自己PR

【自己紹介文の書き方】例文6選や評価を下げる注意点をご紹介

自己紹介文は就活で必須

自己紹介文は就活では必須のものであり、上手にアピールできるよう事前に考えておくことが大切です。就活ではさまざまなアピールが求められますが、自己紹介もその中のひとつです。

何かひとつのアピールだけで評価が決まるわけではなく、さまざまなアピールを総合して最終的な合否が決定するため、自己紹介であろうと油断してはいけません。自己紹介からこだわって伝えることができれば、より好印象を獲得しやすくなり、選考でも有利に働きます。

就活を攻略するためには細部まで徹底した準備が大切であり、細かい部分に目を向けることが他の学生との差別化を図るポイントです。自己紹介文の上手な作成方法、伝え方を知ってアピール力を高めていきましょう。

自己紹介文が重要な理由

よりよい自己紹介文を作るためには、まずはなぜ自己紹介が重要視されるのか、その理由を知っておくことが大切です。就活では自己紹介を求められることが多いため、伝える内容を事前に決めておくことが大切ですが、しっかり考えなければならない理由はそれだけではありません。

自己紹介文からは、さまざまなことが評価されているため、選考を有利に進めるためにも、念入りに作成する必要があります。なぜ重要視されるのかを理解して、自己紹介文の大切さを知っておきましょう。

就活での最初のアピールになる

自己紹介文が重要な理由は、就活における最初のアピールになるからです。面接では、業界や企業ごとに質問される内容が異なりますが、ほとんどの場合で自己紹介から求められます。面接開始時点での評価は、自己紹介の内容に委ねられるため、しっかり対策しておかなければなりません。

第一印象を決める

第一印象が決まることも、自己紹介を重要視すべき理由のひとつです。自己紹介は最初のアピールですが、伝える内容次第で評価だけではなく、印象も変わります。第一印象は面接においては非常に重要であり、いかに好印象を獲得できるかが合否を分ける大きなポイントです。

一度ついた印象を覆すことは難しいため、選考を有利に進めるためには、最初から好印象の獲得を目指さなければなりません。評価されるかどうかを決める重要なポイントでもあるため、自己紹介は非常に重要なものです。

あなたの就活力は何点?

就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。ぜひ、「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

自己紹介文の書き方

自己紹介文は、書き方を工夫することが大切です。自己紹介文といっても、一般的に考えられているものと就活で求められるものは異なります。高評価を獲得するには、就活に合わせた自己紹介文を作成することが大切です。書き方をマスターして、アピール力の高い自己紹介文を作成しましょう。

基本情報は必須

自己紹介文には、基本的な情報を必ず含めておきましょう。基本的な情報とは、自身の名前、大学、学部、学科名などです。自己紹介としては、これだけ揃っていれば問題はなく、アピール力を高めるためには後からさまざまな情報を肉付けすると考えましょう。

基本的な情報だけではアピールにはなりませんが、これらが含まれていないと、自己紹介として認めれません。評価されるかどうかに関係なく、自己紹介のベースとなる部分であるため、これらは必ず入れておきましょう。

パーソナルな内容を少しだけ入れる

自己紹介文では、基本的な情報に加えてパーソナルな内容をプラスして伝えることが大切です。大学での勉強や部活、サークル活動、ボランティア、アルバイト、自身の性格など、個人的な情報を交えて伝えることが大切です。パーソナルな内容を加えることで自己紹介に個性が生まれ、より印象的に伝えることができます。

自己紹介文は自分を売り込むためのものであり、個性を発揮して自分らしさを伝えることが大切です。ポイントは少しという点であり、自己紹介では話のきっかけとなるよう、簡潔に伝えることを心がけましょう。

選考への意気込みを述べる

自己紹介文では、選考への意気込みを述べることも大切です。自分の情報を伝えた上で選考への意気込みを語れば、意欲のアピールにもなりより好印象を与えやすくなります。また、意気込みを言い切る形で自己紹介を終えることで、明るい印象を与えることができるでしょう。

選考では自分をアピールすることはもちろん、企業への熱意や意欲を伝えることも大切です。高評価を獲得するためにも、自己紹介の段階から選考への意欲をアピールし、志望度の高さを伝えていきましょう。

自己紹介文の例文6つ

自己紹介文の書き方をマスターすれば、実際に就活で使う自己紹介文を考えてみましょう。書き方は理解できてたものの、アピールの内容が具体的にイメージできないという人は、例文を参考にしてみるのがおすすめです。

自己紹介文の作成に悩む人は多いですが、そのほとんどは、完成形がイメージできていないだけで、形さえ分かればスラスラ作成できることも多いです。例文を参考にしながら、イメージを膨らませ、自己紹介文の作成に役立てましょう。

例文①

○○大学経済学部、経済学科から参りました、○○(名前)と申します。私は小学校の頃からサッカーを続けており、大学でもサッカー部に所属していました。ポジションはずっとゴールキーパーで、大学時代は守護神と呼ばれていました。
サッカーでの経験からは、ピッチ全体を後ろから見渡す視野の広さ、状況を観察する冷静さなどを身に付けました。面接では冷静さを活かしながら、本来の実力を発揮してアピールしたいと考えています。本日は、よろしくお願い致します。

自己紹介の基本は、まずは基本的な情報を伝えることです。例文①では、大学名、学部学科名を伝え、自身の名前ときちんと基本情報を伝えることができています。その後、パーソナルな内容として、サッカーをしていることを述べており、個性をアピールできています。

単にサッカーをしていたとするのではなく、ポジションや経験から培ったものが述べられており、アピールに繋げられているでしょう。また、面接への意気込みも述べられており、前向きな姿勢であることが伝わります。

例文②

○○大学商学部から参りました、○○と申します。私は実家が奈良の山奥にあり、大学から東京に出てきました。実家は農家であったため、高校生までは通学前と放課後に畑の手伝いをしておりました。
農業は重労働でしたが、おかげで体力や忍耐力などが身に付き、東京に出てから大変なことがあっても、何とか乗り越えることが出来ました。面接では大学時代の経験などをアピールして、私のことをさらに知ってもらいたいと考えています。本日は、よろしくお願い致します。

例文②でも、まずは基本的な情報から述べられており、次にパーソナルな内容へとアピールを繋げられています。実家が農家であると述べることで、面接官の興味を引くことができ、さらに学校の合間に手伝っていたことで、好印象を与えられるでしょう。家族思い、真面目などの印象を与えることができ、誠実な人柄を伝えることができています。

例文③

○○大学文学部、英文学科から参りました、○○と申します。私は昔から読書が好きで、読書好きが高じて文学部への入学を決めました。現在は外国文学の古典について学んでおり、語学力はもちろん、日本人にはない考え方、価値観、文化の違いなどを学び、日々驚きと楽しみでいっぱいです。
面接では、これまでに学んだことはだけではなく、学びによってどんな成長があったのかも伝えていきたいと思います。本日は、よろしくお願い致します。

例文③では大学で勉強したことを主軸に、自己紹介をおこなっています。基本的な情報として、文学部英文学科に所属していることを伝えていますが、それをさらに深堀りして述べることで、自分らしさを発揮したアピールになっています。

なぜその学部、学科に入学したのかが分かり、個性を上手に伝えられているでしょう。また、大学で学んだこと、学びから成長があったことも、上手くアピールできています。それらを活かして面接に取り組みたいとすることで、意欲も述べられており、好印象を与えることができています。

例文④

私は○○大学の○○と申します。もともと服を作ったりデザインしたりすることに興味があり、学生時代も服飾デザイン系の知識を学んできました。今回は服飾に関わる御社の面接に参加させていただき、質問に対してはりきって答えたいと思っていると同時に、憧れていた御社での面接ということもあり多少緊張しています。
今回の面接ではできるだけ分かりやすく、丁寧に話し質問に回答していきたいと思っていますので、本日はよろしくお願いいたします。

こちらも大学で学んだことを自己紹介として取り込んでいます。過去の自分の経験を絡める自己紹介文は、内容によっては自己PRと変わらないものになってしまいます。自己紹介では自分をアピールするより、面接の意気込みなどを軽く話す方が会話のきっかけにもなります。

例文⑤

初めまして、○○県から参りました○○と申します。現在○○大学で○○を専攻しており、その中で一般企業と共に○○の開発プロジェクトに関わらせていただいています。 今回はその開発プロジェクトとはまた違うアプローチで○○に関わっていらっしゃる御社での面接ということで、今まで関わってきた内容との違いという部分にも期待をしています。
今までおこなってきたことを御社との面接で生かせれば、と考えております。本日は宜しくお願いいたします。

この自己紹介文では、大学での産学連携について話に出しています。例文④でも解説しましたが、こういった内容を自己紹介文に盛り込むのであれば、自己PRにならない程度に話の種として語るぐらいがいいでしょう。

例文⑥

○○大学○○学部の○○と申します。私は学生時代に、主に小売店で洋服販売のアルバイトに力を注いできました。アルバイトの中ではお客様に喜んでもらえるような販売員を日々目指していました。
御社でも主に洋服販売を事業のメインに据えているということもあり、アルバイトの中で得られた経験を活かしていくことができたら、と思っています。少しでも御社とのご縁ができましたら幸いです。本日はよろしくお願いいたします。

学生時代に打ち込んだ内容は、基本的に勉強だけではありません。アルバイトや課外活動などを交えることで、その後の自己PRに繋げやすいでしょう。応募する職種にあった自己紹介にすることも、熱意ややる気のアピールになります。

自己紹介文での注意点

自己紹介文は選考での評価を左右する重要なものであり、念入りに考えておかなければなりません。上手にアピールすれば好印象を与えられますが、アピールに失敗すればマイナスの印象を与え、選考でも不利になります。

上手にアピールするためにはミスなく伝えることが大切であり、注意点についても理解しておかなければなりません。注意点を踏まえて自己紹介をし、マイナスの印象を与えないようにしましょう。

自己PRと混同しない

自己紹介をする際によくある失敗が、自己PRと混同してしまうことです。自己紹介は就活における最初のアピールであり、自分の魅力を売り込むのは大切なことです。しかし、自己紹介はあくまで、自分を知ってもらうきっかけづくりであり、面接での話題を提供するにすぎません。

能力や人柄のアピールばかりに終始してしまうと、自己紹介ではなく自己PRになってしまうので注意しましょう。自己紹介を求められているのに、アピールばかりをして自己PRになってしまえば、質問の意図を理解できていないとしてマイナスの印象を与えてしまいます。自己PRも後から求められるため、それぞれ分けてアピールすることを心がけましょう。

長くなりすぎないよう注意

自己紹介は短く簡潔に伝えることが大切であり、自分のことを伝えようとするあまり、長くなりすぎないよう注意しましょう。たくさんのことを伝えようと情報を盛り込めば、アピールが長くなってしまいますが、長くなればなるほど伝わりづらくなります。

自己紹介は簡潔に伝えるからこそ印象にも残り、評価もされます。あまりに長くなると面接官は退屈してしまい、結局何を伝えないのかが分からず、印象に残らない可能性も高いです。

基本的に1分以内に抑えることを心がけ、文字数では200~300字程度で考えましょう。短くまとめた方がだらだらと自己紹介を続けるよりも好印象を与えることができ、面接でも有利になります。

面接では表情・声の大きさなども注意

面接で自己紹介をする場合は、自己紹介の内容も大切ですが、伝える際の表情や声の大きさなどにも注意しましょう。自己紹介で明るい人間性をアピールできていたとしても、表情が固く、声も小さく自信がない様子だと、本当は暗いのではないかと思われる可能性があります。

アピール内容と態度が矛盾していると、どちらを信用していいのか分からず、正しく評価ができません。また、場合によっては嘘をついていると思われる可能性もあります。自己紹介は第一印象を決めるものですが、それは内容だけで決定するわけではありません。

自己紹介の内容、伝える際の表情、声の大きさ、トーン、仕草など、さまざまなものを総合して評価が決定するため、内容以外の部分にも気を遣いましょう。

自己紹介文で第一印象が決まる

就活では自己紹介文は必須であり、これで印象のほとんどが決まるといっても過言ではありません。自己紹介は就活における最初のアピールであり、第一印象を決定づけるものです。

上手にアピールできれば選考でも有利になりますが、アピールに失敗すれば不利になる可能性が高いので注意しましょう。自己紹介文で高評価を獲得するためには、アピールの内容はもちろん、どのように伝えるかも意識しなければなりません。

内容と態度が一致していないと不自然な印象を与えてしまい、これもマイナスの評価に繋がる原因のひとつです。自己紹介文は就活の基本であり、重要なポイントのひとつです。上手にアピールして好印象を与え、選考を有利に進めていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ