インターン

【インターンのお礼状】宛名の書き方や書くべき内容をご紹介

インターンのお礼状は宛名から工夫する

インターン終了後は企業にお礼状を送ることが大切であり、お礼状は宛名からしっかり工夫して書かなければなりません。お礼状は感謝の気持ちを伝えるためのもので、比較的自由に書けますが、最低限のマナーは守る必要があります。

宛名や内容の書き方にはさまざまなマナーがありますので、それらを守って作成することが大切です。マナーを守って作成することで、より好印象を与えることができますし、選考でも有利になる可能性が高いです。

反対に書き方を間違えてしまうと、せっかくお礼状を送ってもプラスに働かない可能性もあります。お礼状を送るなら少しでも好印象を与えることが大切ですので、宛名から工夫して作成し、好印象を与えていきましょう。

インターン後に出すお礼状の宛名の書き方

インターン後のお礼状は宛名から工夫が必要ですが、宛名には何と書けばいいのか分からず困っている人は多いです。宛名の書き方にはルールやマナーがありますし、それを守って書くことが大切です。

お礼状の宛名は単に企業の住所を書けばいいわけではありませんし、誰に宛てて送るのかを明確にしておく必要があります。その時々の状況によって宛名の書き方は違ってきますが、基本的な書き方をマスターしてどんな場合でも対処できるようにしておきましょう。

担当者宛のお礼状

選考でお世話になった人事部の方や、メールなどで連絡をしていた担当者がいれば、個人宛にお礼状を送ることもあります。採用担当者宛にお礼状を出す場合には、宛名を書く際に相手の氏名の下に「様」をつけるのが一般的な書き方となっています。

まず一行目に、「会社名」「部署名」を書きます。改行して二行目に、「役職」「担当者名(フルネーム)」「様」という順番で書きましょう。規模の小さい企業などで社長宛にお礼状を送る時は、「社長(フルネーム)様」という形で書くようにします。「社長」や「代表取締役」などは役職となりますので注意してください。例としては、「株式会社〇〇 人事部(改行)課長(フルネーム)様」となります。

会社または部署宛のお礼状

特に特定の採用担当者がいない場合は、企業や部署宛にお礼状を書くことになります。会社宛や部署宛にお礼状を出す場合には、宛名に「御中」という表現を使うのが一般的となっています。個人宛の時とは異なるため、気を付けましょう。

最初に「会社名」または「部署名」を書き、その下に「御中」をつけます。企業名、部署名をすべて一行に収めようとすると長くなってしまうこともありますので、その場合は無理に書く必要はありません。長すぎて不自然になる場合には、改行して二行目に部署名を書くようにしましょう。

また、企業名と部署名の両方を書く場合、「御中」を両方につける必要はありません。「株式会社〇〇 人事部御中」のように部署名だけに付けるようにします。

あなたのマナー力は何点?

今の時点で、あなたのマナー力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「マナー力診断」です。「身だしなみ」「電話・メール」「エントリーシート・履歴書」などのマナーがどの程度身についているのかを試してみましょう。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。無料でダウンロードできるので、力試しとしてもおすすめです。

インターンのお礼状に書く内容

インターン後にお礼状を書く場合は、記入する内容にも工夫が必要です。宛名はもちろん見られていますが、それ以上に内容はじっくりと読まれることが多いですし、どんな内容を記入するかによって与えられる印象は変わります。

内容次第で感謝の気持ちも伝わり方が違ってきますし、より感謝の気持ちを強く伝えるにはどうすればいいかを考えることが大切です。記入すべき内容を理解して、上手にお礼状を書きあげていきましょう。

インターンへの感謝

お礼状は感謝の気持ちを伝えるためのものなので、感謝の気持ちを伝えることが大切です。感謝の言葉は一度だけで伝えて終わりにするのではなく、文中で繰り返し何度も伝えることで丁寧に伝えていきましょう。

ポイントは最初と最後に感謝の言葉を述べることです。序盤で感謝の気持ちを述べ、最後の結びでまた感謝の気持ちを述べることで、文章全体で感謝を表している印象を与えることができます。

もちろん文中で何度もお礼を伝えることは大切ですが、特に最初と最後を意識してお礼の言葉を述べておくことが大切です。お礼状では丁寧にお礼の言葉を述べ、いかに企業への感謝の気持ちが強いかをアピールすることが大切ですので、お礼は何度でもしておきましょう。

インターン中に学んだこと

お礼状ではインターンで学んだことや感想などを伝えることも大切です。学んだことや感想などを細かく伝えることで、真剣な気持ちでインターンに参加していたことが分かり好印象を与えやすくなります。

また何を学んだのかを明確にしておくことで、感謝の気持ちも伝わりやすく、より印象が良くなりやすいです。お礼状では感謝の言葉を何度も述べますが、ただお礼の言葉を書き連ねるだけでは気持ちは伝わりづらいです。

何を学んだのかを提示し、それに対して感謝の気持ちを伝えることで、何に対して感謝なのかが分かりやすく、より気持ちが伝わりやすくなります。インターンの感想などは企業にとっても貴重な情報ですし、学生目線から見て何がためになったのかを記入しておきましょう。

選考への意欲

インターンは選考を有利に進めるためのものなので、お礼状では選考への意欲の高さをアピールすることも大切です。インターンの経験から企業への志望度の高さが高まったことを伝えれば、さらに好印象を与えることができますし、説得力もあります。

ただ企業への志望度が高いと述べるだけでは、アピールに信憑性がありませんが、インターンを経験し、企業について理解が深まっていればアピールの信憑性も上がります。インターンで好印象を残しておけば、選考も有利に進められる可能性が高いですし、選考前に少しでも好印象を与えておくことが大切です。

企業への志望度の高さは選考でも重要視されているポイントですので、お礼状でしっかりアピールしておきましょう。

インターン後はお礼メールでもOK

インターン後に少しでも印象を良くするためにはお礼状は必須ですが、これはお礼メールに代えても構いません。お礼状は基本的には手書きで、手紙の形式で送るもので、お礼メールはメールで企業への感謝の気持ちを伝えるものです。

それぞれ形式は違いますが、感謝の気持ちを伝えるという点では共通していますし、メールで送ったからといってマイナスの印象を与えるわけではありません。手書きで書くのは手間もかかりますし、時間に余裕がなければお礼メールを選びましょう。

お礼メールで素早く感謝の気持ちを伝えることも大切

インターン後のお礼は、インターンが終わってすぐに伝えることが大切です。お礼の気持ちはすぐに伝えることで採用担当の印象に残りやすいため、当日中か翌日までには送る必要があります。

お礼状だと送ってから企業に届くまでに時間がかかってしまうため、より印象を残すためには素早く送れるお礼メールも効果的です。お礼状は手書きになるため、感謝の気持ちや人柄などを伝えやすいですが、お礼メールだからといって感謝の気持ちが伝わらないわけではありません。

お礼メールでも文面さえきちんと工夫していれば好印象を与えることはできます。お礼メールにはお礼状にはないメリットがありますので、どちらかに固執するのではなく、状況に応じて使い分けることが大切です。

お礼メールの後にお礼状を出すのもよい

インターン後により好印象を与えるためには、お礼メールを送った後にもお礼状を送ることが大切です。お礼メールで素早く感謝の気持ちを伝え、その後お礼状を送ることでより丁寧な印象を与えることができます。

お礼状は手書きで書くのが主流なため、丁寧さを伝えやすく、高評価が得られる可能性も高いです。お礼状だとポストに投函してから企業のもとに届くまで2~3日程度かかってしまいますし、メールと併用して送るのがおすすめです。

お礼メールでは感謝の気持ちを簡潔に述べ、お礼状ではより詳細まで記入し、丁寧に感謝の気持ちを述べていきます。両方送ることで採用担当者の印象にも残りやすいですし、選考で有利になる可能性も高いです。

お礼状の例文

○○株式会社 人事部採用担当チーム御中

拝啓、時下貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
先日はインターンシップに参加させて頂き、誠にありがとうございました。実際に貴社の業務を経験することで、仕事への理解が深まり、さらに貴社で働きたいという気持ちが強くなりました。
また○○様の仕事への心構えのお話が大変印象深く、身が引き締まる思いでした。貴社選考に向けて努力を重ねる所存ですので、何卒宜しくお願い申し上げます。

取り急ぎ感謝の気持ちをお伝えしたく、お便り差し上げました。
末筆ではございますが、貴社益々のご活躍をお祈り申し上げます。敬具

お礼状では最初に宛名を書きますので、分かる範囲で詳細まで書きましょう。また手紙の形式になりますので、最初に拝啓、最後に敬具で締めます。書き出しでは時節のあいさつが必要であり、これは時期ごとに変えなければなりません。
オールシーズン使える時下がおすすめですので、覚えておきましょう。本文ではインターンへのお礼、学んだことや印象に残ったことなどの感想、選考への熱意を記入します。最後に締めのあいさつをして、敬具で締めとなります。

お礼状で注意するポイント

null

宛名や名前の書き方のほかにも、お礼状を書く際に注意すべきポイントをいくつか紹介します。間違えた場合には新しい便せん・封筒に書き直す、例文をそのまま使わないようにする、提出書類がある場合は同封する、お礼状では「貴社」という言葉を使うようにする、など社会人として守るべきマナーとなっていますので、お礼状を送る際に参考にしてみてください。

お礼状の内容で採用の合否が変わることはありませんが、良い印象を与えるためにも細かな気配りを忘れないようにしましょう。それぞれ詳しく解説していきますので確認してみてください。

間違えたら新しい便せん・封筒に書き直す

お礼状を書く際には、他の書類と同様に誤字脱字に十分注意しましょう。どれだけ気をつけていても、間違ってしまうことはありますので仕方ありません。もし誤字脱字に気付いたら、修正ペンや修正テープで文字を消すのではなく、必ず新しい便せんや封筒に書き直すようにしましょう。

履歴書やエントリーシートでも、修正テープを使うのはNGです。後から見てもすぐに間違いがあったと分かります。本選考で書類に修正テープを使っていると、落選になってしまうこともあります。

特に、企業の会社名や担当者の名前を間違えることは大変失礼です。書き終えたら、必ずもう一度読み返してチェックするようにしてください。他の人に誤字脱字がないか確認してもらうのも良い方法です。

お礼状の例文をそのまま使うのはNG

インターネットや就職に関する本には、お礼状の例文が数多く掲載されています。どのような文章にしたらいいか分からない場合は、参考にするのも良いのですがそのまま写すのは絶対にやめておきましょう。

企業の採用担当者は、これまでにたくさんの就活生と接している人事のプロです。就職に関する本やインターネットの内容も把握していると考えられます。なかには例文の文章をそのまま使っている人もいるため、同じような内容だとすぐにみつかってしまうでしょう。 そのまま例文を使っていると、不自然であまり良い印象になりません。

企業にお礼状を書くなら、自分だけのオリジナルの文章を書いて感謝の気持ちを伝えることが大切です。例文のように綺麗にまとまった文章が書けなくても、あなたの正直な想いが伝わる方が好印象となるでしょう。

提出書類がある場合は同封する

インターンシップ終了後には、企業へ感想文やレポートなどの書類提出が必要となることもあります。特に、大学プログラムでのインターンシップや、自治体・市役所・公務員や医師などのインターンでよくあるケースです。お礼状を送る際には、提出するべき書類を一緒に同封しましょう。

まとめて送る場合には、クリアファイルを使い、書類とお礼状をA4サイズなど少し大きめの封筒に入れるようにしておきましょう。提出書類の準備に時間がかかりそうな場合は、お礼状だけ先に送る方が無難です。 お礼状は早めに送付する方が採用担当者にも良い印象となりますので、提出物は準備が出来次第、後から送っても構いません。必要な書類の提出期限も必ず確認し、遅れないように早めに送るようにしましょう。

お礼状では「貴社」を使う

ビジネスシーンでは、先方を表す時に「貴」をつけることが一般的です。相手に対して尊敬の意味を示すものとなりますので、お礼状でも「貴社」のように使用します。団体によって敬語の表現も異なりますので注意してください。

有限会社や株式会社などは「貴社」、銀行は「貴行」、NPO法人や団体組織は「貴法人」「貴団体」、法律事務所などは「貴事務所」、市役所や区役所は「貴役所」、官公庁は「貴庁」「貴省」となります。

お礼状を送る相手がどのような団体なのかも、事前にしっかりと確認しておく必要があります。また文章を書く際には「貴」を使いますが、会話の口語表現では「御社」のように「御」を使います。混同しないように注意しておきましょう。

インターン後はお礼状で効果的に好印象を与えよう

インターン後はお礼状を出しておくことが大切であり、感謝の気持ちを伝えることで好印象を与えることができます。もちろんお礼状はただ出せばいいわけではなく、きちんと書き方のマナーを守って作成することが大切です。

せっかくお礼状を出しても、書き方を間違えしまうと好印象にはなりませんし、場合によってはマイナスの印象を与えてしまうので注意しましょう。お礼状は必須のものではありませんが、送ることで採用担当者の記憶に残りやすくなりますし、選考でも有利になる可能性が高いです。

インターンでの印象は選考にも影響することが多いですし、しっかり好印象を与えておくことが大切です。お礼状は正しい方法で作成し、好印象を与えて就活を有利に進めていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ