクを使用するのかを選ばなければなりません。インクにはさまざまな種類がありますが、万年筆は水性インクがメインで、水性は油性より耐水性がありません。履歴書は基本的には油性で書かなければなりませんし、水性で書いてしまうことで文字が滲みやすくなってしまいます。

郵送の途中で雨に濡れてしまう場合もありますし、企業に確実に届けるためにも履歴書は油性で書かなければなりません。万年筆のインクは水性がほとんどですが、ブルーブラックのインクであれば耐水性があるため滲みにくいです。多少であれば濡れても大丈夫ですので、履歴書で使用するならブルーブラックのインクを選びましょう。

万年筆のペン先は力を入れすぎず細く書く

万年筆は書き方もポイントがあり、上手く書くためにはペン先は力を入れすぎず、細く書くことが大切です。万年筆は細く書いた方がバランスよくきれいに見えますし、より好印象を与えることができます。力を入れすぎると太くなり、見た目が悪くなってしまいますので注意しなければなりません。

万年筆はインクを使用して書きますし、太くなってしまうことで文字が滲んでいるように見えたり、文字がつながってしまい、判別できなくなってしまう場合もあります。読めない字は当然NGですし、読みづらいことでもマイナスの印象を与えてしまいます。綺麗な文字を書くためにも、力を抜いて細く書くようにし、ペン先が潰れてしまわないように注意しましょう。

万年筆で履歴書を書くときのデメリット

万年筆で履歴書を書くことで、印象的な履歴書を作成することができますし、綺麗な字を書くことができていれば好印象を与えることができます。履歴書を万年筆で書くことにはさまざまなメリットがありますが、同時にデメリットもありますので注意しなければなりません。

万年筆で書いてもマイナスの印象を与えてしまう場合がありますし、ボールペンで書いた方がいい場合もあります。メリットだけではなくデメリットも正しく理解して、万年筆とボールペンどちらを使用するのかを決めていきましょう。

金額がボールペンより高い

万年筆で履歴書を書くときのデメリットとしては、金額がボールペンより高いことが挙げられます。万年筆は数百円で買えるボールペンと比べると高いですし、簡単に購入できるものではありません。安いものでも数千円はしますし、1万円以上することも多いです。ピンキリではありますが、ボールペンに比べれば圧倒的に値段は張りますし、購入に躊躇してしまう人も多いです。

万年筆は基本的には購入すれば半永久的に使用することができますが、メンテナンスが必要ですし、上手に使わなければペン先は壊れてしまいます。購入後もお金がかかる場合が多いですし、就活中で出費がかさめば、購入できない場合も多いです。上手に扱えなければ余計にお金がかかりますし、コストの高さがデメリットだと言えます。

万年筆についての知識が必要

万年筆についての知識が必要であることも、万年筆で履歴書を書くときのデメリットです。ボールペンの場合は、購入すればすぐに使用することができますし、どれを買うかなども迷うことはほとんどありません。しかし万年筆の場合は、ペンの太さからインクまで種類が多いので、知識がないと履歴書に適したペンを選ぶことができず、綺麗に字が書けない場合もあります。

万年筆があり、上手に書くだけのスキルさえあれば綺麗な文字が書けるわけではなく、ペン先やインクなどさまざまな条件が揃わなければ綺麗な文字を書くことはできません。上手に書くこと自体も難しいですが、上手に書けるだけの環境を整えることも難しく、すぐに書けないことが万年筆のデメリットです。

綺麗に書き上げるのに時間がかかる

万年筆を使うには、まずインキを入れる必要があります。カートリッジを装着する方法と、直接びんから吸入する方法がありますが、どちらにしてもすぐに書き始められるボールペンに比べて手間がかかるのです。日常的に万年筆を使用している人ならばスムーズに書き始められますが、履歴書を書くためだけに使用する場合は慣れておらず時間がかかるでしょう。

キャップを閉め忘れたまま放置した万年筆は、インキが乾燥して出てこなくなることもあります。長く使用するために定期的なメンテナンスも必要な道具なので、購入を考えている場合はそれらも踏まえて考えましょう。

万年筆で好印象を与えたいなら練習が必要!

万年筆を使用することで、印象的な履歴書を作成することができますし、上手に使えば選考でも有利に働く場合が多いです。しかし万年筆で綺麗な文字を書くのは難しいですし、慣れていなければ汚くなってしまい、印象が悪くなってしまうこともあります。慣れていない場合はボールペンを使用した方が無難ですが、どうしても万年筆を使いたいのであれば、しっかりと練習をしておく必要があります。

万年筆は他の筆記用具とは書き方のコツも違いますし、上手に書くためにはある程度の練習が必要です。面倒だからと練習を省いてしまうと、綺麗な字を書くことができず、印象も悪くなります。万年筆で好印象を与えたいなら練習が必要ですので、しっかりと練習してから履歴書で使用するようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ