面接対策

【将来の自分の答え方】就活生がキャリアプランを答えるコツと例文

将来の自分を思い描けていない人は多い

将来の自分をきちんと思い描けていない人は多く、就活が難航してしまっている人は多いです。就活をスムーズに進めるためには、将来自分がどのように成長したいのか、どんな仕事をしたいのかを明確にする必要がありますし、具体的な目標を持つことが大切です。

将来の自分ついては面接で聞かれることもあるため、きちんと答えるためにも考えておかなければなりません。将来の自分について明確なビジョンがあることで、就活をよりスムーズに進められますし、理想とする仕事も見つけやすいです。

就活は自分の将来を決める大切なものですし、失敗しないためには明確な目標を持って取り組まなければなりません。将来の自分についてしっかりと考え、就活の成功を目指しましょう。

面接官が将来の自分について質問する意図

面接では将来の自分について聞かれることが多く、これにどう答えるかによって与えられる印象は違ってきます。上手に答えられれば好印象ですし、失敗すればマイナスの印象を与えて評価も下げられてしまいます。

高評価を獲得するためには、面接官がなぜ将来の自分について聞くのか、その理由を知っておくことが大切です。面接の質問には意図があるため、それを読み取って何が評価されているのかを知っていきましょう。

目的意識を持っているか

将来の自分についてきちんと答えられるかで、物事に対してきちんと目的意識がが持てているかどうかが見られています。仕事はただこなすだけではなく、目的意識を持って取り組むことが大切です。

意欲的に取り組まなければ成功することはできず、仕事でも活躍できません。ただ作業として仕事をこなすのではなく、きちんと目的意識を持って仕事に取り組み、活躍できる人材を企業は求めています。仕事で活躍し、企業に貢献できるかどうかを見極めるためにも、将来の自分について質問し、目的意識の有無をチェックしています。

企業での成長意欲はあるか

null

企業での成長意欲があるかどうかも、将来の自分から見られているポイントのひとつです。将来の自分は企業で働く自分の姿をイメージして答えるものであり、明確なイメージを持つことができていれば、それだけ企業で働く姿がイメージできているということです。

企業で働く姿がイメージできている=企業への志望度が高く、仕事への熱意が高い証拠でもあるので、成長意欲は重要視されています。反対に企業で働く姿をイメージできていなければ、成長意欲が低いと判断されるので注意しなければなりません。場合によってはそれだけで大きくマイナスの印象を与え、不合格になってしまうこともあります。

新卒では成長意欲は重要視されているポイントですので、将来の自分について答える際には、内容に注意が必要です。

企業のキャリアプランと合致しているか

企業で活躍し、成長するためにはキャリアプランを持っておくことは大切ですが、それが企業が考えるものと一致していなければ意味はありません。個人によってそれぞれキャリアプランはありますが、企業にも企業が考える方針があります。

採用活動は採用が決定すればそれで終わりではなく、就職後の成長についても考えられていますので、その点についても理解しておかなければなりません。学生がアピールする将来の自分が、企業が考える方針と一致しているかが見られており、企業との相性がチェックされています。

企業との相性が悪いと判断されれば、マイナスの評価になるので注意が必要です。能力が高くやる気があっても、相性が悪いと企業で活躍するのは難しいと判断されます。

あなたの面接力は何点?

キャリアプランを考え始めている人は、面接準備がはかどっているのではないでしょうか?面接は事前準備が重要ですが、現時点での面接力を診断することで、より念入りな対策を進めましょう。そこで活用したいのが「面接力診断」です。

自分の弱点を把握するとともに、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で確認できます。内定を獲得するためにも、バランスよく面接に必要なスキルを身につけておきましょう。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

将来の自分を考えるために必要なこと

就活を攻略するためには、将来の自分についてきちんと考えておくことが大切ですが、それが上手くできずに困っている人は多いです。将来の自分を考えてみても、非常に漠然としていますし、何から考えればいいのかわからないと感じている人もたくさんいます。

将来の自分を考えるためには、事前にやっておくべきことがたくさんあります。事前準備がきちんとできていなければ上手く考えることは難しいので、事前に何をすべきなのかを知っておきましょう。

自己分析

将来のキャリアプランを考えるためには、まずは自己分析を徹底しておこない、現在の自分について知っておくことが大切です。今の自分はどのような人間なのか、仕事に対して何を求めているのかを知っておく必要があります。

現在の自分を正しく理解し、その上で将来何を目指すのか、どのように成長していきたいのかを考えていきます。今の自分を知らないことには、将来目指すべき自分を設定することはできません。

今の自分が将来に繋がることを意識して、どのような道のりで将来の目標を達成するのかを考えていくことが大切です。現状を正しく把握しておくのは大切なことですので、自己分析を徹底しておこない、自分自身への理解を深めてから将来についても考えていきましょう。

業界・企業研究

将来の自分とは企業における将来像なので、業界・企業研究をしっかりとおこない、仕事への理解を深めておくことが大切です。どのような仕事があるのか、自分にもできるのかが理解できていなければ、明確なキャリアプランを設定することはできません。また企業の仕事だけではなく、業界全体の動きなどにも注目が必要です。

業界の動きを把握し、将来性なども踏まえてキャリアプランを設定することが大切です。将来性のないもの、今後衰退するものを将来の目標に定めても意味がありませんし、それでは業界・企業研究ができていないと思われてしまいます。業界の動きについても把握した上で、企業の仕事や特徴などを理解し、それらを総合して将来の自分を考えていきましょう。

ワークライフバランスの設定

就活で聞かれる将来の自分は、企業におけるキャリアプランですが、自分の中で決める上では、ワークライフバランスについても考えておくことが大切です。仕事とプライベートのバランスを決めた上で、無理なく将来のキャリアプランについても設定していくと上手く考えやすくなります。

仕事をバリバリこなすことも大切ですが、ライフスタイルが変わればプライベートに時間が必要になることも増えます。そのため自分の中でどの程度なら達成できるかを決め、自分の中で仕事の重要性はどれくらいあるのかを考えていくことが大切です。

仕事についてきちんと考え、しっかり向き合うことで、より自分に合った将来像を見つけることができます。

将来の自分はどのように伝えればいいのか

将来の自分について明確に設定できれば、それをどうやって伝えるかを考えていきましょう。自分の中で目標を持つのは大切なことですが、面接で問われた場合はそれを相手に伝えていかなければなりません。

伝え方は非常に重要であり、同じ内容でもアピールの仕方次第で評価は大きく違ってきます。将来の自分について明確に設定できていても、上手に伝えられなければ意味はありません。どのように伝えればいいのかを知って、上手なアピール方法を身に付けていきましょう。

明確な目標があることが大切

将来の自分について伝えるには、明確な目標を持ってアピールすることが大切です。目標が具体的であればあるほど、企業での成長意欲や仕事への熱意が伝わり、好印象を与えることができます。

明確な目標を打ち出すためには念入りな企業研究が必要であり、志望企業についてしっかりと下調べをしなければなりません。企業の仕事や取り巻く現状についてを正しく理解し、その上で目標を打ち立てていくことが大切です。

自分がその企業でどのような仕事をし、どんな存在になっているのかなど、細かく伝えましょう。企業で働く姿を相手にイメージさせられるかどうかが、高評価を得るためのカギになります。

企業が求めるものと一致していること

キャリアプランをどのように設定するかは個人の自由ですが、企業の方針とかけ離れたものでは意味がありません。企業と社員は一緒に成長することが大切であり、個人が定めた目標は企業の方針と一致していることが求められます。

そのため、企業が求める人材像はどんなものか、どのような方針を掲げて事業を展開しているかを知った上で、それに合わせたキャリアプランをアピールすることが大切です。もちろん完全に一致している必要はないので、大枠で外れていなければ問題はありません。

明確な目標を述べることは大切ですが、それが企業の求めるものとあまりに違っていないかだけ注意しましょう。大幅なずれさえなければ、マイナスの印象を与えることはありません。

仕事における目標であること

将来の自分について聞かれた場合は、必ず仕事における目標を伝えることが大切です。自分の中で将来像を決定する際は、プライベートについても考えることが大切ですが、就活でアピールする場合は別です。

就活では仕事上のことのみ問われており、プライベートの目標については関係ありません。プライベートな内容をアピールしても評価の対象にはならず、場合によっては質問の意図が汲み取れていないとしてマイナスの印象を与える可能性もあります。

質問の意図を無視した回答をすると自分勝手な印象を与えてしまい、これも評価を下げてしまう原因のひとつです。将来の自分について聞かれた場合は、仕事における目標を伝えることを意識しましょう。

将来の自分をアピールする際のNGポイント

将来の自分についてアピールする際にはNGポイントがあり、それが理解できていないとアピールに失敗する可能性が高いです。上手にアピールするためにはどうすればプラスに働くかを考えるだけではなく、いかにマイナスの要素を排除できるかを考えることも大切です。NGポイントについても理解した上で、上手な回答を心がけましょう。

企業で実現できない

将来の自分について明確にアピールできていたとしても、それが企業で実現できないものでは意味がありません。将来の自分とは、その企業に就職した場合のキャリアプランのことであり、社会人としての在り方を聞かれているわけではないので注意しましょう。

あくまでその企業の社員としての将来像が聞かれているので、その企業で実現できる範囲で答えることが大切です。たとえばやってみたい仕事について言及した場合でも、それがその企業にないものでなければアピールしても意味はありません。

実現できないキャリアプランなら持っていないのと同じですし、企業についての理解ができていないとマイナスの印象を与える可能性もあります。必ず企業内で実現できることを目標に設定し、アピールしましょう。

漠然とし過ぎていてイメージできない

将来の自分があまりにも漠然とし過ぎていて、イメージすらできないものはNGです。将来はどのように変化していくか分かりませんが、それでも具体的にイメージしてアピールすることが大切です。

実際に仕事をしてみなければ分からないことはたくさんありますし、目標があってもそれが実現できないことも多いです。しかし、それらを踏まえた上でも、きちんと明確な目標を設定していることが大切であり、それができているかで目標設定力の有無も見られています。

現在の自分、周囲の環境、企業の仕事などをしっかりと分析していれば、明確な目標はイメージできるはずなので、しっかりと分析して考えることが大切です。不確定な要素はたくさんありますが、それらも踏まえた上で具体的な目標を定めましょう。

将来の自分をアピールする例文

私は将来営業部のリーダーとして働き、ゆくゆくは海外営業を引っ張る存在に成長したいです。御社では海外展開に積極的であり、ここ数年での海外事業による利益の割合も増えています。私は大学時代にカナダに留学し英語でのコミュニケーションを磨きました。それを活かして海外事業で活躍したいと考えています。入社後はまずは国内営業に力を入れ、営業のイロハを学びます。その上で海外事業についても進出していき、営業部のリーダーとして成長して、企業に大きく貢献出来る存在になりたいと考えています。

例文では営業部のリーダーとして働き、海外営業でも活躍したいと将来像がアピールされています。やってみたい仕事や部署、役割などが細かく設定されており、目標が明確にアピールできています。

また、志望企業が海外事業に力を入れていることにも注目し、それを踏まえたアピールができているので好印象です。目標を達成するためのプロセスも設定されていますし、留学によって英語力を身に付けたと、現時点での能力もアピールできています。

キャリアプランを設定して将来の自分を上手にアピールしよう

就活を上手に進めるためには、将来の自分についてきちんと設定することが大切であり、いかに明確な目標が持てているがが重要になります。将来の自分が定められていれば、就活の方向性も決まりますし、よりスムーズに就活が進められます。

また将来の自分については面接で聞かれることも多いです。きちんと考えれば選考も有利に進められますし、さらに就活の成功率が高まります。将来の自分を考えることは、就職後の働き方や目標、目指すべき方向性を考えることであり、これは社会人になるための準備としても大切なことです。

企業でどのように成長したいのか、キャリアプランを明確に設定しておき、将来の自分を上手にアピールして就活の攻略を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ