面接対策

最終面接から内定が出るまでの期間とは

最終面接から内定が出るまでの期間についてご紹介します。
数度行われる面接を乗り越え、ようやくたどり着いた最終面接。
緊張の瞬間をくぐり抜けた後に感じる疑問。「内定通知はまでの期間はどれくらいだろうか?」
一番気になる疑問ですね。今回はその疑問に答えていきます。

最終面接から内定が出す企業側の事情とは?

99c4b98b6eee2682d51d8bdd5cae2b1d_s
一般的に、最終面接後の内定に関する通知、その期間は「早い」と考えてもらって結構だと考えます。
翌日に内定の電話がかかってくることもあります。
最終面接ともなると、企業側も、志望者に対してそれまでにある程度の評価を下しています。
つまり、最終的に企業側のトップ間での合意がなされれば、即内定といった状態までいっている場合が多いです。

  • 早めに内定を出すことで内定者が他社に流れていくのを防ぐ意図がある

なので、トップ層の決断の如何に問われているだけなので、通知は早いのです。
また、企業側からしても、たくさんの企業に応募しているであろう志望者に対して、早めに内定を出すことで他社に流れてしまわないようにしたいという意図もあると考えます。

最終面接から内定が出る期間1,3日~1週間程度かかる

最終面接を3日間かけて行う企業もあります。
社員数の多い大企業の場合、その傾向が強いと言えますね。
企業側が慎重になっているという点も見逃せません。時期が時期だけに忙しいとも言えます。
ですので、一般的に早いと言われる最終面接の内定通知期間ですが、1週間程度待ってみないと結果はわかりません。
ただし、合否に関する連絡は内定者だけに届くことが多いので、1~2週間程度の期間を過ぎても連絡がない場合は素直に諦めましょう。

  • インターネット上の掲示板等を参考にするのも良い手段!

また、大企業の場合はインターネット上の掲示板等で内定通知が来たか来ないかの議論がなされている場合が多く、そこに書かれている情報を参考にしてみるの良い手段です。
内定通知が既に届いている志望者が多い中、自分には連絡が無かった場合、残念ながら不採用だったと諦めて次の対策を考えたほうがいいですね。

【39点以下は危険度MAX】
あなたの就活偏差値を診断しておこう!

今年の就活はコロナの影響もあり、先が見えない状況が続いていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、内定を勝ち取れないのは同じです。

そこで活用したいのが、就活偏差値診断ツールの「就活力診断」です。
24の質問に答えるだけで自己分析や企業理解、就活マナーなどの中で、何が不足しているのかグラフで見る化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業からの内定を勝ち取りましょう。

最終面接から内定が出る期間2,2連絡がない場合は問い合わせる!

最終面接を終えた時点で、「合否の結果連絡は◯◯日以内に連絡します。」と内定までの期間を教えてくれる面接官が多いです。
しかし、言い渡された期間を過ぎても連絡が無い場合もあります。
そして、その期間を越えたあとに内定が出るケースもあります。と、なるとどうしても確認したくなりますよね。
その場合、直接企業に連絡して問い合わせても構わないと考えます。

  • 電話をかける際は時間帯に注意!誠実な対応を心掛けよう

ただし、丁寧に迷惑がかからない時間帯に連絡しましょう。始業の直前直後や昼休みの時間など避けるべき時間帯を気に掛けましょう。
また催促めいた電話の仕方は絶対にNGです。
企業によってはまだ選考中の可能性は十分あります。「トラブルの可能性」や「連絡の行き違い」など起こり得る可能性を理由に電話をしましょう。
誠実な対応が求められます。
企業にもよりますが、たいてい「選考はまだ続いてますので、後日、正式にご連絡します。」などと、しっかりした返事が返ってくるでしょう。 その場合、もう少し待ってみるのもいいですね。

コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう

コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自己分析をやり直しておきましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけであなたの強み・弱み→それに基づく適職がわかります。

コロナで就活が自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。

最終面接から内定までの期間は企業によって様々!焦らずに1週間は企業からの連絡を待つこと

最終面接から内定までの期間についてご紹介していきました。

●一般的に最終面接から内定までの期間は早く、翌日から3日間までの期間が多い。

●社員数が多く、志望者数も多い大企業である場合、3日~1週間程度かかる場合がある。

●面接時に言われた結果通知期間を過ぎた場合、直接企業に連絡するのも一つの手である。

まずは焦らずに、最低でも1週間は企業からの連絡を待ちましょう。
また、企業に直接電話で問い合わせる場合は、相手を不快にさせない誠実な対応がなによりも大切になっていきます。
最終面接から内定までの期間を参考にして、企業からの内定連絡を待ちましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ