自己PR

自己PRのプレゼン方法|好印象を得るポイントと資料作成のコツ

面接で自己PRのプレゼンテーションを課す企業が増えている


面接では自己PRの一環として、プレゼンテーションが求められることがあります。これはプレゼン面接といって、自己PRをテーマにプレゼンテーションを課す企業が増えていますので、しっかり対策をしておかなければなりません。プレゼンは口頭でおこなうだけではなく、企業によってはレジュメやパワーポイント作成などの事前準備が必要なケースもあります。

準備が必要な場合は事前に通知されますので、面接日に備えて練習をしておくこともできます。就活中は忙しいですし、合間を縫ってレジュメやパワーポイントの作成をするのは大変ですが、しっかりと準備をすることが大切です。念入りな準備によってプレゼンのクオリティは変わりますので、しっかり準備して高評価を目指しましょう。

企業が自己PRのプレゼンテーションを課す理由

自己PRの一環としてプレゼンテーションを求める企業は増えていますが、そもそもなぜプレゼンを求めるのか、その理由を知っておくことも大切です。プレゼンをするためには準備が必要ですし、通常の面接より時間がかかることも多いため企業としても負担になってしまいます。

それでもプレゼン面接をおこなうということは、それだけの意味があるということです。自己PRでプレゼンが求められることには理由がありますので、理由を知って何が見られているのかを知っていきましょう。

プレゼンテーションによって人物像がよくわかる

企業が自己PRでプレゼンテーションを求める理由としては、就活生の人物像をよく理解するためです。面接は就活生のことを知り、本当に企業に必要か、企業貢献できる人材かを見極めるためにおこなわれます。企業は就活生の人柄や個性、能力などを知るためにさまざまな質問をしますが、それだけでは細部まで理解できないことも多いです。

プレゼンであれば、普段の質問では見れない一面まで見れますし、プレゼンを通じて、思考力や話し方、表情などを観察しやすいため自己PRとして課せられています。プレゼンではアピールしている内容はもちろん、アピールの仕方やなぜそれをアピールするのかなどまで見られています。細部までチェックされているため、自己PRは念入りに作成することが大切です。

マニュアル回答を避けたい

マニュアル回答を避けたいことも、自己PRとしてプレゼンテーションが課せられている理由のひとつです。面接は質疑応答の形式で進み、業界や企業によって質問の内容は違います。そのためすべての質問の回答を事前に準備することはできませんが、それでも頻出の質問は共通していますし、それらについては事前に準備をすることが可能です。

従来の質疑応答だと、マニュアル型の対応が可能となりますし、それでは就活生の個性や人柄などを正しく理解することができません。プレゼンはマニュアル型の回答を避けるためであり、就活生のことを正しく理解するためでもあります。型通りのアピールでは評価は得られませんので、自分らしさや個性を意識してプレゼンにも臨むことが大切です。

プレゼンテーション能力は入社してからも重要なスキル

上手にプレゼンをするためには、プレゼンテーション能力が必要であり、これも評価の対象として見られています。プレゼンテーション能力は会議で自分の意見を述べるときや、顧客に自社商品の説明をするときなどに必要となる能力です。入社後に必須の能力であり、その有無をはかるためにも事前にプレゼンが求められています。

プレゼンが上手ければそれに越したことはありませんし、高評価にもなりますが、必ずしも上手くなければならないわけではありません。多少のぎこちなさがあったとしても、内容がしっかり伝わればOKですし、入社して慣れてくれば能力を高めることができます。大事なのは完璧なプレゼンではなく、能力を示すことですので、最低限のプレゼンテーション能力が備わっていることをアピールできれば問題はありません。

質問に答えるだけで自己PRを完成させよう

自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、ぜひ自己PRジェネレーターを活用しましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで自然な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

面接で好印象を得る自己PRプレゼンテーションのポイント4つ

面接で好印象を得る自己PRプレゼンテーションのポイント4つ

プレゼンテーションを成功させるためには、事前の準備を徹底しておこなうことが大切ですが、それだけではなくどうすれば好印象になるかを知っておくことも大切です。プレゼンはただ発表すればいいわけではなく、内容はもちろん、構成や発表の仕方などさまざまな部分が評価されています。

同じ内容でも発表の仕方ひとつで印象は大きく変わりますので、好印象を与えるポイントを理解することが大切です。どのように伝えれば好印象なのかを知り、上手に自己PRのプレゼンをしていきましょう。

①時間内で話をまとめあげる

自己PRのプレゼンテーションで好印象を与えるためには、まずは時間内で話をまとめあげることを意識しなければなりません。企業によって違いはありますが、基本的には時間制限が設けられています。プレゼンは指定時間内に話を完結させることが大切なので、時間内に抑えるための構成を工夫することが大切です。

どれだけ良い内容であっても制限時間を素過ぎてしまうと印象は悪くなりますし、場合によってはその時点で不合格になる可能性もあります。ビジネスでは時間は重要なものですので、時間内にアピールを終わらせることで、正しい時間感覚が備わっているアピールにもなります。時間内に終わるからといって、早くに終わればいいわけではありませんので、制限時間いっぱいでアピールできる構成を作りましょう。

②自己PRポイントを絞ったわかりやすい展開にする

自己PRのポイントを絞ったわかりやすい展開にすることも、好印象を与えるポイントのひとつです。自己PRは同じ内容であっても構成によって伝わり方が大きく違ってきますし、与える印象も異なります。せっかく題材が良くても、構成次第では魅力が充分に伝わらないこともあるので注意しなければなりません。

「自己PRポイント→具体的根拠→企業に活かせる強み→この企業で働きたい」という展開で考えることがポイントです。最初に自己PRポイントを提示することで簡潔にまとめやすくなりますし、何をアピールしたいのかも明確になります。自己PRポイントは盛り込みすぎると時間超過につながるので、絞り込むことも大切です。基本的には一つだけに絞り、根拠の部分などを重点的に語るよう心がけましょう。

③表情豊かにメリハリをつけ自信をもって話す

プレゼンテーションでは話している内容も大切ですが、話し方や伝え方、振る舞いなども見られています。好印象を与えるためには、表情豊かにメリハリをつけ、自信をもって話すことが大切です。伝えたいポイントがわかるよう、表情豊かに話すことで何を強調したいのか、伝えたいのかがよりわかりやすくなります。

無表情だとどこがポイントなのかがわかりづらくなりますし、アピールもぼやけてしまい印象に残りづらいです。また暗い表情で話していると、せっかくの魅力も伝わりづらいので、堂々と自信をもって話すことを心がけましょう。自信なさげに話しているとアピールに信憑性がなくなってしまいますし、不信感を与えてしまうので注意しなければなりません。

④ゆっくり聞き取れるスピードで話す

プレゼンテーションでは自分が話したいことを話し、一方的に伝えるのではなく、相手にわかるように伝えることが大切です。どれだけ素晴らしい内容でも相手に伝わらなければ意味はありませんし、評価もされません。プレゼンはわかりやすいこと、きちんと伝わることが大切ですので、ゆっくり聞き取れるスピードで話すことも意識しておきましょう。

プレゼンは時間制限もありますし、本番で緊張してしまうと早口になってしまうことが多いです。早口になれば聞き取りづらくなりますし、アピールしているようでも相手に伝わっていないことが多いです。1分間で300文字程度がベストですので、早口にならないように注意しながらアピールしていきましょう。

効果的な自己PRプレゼンテーション資料の作り方

プレゼンテーションはただ口頭で自分の魅力を伝えればいいだけではなく、場合によっては説明する資料の作成を求められることもあります。プレゼンで好印象を与えるためには、この資料作成も重要であり、効果的な資料を作ることでより自分の魅力を伝えやすくなります。上手に資料が作れれば資料作成能力の高さもアピールできますし、より好印象です。効果的な資料を作成する方法を知り、細部までこだわってプレゼンを成功させましょう。

パワーポイント資料はワンスライド・ワンメッセージで

自己PRのプレゼンテーションではパワーポイントで資料を作成することも多いです。パワーポイントは上手に使えばアピールもしやすくなりますが、使い方を間違えると印象は悪くなってしまいます。パワーポイントで資料を作成する場合、1スライドの中で主張するポイントは1つに収めることが大切であり、ごちゃごちゃと盛り込みすぎるのはよくありません。

1つのスライドに複数の内容を盛り込んでしまうと、どうしても見づらくなり、何がポイントなのかが分かりづらくなってしまいます。アピールは盛り込めばいいわけではなく、きちんと伝わることが大切です。スライドの数は増えても問題ありませんので、見やすさ、分かりやすさを重視して1スライドには要点1つでまとめるようにしましょう。

メッセージを単純化する

パワーポイントを使用する場合は、スライド内のメッセージを単純化することも大切です。プレゼンテーションではパワーポイントのスライドを見ながら話を進めていきますが、語るべき内容全てを文字でいれようとしないようにしましょう。話す内容をすべて文字でいれてしまうとごちゃごちゃして見づらくなりますし、遠くからだと何を書いているのか分からなくなります。

パワーポイントはスライドを紙に印刷し、資料として配布しますが、基本的にはスクリーンを見てもらいながら説明をします。スクリーンに文字ばかりが映っていると見づらいですし、興味をなくしてしまう可能性も高いです。すべてを盛り込まず、単純化したスライドのどの部分で、どう話すかを考えることが大切です。

図や写真などを効果的に入れる

プレゼンテーションでは相手に伝わるように分かりやすく語ることが大切ですが、それだけではなく相手を退屈させないよう、惹きこむことも大切です。プレゼン資料では文字によるアピールが中心になってしまいがちですが、それでは見ている方は退屈しますし、印象が悪くなってしまう可能性も高いです。

より良いプレゼンにするためには、人の興味を惹く順序「映像>写真>グラフ>音声>文字」を押さえて、適切に文字以外の資料も加える必要があります。全スライド文字だけになると興味は薄れますが、そこにワンポイントでも図や写真などが入っていると興味を惹きやすいです。これらは多用すると効果が薄れますので、強調したい部分、流れを変えたい部分で適切に使用しましょう。

自己PRプレゼンテーションは練習が大切

自己PRプレゼンテーションは事前にしっかりと準備をしてから本番に臨む必要があり、練習をしておくことも大切です。プレゼンの準備をすればそれで終わりにするのではなく、何度も練習をすることが好印象を与えるポイントでもあります。実際に人前で発表して感想を聞いたり、自分で動画にとってチェックすることが大切ですし、練習すればするほど自信につながります。

頭の中で考えているだけと、実際に声に出して話してみるのでは違いますし、改善点が見つかる場合も多いです。プレゼンは何度も練習をして、本番までにブラッシュアップしておくことが大切です。繰り返し練習をして自信がつけば本番でも力を発揮しやすいので、何度も練習をしてから本番に臨みましょう。

プレゼンテーションで大切なのは相手に伝えようとする気持ち


プレゼンで好印象を与えるポイントはさまざまありますが、自己PRプレゼンテーションで一番大事なのは、相手に伝えようとする気持ちです。どれだけプレゼンのテクニックがあっても、気持ちがこもっていなければ評価はされませんし、逆にへたくそでも伝えようとする気持ちがあれば高く評価されます。

もちろんプレゼンが上手に越したことはありませんし、上手にできることでしっかりと練習をしてきたこと、本番への意欲の高さなども伝わりやすいです。伝えようとする気持ちを持ち、どうすれば相手に伝わるか、興味を持ってもらえるかを意識することが大切です。そのための効果的な方法を試しながら練習を重ね、上手にプレゼンをして高評価の獲得を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ