自己PR

【自分の欠点の答え方】見つける方法や好印象を与える例文をご紹介

就活では自分の欠点を聞かれることが多い

就活では自分の欠点を聞かれることが多いため、事前にどのように伝えるかを考えておく必要があります。自分の欠点を上手にアピールできず困る人は多いですし、マイナスの評価になってしまう人もたくさんいます。

欠点のアピールは長所を伝えるよりも格段に難しいですし、上手に伝えなければ大きく減点されてしまうので注意しなければなりません。欠点を伝えればマイナスの印象を与えてしまうのではないかと不安に思う人も多いですが、それもアピール次第です。

欠点であっても上手に伝えれば好印象になりますし、評価されることも可能です。自分の欠点は何をアピールするか、どのようにアピールするかが大切ですので、上手な伝え方をマスターしていきましょう。

あなたの就活力は何点?

就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

自分の欠点を聞かれる理由

自分の欠点を上手にアピールするためには、欠点を聞かれる理由を知っておくことが大切です。面接での質問はさまざまなありますが、欠点を問う質問は頻出であり、業界に関わらず聞かれることが多いです。

どの業界、企業でも聞かれるということはそれだけ重要な質問ということですし、評価されているポイントは必ずあります。何がみられているのか、評価の基準を理解して、どのような内容で伝えればいいのかを考えていきましょう。

自己分析ができているか

企業が自分の欠点について聞くのは、自己分析ができているかを知るためです。欠点をアピールするためには、自分自身について理解しておかなければなりませんし、自己分析は必須です。

自分でも知らない内容をアピールすることはできないので、上手に伝えられるかどうかで自己分析をどこまで深められているかが見られています。自己分析は就活の基本ですし、これがきちんとできているかで、就活への本気度や企業への志望度がチェックされているので注意しましょう。

自己分析ができていない=本気で就活に取り組めていないとして、不誠実な印象を与えてしまいます。場合によっては大きくマイナスの評価になりますし、自己分析をきっちりおこなって、欠点を見つけておくことが大切です。

自分の弱点と向き合えているか

自分の欠点とは言い換えれば弱点ですし、しっかりアピールできるかどうかで自分の弱点と向き合えているかが見られています。誰しも欠点はありますし、弱点を持っていること自体がマイナスの評価になるわけではありません。

問題は欠点を把握した上で、それときちんと向き合えているか、克服しようと努力できているかどうかです。マイナスの要素をそのまま放置するのはよくありませんし、現実から目を背けて楽をしようとしているという印象を与えます。

また、弱点と向き合えているかどうかで、成長意欲の程度も見られています。弱点としっかり向き合えている=成長意欲が高いと判断され、反対に向き合えていない=成長意欲がないと評価されるので注意が必要です。

仕事をする上で致命的な欠点ではないか

欠点が問われるのは、仕事をおこなう上でも問題にならないかを確認するためでもあります。欠点を持っていることは仕方ありませんが、その欠点が致命的なものであれば話は別です。

どれだけ魅力的な人材であっても、仕事をする上で致命的なほどの欠点を抱えている場合は、評価は最悪になってしまいます。仕事は単に能力があれば活躍できるわけではなく、仕事との相性、企業との相性があることも大切です。

相性が悪ければ活躍すること自体が難しくなりますし、場合によっては全く成長できず、就職してもすぐに辞めてしまうこともあります。欠点を聞くのは企業との相性を図るためでもありますし、採用側としてもこの質問を重視している理由は大きくここにあります。

自分の欠点の見つけ方

自分の欠点をアピールするためには、まずは題材を探さなければなりません。自分の欠点を見つけるのは大変な作業ですが、考え方次第では簡単に見つけられることもありますし、探し方を知ることが大切です。

自分の欠点が見つけられない人の多くは、そもそも探し方を間違っている可能性が高いです。上手な見つけ方を知って、アピールの土台となる題材を探していきましょう。

失敗した経験から見つける

自分の欠点は、失敗した経験を思い起こせば見つけられる可能性が高いです。失敗には必ず原因がありますし、自分に非がある場合はそれが欠点となります。欠点をアピールする際は、どんな欠点があるかだけではなく、それが本当であることを伝えるために、根拠を提示しなければなりません。

もっとも説得力が高いのは、欠点を発揮してしまったエピソードです。失敗経験から探せば一気にアピールの大半が完成します。自分の欠点から先に探してそれを伝えるためのエピソードを探す方法もありますが、経験から探した方が効率的ですし欠点も見つけやすいです。人生の中でも特に大きな失敗経験を思い起こし、エピソードから欠点を探っていきましょう。

長所から探す

自分の欠点を探そうと思えば、短所を探る人が多いです。短所は欠点としてアピールできますが、このとき短所だけではなく長所も一緒に考えることが大切です。長所は裏返せば短所になりますし、長所から欠点を探すこともできます。

長所から探せばアピールできる題材の選択肢も増えますし、より内容に厚みを持たせることができます。また面接では欠点だけではなく、自己PRや長所なども併せて求められることが多いです。

自身の魅力と欠点が矛盾している場合は、面接官もどちらを信用していいか分からなくなりますし、アピール力は低くなってしまいます。長所から欠点を探すことで、より一貫性を持ったアピールになりますし、高評価も獲得しやすいです。

周囲の人に意見をもらう

自分で欠点を見つけ出すのが難しい場合は、周囲の人に意見をもらうのもおすすめです。欠点を探す場合は基本的に自分を客観視しますし、他の人に聞くことで自分では気づけないことが分かる場合もあります。

理解しているつもりでも、自分だからこそ分からないこともたくさあんありますし、行き詰ったときは周囲の助けを借りることが大切です。直接欠点を聞くのが難しければ、長所を聞き、それを裏返して欠点を見つけるのもおすすめです。

答えが得られない場合でも、他人の意見が何かの参考になることはあります。それが欠点を見つけ出すヒントになる可能性もあります。就活は1人で進めるには限界がありますし、うまくいかないと感じれば周囲の力も借りましょう。

自分の欠点をアピールする例文

ここからは具体的に、自分の欠点をアピールする例文を見ていきましょう。長所を伝えるアピールは想像しやすいですが、欠点を伝えるアピールとなると具体的にイメージが湧かないという人も多いのではないでしょうか。

ここからは、欠点としてよく挙げられる代表例についてみていきます。参考にし、書き方のパターンを押さえていきましょう。自分が欠点と感じているものと重なるものがあれば、参考にして自分のアピールを組み立てるのもよいでしょう。

例文①:周りが見えなくなる

私の欠点は、物事に集中するあまり周囲が見えなくなることです。視野が狭くなることで行き詰まることもたくさんありました。大学では経済学を専攻しており、卒論は「地域経済と特産の関係性」をテーマに作成しました。卒論は自分1人で行うものという認識が強く、毎日調べものをしたり、文章の作成に励みました。しかし、どうしても分からない問題にぶつかり、このままではいけないと思って教授やゼミの仲間に相談しました。相談することであっさりと解決し、周囲に頼る大切さを学びました。今ではのめりこみ過ぎないよう注意し、必要に応じて周囲に頼り、また求められれば力を貸し、協同して物事に取り組むことができています。

例文では物事に集中するあまり、周囲が見えなくなることが欠点として語られています。最初に欠点を述べることで、アピールポイントを明確に提示できていますし、内容も伝わりやすいです。

卒論のエピソードを使って根拠を示せており、説得力を持たせたアピールができています。単に欠点を伝えるだけではなく、どのように克服したのかが述べられていますし、成長できたことが伝わり好印象です。自分ひとりでおこなうのではなく、チームワークが発揮できるようになったことが伝わり、これも評価されるポイントでしょう。

例文②:優柔不断

私の欠点は優柔不断なことです。複数の選択肢のどれもが魅力的に思えてしまい、なかなか決断することができません。大学時代はサークルや飲食店でのアルバイトなどもおこなっていましたが、スケジュールを組む際にもいちいち悩んでしまい、ぎりぎりで予定が決まったり、チャンスを逃してしまうこともありました。
しかし、2年生になったときに、「このままではまずい」と思いました。同時に、時間をかけて悩むことが、プラスになる場合とならない場合があることに気がつきました。それからは「時間をかけることに意味があるかどうか」をまず最初に考えるようにし、意味がある場合は期限を設けて考えるようにしました。逆に、時間をかける意味がないときには直感で結論を出し、問題があれば後から修正するようにしました。
こうしたことで以前よりスムーズにスケジュール管理などができるようになり、物事が効率良く進むようになりました。入社後もこのような工夫をおこない、優柔不断さがネックにならないように業務に当たりたいと考えております。

この例文では、優柔不断さが欠点であると気がつき、自分なりに対処したことが書かれています。欠点に対して具体的な対処をしている点は好感を持てますし、その結果、物事が効率良く進むなど、良い方向に変化していることがわかります。問題点があれば工夫して改善しようという姿勢が伝わってきます。

例文③:人見知り

私の欠点は人見知りであることです。大学入学後のオリエンテーションでは、同じ新入生に話しかけることができませんでした。しかし、入学して2カ月程経つと、数人の仲のよい友達ができました。彼らと話す中で、彼らは私のことを「人見知り」ではなく、「自分をしっかり持っている人」という印象で捉えていたことがわかりました。
自分の認識と、他の人の印象のズレに気がついてからは、以前よりも物怖じせずに人と話せるようになりました。友人も増え、一緒に楽しいキャンパスライフを送ることができました。社会に出てからも必要以上に人見知りを気にせず、丁寧に相手に向き合って信頼関係の輪を広げたいと思っています。

こちらの例文も、最初に自分の欠点が明確に示されており、とてもわかりやすいです。最初に結論を持って来るのは就活や実際のビジネスで基本となりますので、この機会に慣れておきましょう。他人からの印象について知ったことで人見知りが以前より気にならなくなったこと、今後もよい人間関係を築いていきたいという意欲が伝わってくる内容です。

例文④:我が強い

私の欠点は我が強いことです。ゼミでも部活動でも、自分が納得のいかないことに黙って従うということはせず、疑問点などは相手に伝えてきました。「チームの和を見出す奴」と批判されたこともありましたが、徐々に周囲に受け入れられてきました。どうやら、私が感じていたことは他のメンバーも感じているケースが多く、私以外の人たちは空気を読んで我慢していたようでした。実際、ゼミの発表の進め方については私の指摘通り問題があったことがわかり、同じように感じていたメンバーも声を上げ、改善することができました。
我が強いと周囲と衝突してしまうこともありますが、自分の意見を伝えることは問題解決をもたらすケースもあると思います。社会に出たら、さまざまな人の立場を踏まえ、「どのように伝えたら相手が受け入れやすいか」を考え、自分の意見を発信していきたいと考えています。

この例文では「我が強い」という欠点を挙げていますが、自分の意見や考えをしっかりもっており、それが問題解決に役立ったということが伝わってきます。ただし、社会ではただ自分の意見をそのまま伝えるだけでは不十分でしょう。そのことを踏まえ、今後どうしていきたいのかが書かれています。

例文⑤:計画性がない

私の欠点は計画性がないことです。思いつきで行動する傾向が強く、じっくり時間をかけて取り組むことなども苦手でした。大学1年のとき、急にプログラミングが勉強したくなり、Swiftについて勉強し始めました。結果、英語の勉強時間を圧迫することになり、単位を落としそうになってしまいました。「これではまずい」と思い、2年生からは思いついたことをすぐ行動に移さず、一旦ノートにメモする習慣を作りました。やりたいことをノートに書くことで、全体を見渡し、やりたいこと・やるべきことの優先順位が付けやすくなりました。
結果、2年次は学業も好調で、プログラミングではスマホアプリを自分で開発できるようになりました。この方法のおかげで、思いついたことに短期集中することで結果を出し、長期的な取り組みでもパフォーマンスが維持できるようなりました。就職してからも、自分の興味と計画性のバランスをとり、高いパフォーマンスで仕事ができるようにしたいと考えます。

計画性がない反面、思いつきで何かをすると高い集中力を発揮できるという人も多いでしょう。全ての欠点の裏側には長所もあるものです。それを踏まえた上で、長所を活かしつつも欠点をなるべく目立たなくすることが求められるでしょう。この例文も自分の実際の体験が述べられており、説得力があります。入社後の仕事への意欲も感じられ、好印象でしょう。

例文⑥:神経質

私の欠点は神経質なところです。細かいことが気になりやすく、そんな自分を変えたいと考えた時期がありました。しかし、考えが変わりました。私は結婚式場でサービスのアルバイトをしていたのですが、写真撮影の際の列席者の服装の乱れなど、細部に気がつくことで喜ばれる経験をしました。
神経質という特性も、活かせる場面があることを知り、これからは有効に使っていこうという考えになりました。入社後は神経質な性格をよい方に活かし、細部まで丁寧な仕事をすることで貢献していきたいと考えます。

この例文では、欠点そのものを改善しようとはせずに、よい点を活かすという方向性でまとめられています。欠点として見てしまいがちな性質について、よい面に目を向けるというのはとても大切です。「神経質だからこそ細部まで丁寧な仕事がしたい」というポジティブな意欲が伝わってきます。

例文⑦:心配性

私はとても心配性です。学生時代は電車通学でしたが、「電車が遅れてきたらどうしよう?」「万が一乗り遅れたらどうしよう?」などと心配し、常に1〜2本前の電車に乗ってきました。大学では文化祭実行委員会に所属していましたが、そこでも起こりそうにないリスクを想定して考え込んでしまい、周囲からは「そこまで心配しなくても」と笑われることもありました。
しかし昨年の文化祭は、心配性の私が近所に協力を呼びかけたり、各部活・サークル代表者と密に打ち合わせをしたこともあって、毎年あった文化祭中の騒音クレームがゼロでした。このように、リスクを想定して事前に手を打てるというのは、心配性ならではのメリットと考えます。御社でも、心配性の性格をよい方向に活かし、リスクを防いで貢献していきたいと考えております。

この例文も、心配性のポジティブ面に注目した書き方がされています。心配性という特性は、リスクマネジメントに適している場合が多いでしょう。常にさまざまなケースを想定する傾向があるため、リスク回避が得意であること、実際にリスクを回避した経験などを伝えていくのも効果的でしょう。

例文⑧:頑固

私の欠点は頑固なところです。自分が「これが正しい」と思うと、その考えに固執する傾向が強いです。それがよい方向に働いたこともありました。ゼミで私の立てた仮説に他の人たちは「間違いだ」と指摘しましたが、私は自分の考えを疑わず、地道に研究を重ねたところ、やはり私が正しかったことがわかりました。このとき、私は他の人の意見を全く聞かなかったわけではありません。他の方の意見を踏まえた上で、逆に自分の仮説が正しいという確信を持ちました。
発表の際も、私の仮説への反論に反論をすることで、より説得力のある話ができました。しかし一方で、「他の方の話を聞いている」ことを、もっと態度で示す必要があったのではないかと思います。入社後は、自分の任された仕事を信念を持って遂行すると同時に、「周囲の人にどう受け止められるか」も配慮していきたいと考えております。

この例文では、頑固であることが良い方向に働いた経験が書かれています。学生時代の具体的なエピソードと、そのエピソードに対する分析がわかりやすくまとめられています。「自分の信念を貫くことの大切さ」と「周囲にどう受け止められるか」のバランスをとるという課題も明確です。

例文⑨:流されやすい

私の欠点は「流されやすい」ことです。いろいろな人の意見を耳にすると、そのどれもがよい意見に思えてしまい、最終的な判断がいつまでたってもできません。しかし、この特性がプラスに働いたこともありました。私は女子バレー部に所属しており、ミーティングで意見が複数に割れてしまったことがありましたが、各立場の意見を聞き、それぞれの主張を別の立場の人たちにわかりやすく伝えました。
それにより、「確かにそういう考えもあるな」と気がつく人が増え、話は穏便にまとまりました。入社後は流されやすい自分の特性をうまく使い、異なる立場の人の調整役として活躍したいです。

この例文も、欠点をポジティブに発揮したいという方向性でまとめられています。流されやすいということは、それだけ他者の考えを理解したり、共感したりできるということです。そうした特性は、コミュニケーションやチームでの仕事で役立つ可能性が大きいでしょう。

例文⑩:仕切りたがり

私の欠点は仕切りたがりなことです。自分の知識やできることで人の役に立ちたいという思いが強く精一杯動こうとするのですが、気がつくと仕切っており、周囲から煙たがられることもありました。学生時代は文化祭実行委員会でしたが、2年次に私が仕切ったことでメンバー数人がやる気をなくしてしまい、作業がスムーズに進まなくなってしまったことがありました。
もともと人の役に立ちたいという思いから行動しているはずなのに、結果的に逆の状況になっていることに危機感を覚えました。3年次には委員長を任されましたが、自分の意見を押しつけず、メンバーそれぞれの意見を聞いた上で全員で方向性を定め、全員が自主的に動く方向に転換しました。結果、2年次よりもスムーズに作業が進みました。就職してからも、自分がよかれと思ったことに固執せず、チーム全体を見て柔軟に動いていきたいです。

この例文では、仕切りたがる動機が「人の役に立ちたい」からきていることが書かれています。「人の役に立ちたい」という思いは仕事をする上でとても大切ですし、うまく方向転換できれば優れたリーダーになる可能性もあるでしょう。例文では実際に自分の問題点に気付き、方向転換したことで成果が得られた経験が書かれています。このような経験を具体的に書くことで、採用側は入社後の取り組み方をイメージすることができるのです。

自分の欠点をアピールする際の注意点

自分の欠点を伝える場合はさまざまな注意点があり、それが守れていないと大きくマイナスの評価になる可能性があるので気をつけなければなりません。そもそも欠点自体がマイナス要素を含んだものですし、高評価を獲得するためには細心の注意を払って伝えることが大切です。

自分の欠点はいかに上手に伝えられるかも大切ですが、評価を下げずに伝えられるかも重要なポイントです。注意点を正しく理解して、評価を下げないようにしましょう。

欠点だけを伝えるのはNG

自分の欠点を伝える際、欠点だけをそのまま伝えるのはNGです。欠点のみ述べてしまうと、自分の弱点をさらすだけになり、当然評価は下げられてしまいます。マイナスイメージが強くついてしまうため、選考でも大きく不利になるので注意しなければなりません。

自分の欠点を伝える際は欠点を述べ、それをいかに克服するかまで併せて伝えることが大切です。企業としては単に欠点を知りたいだけではなく、どのように向き合っているのかも見ていますし、克服するところまで伝えることで評価されます。

欠点の克服については、現在進行形でも構いません。まだ克服できていないとしても、改善するためにどのような努力をしているかを伝え、取り組みの姿勢をアピールしましょう。

改善できない欠点はNG

自分の欠点は克服するところまで伝えてワンセットですので、改善できないものをアピールするのはNGです。改善できない欠点を抱えているとなれば、当然印象は悪くなります。また、克服するための取り組みが、全く成果を出していない場合も注意が必要です。

欠点の克服に向けて努力をすることは大切ですし、弱点に向き合う姿勢は評価されます。しかし、それが全く意味をなしていなければ評価の対象にはなりません。長年努力を続けていても、全く改善されていないのであれば、努力の方法が間違っている可能性が高いです。間違った努力はどれだけおこなったとしても評価されることはありませんので、少なからず成果が出たことでアピールしましょう。

仕事をする上で致命的な欠点は避ける

欠点を伝える際には、致命的なものは避けてアピールしなければなりませんが、何が致命的となるかは志望先の企業によって異なります。一般的には致命的でなくても、企業での仕事をする上で致命的になるものは伝えない方がいいですし、伝えてしまうとその時点で不合格になる可能性が高いです。

企業ごとに求められる能力は違いますし、必要な資質、適性も異なっています。致命的な欠点を伝えてしまうことで、仕事で活躍できないだけではなく、企業研究ができていない印象も与えてしまい、評価は一気に下げられてしまいます。

欠点は伝え方も大切ですが、それ以上に題材選びが重要になりますので、志望先での仕事についてきちんと理解を深めて、アピールする内容も変えていきましょう。

自分の欠点はマイナスをプラスにしてアピールしよう

就活では自分の欠点についてアピールを求められることが多く、どのように伝えるかが評価を分けるカギになります。高評価を得るためのポイントはさまざまありますが、大前提として大切なのは、マイナスをプラスに変換して伝えられるかどうかです。

欠点はマイナスのものですし、これをそのまま伝えるだけでは評価には繋がりません。アピールの仕方を工夫して、プラスの印象を与えることが大切であり、どれだけポジティブに伝えられるかが重要です。

プラスの印象を与えられれば、欠点も評価されますし、選考でも有利になります。暗い印象を与えないことが大切ですので、自分の欠点は前向きに伝えることを意識し、ポジティブにアピールして高評価の獲得を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ