ES

【エントリーシートとは何か】履歴書との違いや質問内容など就活の基本を徹底解説

エントリーシートとは何かを知らない学生は多い

企業からエントリーシートの提出を求められることは多いですが、エントリーシートとは何かを明確に理解している学生は少ないです。エントリーシートは履歴書と同様に書類選考で用いられる応募書類です。企業によって提出の有無は違っており、提出が求められる企業もあれば、履歴書だけでOKな場合もあります。

履歴書とエントリーシートの両方が求められる場合もあれば、履歴書は不要でエントリーシートのみの提出を求める企業もあるなどさまざまです。エントリーシートは多くの企業が提出を求めますので、きちんと理解を深めておくことが大切です。企業がエントリーシートを使う目的を知ることが就活攻略の第一歩になりますので、よくある設問や評価のポイントなどを知っていきましょう。

エントリーシートと履歴書の違いとは

エントリーシートについての理解を深めるためには、まずは履歴書とは何が違うのかを知っておくことが大切です。エントリーシートと履歴書はそれぞれ書類選考に必要な応募書類であり、記入する内容も類似するものが多いです。

しかしこれら2つには明確な違いがありますので、上手にアピールするためにはそれぞれの違いを理解しておかなければなりません。履歴書もエントリーシートも就活では必須のものですので、違いを正しく知っておきましょう。

学生の人柄・個性を知るためのもの

履歴書とエントリーシートの違いとしては、企業が知りたい情報が挙げられます。履歴書は学生の能力やスキル、基本的な情報を知るためのものであり、生年月日や住所、連絡先などの個人情報も記載が必要です。対してエントリーシートは学生の人柄や個性を知るためのものであり、自分をアピールする、表現するための内容を記入していきます。

エントリーシートは人柄が深くまでチェックされているので、選考でも重要視されることが多いです。また選考だけではなく、内定度の配属の参考にされる場合もあるので慎重に書き進めなければなりません。内定を獲得できた場合でも、エントリーシートの内容次第で今後の社会人人生が変化する可能性もあるので、その点も理解して作成していきましょう。

企業が自由に設問を選択

企業が自由に設問を選択できることも、履歴書とエントリーシートの大きな違いです。履歴書の場合は設問は固定であり、決まった設問に従って記入していきます。どの業界、企業を受ける場合でも記入する項目は同じですので、慣れれば素早く作成することができます。

対してエントリーシートは企業によって設問が違い、企業ごとに回答を変えなければなりません。履歴書の設問と類似したものも出されますが、それだけではなく企業独自の設問も多いので、早めに作成を開始しておくことが大切です。エントリーシートは学生の人柄などを知るだけではなく、企業に適した人材かどうかを見るためのものでもあります。エントリーシートの内容次第で、企業に適した人材かどうか判断されますので注意しましょう。

企業が配布する

履歴書とエントリーシートでは、配布方法にも違いがあります。履歴書は市販されているものを自身で購入する必要がありますが、エントリーシートは企業が配布するものを使用します。市販はされていないため、企業から受け取るしか入手方法がないので注意が必要です。

配布方法はさまざまで、ネットからダウンロードの場合もあれば、手渡しの場合もあります。ネットからダウンロードであれば問題はありませんが、手渡しの場合は予備がないので、作成前にコピーを取っておくなどの工夫が必要です。また企業によっては説明会参加者のみにエントリーシートを配布する場合もあります。エントリーシートがなければ選考に参加することはできませんので、志望度の高い企業の説明会は必ず参加しておきましょう。

エントリーシートは自己紹介書の意味合いが強い

履歴書とエントリーシートの違いはさまざまありますが、最も大きな違いとしては自分を知ってもらうことが挙げられます。履歴書は基本的な情報を知ってもらうものであるのに対して、エントリーシートは自己紹介書の意味合いが強いので、そのことも覚えておきましょう。

エントリーシートではいかに自分のことを知ってもらえるか、深くまでアピールできるかが重要になります。自己紹介をするためのものと意識しながら作成することが、高評価を得るポイントです。

個性や自分らしさをアピールするのがポイント

エントリーシートは自分がどんな人間なのかをアピールするためのものですので、いかに個性を発揮できるかが重要です。テンプレ通りの表現で書き進めるのではなく、自分の言葉で自分らしさをアピールすることが大切になります。ありきたりな内容では高評価を得ることはできませんので、必ず自分の考えを反映させ、自分の言葉で書き進めていきましょう。

もちろん個性をアピールするからといって、奇をてらった回答はNGです。不真面目に思われないように、就活であることを忘れずにアピールを考えることが大切です。不真面目な印象を与えてしまうと評価は下がりますし、選考でも不利になります。設問には真面目に回答した上で、自分らしさのエッセンスを含めることを意識しておきましょう。

履歴書の内容をさらに詳しく書いたもの

就活では履歴書とエントリーシート両方の提出を求められることも多く、それぞれ設問が共通している場合もあります。この場合はエントリーシートでより詳しく記入することが大切です。履歴書は要約した内容、エントリーシートはそれを深堀りした内容でアピールすることで、より自分のことを深くまで伝えることができます。

履歴書はあくまで基本情報、必要最低限の情報を記入したものですので、詳しく書きすぎる必要はありません。またエントリーシートでもすべてを書ききる必要はなく、簡潔に伝わりやすさを意識しておくことも大切です。履歴書やエントリーシートの内容は面接でさらに膨らませて伝えますので、詳しく書くからといってすべてを無理に記入する必要はありません。

エントリーシートでよくある質問

エントリーシートを攻略するためには、頻出の質問を知っておくことも大切です。エントリーシートの内容は企業によって異なりますが、それでも共通して出されることの多い質問はありますし、それについてはしっかりと考えておきましょう。

エントリーシートの作成は履歴書以上に時間がかかりますが、頻出の質問を押さえていれば、作成時間は大幅に短縮することができます。よくある質問を知り、回答を準備しておくことで効率的に作成していきましょう。

志望動機

エントリーシートでよくある質問としては志望動機が挙げられます。志望動機はエントリーシートでも頻出の問題ですので必ず考えておきましょう。企業によっては履歴書とエントリーシート両方の提出を求める場合もあり、志望動機は2回書かなければならないことも多いです。

この場合履歴書では簡潔に記し、エントリーシートではそこからさらに深堀りしてアピールすることがポイントになります。志望動機は企業への志望度の高さ、仕事への熱意を伝えるものですので、念入りに考えて作成しなければなりません。深掘りされたエントリーシートの志望動機が弱いと、マイナスの評価に繋がってしまう可能性が高いので、記入する際には特に慎重に書き進めましょう。

学生時代に頑張ったこと

学生時代に頑張ったこともエントリーシートでは頻出の質問です。学生時代に何を頑張ったのかを伝えるだけではなく、そこから何を得て、どのように成長したのかをアピールすることが大切です。企業は学生時代にどんな経験をしたのかを聞きたいわけではなく、何を経験してどのように成長したのかを知りたがっています。

経験したことを伝えるだけでは単なる思い出話になってしまい、評価の対象にはならないので注意が必要です。またその経験や学んだ能力、スキルなどが仕事で活かせるとアピールするのが高評価を獲得するためのポイントです。何かを得て成長したとしても、それが企業で活かせなければ意味はありませんので、必ず仕事でどのように活かせるかを絡めてアピールしていきましょう。

趣味・特技

エントリーシートは学生のことを深く知るためのものなので、趣味や特技について問われることも多いです。趣味なども評価の対象であり、そこからどのような個性、考え方、価値観を持っているかなどが見られています。趣味などはただ箇条書きで提示するのではなく、エピソードを付け加えて明確にアピールすることが大切です。

趣味や特技そのもの、あるいはそこから学んだことが、仕事でどのように活かせるかをアピールすると好印象を与えることができます。趣味や特技でも内容や習熟度によっては仕事に活かせる場合が多いですし、取り組む過程で成長できることもたくさんあります。エントリーシートは細部まで見られていますので、趣味や特技も適当に書かないように注意しましょう。

エントリーシートではユニークな項目も多い

エントリーシートではよくある質問だけではなく、企業独自のユニークな質問もありますので、その対策も考えておきましょう。エントリーシートは質問の内容をすべて企業で設定することができるため、他にはないユニークな質問をされることも多いです。

ユニークな質問だからといって、アピールすべきポイントは変わらず、自身の人柄や能力を伝えることが大切です。どんな質問があるのかを知り、上手にアピールする方法を知っていきましょう。

自由記述欄には注意

エントリーシートでは自分を自由に表現できる自由記述欄が設定されていることが多いです。企業の指定さえ守っていれば文字通り自由にアピールすることができますので、自分らしさを発揮しやすい項目だと言えます。ただ自由なアピールが可能ではありますが、自由度があまりに高いため、上手にアピールすることが難しい項目でもあるので注意が必要です。

自由記述欄ではアピールの構成力や自己表現力などさまざまな点が評価されているため、何を記入するのかは念入りに考えておかなければなりません。文字だけのアピールではなく、イラストや図などを作成してのアピールも可能です。どのように記入すれば自分らしさが最も伝わるかを意識して、書き進めていきましょう。

写真を使ってのアピール

企業によっては写真を使って自分を表現するように求める場合もあります。これも企業の指定さえ守っていればどんな写真を使っても自由ですが、ユニークな写真を使えばいいわけではなく、自分自身をきちんと表現できることが大切です。派手で目立つことを意識するのではなく、自分らしさが最も表れる一枚は何かを考えて写真を選んでいきましょう。

また持っている写真から選ぶだけではなく、エントリーシート用に撮影するのもおすすめです。どのような写真を使うか、補足の説明文をどのように付け加えるかによって印象は大きく変わります。写真だけではなく、補足の説明文でいかにアピールするのかも考えておきましょう。

エントリーシートの理解は就活攻略の第一歩

エントリーシートは就活を進める上では避けることのできないものですし、必ず一度は作成しなければならないものです。エントリーシートは当たり前に作成していますが、企業がなぜ履歴書ではなくエントリーシートの提出を求めるのか、その理由を理解できていない人は多いです。就活を攻略するためには細部まできちんと理解することが大切であり、エントリーシートの目的や意味についても知っておく必要があります。

エントリーシートについての理解を深めることでどのように作成すればいいのかが分かりますし、就活の攻略にも一歩近づくことができます。エントリーシートは自身の人柄や能力、個性などをアピールするものですので、それらを意識しながらどうすれば自分らしさが発揮できるかを考え、作成していきましょう。

監修者プロフィール

nkou1213のプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ