面接対策

短所がせっかちな人の伝え方|言い換え表現や面接での例文をご紹介

せっかちなことを短所と思っている人は多い

就活では長所だけではなく短所も問われ、その際にせっかちであることをアピールする人は多いです。せっかちであることは一般的には短所ととらえられていますが、ビジネスの現場においてはプラスに働く場合もあります。

どんな短所でも、評価されるかどうかは伝え方次第であり、上手に伝えれば高評価を狙うことも可能です。せっかちはどのような点がプラスに働くのかを理解し、上手にアピールして選考を有利に進めていきましょう。

企業は短所から何を見ているのか

短所を上手に伝えるためには、そもそも企業は学生の短所から何を判断しているのかを知ることが大切です。面接での質問にはすべて意図がありますし、それぞれ評価の基準が設定されています。

短所を問う質問にも、評価基準はありますし、高評価を狙うためにはそれを知っておくことが大切です。どんな短所もアピール次第で好印象にはなりますが、評価ポイントを大きく外れてしまっては意味がありません。面接官は何を見ているのかを知って、短所も上手に伝えていきましょう。

自分を客観視できているか

学生に短所を問うことで、自分を客観視できているかどうかをチェックしています。これは言い換えれば自己分析がきちんとできているかでもあり、自分自身への理解度の深さが評価されています。

自己分析は就活を進めるための基本ですし、これができていなければスムーズに自分をアピールすることはできません。自分を客観視できている=就活の基本をしっかりおこなえているという評価になり、就活に対しての真剣度も評価されます。

自分をアピールするためには、自分のことを正しく理解しなければなりません。自己分析ができているかで、自分をアピールする意欲があるかも問われていますし、短所が上手にアピールできない=客観視できていないと思われるので注意しましょう。

自己分析ツールを活用しよう

ただ、自己分析をじっくりやる時間がない方も多いはず。
そんな時に便利なのが、無料の自己分析ツール「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職をサクッと診断できます。

My analyticsを活用して、あなたの強み・弱みを診断してみましょう。

短所とポジティブに向き合えているか

人間誰しも短所のひとつはありますし、何かしらの欠点があるのは仕方のないことです。しかし、同じ短所を持っている場合でも、短所に対してどのように向き合っているかによって、意識のあり方は全く違ってきます。

企業は短所のアピールを通して、短所との向き合い方をチェックしており、自身の欠点をポジティブに捉えられているかを判断しています。欠点に向き合わず、放置しているだけでは印象は悪いですし、評価の対象にもなりません。

たとえ短所があったとしても、それにしっかり向き合い、前向きな気持ちで改善に取り組めていることが大切です。短所をそのままにせず、自分自身の嫌な部分ともしっかり向き合えているか、何事にも前向きな気持ちで取り組めるかが見られています。

企業との相性

就活は自分にマッチした企業を見つけることが目的であり、それは企業側も同じです。企業としても自社に合った存在、自社で成長し活躍できる人材を求めていますし、アピールする短所から企業との適性を判断しています。

いかに高い能力があったとしても、企業との相性が悪ければ活躍するのは難しいですし、早期に退職してしまう可能性も高いです。採用には膨大なコストがかかってしますし、企業としても早期退職だけは何としても避けたいと考えています。

せっかちさを短所として伝えるポイント

長所はもともとがプラスの要素ですので、好印象を獲得するのもそれほど難しくはありません。しかし、短所はマイナスの要素が強いですし、アピールする際にはさまざまな工夫が必要です。

せっかちさはプラスの要素を秘めてはいますが、それもアピール次第で印象は変わります。ただ漠然と伝えるだけでは、評価を下げられる可能性は高いです。上手にアピールするポイントを知って、せっかちのマイナス要素を上手にプラスに変換して伝えていきましょう。

なぜそれを短所と捉えているか

せっかちさを短所として伝えるためには、そもそもせっかちであることがなぜ短所なのか、短所と捉えているのかをアピールすることが大切です。一般的にはせっかちは短所とされていますが、人によっては長所だと感じることもありますし、実際に優れた面もあります。

自分で短所だと思い込んでアピールするだけでは、自分勝手な印象を与えますし、面接官にも理解してもらえません。自分にはどのようなせっかちさがあり、それがどのようにマイナスであると捉えているのかを最初に提示することが大切です。アピールするポイントを明確にしてから説明へと繋げましょう。

エピソードを交えてアピールする

短所を上手に伝えるためには、具体性を持たせたアピールが大切です。どれだけ短所がせっかちであると述べても、それが相手に伝わらなければ意味がありませんので、説得力を意識しながらアピールしましょう。

説得力を高めるためには、具体的なエピソードを交えて伝えるのがおすすめです。せっかちさを発揮してしまったエピソードを述べ、できるだけ具体的に伝えていきましょう。短所のアピールにおいては、分かりやすさ、伝わりやすさが大切です。

どんなアピールでも分かってもらえなければ意味はありませんし、細かく説明して正しく理解してもらえなければなりません。エピソードを交えることで簡潔なアピールになり、短所も正確に伝えることができます。

改善するために何をしているか

短所は説明して終わりにするのではなく、それを改善するために何をしているのかも伝えなければなりません。せっかちさを短所と捉えた上で、改善するための努力を提示し、短所から目を背けずに向き合っていることをアピールしましょう。

改善状況については問われず、自分がおこなっている努力を提示すれば評価の対象となります。努力の結果、改善された場合でも、現在改善を目指して取り組んでいる最中でも評価は同じですので、短所に対してアクションを起こしていることを伝えましょう。

あなたが面接で落ちるポイントがわかります

どんな企業の面接であれ、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの、「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

せっかちの短所の言い換え表現一覧

  • 時間を大切にする
  • 行動力がある
  • てきぱき行動できる
  • 対応が早い

短所としてせっかちであることを伝えて、好印象を与えるためには、プラスの言葉に言い換えてアピールする方法もあります。短所は改善を目指すことが大切ですが、それだけではなくいかにプラスに考えて、頭の中で変換できるかも重要です。

せっかちさを短所として捉えるのではなく、時間を大切にして素早く行動できる長所であると捉えていれば、ポジティブな人間性もアピールできます。長所と短所は表裏一体ですし、それぞれリンクさせてアピールすることが大切です。

面接では長所と短所の両方のアピールを求められることが多いですし、それぞれのアピールで矛盾しないためにも、言い換え表現を上手に使いましょう。

せっかちを短所としてアピールする例文

せっかちを短所としたアピール内容を例文として紹介していきます。せっかちは、他の短所と比べても長所に言い換えやすいです。魅力のある内容を伝えれば、相手からの印象もよくなるでしょう。

しかし、きちんとポイントを押さえていなければ、相手の印象を悪くする要素も持っています。短所を尋ねられてもしっかりと答えられるように、事前に内容を考えておきましょう。

例文①

私の短所はせっかちであることで、行動を急ぐあまりに些細なミスを起こしてしまうことが多いです。大学時代は工場でアルバイトをしており、作業スピードは工場内で私が最も速く、仕事には自信がありました。しかし、作業は正確性は低く、結局修正をして時間がかかることも多く、周囲の人にもたくさん迷惑をかけてしまいました。このままではいけないと思い、スピードを大切にしながらも、最終確認は必ず行い、ミスを減らす努力をしました。最終確認を行うという意識付けを行った結果、作業スピードを落とさないままミスを減らすことができ、短所を克服することが出来ました。

例文では行動を急ぐあまりに些細なミスをしてしまうことが、短所として挙げられています。自分の中にあるせっかちさはどのようなものなのかが、明確に述べられていますし、アピール内容が分かりやすいく、伝わりやすいです。

またエピソードを踏まえて述べることで、アピール全体の説得力も高められています。短所を反省し改善策を練って対処することで、短所も克服できていますし、成長意欲の高さが伝わり好印象でしょう。

例文②

私の短所はせっかちであることです。よかれと思い立ったらすぐに行動してしまうため、部活の試合などでも判断を間違えることが多くあり、なかなか結果に結びつきませんでした。現在は、この問題点を解決するために、行動に移す前にはしっかりと自分で考える時間を用意することにしています。また、自分の判断が間違っていてはいけないので、周囲にアドバイスを求めるようにしています。その結果、せっかちであったことから生じていた問題点を、改善することができるようになりました。

せっかちさを相手にしっかりと伝えている内容です。せっかちな性格から生じていた問題点を、どう解決したのかがしっかりと述べられています。せっかちを解決したことは、長所をアピールする際にも活用できるので、しっかりと作成しておきましょう。

例文③

私の短所はせっかちであることです。アルバイトをしていた際、お客様の話をしっかりと理解する前に、行動してしまうことがありました。結果的に対応を間違えてしまうことがあったため、改善したいという思いが強くなりました。この経験から、相手が伝えたいことをしっかりと理解することが重要だと思い、コミュニケーションでのミスを防ぐように努力してきました。おかげで、せっかちさは改善され、相手の悩みを早く改善できるようになったと感じています。

上記の例文は、せっかちさによって生じた問題点をエピソードに盛り込みながら簡潔に紹介しています。またエピソードの中で改善方法を見つけることによって、短所を改善する意思があることをアピールしており、相手にも伝わりやすいようにしてあります。

例文④

私の短所はせっかちであることです。すぐ挑戦してみるというのが私のモットーで行動の速さには自信があるのですが、ケアレスミスをよくしてしまうことがありました。そのため、学生時代のプログラミングでは、プログラムが上手く完成しないことがありました。社会人になれば、小さなミスでも命取りになると考えています。そのため私は、チェックリストを設けたり、重要な部分では他人にチェックを頼むなどの対策を実践して、欠点を改善できるように心がけています。

上記の例文は、基本的な短所のアピール形式に則って作成されています。エピソードを盛り込みながら、短所に対する改善の意思があることを最後にアピールしています。改善をしようと考えたきっかけも盛り込まれており、文章の流れがスムーズになっています。

例文⑤

私の短所はせっかちです。結論を出さなければいけない時や、作品を作らなければならない時など、早く完成させようとせっかちになってしまいます。これにより確認を怠ってしまい、ケアレスミスを起こしてしまいがちでした。社会に出てからもケアレスミスを起こしてしまうと、周りに大きな迷惑をかけてしまうので、この短所を改善させようと意識しています。何か結論を出すときや作品を完成させなければならない時には、必ず不備がないか確認を怠らないようにし、正確さと丁寧さを忘れないようにしています。

エピソードというわけではありませんが、誰もが容易に想像しやすい具体例を用いることによって例文を完成させています。改善方法を盛り込むことによって、短所を改善させようという意思が感じ取れるようになっています。

せっかちを短所としてアピールする際の注意点

せっかちさはもともとマイナスの要素を含んでいますので、上手にアピールしなければ評価も下げられてしまいます。アピールの際にはさまざまな注意点がありますので、それらを理解しておくことが大切です。

短所のアピールではいかにマイナスの要素を排除し、プラスに転じることができるかがポイントです。マイナスの印象を与えないためにも、注意点はきちんと把握しておきましょう。

短所をそのまま伝えるのはNG

就活のアピールにおいて嘘はNGですし、本当のことを伝えなければなりません。しかし、本当のことを伝えるからといって、何の工夫もなしで短所をそのままアピールしても好印象にはならないので注意しましょう。

短所はもともとマイナスのイメージがありますし、そのまま伝えれば当然評価は下げられてしまいます。短所は誰にでもあるものなので、持っていること自体は問題ありませんが、それをいかにオブラートに包んでアピールできるかが重要です。

何でも正直に答えていれば、高評価が獲得できるほど就活は簡単なものではありません。短所であっても工夫して伝え、少しでもマイナスのイメージがつかないようにアピールの方法を考えましょう。

仕事をする上で致命的なものはNG

どんな短所でも上手にアピールすれば好印象になりますが、仕事をする上で致命的と判断されれば、その時点で不合格になる可能性が高いです。短所からは企業との相性も見られていますし、アピールした短所が完全に企業が求めるものとは相反するもの、明らかに企業に損害を与えるものであれば評価はされません。

せっかちさを伝える場合でも、些細なミス程度であれば許されますが、これが大きな損失を出すミスであったり、相手の信用を損なう場合は印象は最悪になってしまいます。短所は上手にアピールすることで、マイナスポイントを挽回しますが、最初に提示したマイナスポイントがあまりに大きいと、挽回のしようもありません。致命的と思わえる短所は避け、改善できるもの、挽回できるものでアピールしましょう。

最終的にはプラスに転じることが大切

どんな短所も最終的にはプラスに転じることが大切であり、プラスにならないものは伝えても評価はされません。好印象にならないどころか、場合によっては大きくマイナスになることもありますので、最後は絶対に前向きな気持ちでアピールを終えられるようにしましょう。

短所のアピールの結論は、改善できた、あるいは改善を目指して努力しているのどちらかです。短所に対して何の改善も試みてないのでは印象が悪いですし、長年改善に取り組んでいるものの、全く改善の余地が見られないというのもよくありません。

改善に取り組む姿勢は評価されますが、何度も同じことを続け、失敗し続けていると印象は悪くなります。最終的にはプラスにすることをイメージして、暗い印象を与えないようにしましょう。

せっかちはアピール次第で長所にもなる

短所のアピールに困っている人は多いですが、どんな短所でもアピール次第で長所に転じることはできます。せっかちであっても、時間をしっかり守る、てきぱき行動するなど、ビジネスに必要なプラスの要素はたくさん備わっています。

長所と短所は表裏一体ですので、悪い面があれば必ず良い面もあり、いかにそれを引き出せるかが重要です。短所であってもアピール次第では高評価になりますし、たとえ長所でも上手にアピールできなければ評価の対象にはなりません。

高評価を得るためには、どんなことでも上手に伝えることが大切です。アピール時のポイントや注意点を正しく理解して、せっかちさを上手に伝えて高評価の獲得を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ