自己PR

【リーダーシップとは】就活でアピールする方法を具体例付きで紹介

企業が求めるリーダーシップの性質

自己PRで上手にリーダーシップをアピールするためには、企業が求めるリーダーシップとはどのようなものなのかを知っておくことが大切です。リーダーシップと考えれば、カリスマ性を用いてチームを引っ張る存在をイメージする人が多いですが、企業で求められているのはそれだけではありません。リーダーシップにはほかにもさまざまな側面がありますし、どのような認識が正しいのかを理解しておきましょう。

①チームを統率できること

リーダーシップとして大前提にあるのは、チームを統率できる点です。チームがまとめられなければリーダーシップがあるとは言えませんし、これはもっとも基本となる部分です。チームをまとめるといっても、人によってまとめ方は違いますし、自分で先頭に立って引っ張るだけがリーダーシップではありません。

周囲の人と協力しながらチームの方向性を決める場合もあれば、サポートに回り、縁の下の力持ちとしてチームをまとめることもあります。どんな場合でも、チームの気持ちをひとつにし、共通認識を持つことが大切です。チームといってもさまざまな規模がありますが、必ずしも大規模なチームが統率できなければならないわけではありません。小規模でもまとめる力が評価されれば、好印象です。

②メンバーのモチベーションを高められる

企業が求めるリーダーシップとしては、チームメンバーのモチベーションを高められることも挙げられます。リーダーは単にチームをまとめるだけではなく、モチベーションを高めて、目的達成のためのやる気を出させることが大切です。モチベーション次第で目標が達成できるかどうかは違いますし、やる気が引き出せるというのは大きな魅力です。

もちろん、単にチーム内で盛り上げ役になればいいわけではありません。その場限りで雰囲気をよくするのではなく、中長期的にモチベーションを引き出すことが大切です。チームの士気を高めて物事の成功を目指せることが、企業が求めるリーダーシップであると言えます。

③目標を設定して物事に取り組める

目標を設定して物事に取り組めることも、企業が求めるリーダーシップのひとつです。これは個人としての目標を立てるだけではなく、チームとしての目標が設定できるかどうかが重要です。個人の目標であれば自分ひとりで達成を目指せますし、目標のレベルの設定も自由におこなえます。

しかし、チームの目標となれば、チームが達成できるレベルに合わせて目標を設定しなければなりません。自分の能力はもちろん、チームメンバーの能力も把握した上で目標を設定する必要がありますし、メンバー個人の力量を正確に判断する必要があります。上手な目標が設定できる=チームを正しく理解できていることでもあるため、管理能力の高さを示す意味でも重要なポイントです。

④個人ではなくチームで目標が達成できる

目標はただ設定するだけではなく、達成しなければなりません。チームに合った目標の設定はもちろん、達成ですることも企業が求めるリーダーシップのひとつです。ここでポイントなのは、個人ではなくチームで目標が達成できることです。いかに目標を達成できても、それが個人による達成ではリーダーシップとしては評価されないので注意しましょう。

リーダーシップはチームで発揮されるものであり、自分ひとりだけでは絶対に発揮できない能力です。リーダーには常に結果が求められますし、チームで目標を達成できなければ、リーダーシップがあるとは認められません。個人ではなく、チームとして力を発揮できることがリーダーシップの条件です。

36の質問に答えて自己分析をしよう

自己分析をいざ始めようと思っても、何を参考にすればいいのかや準備するものは何かなどが気になって、すぐに行動に移せないことが多いです。今すぐできたら、その時間が省けますよね。そこでおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。

このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプを診断できます。技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

リーダシップをアピールする方法

リーダーシップは企業でも高く評価される能力ですし、アピールすれば好印象になることは多いです。しかし、ただ漠然とアピールするだけでは評価はされず、せっかく能力あってもアピール力は半減してしまいます。

高評価を獲得するためには、工夫してアピールすることが大切です。同じ内容で伝えた場合でも、アピール次第で印象は大きく変わります。リーダーシップを上手に伝えるにはどのような点に注意すればいいのかを知り、上手にアピールしましょう。

どのようなリーダシップなのかを明確にする

リーダシップにもさまざまな種類がありますので、どのようなリーダーシップなのかを明確にしてアピールしましょう。自ら先頭に立ってチームを引っ張るのか、チームを後ろから押し上げるのかなど、自分はどのタイプに該当するかを明らかにしてから説明しましょう。

単にリーダーシップがあると伝えるだけでは、能力の概要がイメージしづらいですし、評価もされづらいです。リーダーシップがうまく伝わらず、場合によっては自分に備わっているものとは別のリーダーシップが評価される可能性もあります。自己PRは正確性が大切ですので、きちんと補足説明してアピールしていきましょう。

リーダシップを発揮した具体的な経験を述べる

実際にリーダーシップを発揮した具体的な経験を伝えましょう。自己PRは説得力が大切であり、アピールした内容を信じてもらう必要がありまう。どれだけ高く評価される能力であっても、本当に備わっていなければ意味がありませんし、リーダーシップがあると言うだけなら誰でもできます。

説得力がなければ、場合によっては嘘をついていると思われる可能性があり、信用を損なってしまいます。マイナスの印象を与えないためにも、具体的な根拠を提示してアピールすることが大切です。リーダーシップを発揮した経験を細かく伝えて、能力が本当に備わっていることをアピールしていきましょう。

企業で活かす方法をアピール

リーダーシップを明示できれば、それが企業でどのように活かされるのかを伝えていきます。リーダーシップが仕事でどのように活かされるのか、企業に貢献できるのかを具体的に伝えることが大切です。仕事での再現性を意識しながらアピールすると、企業で活躍する姿をイメージしてもらえますし、より高評価にもなりやすいです。

リーダシップをアピールする具体例

私はチームを後方から支え、全員の気持ちをひとつにするリーダーシップがあります。大学時代はバスケ部で、副キャプテンを担っていました。キャプテンはチームの方向性を決め、私は一歩引いたところで全員をサポートするという役割を担いました。
キャプテンが決めた方向性に疑問を感じる人がいれば個別で話し合い、お互いの認識を共有することで全員の気持ちをひとつにして、不満を解消しました。チームの結束力を高めることで、目標にしていたリーグ優勝も実現出来ました。御社でも縁の下の力持ちの存在としてチームを支え、気持ちをひとつにしてチームの最大の力を引き出すことで、目標の達成を目指したいと考えています。

具体例では、チームを後方から支えるリーダーシップがアピールされています。どのようなリーダーシップなのかが具体的に述べられており、アピール内容を明確に伝えられています。

どのようにリーダーシップを発揮したのかも、部活動の経験からアピールできていますし、説得力を高めて伝えられており好印象です。また企業での活かし方についても、言及されています。能力を活かして企業で活躍する方法が示されており、企業に貢献できることが伝えられています。

マイナスの印象を与えるリーダーシップとは

リーダーシップは企業に必要な能力ですし、上手にアピールすれば高評価を獲得することができます。しかし、リーダーシップの意味をはき違えていると、マイナスの評価になる可能性があり注意が必要です。リーダーシップは高評価が得られる反面、上手にアピールするのが難しい題材になります。どのようなアピールがマイナスの印象を与えるのかを知り、リスクを回避して伝えましょう。

自分勝手な行動

リーダーシップはチームをぐいぐい引っ張るとイメージする人が多く、実際にこれは間違いではありません。多少強引であっても、チームを引っ張るだけの力がある人は貴重ですし、リーダーとしての資質も強いと言えます。

しかし、ぐいぐい引っ張る場合でも、それが自分勝手になってしまうと、リーダーシップとは言えなくなるので注意が必要です。リーダーシップのあり方はさまざまですが、最終的にはチームのために働け、チームを考えて行動できることが大切です。

チームではなく個人の利益を追求するのはNGですし、自分勝手な行動で周囲に迷惑をかけることは避けなければなりません。自分ではチームを引っ張ているつもりでも、周囲から評価されていなければリーダーシップとは呼べないので注意しましょう。

結果を伴わない主導

上手にチームを運営できることがリーダーシップですが、たとえ良好な関係が築けていても、結果が残せていなければアピール力が半減します。リーダーシップは単にチームを引っ張る力ではなく、チームの力を引き出して目標を達成できることが大切です。

自分では上手に引っ張っているつもりでも、結果を伴わない主導ではリーダーシップ力を疑われる可能性があります。自分勝手とリーダーシップは対極にありますし、矛盾したアピールになれば印象は悪くなります。

具体例を通してリーダーシップとは何かを知ろう

リーダーシップは自己PRのアピールとして使用されやすい題材ですが、認識を間違っている人は多いです。企業が考えるリーダーシップと学生が考えるリーダーシップは別物ですし、正しい認識を持ってアピールしていきましょう。

間違った認識で伝えてしまうと、意図に反した情報が伝わってしまい、適切に評価してもらえません。具体例を通して企業が求めるリーダーシップとは何かを知り、それに合わせてアピールすることが高評価を獲得するポイントです。

リーダーシップは上手にアピールできれば、高評価になりますし、選考も有利に進められます。具体例を参考にしながら上手なアピールの方法を学び、高評価の獲得を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ