自己PR

「臨機応変に対応」で自己PRの基本4つ|伝え方のコツと例文3選

臨機応変に対応できることをアピールしよう

履歴書や面接において臨機応変に対応できることをアピールすることは就活において有効です。

場合によっては、相手にマイナスな評価をもたらすアピールポイントもありますが、臨機応変に対応できる能力は、どのような場合でも相手からプラスの評価をもらうことができるでしょう

ここでは就活において臨機応変に対応できることをアピールした場合の利点を説明していきます。就活において、相手が臨機応変に対応できる能力を高く評価する理由を把握しておきましょう。

どんな業界でも柔軟性のある人物を求めている

どのような業界においても柔軟性のある人物は重宝されます。柔軟性がなければ、入社した後に必要となってくる知識やノウハウを吸収することに大きな影響を及ぼすためです。

もし柔軟性がある人物であれば、どのような環境にも馴染むことができ、大きな成長が今後見込むこともできるので、企業にとっては有望な人材となります

また柔軟にあらゆる物事に対応できる人物は多くないので、柔軟性を履歴書や面接でアピールすることは、相手の印象の大きなポイントとなるでしょう。

柔軟性を履歴書や面接でアピールするのであれば、面接において言葉が詰まらないように気をつけておきましょう。もし柔軟性をアピールする際に柔軟性にかける態度を取ってしまうと、他の面接よりも厳しい評価を受けることがあります。

問題解決能力の高い人物は社会で重宝される

臨機応変に対応できる能力はあらゆる点で優れていますが、その中の一つである問題解決能力の高さは企業にとって、とても魅力的です。

企業は日々あらゆる課題を抱えいますが、特に取引などでアクシデントが発生した場合には、高い問題解決能力が必須になってきます。また経営を支えてくれる人材を求めているので、今後経営上に重大な問題が発生しても、対処してくれる人物を求めているといえます。

問題解決能力は人によっては成長しないこともある貴重な能力です。問題解決能力を高く有していれば、即戦力として企業で活躍することも不可能ではないといえます。

臨機応変に対応できる能力には問題解決能力も含まれているので、企業は臨機応変に対応できる能力をアピールしてくる人を取りたがる傾向にあるといえるでしょう

就活生に聞いた! 自己PRに選んだ強み

就活においては誰もが自身の強みをアピールする必要があります。実際のところ、就活生はどのような強みを武器にして就活に臨んでいるのでしょうか。今回は、就活生の皆さんに自己PRに選んだ強みを聞いてみました。

自己PRに選んだ強み

回答結果を見ると「臨機応変」はあまり多く選ばれている強みではないということがわかりました。誰しもが身につけられている能力ではないということかもしれません。

しかし、上位に「課題解決能力」があるので、臨機応変な対応を自己PRするときは、課題解決能力との差別化や、他にも培った力を盛り込むことが大切になりそうです

「臨機応変に対応できる」人の特徴

「臨機応変に対応できる」人の特徴

その臨機応変の能力にもいくつかのパターンがありますが、臨機応変に対応できる人の共通点としてあげられるのが「常に冷静で、客観的に物事を見ることができる」ことです

冷静でいることで、何か事態が急変したり、悪い方向に向かったときでも、焦らずに落ち着いて、現状を理解して対応を考えられます。

①あらゆる事態を想定することができる

臨機応変の特徴のひとつとして、あらゆる事態を想定して行動することがあげられます。さまざまな場合を想定しておくと、その後に自分がどう行動して対処にあたっていけばいいのかも予測しておくことが可能になります。

これによりアクシデントがあった場合でも素早く対応することができ、リスクを回避したり最小限にとどめることが可能です

またあらゆる事態を想定することができる能力は、リスクマネジメントに有効に活用するだけでなく、スケジュール管理においても発揮させることができます。

あらゆる事態に陥ることを想定しておくタイプの人は、自然と余裕のあるスケジュールを見積もるので、時間と気持ちにゆとりをもって物事に取り組むことが可能です。

②何事にも柔軟に対応できる

2つ目は何事にも機転をきかせて、柔軟に対応していけることです。これはどんな人とでも、どんな事態に遭遇しても、その場の空気を理解して、先読みし、その場にふさわしい対応をすることができることをいいます。

柔軟とはその場に順応することを意味しているために、その環境にあった対応を瞬時に自然とできることを意味しているため、何事にも柔軟に対応できるようになるとマルチに活躍することができるのです。「マルチに活躍する=ゼネラリスト」であると考えられています。

ゼネラリストとは、あらゆる分野に精通しているバランスの取れているタイプの人材のことを指します。何事にも柔軟に対応できるということは、ゼネラリストの志向を持っていることを意味しているのです。

自己PRが思いつかない人は、ツールを使うのが一番オススメ

自己PRのネタを決めても、それを裏付けるエピソードに悩む学生は多いです。しかし、特別なエピソードがなくても受かる自己PRを作ることはできます。

そこで紹介したいのが「自己PR作成ジェネレーター」です。ツールを使えば、簡単な質問に答えるだけ裏付けるエピソードが思いつかなくてもあなたの強みが完璧に伝わる自己PRが完成します。

ぜひ活用して、志望企業の選考を突破しましょう。

実際にツールで作成した自己PR例文
(リーダーシップが強みの場合)

私はリーダーシップを発揮できる人材です。 学生時代にサークル長として運営に携わった際に、リーダーシップを養うことができました。

サークル長を務めていたフットサルサークルでは、練習場所や時間が取れないことや、連携が取りきれていないことが問題でした。そこで、大学側に掛け合い週に二回の練習場所を確保し、時間を決め活動するようにメンバーに声かけを行いました。

さらに、週末明けに今週の活動の詳細をメンバーにメールで配信することで連携強化に努めた結果、サークル加入率を前年度の3倍まで伸ばすことができました。

問題にしっかりと焦点を当て、迅速に対応していき、周りを良い意味で巻き込んでいくリーダーシップを御社でも活かしてきたいと考えております。

③アクシデントに冷静に対応できる

3つ目は緊急に対応しなければならないことがあっても、焦らず冷静に対応することができることです。臨機応変とは、思わぬアクシデントに見舞われたときに、冷静に対応できるかどうかの能力のことをいいます

アクシデントが起きたとき、焦ってしまうと二次災害や想定以上の損失など起こりうる可能性あります。

冷静でいることで、心を落ち着かせて1つずつ対処すべきことを考えられます。アクシデントに対して冷静さは、経験が問われるケースも多くあるので、過去の前例を元に心を落ち着かせて1つずつ対処していく経験も必要です。

④他人の意見ややり方を受け入れられる

4つ目は他人との意見の違いや、やり方が自分の考えと異なっていても、それを柔軟に受け入れて行動できることです。

さまざまな場面で、人との意見や考えの不一致は起こるものです。しかし、他人の意見を一度受け入れ、その意見を取り入れながら行動できる人は、相手からの信頼も厚いケースが多いのです。

相手が自分の意見を取り入れてくれた、という気持ちを与えるため、逆に自分の意見も取り入れてもらいやすくなるのです。

つまり、他人の意見を受け入れられる人は人との信頼関係もスムーズに築くことができる、と言えます。この柔軟性はとくにチームプレイが必要となるケースに発揮されることが多く、仕事に置いても役立つ能力と言えるでしょう。

臨機応変に対応できることを伝える自己PR作成の基本4つ

臨機応変という強みを伝えるために、今度は自己PRを作成する際の4つの基本を紹介していきます。

臨機応変という強みは就活でアピールしやすい要素であるのと同時に、社会に出て行くと必要とされるスキルです。しっかりとPRをするためにはどうしたらいいのか。その基本を紹介していきます。

①企業が求める人物像をリサーチ

まずは、企業が求める人物像をリサーチすることです。志望する企業がどんな人材を求めているのかをリサーチして、自分の長所が高く評価されるかどうかを判断することを意味しています

たとえば、接客業の企業であれば求める人物に、人話すことが好きな人・コミュニケーション能力がある人といったように、対人スキルを求められるケースが多いです。

あらかじめ、企業が求める人物像を把握しておくことは重要になります。なぜ志望しているのかに通じてくる部分であるため、企業が求める人物像とかけ離れすぎないようにすることで、どういう人材を求めているのかを理解していくと、自己PRも書きやすいでしょう。

②伝えたいことを言語化しておく

2つ目は、伝えたいことを言語化しておくことになります。就活において何より重要なのは面接官に自分の強みが伝わるかということです

いくら自分の中で理解していても、それを相手に発して初めて意味を為すものであり、伝えたいことをまずは書き起こしてみたり、言語化することが大切になっていきます。

よくあるケースとして、どんな風に臨機応変で仕事にどう活かせるのか、頭ではわかっていても説明力がないことが挙げられます。

また、面接などで陥りやすいケースとして「頭ではわかっているが言葉にできない」があります。これについては練習と経験が必要です。

声に出したり書いてみるなどして、初めて伝えることに繋がります。それを経験していないと言葉にして説明をすることは難しいです。反復練習をすることと、伝えたいことを簡潔に伝えられるよう、言語化して整理しておくことが大切でしょう。

③「見せ方」を工夫する

3つ目は、技術的な部分になりますが、見せ方を工夫することです。見せ方は奥深いものでセンスも重要になっていきます。

1番オーソドックスな見せ方は、結論を最初に述べてあとはその理由と事実を述べるような形です。「主張・理由・事実」といったように3つの要素を文章にいれていくと、誰もが読みやすい文章へと変わっていきます

文章構成や話し方を工夫して、見せ方を変えるだけで格段に魅力的なものになっていくものです。面接官は大量の自己PRシートを読んでいるため、読みにくい文章はそれだけで飛ばされてしまい、しっかりと文章構成を守っている応募者のシートから読まれていきます。

見せ方を工夫することは、社会人になってからもとても必要なスキルです。就活のときから学んでいくと今後に繋がっていきます。

④文章構成を整える

①結論:先に自分を「〇〇な人間だ」と定義付けることで面接官に先入観を与える
②エピソード:結論をエピソードで裏付けして根拠を示す
③貢献:自分の強みは実際の仕事においてどう再現できるのかを伝える
④締め:「~できる」と根拠のない断言するのではなく、「~できるよう頑張ります」と意気込みの意味合いを込めて最後を占める

文章構成とは上述のようなものをいいます。まずは自分の主張を結論という形で最初に述べて、その文章で「1番何を伝えたいのか」それを最初に伝えることで、ある程度のイメージを持ちながら読むことができるのです。次にその結論に即したエピソードを書いていきます。

エピソードを読むことでその就活生の人となりや性格など、学生時代にどう頑張ってきたのかをエピソード調で伝えられるため、ここはしっかりと具体的に書くことが大切です。その次に、自分の強みがどのように仕事で活かせるのかを伝えていくことを意識していきます。

なぜなら、エピソードで終わってしまってはただの思い出話しになってしまうからです。その体験を仕事でどう活かしていきたいのか、ここを面接官は合否の対象としてよくみている箇所の1つになります。そして最後に意気込みを添えて文章の構成が終了です。

どれも欠かすことのできない要素であり、具体的なエピソードが就活生の個人を1番リアルに表現できる項目になります。

自己PRが思いつかない人は、ツールを使うのが一番オススメ

自己PRのネタを決めても、それを裏付けるエピソードに悩む学生は多いです。しかし、特別なエピソードがなくても受かる自己PRを作ることはできます。

そこで紹介したいのが「自己PRジェネレーター」です。ツールを使えば、簡単な質問に答えるだけ裏付けるエピソードが思いつかなくてもあなたの強みが完璧に伝わる自己PRが完成します。

ぜひ活用して、志望企業の選考を突破しましょう。

実際にツールで作成した自己PR例文
(リーダーシップが強みの場合)

私はリーダーシップを発揮できる人材です。 学生時代にサークル長として運営に携わった際に、リーダーシップを養うことができました。

サークル長を務めていたフットサルサークルでは、練習場所や時間が取れないことや、連携が取りきれていないことが問題でした。そこで、大学側に掛け合い週に二回の練習場所を確保し、時間を決め活動するようにメンバーに声かけを行いました。

さらに、週末明けに今週の活動の詳細をメンバーにメールで配信することで連携強化に努めた結果、サークル加入率を前年度の3倍まで伸ばすことができました。

問題にしっかりと焦点を当て、迅速に対応していき、周りを良い意味で巻き込んでいくリーダーシップを御社でも活かしてきたいと考えております。

就活生に聞いた! 臨機応変な対応をアピールするポイント

臨機応変な対応をアピールするポイント

臨機応変な対応ができることは、かなり強力なアピールになりますが、うまく伝えることができなければ評価にはつながりません。そこで、就活生の皆さんに、臨機応変な対応をアピールするときのポイントを聞いてみました。ぜひ参考にしてみてください。

臨機応変さを発揮した場面を具体的にイメージさせるという声が大多数

集まった回答のほとんどが、臨機応変に対応したエピソードを具体的に伝えることを意識したというものでした。

臨機応変さをアピールするにはそれが発揮されたエピソードが不可欠になります。そのため、具体的な状況を伝え、採用担当者にイメージを持ってもらう工夫を大切にしている就活生が多いようです。

的確な対応がとれている根拠を示すという回答も

一方で、臨機応変な対応の、行動の論理性や根拠などを示すことを意識しているという回答も散見されました。

行動の機敏さだけでなく、なぜそのように考えたのか、その考えは正しいものだったのかを伝えることも重要視されているようです

臨機応変な対応を自己PRするときは、具体的なエピソードと、その対応をとった理由や根拠を用意することが大切になりそうですね。

「臨機応変」の自己PR例文

ここでは「臨機応変」に対応できることを自己PRで伝えるための例文をいくつか紹介していきます。こちらを参考にして、ぜひ自己PRに役立ててください。

例文①

私の強みは、何事にも臨機応変に対応をすることができる点です。カフェのアルバイトで接客をしていて外国人のお客様がご来店された際、私は英語を流暢に話すことはできませんでした。
ですが、ジェスチャーと片言の英語と笑顔を欠かさず対応を心がけた結果、うまく伝えることができお客様にも満足をしていただきました。

私の強みは、人に合わせた対応を取れる柔軟性を持っているため、仕事をしていくうえでも、お客様のタイプに合わせて、気持ちがいいと思われる接客をすることができます。このような強みを仕事でも活かしていけるように意識付けしていきたいです。

※この例文は自己PR作成ツールで作成しました。
たった3分で受かる自己PRが完成する「自己PR作成ツール」

まずは結論として柔軟性のあるところを主張し、その後はそれにまつわるエピソードを交え具体的にアルバイトのシーンをイメージさせるように伝えています。自分が対応したことによって、お客様はどう変わったのかという点を入れて、さらに仕事でも活かしていきたいという思いも追加し、説得力が増すように構成されている内容です。最後は仕事への思いを入れて、エピソードがただの思い出話とならないようにしています。

例文②

私は柔軟な接客には自負があります。学生時代はファストフード店のアルバイトをしていました。さまざまなお客様が来店するため、そのお客様の層に合わせたメニューの提案や、サービスを提供していました。
たとえば、お年寄りの方がいらしていた際には、お席までお持ちしたり、小さなお子様がいらした際には多めにナプキンやお水を添えたり、マニュアルにはないことをおこなっていました。

その行為に対し、店長やお客様に評価して頂いたり、ありがとうと言われることが多くなりました。このことからマニュアル一辺倒のやり方ではなく、目の前を見て臨機応変に対応していくことが真の接客だと感じました。この接客スキルをぜひとも御社のサービス営業で生かせればと考えております。

※この例文は自己PR作成ツールで作成しました。
たった3分で受かる自己PRが完成する「自己PR作成ツール」

ここではアルバイトでのエピソードで、マニュアルに沿った対応ではなく、顧客を見てそれぞれに合った接客をおこなっていた点を述べることで柔軟性が高い点をアピールすることができています。自分で考えておこなっていた具体的なエピソードを添えることで、よりわかりやすく情緒的に伝わます。これが先に述べた、その場の空気を読んで柔軟に対応すること、と言えるのです。

例文③

私は突発的なトラブルの処理が得意です。学生時代はイベント会社のアルバイトをおこなっていました。主に、子供向けのショーや、タレントのライブなどをさまざまな商業施設でおこなう際の準備や、会場運営のサポートをおこなう仕事でした。

イベントなどではさまざまなトラブルが毎回起きました。たとえば観客が進入禁止のエリアに立ち入ったり、お子さんが騒いでショーが始められなかったり、機材が動かないなどです。

これらのトラブルのうち、お客様に対する対応を毎回担当しておりました。最初注意すると、不機嫌な方が多かったのですが、場数をこなすことで注意の仕方や、お客様を尊重した物の言い方などを学び、冷静に対処することで物事を処理することができました。

そのため、仕事においてトラブルが起きた際も、自分が誰のために何をすべきかを考えて対応していければと考えています。

※この例文は自己PR作成ツールで作成しました。
たった3分で受かる自己PRが完成する「自己PR作成ツール」

この例文では、アクシデントに冷静に対応できる点をアピールしています。具体的に大変だったエピソードを添え、自分が経験を重ねることでその対応方法を学んできたことを述べ、臨機応変さを伝えることができています。また、最後にどのような点を意識して対応しているかを記載している点もポイントです

臨機応変な対応は面接でもみられている

仕事でも想定外のことが発生することがあります。そのときに右往左往して手をこまねいているだけでは、事態はますます悪化することがあります。

企業の経営者は重々そのことを知っています。そのため想定外のことが発生したときは、社員に臨機応変に対応してほしいと思っているでしょう。

そんな思いから、面接の場でも臨機応援さをチェックしている可能性があります。マニュアル通りにしか動けない社員には、会社側は不安を感じます。 以下では応募者の臨機応変さを、どうチェックしているのかを紹介していきます。

質問に対する返答

面接官は意図的に、応募者が答えに窮するような質問をしてくることがあります。しかし、意地悪でそのような質問をしているのではありません。

面接官は質問に対する返答や表情で、応募者の臨機応変さを観察している可能性があります。そんな質問が面接官からきたときは、取って付けたような返答はしない方がいいでしょう。

答えに窮するような質問がきた場合は、正直な返答を心がけましょう。取って付けたような返答や、しどろもどろの返答は面接官に悪印象を与える可能性があります。

返答できるような質問に答えるのは差し支えないですが、どうしてもわからない質問には、正直にわからないと返答しましょう。その姿勢が面接官に好印象を与えることもあります。

トラブルが起きた際の行動

「大事な商談に行く途中で、電車が大幅に遅れたらどうしますか?」など、面接官は応募者の臨機応変さをテストするための質問をしてくることはあるでしょう。

このような質問には応募者は答えなくてはいけません。ここで言葉に詰まるようであれば、面接官に不安を与える恐れがあります。

「取引先に電話をします。電車の遅延で約束の商談時間に遅れそうです。申し訳ありません。到着時間がわかり次第すぐに連絡を差し上げますので、しばらくお待ちくださいと伝えます」のように伝えたら面接官は納得するでしょう。

しかし、すらすらと解答例が出ないときは何を差し置いても、相手に今の状況を伝えることが大切だと返答しましょう。返答を聞いた面接官は応募者の人間性を垣間見て、良い印象を受ける可能性があります。

就活生に聞いた! わからない質問をされたときの対応

わからない質問をされたときの対応

面接で自分が知らない・わからないような質問をされて、ピンチに陥る可能性はすべての就活生にあるといえるでしょう。今回は、実際にそのような状況を経験した就活生の皆さんにどのように対応したか調査しました。

多数の就活生が話そうとする姿勢を見せ評価につなげると回答

わからない内容に対して無言や「わかりません」で終わることがないようにしているという回答が多く集まりました。

知っていることだけを話す場合、回答としては不十分で、面接官からすれば回答の内容や様子から質問内容をわかっていないと気づかれるかもしれません。

しかし、ただ「わかりません」で済ませるよりも答えようとする姿勢や熱意は伝えることができると考えているようです。

しかし、無理にわかる部分だけで判断して答えようとして、的外れな回答になると評価につながらないので注意が必要です

素直に聞き返してありのままを見せたという声も

一方、わからないことを伝えて、聞き返したり、質問し直してもらうという回答も集まりました。

多くの就活生が、わかる範囲で自分の意見を述べたり、ごまかしたりせずに正直にわからないことを伝えるという判断をしているようです。

このときに真摯な対応ができるかが、社会人にとって重要な力であり、下手にごまかすよりも面接官には評価されることが考えられます

臨機応変に対応するスキルを高める方法5つ

臨機応変に対応するための能力はあっても困らない便利なものです。臨機応変に対処できる能力が自分にはなく、残念に思っている人もいることでしょう。

しかし臨機応変に対応するための能力は、生まれながらに所有している人もいますが、自分の努力次第で養うこともできる能力です。こちらでは臨機応変に対応するための能力をどのようにすれば養えるのかを説明していきます。

①経験を積む

臨機応変に対応するためにはまず経験を積むことが重要です。これは当然のことですが、臨機応変に対応するための能力は経験の多さが大きく影響します。

あらゆる状況を経験しておけば人間はしっかりと学習をおこなうので、今後同じようなことがあっても対応することができます。

そのためあるアクシデントを経験しておけば、また同じようなアクシデントが発生しそうな場合や、発生した場合に備えての解決策をすぐに提供することが可能です。

臨機応変に対応する能力は、経験を積めば積むほど高まっていく傾向にあります。経験を積むためには、アクシデントに遭遇した後にしっかりと反省をおこなうことが重要です

また解決策をしっかりと理解して覚えておかないと、今後にいかすことができないので気をつけましょう。

②知識を増やす

知識を増やすことは経験を増やすことに匹敵する、臨機応変に対応する能力を養う方法です。知識を増やしておけば、経験がなくてもアクシデントに対して臨機応変に対処することができます。

色々な経験を積むことができる環境であっても、自分が望むようなことを経験できることはめったにありません。そのため知識を増やすことによって、自分が持つ臨機応変に対応する能力を養うことができます。

知識を増やすことは経験を増やすことよりも簡単ではありますが、しっかりと知識を蓄えてアウトプットできる状態でなくてはいけません

知識を増やして臨機応変に対応する能力を養う場合は、ただ単に本などを読んで終わるだけでなく、実践的に活用できるかどうかが重要になってきます。

③自分の考えに固執しない

多くの経験や知識を自分の中に蓄えたからといって、全ての物事が必ずひとつの結果に帰結することはありません。

相手よりも自分の意見が優れていると感じても、自分の考えが正しいと固執して頑なになってしまうのではなく、相手の意見を受け入れる多様性も、臨機応変に対応する能力を養うためには重要になってきます。

柔軟でいることは、知識や経験を増やしていけばいくほどに保つことが難しい能力です。しかし相手の考えや状況を客観的に見ることができると、視野が広がりあらゆる観点からの考察が可能です

また視野が広がることによって、さらなる可能性を模索することができるようになるため柔軟性が養われます。

④視野を広く持つ

臨機応変な対応をするには、周りの状況を把握する必要あります。常に視野を広く持ち、周囲の人や物事の動きを察知しておかなければなりません。そして、実際の行動が伴うことが大切です。

面接の質問に答える際は「面接官がどのような意図で質問しているのか」を考え、それに即した回答をする必要があります

臨機応変な対応を心掛けていても、それが相手の意に背くことであれば意味がありません。視野を広く持つというのは、周囲の状況を正しく判断する力も大切になります。

⑤目的を正しく理解する

臨機応変に対応するには、どのような目的で物事が進んでいるのかを理解する必要があります。目的を正しく理解できていないと、臨機応変な対応をしたと思っても全く的外れなことをしている場合があるのです。

正しく目的を理解しておくことで、たとえば話が脱線しても軌道修正できたりと、その場に応じた対応ができます

先ほどもご紹介しましたが、面接において面接官の意図を汲むというのも、目的を正しく理解するというのに通じます。臨機応変な対応をスマートにこなすためにも、置かれた状況の目的を正しく理解しましょう。

臨機応変な対応で大切なのは面接官に「伝える」こと

ここまで、臨機応変という強みについてや、自己PRの書き方について述べていきましたが、1番大切なことは、面接官に強みを自分の言葉で伝えることです

その伝えるという行為は簡単なようですが、練習をしたり経験を積まなければ難しいものになります。伝えることという行為は自分らしい言葉で伝えることが大切です。

もちろん、文章構成のように決まった型はありますが、その型を理解したうえで、あとは自分らしく表現することを実践していくことが重要になります。伝え方のポイントとしてはまずは結論から入り、エピソードを入れていくといったような一貫性を持った伝え方を心がけてください。

大切なのは、「面接官に自分の言葉で伝えること」を頭の中に思い描くだけではなく、実際に声に出して、書いてみて、伝えることを反復練習をすることを意識していきます

何事にも準備は勿論大切ですが、あとは自分の気持ちを合わせて伝えることを意識して挑めば、就活が成功する可能性も高くなっていくでしょう。

【面接での難しい質問への対処に関する調査】

調査方法:ポート株式会社が運営する企業口コミサイト「就活会議」会員へのダイレクトメール
調査日:2022年4月8日~11日
調査元:「就活の未来」を運営するポート株式会社
調査対象者:23卒・24卒の就活会議会員の30人

【強み・長所に関する調査】

調査方法:ポート株式会社が運営する企業口コミサイト「就活会議」会員へのダイレクトメール
調査日:2022年5月13日~18日
調査元:「就活の未来」を運営するポート株式会社
調査対象者:23卒・24卒の就活会議会員の123人

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ