面接対策

【面接でプレゼンをする場合のコツ】説得力のあるアピールのポイント

面接ではプレゼンを求められることも多い

面接では面接官が質問し、就活生がそれに回答するという形式が一般的ですが、近年ではプレゼンによるアピールを求められることも多いです。事前に企業からプレゼン面接をおこなうと通知され、プレゼン資料などを作成して選考の臨まなければならない場合もあり、これに悩む人は多いです。

プレゼンに慣れていない人は多いですし、どのように進めていいのか分からない人もたくさんいます。プレゼン面接は難しい選考ですが、事前に準備ができる分、しっかりと対策をおこなえば高評価を得やすい面接です。通常の面接ではテーマを事前に知ることはできませんが、プレゼン面接ではアピールすべきテーマが事前に発表されています。しっかりと対策すれば攻略できますので、事前準備を徹底して合格を目指しましょう。

プレゼン面接のテーマ

プレゼン面接のテーマは企業によって違いますが、テーマとしては自己PRを求められることが多いです。自己PRは通常の面接でも求められる質問ですが、プレゼン面接の場合はより細部まで自分をアピールしなければなりません。しかし細部までアピールしなければならないということは、それだけで自分のことを深く知ってもらえるチャンスであるとも考えられます。

上手くアピールすれば自分のことを知ってもらい、高評価を与えることができます。また自己PRだけではなく、その企業についてがテーマになることもあり、これもプレゼン面接のテーマとしては頻出です。どちらの場合でも自己分析、企業・業界研究が必要であり、事前準備を徹底することがアピール力の向上に繋がります。

あなたの面接力は何点?

今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。自己分析や業界・企業理解、マナーがどの程度身についているのかを試してみることがおすすめです。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、力試しとしてもおすすめです。

企業はプレゼン面接から何を見ているのか

プレゼン面接で高評価を獲得するためには、しっかりと準備をしてから臨むことが大切ですが、それだけではなく評価されているポイントを知ることも大切です。なぜ通常の面接ではなくプレゼン面接をおこなうのか、プレゼン面接では何が評価されているのかを知ることで、より高評価を得やすくなります。

評価のポイントを知っていれば、それに合わせたアピールも考えやすくなりますし。まずは見られているポイントを知って、何をアピールすべきかを知っていきましょう。

論理的思考力

プレゼン面接では論理的思考力の有無が見られています。プレゼンではしっかりと根拠を示しながら意見を主張をすることが求められ、それができているかで思考力が評価されています。論理的思考力は仕事をする上でも重要な能力ですので、これがないと判断されると大幅にマイナスに印象を与えますので注意が必要です。

また、ただ派手に目立てばいいわけではなく、きちんと納得できる内容でアピールすることが大切です。目立った内容でアピールして、面接官の記憶に残ることは大切ですが、それが単なる悪目立ちでは意味がありません。プレゼン面接は目立つことよりも、相手に納得してもらえることが大切ですので、派手さよりもきちんと伝えることを意識して、アピール内容を考えていきましょう。

自己表現力

プレゼン面接は通常の面接とは違って、学生の個性や人柄などを見抜きやすい選考スタイルです。型通りの質問ではテンプレ通りの答えばかりで本質が分かりづらいですが、プレゼン面接で自由なアピールを求めることによって、より深い部分まで知ることができます。自由なアピールからどのような個性、人柄かはもちろん、それらをどのように表現できるかが見られていることも覚えておきましょう。

いかに優れた個性を持っていても、それが相手に伝わらなければ意味はありませんし、高評価を獲得することもできません。プレゼン面接では自己表現力が評価されており、自分らしさを発揮したアピールが大切です。個性をしっかりアピールすることで、高評価を得ることができます。

プレゼン能力

プレゼン面接では、当然プレゼン能力が見られており、上手にプレゼンができていれば高く評価されます。就活生にとってはプレゼンはそれほど馴染みのないものですが、就職すれば仕事でプレゼンをする機会も多いため、現時点での能力が評価されています。プレゼン面接では、基本的には現時点での能力が見られているだけなので、完璧は求められていません。

上手にアピールできれば高評価になりやすいですが、クオリティの高さよりも基本的なことができているか、わかりやすいアピールができているかなどが重要視されています。凝ったアピールになると伝わりづらくなることも多いため、シンプルにまとめてアピールすることが高評価を得るためには大切です。

プレゼン面接の資料の作り方のポイント

プレゼン面接は事前にアピール内容を考えておくことが大切ですが、それは頭の中でまとめるだけではなく、資料としてもまとめておかなければなりません。企業によって指定は異なりますが、プレゼン面接に際して事前に資料の作成を求める企業は多く、資料の作成まで含めて評価されていることがほとんどです。

資料作成の時点から面接は始まっていますので、慎重に作成しなければなりません。資料の作り方にもポイントがありますので、それを踏まえてプレゼン資料を作成していきましょう。

構成を考える

まずは、どんなプレゼンテーションにするべきなのか、構成を考えることから始めます。構成を考えるにあたって、一番初めに決めるべきことは「一番伝えたいこと」を何にするかということです。

軸になる主張を決めて、次になぜそのような考えになったのか根拠を述べるようにします。具体例やエピソードを取り入れて、相手に分かりやすく伝えるような工夫をしましょう。最後に、全体の流れをまとめて結論を述べます。この工程で構成を考えていくと分かりやすいプレゼンテーションができるはずです。

ポイントとしては、何を一番伝えたいかを明確にすることです。たくさんの情報を相手に伝えようとすると、何が一番言いたいのかが分からなくなってしまいます。プレゼンテーションでは簡潔に短い言葉で表すことが大切になってきます。

スライドに情報を詰め込みすぎない

プレゼン面接ではパワーポイントを使用することが多く、スライドを使ってアピールを進めていきます。たくさんアピールしようとひとつのスライドにたくさんの情報を盛り込むのはNGであり、情報が一ヶ所に集中すると見づらく、伝わりづらくなるので注意しましょう。ひとつのスライドにつき、ひとつのメッセージを意識して情報は簡潔に伝えることが大切です。

スライドの数が多くなると、印刷したときの資料の数も多くなりますが、これについては問題はありません。資料が増えることよりも、スライドが見づらくなる方が問題ですので、情報は詰め込みすぎないように注意しましょう。見やすく、わかりやすいことがポイントですので、ぱっと見てそのスライドで伝えたいことが何か瞬時に理解できることが大切です。

文字だけではなく図なども使用する

null

プレゼン資料はパワーポイントで作成することが多いので、パワーポイントならではの特性を活かすことが大切です。文字だけでアピールしてしまう人は多いですが、これでは退屈に感じやすく、印象にも残りづらいです。文字だけではなく図なども適宜使用しながら変化をつけることが大切であり、パワーポイントならではの機能も存分に活かしていきましょう。

図を入れて可視化することでアピール力は高まり、より伝わりやすくなります。パワーポイントであれば図や表などは簡単に挿入できますし、文字だけではなくさまざまなものを使用してアピールすることが大切です。図なども入れすぎると今度はそれが退屈に感じてしまいますので、全体のバランスを見ながら調整しましょう。

文字の大きさにも注意

スライドでは図や表なども挿入しますが、基本的に使用するのは文字が多いです。文字によるアピールがほとんどになりますので、文字の大きさには気をつけましょう。スライドの文字は、小さくなりすぎると見えなくなるので注意が必要です。基本的には20ポイント以上を心がけ、それ以下にならないようにします。

どれだけ素晴らしい内容でも、文字が読めなければ意味がありません。遠くからでも画面の文字が読めるように工夫することが大切です。また、スライド内でも文字の大きさを変えるなど、強調する部分を作ることも心がけましょう。文字ばかりになっていても、大きさや色を変えるなどの工夫で退屈させずに済みますし、より魅力的にアピールできます。

プレゼン面接での上手な自己PRの方法

プレゼン面接のテーマとしては自己PRが求められることも多いですし、その他のテーマであっても最終的には自己PRに繋げることが大切です。プレゼンはアピールするものがいかに素晴らしいかを伝えていくものです。

プレゼン面接であれば、自己PRを通じて自分がいかに優れているのか、企業に適した人材なのかをアピールすることを意識しましょう。プレゼン面接ではどれだけ上手に自己PRできるかが攻略のカギになります。

最初に結論を伝える

プレゼン面接で上手に自己PRをするためには、最初に結論を伝えることが大切です。結論から伝えることで何をアピールしたいのかを明確にして、プレゼンを進めることができます。プレゼンで大切なのは、何をアピールしているのか、何を伝えたいのかを明確にすることです。

最初に結論を提示することで、何のアピールのためにプレゼンをおこなっているのか、その目的を明らかにすることができますし、先入観を与えて上でアピールができます。先入観を与えておくことで自身の魅力をアピールもしやすく、内容もブレにくくなります。最初に結論を述べることで自身の魅力を印象的に伝えることができ、面接官の印象にも残りやすいので、アピールにインパクトを持たせやすいです。

結論を裏付ける根拠を述べる

結論を提示すれば、次にそれを裏付ける根拠を提示していきましょう。いかに結論でインパクトを与えても、続くアピールに説得力がなければ意味がありません。プレゼンではアピールする内容も大切ですが、それ以上に説得力が必要です。どんなアピールでも説得力がなければ相手には伝わりませんし、伝わらなければプレゼンの目的を達成することができません。

上手にプレゼンを進めるためには、明確な根拠を述べて、結論を裏付け、アピールの信憑性を高めることが大切です。根拠は具体的であればあるほど信憑性が増し、説得力を高めることができます。尻すぼみなプレゼンにしないためにも、中盤の内容もしっかりと練り上げておくことが大切です。

企業でどのように活かせるかを述べる。

null

プレゼン面接で上手に自己PRをするためには、アピールした内容と企業の仕事を結びつけることが大切です。自己PRは自身の魅力を提示するだけでは評価されず、アピールした能力が仕事で活かせること、企業に貢献できることが大切です。どんな能力でも発揮できなければ意味がありませんし、企業は自社で活躍できる人材を求めています。

能力をどのように仕事に活かすのか、どのように企業に貢献できるのかを具体的に述べることで、いかに企業に貢献できるかをアピールできます。自分という商品を売り込むつもりで、採用するメリットを細かく伝えることが大切です。自分の魅力を提示し、それが企業にどのようなメリットをもたらすのかを、企業の仕事を交えてアピールしていきましょう。

楽しみながら自分に興味を持ってもらう工夫を

プレゼン面接で高評価を獲得するためには、楽しみながら自分に興味を持ってもらう工夫をすることが大切です。通常の面接とは違って、プレゼン面接では高い自由度でアピールができますし、その特性を活かしてアピールを進めることが大切です。例えば一般面接の場合、長所を表現するエピソードはせいぜい1つですが、プレゼン面接であれば複数のエピソードを少しずつアピールすることもできます。

複数のエピソードを複数のスライドに分けて、相手を発表に引き込む工夫をするなど、少しの工夫で面接官に興味を持ってもらうことができます。プレゼン面接では、いかに相手を引き込めるかが重要ですので、楽しんでもらえるような工夫を考えながら、アピール内容も検討していきましょう。

与えられた時間を守る

プレゼンテーションで最も大切なことのひとつに、「時間を守る」ということが挙げられます。あらかじめ決められた制限時間内に、プレゼンテーションを終えることが重要となってきます。時間を大幅にオーバーしてしまうと、マイナス評価の対象となってしまうこともあります。

本番前の練習で時間の配分にも十分に気を配り、何分でどの辺りまで進めていけばいいのかを、あらかじめ決めておきましょう。本番と同じように最初から最後まで通しで練習をしてみて、制限時間内に終わらせられるのか、きちんと確認しておく必要があります。

もし時間が足りなそうだったら、大事なポイントだけはしっかりと伝えるようにして、無駄な部分は削るなどの工夫をしましょう。練習通りにいかないこともありますが、臨機応変に対応できるかどうかも面接官はチェックしています。

プレゼン面接は話し方も重要

プレゼン面接を成功させるためには、事前の準備を欠かすことはできませんが、本番での振る舞いにも注意が必要です。いかに完璧な準備をして、最高の資料、最高のアピール内容を考えていたとしても、当日のアピールが上手くいかなければ高評価を得ることはできません。

プレゼンは事前の準備に加えて、当日での発表も重要であり、特に話し方には注意が必要です。同じ内容でも話し方次第で与える印象は変わりますので、好印象を与えるためにはどんな話し方を心がければいいのかを知っておきましょう。

面接官と目を合わせて話す

プレゼン面接では面接官と目を合わせて話すことを心がけましょう。手元に資料を持ちながらアピールできる場合が多いですが、原稿を読みながらのアピールでは伝わりづらいですし、好印象を与えることができません。面接官の目を見ながら、会話をするように伝えることが大切です。

また、ただ原稿を読んでいるだけでは聞いている方は退屈に感じてしまうので、その場の雰囲気に合わせて言葉を変えるのもポイントです。原稿を読むのではなく、自分の言葉で伝えることで、より個性をアピールすることができます。原稿はあくまでアピールの流れを確認するためのものであり、基本的には見ないようにしましょう。アピールの要点を覚え込み、原稿を見ずにアピールできるのがベストですので、事前にしっかりしっかり練習することも大切です。

身振り手振りも重要

プレゼンではいかに情報を伝えられるかが大切であり、一挙手一投足からも情報を伝えていくことで好印象を与えることができます。プレゼンの資料や話す言葉だけではなく、身振り手振りも加えながら情報を伝えていくことで、アピール内容はより伝わりやすくなります。

身振り手振りを加えることで、面接官に話しかけているようにも感じられ、コミュニケーションを取ろうとしている姿勢が評価されることも多いです。プレゼンでは聞き手とコミュニケーションを取ることが大切であり、アピールを通していかに距離を縮められるかが重要になります。聞き手を無視して一方的にアピールするのではなく、コミュニケーションを意識しながら、相手に訴えかけるようにアピールしていきましょう。

口癖に注意する

プレゼンテーションでよく見られるのが、文章と文章の間につい口にしてしまう「あー」「えー」「あのー」などの口癖です。次の言葉が出てくるまでに無意識で使ってしまうことが多いですが、時間のロスにもなりますし、頻繁に出てくると自信がないような印象を受けてしまいます。なるべく抑えるように意識しましょう。

他にも、「一応」「要するに」「それによって」などの言葉を、プレゼンテーションの内容と関係ないのによく使ってしまう人もいます。プレゼンテーションの予定がある場合は、事前に発表の練習をしておきましょう。自分ではなかなか気付かないものなので、友人や家族などにお願いして客観的に見てもらい、口癖が出てないかチェックします。スマートフォンで、自分のプレゼンテーションを録画し後からチェックするのもよい方法です。

プレゼン面接は事前準備で上手くいく

null

プレゼン面接を求める企業は増えており、慣れていない学生は戸惑ってしまうことも多いです。プレゼン面接は通常の面接とは勝手が違いますし、事前に資料を作成するなどきちんと準備してから臨まなければなりません。しかし面接前に準備をするのは通常の面接でも同じことですし、準備のやり方が違っているだけで、やるべきことは同じです。

きちんと準備さえしていれば、プレゼン面接は怖いものではありませんし、準備次第で合格率はいくらでも高めることができます。社会人になればプレゼンをおこなう機会も多いですし、就活生のうちから能力を身に付けておけば、将来必ず役に立ちます。プレゼン面接のポイントを知り、念入りな準備で臨むことで攻略を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ