面接対策

【面接での顔採用は本当なのか】美人とイケメンが有利と言われる理由

面接では顔採用が存在するのか

面接で顔採用が存在するかは就活生の間では頻繁に考えられていることであり、容姿が良ければ優遇があるのではないかと考える人も多いです。面接の結果は自分のものしかわかりませんし、他の人の合否を知ることはできませんが、それでも顔採用が存在するのではないかと感じてしまうことはあります。

容姿に自信がない人は、顔採用の存在に悩みますし、それが原因で自信がなくなり、就活でも上手くいかなくなってしまうこともあります。顔採用の実態についてはあまり知られていませんが、本当にあるのかどうかを知っておくことが大切です。面接では顔採用は存在しているのかどうかを知り、仮に顔採用があればどのように攻略すればいいかを知っていきましょう。

顔採用はあるが美人とイケメンだけではない

顔採用とはいっても、「イケメン」「美人」といった、容姿が優れているだけで判断されることはありません。どちらかといえば、ルックスというよりは印象が大切であり、新卒は印象の良い就活生の方が有利になることが多いといえます。

また、「会社の顔」として働く職種であれば、いわゆる顔採用となる場合があるでしょう。こうした顔採用はあるといわれていますが、決して美人とイケメンだけではない理由について詳しく解説していきます。

ルックスというより印象が大切

人の表情や仕草には、人間性や性格が現れるものです。そのため、面接官はルックスの良し悪しではなく、仕草や表情を注視していることがあります。たとえば、人が話をしているとき、しっかりと目を見て聞いているのであれば、真剣さが伝わります。目を伏せていたり、手元をいじっていれば、しっかりと話に耳を傾けていないことになるでしょう。

こうした仕草だけではなく、顔の表情も重要です。笑顔が少なく表情が明るくない人や、終始目が泳いでいる人、眉間にしわを寄せている人などは、あまり印象は良くありません。ルックスというよりは、明るい表情をしているかどうかなどの印象が選考に影響しているといえるでしょう。

新卒はポテンシャル採用であることが理由

null

新卒は、即戦力になる能力があるかどうかより、将来性をみて採用されます。入社した後に社会人として成長してくれるかどうかという、ポテンシャルを重視して採用される場合が多いのです。

中途採用の場合は、ポテンシャルで人を雇うことはあまりありません。基本的には、どのような実績や実力があるのかで判断するなど、即戦力を求められることとなります。

そのため、ポテンシャル採用をおこなっている企業においては、実績などよりも学生の印象の良さが選考で大きく評価されることもあるといえます。したがって、スキルや人柄などではなく、印象や雰囲気が重視されている企業の場合、顔採用だといわれてしまうようです。

会社の顔となる職種は顔採用となることが多い

ビジネスシーンには、さまざまな職種があります。その中で「会社の顔」となるような仕事では、顔採用となるケースもあります。たとえば、受付がそうです。訪問した人が企業への第一印象を決めるのは、受付の表情や仕草といっても過言ではありません。

また、多くの人と接することになる営業職も顔採用となる場合があるでしょう。広報の仕事も、会社の顔として世間への露出は多いです。しかしながら、顔で人を選ぶのはこうした一部職種だけであり、人前に出ることが少ないバックオフィス系の仕事は、ルックスよりも人柄やスキルなどを重宝される傾向にあります。容姿の良さはひとつの個性であり、ほかに強みがあるのであれば、それほど気にする必要はありません。なによりも大切なのは、「自分らしさ」です。

あなたの面接力は何点?

今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。自己分析や業界・企業理解、マナーがどの程度身についているのかを試してみることがおすすめです。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、力試しとしてもおすすめです。

顔採用の傾向がある業界

null

面接は顔採用ではなく、中身が重視して見られていますし、一般的には顔採用はないと言われています。しかし顔採用の傾向がある業界も存在しますし、それらの業界を志望する場合は容姿についても気にしておかなければなりません。

もちろん見た目だけで合否が決定するわけではなく、基本的には中身を判断した上で合否は決定します。ただ、見た目についても評価の基準のひとつとなっており、容姿が良ければ選考で有利になることも多いので、それは覚えておきましょう。

アパレル・美容系など

顔採用の傾向がある業界としては、アパレル・美容系などが挙げられます。アパレルや美容系など、見られる仕事は顔採用が多いため、見た目について注意を払わなければなりません。アパレル業界では身に付けているものだけではなく、本人も商品の一部として見られますし、美容系でも見た目の印象がブランドイメージに繋がると考えられています。

同じ商品を販売している場合でも、販売している人の見た目の印象によって商品の見え方は違ってきますし、見た目が良いほど商品も良く見えやすいです。もちろん顔採用といっても、美人やイケメンであれば必ずしも有利になるわけではありません。あくまでブランドイメージに合った容姿が求められますので、身だしなみをきちんと整えることでも、顔採用で優遇されることもあります。

テレビ業界

テレビ業界も顔採用の傾向がある業界のひとつです。テレビ業界も見た目の華やかさが求められることが多いため、容姿や見た目の印象などが重要視されます。職種によって顔採用の程度は違いますが、アナウンサー職などテレビに映る仕事の場合は容姿は重要視されていることが多いです。

また受付なども見られてる仕事ですので、これも顔採用が多い傾向にあります。テレビ業界だけではなく、マスコミ関係の仕事は顔採用が多い傾向にありますが、その中でも最も顔採用の傾向が強いのはテレビ業界だと言えます。テレビ制作の裏方の場合は顔採用ではなく、中身を重要視されることが多いですが、表に出る仕事の場合は顔採用であることは覚えておきましょう。

ルックスに自信がなくても見せ方で勝負できる

null

顔採用の業界は一部を除けばほとんどありませんし、基本的にはいかに内面をアピールできるかが勝負になります。しかし顔採用でないからといって、容姿に全く気を遣わなくていいわけではありません。

顔採用がない業界でも、面接では身だしなみなど見た目の印象も評価されていますし、容姿が良い悪いに関係なく、身だしなみが整っていなければ評価は下がります。面接では容姿よりも見せ方で勝負することが大切ですので、好感を持たれる見た目とはどのようなものかを知っておきましょう。

笑顔を見せれば好印象

面接では笑顔を見せれば好印象を与えることができ、評価を高めることができます。見た目の印象は容姿ではなく、表情で決まりますので、常に明るい表情をすることが大切です。容姿が優れている人でも表情が暗いとマイナスの印象を与えてしまいますし、評価も下げられてしまいます。

印象が最もいいのは笑顔・アイコンタクトです。笑顔を見せることで明るい印象、活発な印象を与えることができます。しっかりとアイコンタクトをすることで、自信がある印象を与え、コミュニケーションを取ろうとする意欲も伝わり、さらに好印象です。口角を上げることを意識するのも効果的ですので、面接中は常に口角を上げることを意識し、笑顔を見せて高評価を目指しましょう。

顔色や清潔感に注意

見た目の印象で好印象を与えるためには、顔色や清潔感に注意が必要です。体調不良などで顔色が悪いと印象も悪くなります。就活はハードなので体調管理もしっかりおこなうことが大切です。体調不良になってしまうのは仕方のないことでもありますが、それでも日頃から気を遣っていれば防げることも多いです。

就活中はいつも以上に体調管理は徹底しておこない、面接間近になればさらに注意して体調を整えていきましょう。また清潔感でも印象は大きく変わります。面接では身だしなみも評価の対象になっていますので、清潔感を意識して身だしなみを整えることが大切です。髪型や髪色、服装などはもちろん、靴や持ち物など細部まで見られていますので注意しましょう。

女子はメイクが決め手

メイクテクニックで顔の印象は大きく変わりますので、見た目の印象で評価されるには、女子はメイクが決め手になります。メイクはただしていればいいわけではなく、就活にふさわしくフォーマルさを意識することが大切です。派手すぎるメイクはカジュアルに見えてしまいますし、就活にはふさわしくありませんのでNGです。

またすっぴんやすっぴんに見えるナチュラル過ぎるメイクもNGですので注意しましょう。メイクをするのは社会人としてのマナーであり、すっぴんで面接に臨んでしまうと身だしなみができていないとしてマイナスの印象を与えてしまいます。就活では濃すぎず、薄すぎないメイクが大切ですので、メイクをしていると分かる程度で、控えめなメイクを心がけましょう。

面接での顔採用には表情や見せ方で対抗しよう

就活では顔採用があるのかどうかと悩む人が多いですが、基本的には顔採用はありません。一部の業界でのみ顔採用は存在していますが、それは稀なケースであり、基本的には顔採用ではなく中身が見られています。しかし顔採用がないからといって、見た目に全く気を遣わなくていいわけではありません。

見た目の印象によって評価が変わることはありますし、身だしなみを整えるなどのマナーは守ることが大切です。また見た目の印象は身だしなみだけではなく、表情でも決まります。どれだけ容姿が良くても、表情が暗ければ印象はよくありません。最も好印象が与えられる表情は笑顔ですので、面接中は常に笑顔を意識して、明るい印象を与えて面接の攻略を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ