面接対策

【人生で一番辛かったことの答え方】ポイントを例文付きでご紹介

人生で一番辛かったことは頻出の質問

就活では人生で一番辛かったことについて聞かれることがあります。エントリーシートで問われることもあれば、面接で聞かれることもありますし、何を答えるのかをしっかりと考えておかなければなりません。

人生で一番辛かったことを伝えても、マイナスの印象を与えるだけなのではないかと心配する人は多く、確かに伝え方次第では悪印象を与えてしまうことも多いです。辛かった経験はネガティブなものになりやすいですし、エピソード内容によっては悪目立ちするだけで終わることもあります。

しかし、それも伝え方次第であり、工夫してアピールすれば好印象を与えることは可能です。人生で一番辛かったことはアピールの内容と伝え方が大切ですので、それぞれのポイントを知っていきましょう。

なぜ人生で一番辛かったことを聞くのか

人生で一番辛かったことの質問に対して上手に回答するためには、そもそもなぜこの質問がされるのか、その理由を知っておくことが大切です。面接官は単に就活生の苦労話を聞きたいわけではありませんので、辛かったことそのものが問われているわけではありません。

エピソードそのものではなく、どのような内容でアピールしているのか、伝えているのかによって評価が決定します。どのように評価をしているのか、まずはその基準を知っておきましょう。

失敗から立ち直れるかを知るため

就活で人生で一番辛かった経験を聞くのは、失敗から立ち直れるかを知るためです。辛かった経験を聞き、それをどのように克服したのかで失敗から立ち直れるメンタルの強さがあるかを見ています。

失敗をするのは当たり前のことであり、避けられない失敗もたくさんあります。特に仕事をしていれば失敗するシーンはたくさんあるため、それらに出くわした時にしっかりと立ち直れるかが大切です。

失敗してそのまま仕事を辞めてしまう人は少なくありませんし、社会人として厳しい環境でもやっていけるかが見られています。社会人になりたててであれば失敗することも多いですが、失敗そのものはそれほど咎められません。失敗は仕方がないもの大目に見てもらえますので、それよりも立ち直れるかどうかが重要視されています。

失敗から学べるかを知るため

失敗から学べるかを知ることも、人生で一番辛かったことについて聞く理由のひとつです。失敗を失敗のまま終わらせるのではなく、そこから学び、次に繋げることが大切です。辛いことをどのように受け止め、学んだのかによって成長意欲の高さが見られています。

就活において成長意欲は重要視されているポイントですし、特に新卒の就活においては最も重要なポイントといって過言ではありません。新卒は社会人経験がないため、現時点での能力よりも就職後の成長力やポテンシャルを重視して採用することが多いです。辛かったことからでもきちんと学び、成長意欲が高いかによって評価されています。

どのようなことを辛いと感じるかを知るため

辛いと感じた経験で、学生のストレス耐性を見ています。何を辛いと感じ、ストレスを感じるかは人によって違いますし、ある人にとっては他愛のないことでも、ある人にとっては耐え難い苦痛ということもあります。

ストレス耐性の有無や何にストレスを感じやすいのかを知ることで、学生の個性や人柄、本質的な部分を見抜こうと考えていますので、正直に答えることが大切です。辛かったことを誤魔化したり、嘘のエピソードで答えたりすると、ストレス耐性などが正しく伝わらず、ミスマッチをおこしてしまう可能性があります。

自己分析ツールで「人生で一番辛かったこと」の回答を完成させよう

「人生で一番辛かったこと」はあなた自身を深堀りする質問。上手く答えるには、自己分析を通じて、「あなた自身」を深く理解する必要があります。

そんな時に便利なのが、無料の自己分析ツール「My analytics」です。

36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み・性格のタイプを診断できます。

My analyticsを活用して、自分を深く理解し、面接官を唸らせる回答を完成させましょう。

人生で一番辛かったことを伝えるポイント

人生で一番辛かったことの質問は、アピール次第で好印象を与えることができます。上手にアピールするためのポイントがありますので、それを踏まえて伝えることが大切です。同じ内容でもどのように伝えるかによって印象は変わりますし、評価も違ってきます。上手なアピール方法をマスターしましょう。

挑戦して失敗したことを伝える

人生で一番辛かったことを上手に伝えるためには、何かに挑戦し、失敗した経験をアピールすることが大切です。自ら行動した結果、失敗した内容でアピールすることを意識しましょう。

自分の意思に関係なく、外的な要因で失敗したことや辛かったことをアピールしても、評価されづらいことが多いです。避けられないトラブルについて話すのではなく、自分で行動した結果失敗した、辛い経験をしたことを伝えることが大切です。

自分以外によってもたらされた辛い経験は、ただの苦労話に聞こえてしまいますし、避けられない理由であれば挽回のしようもありません。トラブルに巻き込まれただけの話では高評価を獲得することはできませんので、自分が主体的に動いた結果、辛い思いをしたことでアピールしましょう。

辛いこととどのように向き合ったのか

辛いことを経験し、それとどのように向きったのかを明確にすることも大切です。辛いこととの向き合い方によって、物事への対処の姿勢などが見られていますし、問題を解決する方法は人によって違い、これにも個性が表れます。

辛いと感じることが人によって違うのは当然のことですし、他の人と差別化を図るためにも個性を発揮してアピールすることが大切です。自分なりの向き合い方や対処方法などを伝えることで、個性をアピールしつつ、問題解決力の高さなども伝えることができます。

問題を解決するためにどのように考え、何をしたのか、その結果どのような結果が生まれたのかをアピールすることを意識しましょう。他の誰かに指示されたことではなく、自分で考え行動したことでアピールすることが大切です。

克服することで何を学んだのか

辛かったことを経験し、それをどのように克服したのかだけではなく、克服したことで何を学んだのかも伝えていきましょう。辛い経験から学んだことを伝えることで、成長意欲の高さをアピールできます。

どれだけ辛い経験でも、しっかりと向き合っていれば学べることはたくさんあるはずです。学びがあることで辛いことからも逃げずにきちんと向き合っている姿勢が分かりますし、これも好印象です。

辛いことや失敗を克服して学び、それが自分の中でいかに糧になっているかを意識してアピールしましょう。辛かった経験だけを伝えると暗い印象を与えがちですが、それをしっかり克服して自分のためになっているとアピールできれば一転して明るい印象になります。

人生で一番辛かったことを伝える際の注意点

人生で辛かったことを伝える場合、伝え方によってはそれひとつでアピール全体が台無しになってしまうこともあります。注意点もきちんと理解して、マイナスの印象を与えないようにしましょう。

苦労話を伝えるだけにならない

人生で一番辛かったことを聞かれれば、どのようなことを経験し、辛いと感じたかをアピールしますが、単に苦労話を伝えるだけにならないよう注意が必要です。辛かった経験を話すだけでは評価の対象にはなりませんし、暗いイメージを与えてしまい、マイナスの評価になる可能性もあります。

どのような経験をし、それがどのように辛かったのか、その辛かったことに対してどのように対処したのかをアピールすることが大切です。企業が知りたいのは単に辛かった経験の内容ではなく、その経験に出くわしたときにどのように対処したのかです。

辛かった経験を披露するだけでは高評価にはなりませんし、質問の意図が理解できていないと判断される可能性もあるので注意しましょう。

辛かったことのレベルにも注意

基本的にはどんな経験も自身が辛いと感じていれば取り上げられますが、あまりにもレベルの低いものでは評価の対象にはなりません。たとえば学校に遅刻して先生に叱られて辛かった、財布を落としてしまい辛かったなど、あまりにもレベルの低いものはアピールしないようにしましょう。

問われているのは人生で一番辛かったことですし、しっかり探せばこれらよりも辛い経験があるはずです。あまりにもレベルが低いものを伝えてしまうと、しっかり考えていない、就活に真剣に向き合っていないなど、就活に対する意欲も疑われてしまいます。

自分の人生を思い返して、最も辛かった経験をアピールすれば、採用担当者の印象にも残りやすいので、きちんと振り返り、本当に辛かったことを伝えましょう。

克服できていないことはNG

評価されるためには人生の中で最も辛い経験をピックアップして伝えることが大切ですが、克服できていないことはNGです。どれだけインパクトのある話でも、それが克服できていなければ評価はされないので注意しましょう。

企業はどのような辛い経験をし、苦労しているのかを知りたいわけではなく、どのように克服したのかを知りたがっています。克服できていないことを伝えてもアピールにはならず、失敗を引きずっている印象を与えてしまい、評価を下げられる可能性があるので注意が必要です。

辛かったことは克服できていることが大前提であり、いまだに引きずっているものはアピールしないようにしましょう。人生で一番辛いことが克服できていないなら、克服できた別のエピソードを伝えても構いません。

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

今年の就活は、web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

人生で一番辛かったことから何を学んだのかも重要

人生で一番辛かったことは、きちんと克服できていることが大切ですが、克服しただけではなく、そこから何を学べたのかも重要視されています。辛い経験をしっかり乗り越えるのは大切なことですが、綺麗さっぱり忘れているのでは高評価を獲得することはできません。

辛い経験からは学べることがたくさんありますし、そこから何を学び、どのように成長したのかも見られているポイントのひとつです。学んだことも提示しながらアピールすることで、より高評価を獲得しやすくなります。

企業で活かせることが前提

辛かった経験から学びがあることは大切ですが、より評価されるためには学んだことが企業で活かせることが大切です。どれだけ素晴らしい学びがあっても、それが企業で活かせなければ評価はされないので注意が必要です。

就活では企業でいかに活躍できるか、企業に貢献できるかが重要視されているため、前提として企業で活かせることのアピールが求められています。どんな質問も最終的には企業で役立てられるか、貢献できるかに帰結するため、実際の仕事とリンクさせてアピールすることが大切です。

辛かった経験からも学べることで成長意欲の高さはアピールできますが、学んだことが企業の仕事とは関係のない的外れなものだと企業研究不足と思われるので注意しましょう。

仕事での活かし方を具体的に提示する

学んだことが企業で活かせることを述べれば、実際の仕事でどのように役に立つのかを具体的に提示することが大切です。仕事での活かし方や再現性の高さを具体的にアピールすれば、企業で働く姿をイメージさせることができ、好印象を与えやすくなります。

仕事での活かし方を明確に伝えることができれば、企業研究ができていることも伝わり、志望度の高さのアピールにも繋がります。提示した能力がいくら企業の仕事で役に立つと述べても、それが面接官に納得してもらえるものでなければ意味はありません。

企業に貢献できる、仕事で活躍できると口で言うだけなら誰でもできます。大切なのは説得力ですので、本当に活躍できることを伝えるためにも、具体性を重視して根拠を示しながらアピールしていきましょう。

人生で一番辛かったことを伝える例文

人生で一番辛かったのは、大学の部活で最初から1軍に入れなかったことです。私は小学校からサッカーをしており、高校ではインターハイにも出場し、実力には自信がありました。しかし、大学では1軍に入れず、3軍からのスタートになりました。自信がなくなることもありましたが、悔しさをバネに練習に取り組み、弱点だったフィジカルの強化も行うことで2年のときに1軍に昇格し、以降ずっとレギュラーで活躍しました。私はこの経験から自分のことを客観視し、見つめ直す大切さを知りました。御社でも広い視野で物事を捉え、自分の能力を確認しながら少しずつ出来ることを増やし、担当出来る営業先を増やして活躍考えています。

例文では部活で最初から1軍に入れなかったことが述べられています。過去の経験から自信があったものの、大学レベルでは認められず、悔しい思いをしたことが伝えられています。

ただ悔しがっているだけではなく、1軍に上がるための努力も伝えられていますし、自身の弱点ときちんと向き合えているのは好印象です。経験から得たものを提示して企業で活躍できると具体的にアピールできています。

辛かった経験が社会人として活躍する糧になる

就活では一番辛かった経験について聞かれることも多く、どのように回答するのかはしっかりと考えておかなければなりません。ただ経験を伝えるだけでは苦労話をするだけで終わってしまいますし、マイナスの印象を与えてしまいます。

上手にアピールするためには、どのような経験をし、そこからどのように立ち直り、何を得たのかを伝えることが大切です。辛い経験は成長するための糧になるものですし、成長できたことを伝えられれば、好印象を与えることもできます。

辛いことから何かを学べることで、成長力の高さが伝わりますし、それは社会人にとっては欠かせないものです。過去の辛い経験は社会人として活躍するための糧になりますし、上手に伝えて企業で活躍できることをアピールしていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ