自己PR

【自己PRで専門学校の経験をアピール】盛り込む内容や例文をご紹介

自己PRで専門学校での経験を述べる

自己PRでは、専門学校での経験をアピールすることも可能です。専門学校ではひとつの分野に特化して学びますし、他の人にはない経験やスキルを持っていることも多いため、上手にアピールすれば高評価も獲得しやすいです。

しかし、アピールの方法次第ではせっかくの良い題材を台無しにしてしまう可能性もあるので注意しなければなりません。自己PRは何を題材にするかはもちろん、それをどのように伝えるのかも大切です。専門学校での経験は貴重なものですし、高評価を獲得するためにも上手なアピール方法を学んでいきましょう。

専門学校の経験で自己PRできること

専門学校の経験で自己PRできること

自己PRでは専門学校の経験を使うことができますが、アピールできる内容は実に多彩です。経験からさまざまな能力や人柄を伝えることができるため、上手に使えば高く評価されます。

自己PRを考える上では題材選びがポイントになります。どのようなことがアピールできるのかを知っておくことが大切です。専門学校の経験からは多くのことがアピールできるため、自分がアピールしたい人物像に合わせて題材を選びましょう。

専門分野の知識やスキル

専門学校では、専門分野に関する知識やスキルを身に付けていますので、当然それらはアピール可能です。専門性が高ければ高いほど評価の対象になりますし、選考でも有利になります。

新卒は即戦力よりも就職後に成長力を重視したポテンシャル採用であることが多いですが、必ずしも能力が評価されないわけではありません。能力があれば評価はされますし、即戦力として働けることが分かれば、採用に積極的になる企業は多いです。

ポテンシャル重視というのは、あくまで社会人としての能力がまだ備わっていないことを前提としたものですし、すでに身に付いているなら評価は高くなります。専門的な知識やスキルは、専門学校ならではのものですので、これらを自己PRに使うのはおすすめです。

専門性を追及する向上心

専門性を追及する向上心も、専門学校の経験からアピールできる題材のひとつです。専門学校では、ひとつの分野に特化して集中的に学びますし、とにかく専門性を高めるための勉強をします。

その道でのプロフェッショナルになることを目的としていますので、向上心の高さを評価されることが多いです。新卒ではポテンシャル採用が多いですし、向上心は高評価を得やすいポイントのひとつです。

専門分野は上を見続ければきりがありませんし、どこまでも努力を続けなければその道を極めることはできません。専門の道に入ったということは、上を見続ける覚悟ができているということでもありますし、常に努力を続ける向上心が備わっていると判断されます。

ひとつのことを続ける継続力

専門学校ではひとつの分野だけを学びます。ひとつのことに集中して学ぶため、最後まで続ける気持ちがなければ学校を卒業することすら難しいです。

専門学校を卒業できたということは、ひとつのことを継続できるだけの力があるということです。継続力も就活では高く評価されるポイントですし、アピールすれば好印象になる可能性が高いです。

何かを続けるのは大変なことですし、忍耐強さや物事への取り組みの姿勢の誠実さなどが評価されることもあります。継続力から派生して、さまざまな能力を評価してもらえる可能性があるため、アピール次第では高い評価を得られるでしょう。

自己分析が浅いと書類選考で落ちる!

書類選考を突破するには、自己分析が必須です。自己分析を疎かにしていると、提出した書類の内容が浅くなり、準備不足を人事に見透かされる可能性があります。

そこで、自己分析ツールの「My analytics」を利用してみましょう。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み・特徴が見える化し、書類選考を突破できます。

ツールを活用して自己分析を効果的に進め、書類選考を有利に進めましょう。

専門学校での経験を自己PRする方法

専門学校での経験からアピールできることはたくさんありますが、評価されるためには、それらをどれだけ上手に伝えられるかが重要です。アピールの題材が揃っていても、上手に伝えられなければ好印象を与えることはできませんし、アピール力は低くなってしまいます。

大切なのはどのように伝えるかであって、選考を有利に進めるためには、アピールの方法を工夫することが大切です。上手なアピールの方法を知り、専門学校での経験を自己PRに活かしましょう。

学校に入学した目的を述べる

専門学校での経験を上手に伝えるためには、まずはなぜその学校に通ったのかという理由を述べます。専門学校で学ぶということは、極端に言えばその他の選択肢を捨てて、ひとつのことだけを集中して学ぶということです。

選択肢を捨てるのには勇気がいりますし、なぜその分野の勉強をしたいと思ったのかを明確に伝えることが大切です。目的意識もなく専門学校に入学しているのでは、専門性が高いとは言えませんし、マイナスの評価になってしまいます。

専門的な勉強をするからには、明確な目的、理由がなければならず、それらをきちんと伝えることで、人柄や価値観を伝えることができます。専門学校で学ぼうと思った理由は、アピールの根本になりますので、必ず明らかにしておきましょう。

能力を身に付ける上で意識したことをアピール

専門学校に通っていれば専門分野の知識やスキルを身に付けることができますが、漠然と授業を受けているだけでは大きく成長することはできません。成長するためには目的意識が必要ですし、前向きな姿勢で学び、努力することが大切です。

自己PRでは物事への取り組みの姿勢も評価されているため、能力を身に付ける上でどのような努力や意識をしたのかアピールしましょう。意識的に取り組んでいることだけでも評価されますが、どのような意識を持っていたのかを明確にすればアピールの説得力を高めることができます。

自己PRは説得力を持たせて伝えることが大切ですし、成長の過程を評価してもらうためにも、取り組みの姿勢を重点的に伝えることが大切です。

学校での学びが仕事で役立てられることを伝える

自己PRでは、最終的な結論は企業での仕事に繋げることが大切です。どのような能力でも、仕事で活かせるかどうかが重要視されており、再現性を示さなければ高評価を獲得するのは難しいです。

自分にはどのような能力、特徴があり、それが仕事でどう活かせるのか、いかに企業にできるかを具体的に伝えることを心がけましょう。仕事への再現性や企業への貢献度の高さを伝えることで採用メリットを提示できますし、より高評価も得やすくなります。

企業の仕事に絡めてアピールすることで、仕事への理解度が高いことも伝わりますし、志望度の高さも評価してもらえます。志望企業で求められる能力や人柄を理解し、それに適合することをアピールしましょう。

専門学校での経験を自己PRする例文

私は介護の専門学校に通い、心理面からフォローする介護スキルを学びました。介護の業界を志したのは祖父が認知症を患い、老人ホームを利用したことがきっかけで、介護の重要性や大変さ、やりがいなどを知ったからです。私は祖父の世話をする中で身体的な介護だけではなく、精神的なサポートも重要だと考えました。
授業では様々な介護スキルを学びましたが、私は心理面でのケアについても学び、心のサポートが出来る介護士になるため、学校以外でも独学で勉強しました。御社では専門学校で学んだことを活かして、心身ともにサポートする介護を心がけ、利用者様に満足していただくことで、信用される存在へと成長したいと考えています。

例文では介護の専門学校に通っていたことがアピールされています。冒頭で何を学んだかが明記されており、アピール内容を明確にできています。最初に結論を述べることで、アピール内容が伝わりやすく、印象的に伝わるので好印象です。

なぜ介護業界を目指したのかも明らかにされていますし、自身の過去の経験と絡めて伝えることで、説得力を高めることができています。勉強の姿勢もアピールできており、向上心の高さが伝えられています。企業での活かし方も述べられており、再現性の高さが伝わり、これも好印象でしょう。

専門学校での経験を自己PRする際の注意点

自己PRは能力や人柄を提示すれば必ずしも評価されるわけではなく、アピールの方法次第ではマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。アピールを間違えれば評価は下げられてしまいますし、注意点を守って伝えることが大切です。

高評価を獲得するためには、好印象を与えることはもちろん、いかにマイナスの印象を与えないかも重要です。自己PRでの注意点を知って、専門学校での経験をミスなくアピールしましょう。

知識やスキルを披露するだけにならない

専門学校では専門性の高い知識やスキルが学べるのが大きな魅力ですが、それらを披露するだけでは、よいアピールにはなりません。自己PRでは知識やスキルを提示するだけではなく、それがどのように仕事で活かせるのかを伝えることが大切です。

企業で活かせるものをアピールしていたとしても、再現性が示されていなければ活躍する姿がイメージできませんし、アピール力も弱くなってしまいます。自己PRはいかに自分が企業で役に立つのかを伝えるためのものですので、仕事に絡めたアピールをすることが大切です。

専門用語はわかりやすく伝える

専門学校での経験をアピールしようと思えば、話が専門的になってしまうことも多いです。知識やスキルをアピールするためには、経験したことの概要を伝えなければなりませんし、専門的な内容になるのは仕方ありません。

しかし、面接官に理解してもらえなければ、アピールにはなりませんので、分かりやすいように簡単に伝えることが大切です。自己PRではお互いに共通認識を持って理解していることが大切ですし、誰にでも分かるアピールをすることを心がけましょう。

細かく説明しても、話が専門的すぎて理解してもらえなければ、正しく評価してもらうことはできません。まずは理解してもらうことが大切ですので、専門用語は多用せず、例えを使って説明するなどの工夫をしましょう。

専門学校の経験を自己PRで伝えるときは専門性の高さを魅力的に伝えよう

専門学校での経験からはさまざまなものがアピールできますが、一番の魅力は専門性の高さです。知識やスキルは評価の対象になりますし、それらが高い水準にあると分かれば、より高評価を獲得しやすくなります。

専門性は専門学校ならではの魅力ですので、上手にアピールすることが大切です。自己PRは自分を企業に売り込み、採用メリットを示すためのものですので、最終的には企業での貢献度の高さを伝えることがポイントです。

自分の専門性を活かして、企業にいかに貢献できるか、仕事で活躍できるかをアピールすれば、好印象を与えることができます。アピール次第で与えられる印象は変わりますので、上手に伝えて専門学校での経験を自己PRに活かしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ