内定について

みん就の評判は?効率よく内定を獲得するための上手な使い方と注意点を解説

みん就とは楽天が運営する就活用「口コミサイト」


「みん就」は通販サイトやプロ野球チームを持っていることで有名な楽天が運営する就活用の口コミサイトです。正式なサイト名はみんなの就職活動日記ですが、略称のみん就の方が認知度が高くなっていますね。
毎年約36万人もの会員登録がある大手のサイトですので、聞いたことがあるという就活生も多いでしょう。

“聞いたことないけど、それってどんなサービス?”

“興味はあるけど、登録は迷うなぁ…”

という就活生の方に、今回は登録したユーザーからの評判を参考にしながら、内定獲得までを効率的に立ち回れる上手なみん就の使い方をご紹介していきます。

みん就のメリットと利用する上での注意点

先ほど述べた通り、大手サイトで登録者の多いみん就ですが、やはり気になるのは実際の利用者の声ですよね。
今回はネット上から利用者の声を集めて、みん就のメリットと利用する上での注意点についてまとめてみました。

みん就のメリット

約25万3000件の内定者の志望動機が閲覧可能

どの企業の選考を受ける上で、必要になってくるのが志望動機です。


なぜ、企業側は志望動機を重要視するのでしょう?

答えは実はシンプルで内定を学生に蹴られたくないからです。
つまり、企業側が”お、この就活生はうちを第一志望にしてくれているな”と思うような志望動機を作ることが大切です。内定者の志望動機を参考にすることで、採用担当者に志望度の高さを伝えるための対策を立てることができます。

みん就ではそのための対策用の資料が25万以上あります。この量は他のサイトと比較してもトップクラスの量なので、志望する業界で内定を獲得した人の志望動機を参考すると良いでしょう。志望業界でどのような人材が求められているかも見えてくるので、できるだけ多くの志望動機を見てみることをオススメします。

特に航空・商社・メガバンクなどの人気業界は先輩たちが残している志望動機が多く集まる傾向にあるので、これらの業界を目指そうとしている就活生はぜひ参考にしてみると良いでしょう。下記に人気企業の志望動機掲示板のリンクを載せていますので、ぜひ参考にしてみてください。

【航空業界内定者の志望動機】
ANA
JAL

【総合商社内定者の志望動機】
伊藤忠商事

【メガバンク内定者の志望動機】
三菱UFJ銀行
三井住友銀行

適職診断で自分に合った業界が見つけられる

志望動機の資料がたくさんあったところで、自分の行きたい業界や適性がイマイチ分からない…

そんな就活生もたくさんいるでしょう、
そういった就活生向けにみん就では業界タイプ別の適職診断を行うことができます。
もちろん、無料で行うことができるので自分の適性のある業界やを見つけてみると良いでしょう。

▼診断はこちらからできます
【みん就】業界タイプ別就職診断

内定者の選考・面接体験記が約13万5000件

過去に選考を受けた先輩たちの面接の流れや雰囲気などが記載されています。13万以上もの資料があれば、たいていの企業の情報は集めることができるでしょう。スタートアップや地方の中小企業を情報は集めることが難しくなりますが、その場合は競合企業や同じ業界の企業の情報を参考にするなどの使い方もできます。
就活生の多くが不安に感じるであろう面接で聞かれた内容やそれに対する解答例などの情報もあるので、就活対策の心強いサービスとなっています。

みん就を利用する上での注意点

誤った情報も多いため過信しすぎない

内定者の投稿を見ていると、「〇〇をアピールしたら通った」といったような投稿が多く見られます。しかし、それが実際に面接官に評価されたかどうかは本人には分からないものなので、その情報が正しいかどうかの判別は難しいです。

みん就では上記のような、個人的な意見や見解を参考にするのは控えた方が良いでしょう。逆に、みん就で得られる情報で参考になる情報もあります。例えば、選考フロー・面接の雰囲気・質問の内容などは事実に基づいているため、参考にできる情報だと言えるでしょう。

企業の人事も登録している

みん就の就活掲示板には早期内定を獲得し、就活中の学生を混乱させるような発言をしたり、先に内定を獲得した自慢話をする学生が少なからず出てきます。

実はいくつかの企業の人事部の方はみん就に登録し、自社の掲示板をチェックしています。選考を受けている採用担当者が、そういった類の投稿を見た場合、最悪の場合内定取り消し等のリスクも考えられますので、あくまで情報共有の場としてみん就を利用することをオススメします。

授業評価の登録がめんどくさい

各企業の評判や選考状況を見ようとした際に、

”授業評価を投稿してください”

と表示されます。みん就では、2件以上の授業評価を行わないと就活掲示板にアクセスできないようになっています。これが済んでしまえば、すべての掲示板に自由にアクセスできるようになりますので、少々面倒ではありますが入力しておいた方が良いでしょう。

この授業評価機能に関しては、就活をまだ始めていない1年生や2年生にとっては有意義な情報となるでしょう。この記事を読んでいる1・2年生はみん就に登録して、どの授業を履修したらよいかの参考にしてみると良いでしょう。

情報を正しく見極めることが内定獲得のカギ!

いかがでしたでしょうか?

この記事ではみん就に登録することのメリットと利用する上での注意事項について見てみました。

新卒就活は学生から社会人になる上での大きなターニングポイントとなりますので、情報をたくさん集めた上で企業を決めることが大事となってきます。
みん就にある情報はユーザーの発言・投稿に関する自由度が高い分、すべてが正しいものとは限りません。

しかし、その自由度のおかげでアクティブなユーザー同士での情報交換が盛んに行われ、多くの情報が集まります。
事実に基づいた情報を正しく判断し、就活対策に使うことができればみん就はとても心強いサポートとなるでしょう。

みん就スカウトで就活を効率よく!

みん就を利用する際は、同じく楽天が運営する逆求人型サービス「みん就スカウト」も利用するのがオススメです。

なぜならば、誰もが知っている有名企業からのオファーが届くこともあるからです。具体的な企業を一部ご紹介すると、伊藤忠商事、ゴールドマン・サックス、ボストン・コンサルティング・グループ、トヨタ自動車、ジョンソン・エンド・ジョンソン、キリン、住友商事など*。(*:リニューアル前のサービス「みん就Link」の2016年3月~2017年3月配信実績を一部抜粋。)

みん就利用者は、簡単に利用開始できるのでぜひ併用してみてください。

▼みん就スカウトの登録はこちらから▼
みん就スカウト公式ページ

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ