就活イベント

【説明会でするべき質問とは】マナーやNG例を徹底解説

会社説明会での質問に悩む人は多い

会社説明会では質問タイムが用意されており、この時間をいかに有効活用できるかが大切です。しっかり質問をすれば、さまざまなメリットがありますし、就活で有利になることも多いです。

そのため説明会で何とか質問をしようと考える人は多いですが、実際に考えると何を聞けばいいのか分からず悩む人はたくさんいます。質問タイムを有効活用するためには、何を聞くのかを事前に考えておくことが大切であり、準備なしで臨んでしまうと失敗する可能性が高いです。

説明会を最大限に利用するためには、質問をいくつか考えておき、念入りに準備をしておくことが大切です。就活は細部までこだわって取り組むことが大切ですので、説明会での質問もしっかりと考えておきましょう。

会社説明会とは

会社説明会とは、企業が就活生向けに開催している就活イベントです。企業理念から事業内容、教育体制やキャリア制度、福利厚生などを説明します。また、この会社説明会の形態も多岐に渡ります。

一般的な説明会から、一度に複数の企業の話が聞ける合同説明、学内で開かれる学校説明会、同時に選考をおこなう説明会もあります。選考を受けるためには、説明会への参加が必須となる企業もあるので、就活を始めたらまずは説明会に参加する必要があります。企業のHPや各種就活向け媒体で、参加登録をおこなうことができます。

説明会で質問をすべき理由

会社説明会を有効活用するためには、質問タイムをいかに活かすかが重要ですが、そもそもなぜ質問をしなければならないのかと疑問に感じる人も多いです。説明会では企業についての説明を受けることができますので、参加するだけでもメリットがあります。

質問も必須ではありませんし、思いつかないなら無理にする必要はありません。しかし、それでも説明会では質問はした方がいいですし、それにはさまざまな理由があります。なぜ説明会では質問をすべきなのか、その理由を知っておきましょう。

企業への理解が深められる

会社説明会で質問すべき理由としては、企業について深く理解することが挙げられます。質問をすることで疑問点を解消でき、企業への理解が深められます。説明会での質問は基本的に自由なため、企業についての質問をすることが可能です。

企業の事業や今後の方針、詳細な仕事内容など、聞けることはたくさんあります。それらを聞くことで企業への理解度を高められるため、企業研究に役立ちます。企業研究の方法としては、ネットで調べたり、説明会に参加すること自体でも理解を深めることは可能です。しかし、質問をするのとしないのでは、理解度に大きく差が出ます。質問することで効率的に企業研究が進められます。

疑問を解決して就活を有利に進められる

説明会では分からないことを何でも聞けるため、疑問を解決して就活をよりスムーズに、有利に進めることができます。些細な疑問でも分からないことを抱えたまま就活を進めていると、失敗する可能性があり危険です。

就活を攻略するためには、どれだけ小さな疑問でもしっかりと解決しておくことが大切です。事前に調べてもよく分からないことがあれば、それを質問することで疑問を解決できます。

疑問を解決しておくことで就活に役立つことは多いですし、企業選びの参考にもできます。企業への疑問点を解消しておけば、その企業が本当に自分にあっているかどうかが分かりますし、ミスマッチを防ぐことも可能です。志望企業が必ずしも自分に合っているとは限りませんし、質問をして企業との相性を確かめるのは大切なことです。

採用担当の印象に残る

会社説明会の質問は挙手制であることが多く、参加者全員にチャンスがあるわけではありません。企業によって説明会の規模は違いますが、場合によっては挙手した人全員が質問できないこともあります。

質問できる人、できない人が分かれる中で質問をすれば、採用担当者の印象に残る可能性が高いです。質問の内容次第では好印象を与えることができ、それが選考で有利に働く可能性もあります。

採用担当者の印象に残ることで、少なからず選考を有利に進めやすいですし、面接でも話が弾みやすくなります。話が弾んだからといって、必ずしも合格するわけではありませんが、緊張がほぐせますし、面接の合格率も上げやすいです。採用担当者の印象に残ることで、選考で有利になる可能性が高いので、説明会ではできるだけ質問をすることが大切です。

合同説明会を効率的にまわろう

合同説明会に参加する場合は、効率的にブースを回って情報を収集することが大切です。効率的な回り方を知っておくことで、当日を無駄なく過ごすことができます。合同説明会を無駄なく過ごしたい就活生におすすめなのが「合説効率化マニュアル」です。

無料でダウンロードできる上に、企業情報まとめシートや振り返りシートがついた【合説効率化シート】もプレゼントしています。ぜひ、合同説明会前に準備しておきましょう。

説明会で質問する際のマナー

会社説明会では積極的に質問をすることが大切ですが、質問する際にはさまざまなマナーがあります。マナーが守れていなければマイナスの印象を与えてしまいますし、せっかく質問してもプラスに働かない可能性が高いです。

また質問をすれば目立ってしまいますし、悪目立ちすれば就活でも不利になるので注意しなければなりません。好印象を与えるためには、しっかりマナーを守って質問することが大切ですので、基本的なマナーを身に付けておきましょう。

必ず名乗ってから質問をする

質問前には名乗るのがマナーであり、自身の名前と大学名、所属学部名などを伝える必要があります。名乗っておかないとマナー違反で失礼になるだけではなく、採用担当者に覚えてもらえないので注意が必要です。

質問をしても覚えてもらえなければメリットは薄くなりますし、きちんと名前を名乗るのは大切なことです。また名乗るときに「本日は貴重なお話ありがとうございました」など、一言添えることも意識しておきましょう。

感謝の気持ちを伝えるのは大切なことで、お礼を言ってから質問をすることで、丁寧な印象を与えることができます。質問をして採用担当者の印象に残るだけではなく、好印象も与えやすくなり就活も有利に進められます。

他の人と被る内容は避ける

会社説明会では多くの人が参加しているため、他の学生に先に質問されることもあります。そのため、他の人と内容が被る場合は別の質問をしましょう。印象に残りたいからといって、一度出た質問を繰り返してしまうと悪目立ちしてしまい、マイナスの印象を与えてしまいます。

他の人の話を聞いていない印象を与えてしまいますし、自己中心的と思われて評価が下がる可能性が高いです。もちろん全く同じ質問ではなく、質問をさらに深堀りしたり、視点を変えて聞くのはOKです。同じことについて聞く場合は、前の質問の回答を踏まえて質問内容を考えることが大切です。質問内容さえ工夫すれば、より深堀りした内容が聞けますし、好印象も与えやすくなります。

質問は1人1回

会社説明会は挙手制で質問タイムが設けられていることが多いですが、基本的に質問は1人1回がマナーです。1人が何度も質問してしまうと、他の学生が質問するチャンスを奪ってしまい、周囲の人に迷惑がかかります。

自己中心的な印象を与えてしまう可能性があるため、質問は1つだけにすることを心がけましょう。質問は1人1個が原則ですので、何を質問すべきかをじっくりと考えておかなければなりません。

質問をした後に他の質問を思いついても、聞けないので注意が必要です。もちろん、説明会終了後に個人的に質問をしに行くのはOKです。担当者の時間の都合にもよりますが、個人的な質問が許されているのであれば、2個目以降の質問はそのときにしましょう。

説明会でおすすめの質問

null

質問タイムを有効活用するためにはいい質問をすることが大切です。質問内容によっては好印象を与えられますし、採用担当者の印象に残って選考でも有利です。

もちろん本当に聞きたい質問があれば、それを聞いても構いませんが、質問が思いつかない場合は以下で紹介する質問を参考にするのがおすすめです。

事業内容や商品について

就活の説明会は、当たり前のことですが時間が限られています。その中で説明されることは、企業の情報として、ごく一部分のことだけです。特に、事業内容や扱っている商品のことなど、説明会で聞くことのできる情報だけでは足りないため、選考を見越した質問をして理解を深めるべきです。

事業内容や商品についていい質問をおこなうためには、事前準備を欠かすことができません。今では、ホームページを通じて事業内容や商品の説明をおこなっている企業も多いです。これらの情報に目を通しておき、質問の候補を作っておきましょう。説明会での理解も深まり、臆せず質問できるようになります。

1日の仕事のスケジュールについて

会社説明会でおすすめの質問としては、1日の仕事のスケジュールについてが挙げられます。1日の仕事のスケジュールについて聞くことで、仕事への理解を深めることができます。実際にどのような流れで仕事をするのかを知っておくことで、働く姿をイメージしやすく、より企業への理解が深められ、終活にも役立ちます。

また、1日のスケジュールについて聞けば、仕事の時間なども把握しやすく、そこから休日や残業時間なども推測できます。仕事のスケジュールを知っておくことで、企業との相性なども確認しやすいですし、就職後のミスマッチを防ぐのにも役立ちます。

仕事のやりがい

null

仕事へのやりがいも、会社説明会でおすすめの質問のひとつです。仕事へのやりがいを知ることで志望動機の作成などに役立てられますし、就活に役立てやすいです。どのようなところが魅力なのかを知っていれば、仕事へのモチベーションも上がりますし、就職意欲も増します。

仕事へのやりがいを聞くことで興味の高さをアピールでき、好印象に繋がることも多いです。就活では仕事への意欲は重要視されていますし、どれだけ熱意があるかをアピールすることが大切です。

仕事への熱意をアピールするためには、その仕事の魅力を知ることが大切ですし、やりがいはなかなか聞けるものではありません。貴重な話を聞けるいい機会でもありますし、仕事への理解を深めるためにも聞いてみましょう。

職場の雰囲気や社風

職場の雰囲気や社風は、実際に働いている社員の方からしか引き出すことのできない情報です。そのため、説明会の時間を利用して、聞く価値のある質問でしょう。働きやすい環境であるかは、時に業界や事業内容にも勝るほど大切な情報となるので、余裕があれば聞いておきましょう。

ただし、漠然と職場の雰囲気について聞いても質問の効果が期待できません。正社員としての定着率や、休日の過ごし方など、具体的な質問を通じて職場の雰囲気を知るようにしましょう。また、上司との関係なども、企業のあり方を示します。質問した担当者が上司と上手く行っていなかったり、頻繁に上司の変わっている職場は、職場内に何か問題があるのかもしれません。

仕事への適性・資質

業界や企業によって仕事への適性や資質は違いますので、これを聞くのもおすすめです。これらを知っておくことで、自分が本当にその企業に合っているかどうかを確認でき、企業との相性も確認できます。

適性や資質だけではなく、必要な能力などを知っておけば選考に向けてそれを磨くこともできます。能力を身に付けていれば評価されるため、選考も有利に進めやすいです。新卒の就活では成長力が重要視されていますが、それは能力が全く求められていないというわけではありません。

成長力を示すのは大切ですが、それだけではなく能力をアピールすることも大切です。選考に向けて能力を磨いていれば高評価を獲得しやすいですし、選考の攻略にも役立ちます。

選考や求める人物像について

null

選考や求める人物像について説明会で質問することは、ルール違反ではありません。少しでも選考突破のヒントを得るために、採用に関することについて質問してみましょう。

この選考や求める人物像を質問する際に、注意した方がいいことがあります。それは、企業が用意している選考の評価基準を見定めることです。企業の選考では、その場の雰囲気や担当者の直感で合否を決めることはしません。必ず合格と不合格のラインを設定しています。そのため、どうすればそのラインを超えることができるのかに注目して質問をしましょう。

説明会中に疑問に思ったこと

説明会を聞いていて分からなかったこと、疑問に思ったことを聞くのもおすすめです。説明会中に気になったことを質問することで、真剣に話を聞いていたことが伝わり、好印象を与えやすいです。

事前に質問を考えておくことも大切ですが、ほかに気になったことがあれば、そちらを優先しても問題ありません。説明会で聞ける質問は基本的にはひとつだけですし、何を聞くべきかをよく考えて質問することが大切です。

説明会では疑問点を解決するのも大切なことですし、事前に用意してきた質問よりも説明会中の話の方が気になった場合はそちらを聞きましょう。疑問をしっかり解決すれば就活も有利に進められますし、かつ好印象も与えられますので、説明会の中で気になったことも質問の候補に加えることが大切です。

説明会でNGな質問

質問タイムを上手に活用するためには、事前に質問内容を考えておくことが大切です。質問タイムでは基本的には何でも聞けますが、聞くことでマイナスの印象を与えてしまう質問もあるので注意しなければなりません。

NGなポイントを踏まえて質問内容を考えることが大切であり、何を聞くべきかを選別しておくことが大切です。どのような質問がNGなのかを知って、マイナスの印象を上手に避けましょう。

調べればすぐに分かるもの

会社説明会では、企業のホームページや資料を見ればすぐに分かることを質問するのはNGです。調べれば簡単に分かることを聞いてしまうと、企業研究ができていない印象を与えてしまい、評価を下げられる可能性があるので注意しましょう。

説明会は企業研究の一環ですが、参加する前にもある程度のことは調べておかなければなりません。全く知識のないまま説明会を受けても、話の内容が理解できない可能性もありますし、説明会を有効活用するためにも企業研究は大切です。

基本的な情報をきちんと身に付けた上で質問内容を考えることが大切であり、事前準備はしっかりとしておかなければなりません。企業についてはきちんと調べ、それでも分からないことを聞くようにしましょう。

企業のマイナスイメージに繋がる質問

離職率や残業についてなどは、企業のマイナスイメージに繋がる可能性がある質問はNGです。答えづらい質問をしてしまうと、企業にも迷惑がかかり印象も悪くなります。悪目立ちしてしまう可能性が高いので、これらの質問は避けることが大切です。

企業のマイナスイメージに繋がる質問は自分の印象を悪くし、評価も下げてしまいます。説明会での質問はポジティブなものを心がけることが大切であり、前向きな質問をすることで好印象にもなりやすいです。

前向きな質問をすれば仕事への意欲や企業への関心の高さをアピールできますし、採用担当者にもいいイメージを持ってもらいやすくなります。離職率などは口コミを参考にするなど、別の方法で調べるようにしましょう。

説明会の質問タイムを有効活用しよう

会社説明会では質問タイムが用意されているため、これをどのように活用するかが重要です。質問タイムでは積極的に質問をすることが大切であり、上手な質問をすれば選考を有利に進められます。

きちんと質問をすれば採用担当者の印象にも残り、かつ疑問点を解決して企業への理解も深めてミスマッチを生む心配もありません。説明会は単に企業についての理解を深めるだけではなく、上手に利用すれば選考を有利に進められるものです。質問タイムを有効活用することが就活の攻略にも繋がりますので、事前に質問を準備しておき、当日しっかり聞けるようにしておきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ