身だしなみ

【男性用の就活靴】選ぶ時のポイントとおすすめの靴をご紹介

就活で男性が着用すべき靴とは

就活では靴まで評価の対象として見られており、男女によって選ぶべき靴には違いがあります。男性の物もビジネスシューズはたくさんありますが、それらがすべて就活で着用できるとは限りません。就活にふさわしい靴を選ぶことが大切です。

身だしなみは細部まで見られていますし、特に足元は注意深く見られるポイントです。身だしなみでマイナスの印象を与えるのはもったいないですし、選び方さえ知っていれば失敗することはありません。男性にふさわしい就活用の靴はどんなものかを知り、足元から身だしなみを整えていきましょう。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

男性が選ぶべき就活靴の条件

男性用のビジネスシューズはたくさんありますが、その中でも就活にふさわしい靴を選ぶ際には、いくつかの条件があります。条件を満たす靴であれば身だしなみとしてもマイナスの印象を与えることはありませんし、就活も有利に進めやすいです。

就活中に着用する靴はデザインだけではなく、機能性にも注目しなければなりません。身だしなみとして好印象を与え、かつハードな就活でも使い勝手のいい靴の条件を知って、自分にあった靴を見つけましょう。

フォーマルであること

就活の身だしなみはフォーマルであることが絶対条件です。カジュアルに見えてしまうと、それだけでマイナスの印象を与えてしまうので注意しましょう。靴においてもそれは同じで、フォーマルさを意識して選ばなければなりません。

スーツや小物で身だしなみが整えられていたとしても、靴がカジュアルだと一気に台無しになるので注意しましょう。ビジネスシューズの中にはややカジュアルに寄ったものもありますし、購入の際には慎重に選ぶことが大切です。

ビジネスマンではOKでも、就活生が履くにはNGな靴もたくさんあります。就活で着用する靴は、フォーマルであることが絶対ですので、迷った場合は最もフォーマルなものを選ぶことを意識しましょう。

疲れにくい

就活では徒歩での移動距離も長くなるため、疲れにくいものを選ぶことが大切です。自分の足の形やサイズに合っていることはもちろん、靴底にも注目しておきましょう。靴底が固いと疲れやすく、長距離を歩くと靴底が剥がれてしまう可能性があります。

ゴム底などのある程度の柔らかさと吸収力のある素材だと、クッションの役割を果たすため、長時間履いていても疲れにくいです。機能性で選ぶなら断然ゴム底の靴ですし、靴底でもできれば分厚いものを選びましょう。

靴の素材によっても、自分の足にフィットするかどうかは違います。革は天然革か合成皮革になりますが、天然の方が自分に足にはフィットしやすいです。しかし、雨の日には使いづらいなどデメリットもありますので、使用環境なども考えて選ぶことが大切です。

汚れが目立たない

どんな靴を履いているかはもちろん、靴の状態も身だしなみとして見られています。いかに就活にふさわしい靴を履いていたとしても、靴が汚く汚れているとマイナスの印象を与えてしまうの注意しましょう。

長く履いていれば汚れるのは当たり前なので、こまめに掃除をしたりメンテナンスをしておくことが大切です。もともと汚れが目立たないものを選んでおけば、メンテナンスの手間を省くことができます。

汚れはさっと拭くだけでも取れますし、見つければこまめに取り除くことが大切です。少し汚れたと思ったときに素早く拭いておくことで、メンテナンスの時間は格段に短縮できます。素材にも注目しながら、さっと汚れが落としやすいものを選びましょう。

就活用の靴を選ぶ時のポイント

就活用の靴を選ぶ際の条件はさまざまありますが、それらはあくまでマイナスの印象を与えないため、使い勝手の良いものを選ぶためです。好印象を与えるためには、さらに靴のデザインなど細部にこだわりを持たなければなりません。

マイナスの印象を与えないだけなら、靴の選択肢は実は幅広く用意されています。好印象を与えるとなれば、そこから選択肢は一気に絞られます。どんな靴が好印象になるかを知って、就活で評価される靴を選びましょう。

基本は黒色

ビジネスシューズとして最もフォーマルなのは黒色であり、就活においてもこれは同じです。黒色であればマイナスの印象を与えることはありませんし、最も無難な色と言えます。

こげ茶などでもOKな場合もありますが、業界によってはカジュアルに思われてしまう可能性もあるので注意が必要です。金融や公務員など、堅い職業の場合は少しでもカジュアルだとマイナスの印象を与えますし、基本的には黒色一択です。

黒色であればどの業界でも使用できますし、志望業界に合わせてわざわざ靴を選び直す必要がありません。使い勝手がいいのは断然黒色ですし、就職後にも問題なく使用できます。ビジネス以外のシーンでも役に立ちますし、持っていて損になることはないでしょう。

革靴

就活で履く靴の素材は、必ず革を選びましょう。革靴以外はカジュアルに見えてしまうためNGです。いかに長距離を歩く可能性があるとは言え、スニーカーなどを履いているとマイナスの印象を与えてしまいます。

いかに綺麗な状態にしてあったとしても、スニーカーのデザインそのものがカジュアルになるため、就活にはふさわしくありません。就活は単に綺麗な装いをしていればいいわけではなく、TPOに合った服装ができることが大切です。

ビジネスの場では革靴が基本ですし、就活でもそれに合わせなければなりません。革靴であれば、天然革、合成皮革など素材は問われませんし、革靴の中でもさまざまな選択肢があることは覚えておきましょう。

トゥの形はストレートチップ

革靴の中にも、トゥと呼ばれるつま先の部分には様々な形があります。ストレートチップとは、つま先部分に切り替えがあり、縫い目のデザインが一直線で施されているものです。革靴のデザインの中でも、このストレートチップは最もフォーマルです。英国風のクラシックなデザインとなっていて、冠婚葬祭の時にも使えます。縫い目がなく、フラットなデザインになっているものはプレーントゥと呼ばれますが、履いているうちにどうしてもシワや折り目が目立ってきてしまいます。就職活動中には頻繁に使用することになるので、折り目ができにくいストレートチップがおすすめです。長く履くことができるので、新しく就活用にビジネスシューズを購入する場合には、ストレートチップを選ぶようにしましょう。

甲の部分は内羽根がよい

靴の甲のデザインには、内羽根・外羽根・サドル・スリッポンなどの種類があります。あまり馴染みのない言葉なので、それぞれどういったものか知らない人も多いですが、フォーマルなシーンで使えるのは内羽根と外羽根となっています。内羽根とは、靴の甲にある羽と呼ばれる部分が内側に入っているものを表します。

一方の外羽根は、羽の部分が外に出ていて靴と一体化していないものです。サドルやスリッポンは、カジュアルなデザインですのでビジネスには向いていません。内羽根の靴は外羽根の靴と比べて、清楚で品があるとされていて、見た目もスッキリとした印象があります。フォーマルなイメージが強くなっているので、就活用に選ぶなら内羽根が良いでしょう。

ラバータイプの靴底が歩きやすい

就職活動では駅から試験会場まで歩くことも多いため、靴は歩きやすいものを選ぶ方が良いでしょう。普段の生活でスニーカーなどカジュアルな靴を履いている人にとっては、慣れない革靴は固くて足が疲れてしまうかもしれません。足の痛みなどがあると、試験にも集中できなくなってしまう可能性があるため、少しでも履きやすく疲れにくいものを選ぶことが大切です。

ビジネスでは革の靴が基本ですが、靴底はゴム製のものもあります。靴底は見えない部分ですのでそこまで気にする必要はありませんが、革製の靴底よりもゴム製の方が歩きやすくクッション性があります。雨の時にも滑りにくいなどのメリットもあるので、ゴム製の靴底がおすすめです。

紐靴がおすすめ

null

ビジネスシューズにはさまざまなモデルがありますが、最もフォーマルなのは靴紐が付いているタイプです。靴紐なしや靴紐の代わりにベルトが付いているものもスーツ売り場に一緒に売られていますが、これらはカジュアルに見えてしまうためNGです。業界によっては一部OKとされることもありますが、最も無難なのは紐靴です。

黒色の革靴だったとしても、紐靴でないだけでカジュアルに見えてしまうので注意が必要です。フォーマルかカジュアルかは全体のデザインによって決定しますので、モデルの違いにも気を配らなければなりません。靴のモデルも意外とチェックされていますし、特別なこだわりがないなら紐靴を選びましょう。

自分に合う横幅の靴を選ぶ

靴は、自分の足に合うサイズのものを選ぶことが大切です。26㎝、27㎝など縦の長さは一般的ですが、ぴったりの靴が欲しい場合には横幅にも注目してみましょう。ワイズとも呼ばれますが、4E・3E・EE・E・Dと5サイズに分かれています。同じ27㎝の靴でも、横幅によってフィット感が大きく変わってきます。人の足はそれぞれ幅や甲の高さが違うため、実際に店舗で試着してから選ぶことをおすすめします。

多くの靴を取り揃えている店舗なら、横幅もいくつかの種類から選ぶことができるはずです。まずは、自分の正しい足のサイズを知るために、店員さんに相談して計測してもらいましょう。すると、どの幅の靴を選ぶべきなのかが分かります。インターネットでは豊富なサイズがありますが、初めは実店舗に行く方が安心です。

男子就活生におすすめの靴3選

就活にふさわしい靴の条件はさまざまありますので、それらを踏まえて実際に使用する靴を選びましょう。男子就活生におすすめの靴はたくさんありますが、その中でも3つに絞ってご紹介します。

靴はメーカーによって機能性やデザインなども違いますし、自分が最も気に入ったものを選ぶことが大切です。また、靴を購入する際には試着も重要です。気に入ったものを見つければ、実際に店舗に足を運び、試着した上で本当に自分に合うかを確認しておきましょう。

おすすめの靴①

【LES MUES】内羽根式ストレートチップ シューズは、ストレートチップ、かつ内羽根式で、最もフォーマルなデザインです。天然皮革を使っているため足に馴染みやすく、長く使うほどに自分にフィットするのもおすすめの理由です。

天然皮革としては値段的にもそれほど高くはありませんし、就活生にも手が届きやすいでしょう。光沢があり、高級感もありながらも、新卒ならではのフレッシュさを損なうこともありませんし、非常にバランスの取れたシューズです。

ビジネスなどフォーマルなシーンではもちろん、カジュアルなシーンに使用できますので、使用用途も広く、1足持っていればさまざまなシーンで活用でき、重宝します。

おすすめの靴②

【外羽根式】【制菌消臭】ストレートチップシューズ (AYC107-BL)は、シンプルなデザインで、フォーマルなシューズです。靴内部は制菌・消臭加工素材が使用されており、吸水速乾性に優れています。

就活は5月や6月など、梅雨の時期に本格的に始動しますし、雨の日でも使いやすいのがおすすめのポイントです。また靴底は合成素材でできており、滑りづらく、消耗しづらいのも大きな特徴でしょう。

長時間歩いても疲れづらい仕様になっていますし、メンテナンスも比較的簡単です。就活はもちろん、ビジネスにも使える一足ですので、就職後も継続して使用できます。

おすすめの靴③

ビジネスフィット防水ストレートは、アシックスが開発したスニーカーに近い履き心地のビジネスシューズです。黒色の革靴、そして靴紐タイプでストレートチップですので、身だしなみとしては全く問題はありません。

フォーマルさを兼ね備えた上で、抜群の履き心地を実現しているのが大きな特徴です。高いクッション性がありますので、長時間履いていても疲れませんし、防水加工も施されていますので、雨の日でも気にせず使用できます。

また内部には消臭繊維が使われていますし、ムレや臭いなども防ぎ、綺麗な状態を保つことができます。就活はもちろん、就職後にも使えますし、動き回ることの多い営業職を目指す人には特におすすめです。

就活靴は黒色の歩きやすい革靴を選ぼう

就活で使用できる靴はたくさんありますが、ビジネスシューズはすべてが評価されるわけではありません。一部は就活で着用しているとマイナスの印象を与えてしまう可能性もありますし、ビジネスマナーではなく、就活のマナーに合わせて靴を選ぶことが大切です。

男子就活生であれば、靴は革靴とイメージする人が多いですが、ひとくちに革靴といってもさまざまな選択肢があります。使用されている素材も違えば色やデザイン、モデルなども違いますし、それらの中から就活に最もふさわしいものを選ばなければなりません。

身だしなみは就活の評価を決める上でも、非常に重要なポイントです。身だしなみは足元から整えてこそ評価されますので、就活にふさわしい靴を選びましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ