面接対策

【面接の自己紹介の仕方】自分を最大限にPRできる方法と例文

失敗しない面接の自己紹介とは

面接では自己紹介をするケースは多いといえます。目指す業界や志望する企業によって面接の質問内容は異なる場合も多いですが、全ての企業で共通して自己紹介はしなければなりません。面接では第一印象が大切ですし、面接での一発目の発言となる自己紹介は非常に重要です。

当たり障りなく名前や学校名を告げるだけでは勿体ないです。自己紹介であっても立派なアピールの場になりますので、面接で良いスタートダッシュを切るためにも面接官の心に深く残る自己紹介を考えていきましょう。

面接官が自己紹介でチェックしているポイント

面接は、学生の履歴書などをみながらおこなわれるケースがほとんどです。履歴書と目の前にいる受験者が本当に間違っていないかを確認するために自己紹介をおこなうという意味もありますが、自己紹介はそのような事務的な意味だけでおこなわれているのではありません。

面接官が就活生に自己紹介を求めるのには明確な意味がありますので、まずは面接官がチェックしているポイントについて知っていきましょう。

論理的な受け答えができる人材か

どのようにPRをするのかがみられていますので、自己紹介ではわかりやすい話し方をすることが重要です。わかりやすい話し方とはロジックがあるか、また、具体的な説明をしているかで決まります。曖昧な言葉を使わずに明確な言葉で説明がされているか、内容が突飛で整合性のないことをいっていないかがみられています。

自己紹介では目立つことが大切と言われているため、面接官の印象に残るために突拍子もないことをいう学生もいますが、これは多くの場合でNGです。あくまで論理的な話し方の中で目立つ、印象に残るのが大切ですので、自己紹介ではロジカルな受け答えを意識するようにしましょう。

企業とマッチしているか

自己紹介でチェックしているポイントとして次に挙げられるのは、企業とマッチしている人材であるかということです。企業の雰囲気に合っているか、仕事で活躍できる人材かどうかがみられています。

さらに一歩踏み込んだ見方をすれば、企業の価値観に共感し、企業の意志に基づいて業務を遂行することができる人材なのか、ということを見られている可能性もあります。企業とマッチしている人材を採用することで、離職する可能性が低くなり企業側のコスト削減にも繋がるため、企業としては重要なチェックポイントであるといえます。

コミュニケーション能力があるか

面接では、コミュニケーション能力がある人材かどうかもチェックされています。コミュニケーション能力は一朝一夕で身に付くものではなく、今まで生きてきた中で培われたものですが、まず意識して実践してほしいのは「相手の目を見て、明るくハキハキとした口調と謙虚な姿勢で伝える」ことです。

これが面接開始からきちんとできていると、よい第一印象を面接官に与えることができます。これを大前提として念頭に置きつつ、次の「面接官の印象に残る自己紹介のコツ4つ」に取り組むようにしましょう。

面接官の印象に残る自己紹介のコツ4つ

就活の選考において自己紹介で面接官の印象に残るのは非常に大切なことです。面接では第一印象でほとんどの評価が決定しますので、自己紹介で面接官の印象に残り、よい評価を受けることが出来ていれば面接も有利に進められます。しかし自己紹介では論理的な話し方や内容を心がけて自己紹介をしていかなければなりません。

論理的かつ印象に残るというのは非常に難しいですが、そのコツさえ分かれば面接官の心を掴むのはそれほど難しいことではありません。面接官の印象に残る自己紹介のコツは3つありますので、それらを踏まえて効果的な自己紹介を考えていきましょう。

①自己紹介の内容を1分にまとめる

面接官の印象に残る自己紹介をするためにはまずは自己紹介の長さを考える必要があります。自己紹介の長さとして最も適しているのは1分です。自分をアピールしたいがために長く自己紹介をおこなってしまうと相手に不快感を与えてしまいますし、逆に短すぎては自分の情報が伝わりません。相手に不快感を与えずに充分なアピールをするためには1分がベストです。そのため、自己紹介が1分で出来るように練習しておきましょう。

また企業によっては面接の時に時間指定の場合があるのでその対策をするのも大切です。1分の自己紹介を考えておけば30秒、2分など違うパターンも考えるベースにすることが出来ます。30秒指定された場合には少し削り、2分の場合は話を掘り下げるなどすれば対応可能ですので、まずはベースとなる1分の自己紹介を作成しましょう。

②あえて突っ込みどころを入れる

自己紹介では面接官の印象に残ることを考えるばかりに出来るだけ自己PRを盛り込んでしまいたくなりますが、あまり多くを詰め込むのはよくありません。多くの内容を伝えようと思えば目安である1分を越えてしまう場合もありますし、仮に1分で収まったとしてもそこですべてを話してしまえば面接の質問で答えることがなくなってしまいます。

自己紹介では論理的であることを意識しながらも自分がアピールしたい情報のキーワードを盛り込み、思わず質問したくなるような、すべてを伝えない自己紹介にすることが大切です。自己紹介で気になった点があれば面接官からも後ほど質問されることになりますので、自己PRや志望動機盛り込めなかった自身のアピールポイントを自己紹介に織り交ぜるのも有効でしょう。

③特徴・特技・長所を売り込む

自己紹介に適したアピール時間は1分で、それは文量にすれば250~300字程度です。1分ではそれほど多くの内容をアピールすることは出来ませんが、面接官の印象に残る自己紹介にするためには短い文面の中に印象に残るポイントを入れることが大切だといえるでしょう。

これは前述した突っ込みどころを入れるにも通じるところがありますが、自己紹介の中に自身がアピールしたいポイントや触れてほしいことを盛り込むことで印象に残りやすい自己紹介が出来ます。自分がアピールしたい内容に誘導することで面接を有利に進めるも可能です。印象に残るポイントとしては自身の特徴や特技、長所などが挙げられますので、それらを自己紹介に取り入れてみるといいでしょう。

④企業で活かせる能力をアピールする

面接における自己紹介では、企業で活かせる能力をアピールすることも大切です。今まで経験したアルバイトや部活動などで仕事に活かせそうな実績を残している場合は、その経験をぜひ伝えましょう。

前述した内容も含めて1分という短い時間の中では難しいと感じる就活生もいるでしょうが、具体的な実績の内容、および今後仕事でどのようにその経験を活かそうと考えているのかということを簡潔にまとめて、スマートに伝えるようにするとよいでしょう。

自己分析の浅さは人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るには、自己分析が必須です。自己分析を疎かにしていると、選考で説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。

ツールでサクッと自己分析を終わらせて、選考を有利に進めましょう。

面接の自己紹介例文3選

つぎに、自己紹介の例文を3つご紹介します。自己紹介では出身校や名前をはじめ、自分の専門分野や自分がアピールしたいポイントなどを盛り込めるとよいでしょう。ぜひ、参考にしてください。

例文①

○○大学経営学部経営学科から参りました。○○と申します。本日は、面接という貴重なお時間をいただきありがとうございます。私は経営学科の観光コースで学び、そのなかで日本の観光地の発展や課題の研究、他の大学生との意見交換などに取り組みました。また、月1回のペースで、研究内容をまとめたものをウェブサイトに公開しました。
私は英語で話すことが得意であり、休日は観光地の●●で外国人観光客向けの案内ボランティアをしています。私は、今までの取り組みを活かして、観光地だけではなく、日本全体の活性化や地方の課題解決に携わる仕事に就きたいと考え、御社の地方創生事業に興味を持ち、志望いたしました。本日はよろしくお願いいたします。

上記の自己紹介の例文では、研究内容を月に1回ウェブサイトに公開したり、外国人観光客向けの案内ボランティアをしたりなどの取り組みがアピールできているでしょう。また、「面接という貴重なお時間をいただきありがとうございます」と自己紹介の最初にお礼も述べられています。

例文②

○○大学情報学部から参りました○○と申します。大学では、情報デザインを専門としています。私は大学でプログラミングやグラフィックデザイン、アニメーションなどを学びました。私はデザインを考えたり絵を描いたりするのが得意で、学園祭のパンフレットや広告の企画・制作に毎年メンバーとして携わりました。
また、●●主催2016年度○○賞ウェブサイトの部では制作した作品が銀賞を受賞しました。私は御社の採用コンサルティング事業でおこなっているウェブサイト作成チームの事業内容に魅力を感じ、志望いたしました。本日はよろしくお願いいたします。

上記の自己紹介の例文では情報デザインで学んだことや、学園祭のパンフレット・広告作成に毎年携わったという取り組みが述べられています。また、デザインを考えたり絵を描いたいりするのが得意なことや、制作した作品が銀賞を受賞したことも伝えることで、その実力をアピールできているでしょう。

例文③

おはようございます。○○大学○○学部から参りました○○と申します。大学ではマーケティングコースを専攻していました。私の強みは何事も積極的に全力で取り組めることだと思っています。私は○○ゼミのリーダーやマーケティングに関する講演会の運営に注力し、●●の成果をあげました。
私はその強みや経験を活かして御社のマーケティング事業の○○に携わりたいと思っています。私が得意なことは情報処理で、ITパスポートや基本情報技術者試験に合格しました。パソコンを扱う作業が好きであるため、資料作成や○○の作業には自信があります。本日はよろしくお願いいたします。

上記の自己紹介の例文では資格取得や自分の強み、得意なことなどを述べているのがわかります。取得した資格を具体的に書いてアピールしたり、「強みや経験を活かして御社のマーケティング事業の○○に携わりたい」という意欲も述べられているでしょう。

また、大学名や名前を述べる前に「おはようございます」と最初に挨拶していることもわかります。ここでは、自己紹介の例文3つをご紹介しました。つぎに、やってはいけない自己紹介の例をみていきましょう。

面接の自己紹介NG例文3つ

面接官の印象に残り、心を掴む自己紹介が出来れば面接を有利に進められますが、反対に自身の評価を下げ、悪い意味で印象に残ってしまう自己紹介というものもあります。面接においては第一印象は非常に大切で、その評価が動くということはありません。これはマイナスのイメージについても同じことがいえます。

自己紹介で失敗し、第一印象でマイナスのイメージを与えてしまうと挽回するのは難しく、面接でも不利になってしまいます。絶対にやってはいけない自己紹介の例文をいくつか紹介しますので、それを確認して同じミスをしないように注意しましょう。

NG例①:何が言いたいのか不明瞭

○○大学から参りました。○○と申します。私は大学での生活を通して経済学を学び、アルバイトは居酒屋のキッチンを担当していました。アルバイトは入学当時から4年間続け、現在も続けています。また学業とアルバイトに取り組みながらもサークル活動にも精を出し、サークルでは部長を務めました。
4年間を通して様々な経験をし、様々な能力を身に付けることが出来ましたので、この能力を活かして貴社でも活躍したいと考えています。本日はよろしくお願いします。

自己紹介のNG例として何がいいたいのか、不明瞭であるということが挙げられます。例文では様々な点がアピールされていますが、それぞれでどのような能力をアピールしたいのかが明確になっておらずNGです。まず経済学を学んだということ、そしてアルバイトをしたということには何の関係性もなく、何をアピールしたいのかが分かりません。

また4年間続けているアルバイトに関してもそこから何をアピールしたいのかを読み取ることが出来ません。サークル活動についても何をしたのかが全く分からず、最終的に様々な能力を身に付けたとありますが、一体どのような能力を身に付けたのかが分かりません。アピールする内容が多いため、一つひとつのアピールが、雑な感じになっていますので、もう少し絞り込んでアピールするといいでしょう。

NG例②:やたらと長いだけ

○○大学から参りました○○と申します。私は交換留学生としてカナダに半年間留学した経験があり、そこで様々な人や物に出会い、文化の違いにも直面し、日本とカナダは大きく違っており、それぞれの文化を知らないまま今まで生きていたことを知り、大きなショックを受けるとともにまだまだ勉強不足であったということに気がつき、カナダの文化や周辺の国々の文化も勉強し留学した経験を活かして様々な国と国を結び付ける仕事がしたいと思い、まずは公用語である英語の勉強をし、帰国後に英検1級の資格を取得しました。本日はよろしくお願いします。

自己紹介のNG例の二つ目としては、自己紹介がやたら長いだけで中身がほとんどないというものです。例文ではカナダに留学し、様々な国を結び付ける仕事がしたいということ、そのために世界の公用語である英語を勉強し、英検1級を取得したとありますが、そのアピールに辿り着くためのプロセスがあまりに長すぎます。

アピールしたいポイントが分からないまま自己紹介を聞いていても印象には残りませんし、最後まで聞いても結局何を伝えたいのかよく分からなくなってしまう場合があります。アピールしたい内容は端的に伝えることで面接官の興味を惹くことが大切です。また例文のように一文が長すぎると何が言いたいのか分からなくなってしまいますので、「、」で文章を繋げ過ぎるのではなく、一文の長さを短く区切って伝えるようにしましょう。

NG例③:緊張しすぎてしまう

○○大学から参りました○○と申します。私は大学時代にスキーサークルに所属しており、そこで様々な経験をし、それを活かしたいと思っています。以上です。

自己紹介のNG例の三つ目としては緊張しすぎてしまうということが挙げられます。面接官は自己紹介緊張しすぎていないかどうかについてもチェックしていますので、緊張しすぎているというだけでマイナスの評価になってしまう場合もあります。

さらに例文のように緊張のあまりすぐに自己紹介を終えてしまい、アピールが充分に出来ていないと面接官の印象にも残りません。人によっては緊張しすぎるとそれを誤魔化すために早口になったり、逆に饒舌になってしまうという場合もありますが、その場合でも充分なアピールが出来ないケースが多いです。

適度な緊張はパフォーマンス力を高めますが、極度な緊張をしてしまうと実力を発揮出来ずに終わってしまいます。緊張すること自体は悪いことではありませんので、緊張を恐れずに面接に臨みましょう。

面接での自己紹介は印象に残るポイントを入れ完結に伝えよう

就活において自己紹介は事務的におこなわれるだけではなく、自己紹介の段階から面接官は受験者の様々な点をチェックしています。自己紹介の内容はもちろん、話し方や表情、振る舞いなど細かな点まで評価の対象となりますので、自己紹介も集中して良い印象を与えられるようにベストを尽くさなければなりません。

自己紹介で面接官の心を掴み、印象に強く残ることが出来れば面接を有利に進められます。自己紹介で質問してほしい話題に触れておくことで、質問を誘導することも出来ますし、自己紹介を制することが面接攻略の近道になりますので、魅力的な自己紹介を作成して就活を有利に進めていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ