自己PR

【自己PRで積極性を伝える例文】ポイントや注意点もご紹介

積極性は自己PRのおすすめ題材

null

就活では自己PRを求められることが多く、いかに上手に自分を売り込めるかが大切です。アピールにおすすめの題材は数多くありますが、志望度の高さや仕事への意欲を売り込みたいなら、「積極性」を題材にするといいでしょう。積極性をアピールすることで、仕事にも前向きに取り組めることが伝わり、仕事への意欲の高さが志望度の高さに繋がることも少なくありません。

ただし、積極性は自己PRの題材として適しているものの、これを使ったからといって、必ずしも高評価になるとは限らないため注意が必要です。高評価を得るには、アピールの方法を工夫しなければなりません。上手に自分を売り込む方法を知り、高評価の獲得を目指しましょう。

自己PRで積極性を使用する際のポイント

自己PRで積極性を使用する際のポイント

自己PRする題材そのものも大切ですが、それ以上にどのように伝えるかが重要です。せっかくいい題材を用いても、アピールの方法を間違えてしまうと、伝わる魅力が半減してしまいます。場合によっては魅力を伝えきれないどころか、マイナスの印象を与えてしまうこともあるでしょう。積極性でもこれは同じで、題材のよさを活かすためにはアピール方法を押さえておくことが大切です。

積極性を活かして何をしたか

自己PRで積極性を伝えるには、それを活かして何をしたのかを具体的に提示しましょう。単に「積極性がある」と言うだけなら誰でもできるため、アピールの信ぴょう性がありません。評価されるには、まずは積極性があるということを採用担当者に信じてもらう必要があります。

能力を認めてもらうには、根拠を提示してアピールすることが大切で、そのためにも積極性を活かして何をしたのか、できるだけ明確に伝えなければなりません。積極性を活かして達成したこと、あるいは物事への取り組みを経て積極性を身につけたことを提示できて、ようやくアピールのスタートラインに立てます。自己PRは信ぴょう性が非常に重要であるため、根拠は必ず提示しなければなりません。

具体的なエピソードを伝える

単に積極性がある、発揮したことがあると述べるだけでは、アピールに信ぴょう性がありません。自己PRは、まずそのエピソードが本当のことであると信じてもらえなければならないため、具体的なエピソードを提示しましょう。

積極性を活かしてどのようなことに取り組み、そこで何を成し遂げたのか、その時どのような苦労があったのかを細かく伝えることが大切です。また、エピソードは積極性を活かして活躍したものだけではなく、いかにして積極性を身につけたかというものでも構いません。

具体的なエピソードをつけることでその人にしかない個性が分かり、かつ本当に身についているのだと伝わるため、根拠をひとつは用意するようにしましょう。

行動を起こした動機も述べる

より信頼性を高めるためには、なぜそれをやろうと思ったのか、行動の動機を述べることも大切です。いかに積極性があるといっても、行動するからには必ず何らかの動機があります。意味もなく行動に移しただけでは、考えなしやがむしゃらといったイメージが強くなり、場合によってはマイナス評価にもなりかねないため注意しなければなりません。

きちんと動機があったことを伝えられると、アピールの信頼度は高まり、かつ軽率に行動しているわけではないということも伝わるでしょう。行動を起こした動機は自分発信でおこなったことに限定し、他人から強制されたことや指示されたことは理由から外す必要があります。

どのように周囲に影響できたか

積極性は就活でも評価されやすいポイントですが、実際に仕事をする上では当たり前に求められることでもあります。積極性は、言い換えると仕事へのやる気であり、そもそもこれがないとどのような人材でも企業は採用しようと思いません。積極性がある=やる気があるというだけのアピールになると、高評価を得ることが難しいです。

積極性が他人にどのような影響を及ぼしたのかも提示しましょう。同じ物事に積極的に取り組んでいる場合でも、自分ひとりで完結させたのか、周囲を巻き込んで目標を達成したのかでは、意味合いが大きく違ってきます。企業で求められ、かつ評価されるのは後者のため、可能な限り第三者を巻き込んで発揮した積極性を提示しましょう。

周りと協力する姿勢をアピールできると好印象

積極性があることは就活でも評価されるポイントですが、アピール次第では自分勝手に思われる可能性もあります。アピールの内容によってはマイナスの印象を与えてしまうため、このリスクを避けるためにも、周囲と協力できる姿勢を示すことが大切です。

積極的に物事に取り組み、かつ周囲と協調し、力を合わせることができると伝えることで、単に自分勝手で独善的ではないことが伝わります。ただ自分が思うままに積極的に行動してきたと伝えてしまうと、自分に悪気がなかったとしてもマイナス評価になる可能性が高いです。

周囲と協力できるかどうかは重要なポイントのため、可能な限り協調性があることも、何らかの形でアピールに盛り込んでおきましょう。

仕事でどのように役立てられるか

積極性に限らず、自己PRで評価されるには、仕事でどのように役立てられるかという点に言及しなければなりません。どれだけ素晴らしい能力、人柄を持っていても、仕事に活かせない、あるいは役立て方が提示されていないと、高評価を得るのが難しいことは理解しておきましょう。

積極性があるのは確かに大切で、上手に提示することで高評価が得られるのも事実です。しかし、それが仕事に活かせない、あるいは企業の利益に繋がらない場合は魅力が半減してしまう可能性があります。仕事での再現性は自己PRでもっとも重要な部分のため、どのように発揮できるかを具体的に提示して、活躍できることを明確にアピールしましょう。

自己PR作成ツールを利用してみる

うまくまとめる自信がない人は自己PR作成ツールを利用するのも一つの手段です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの自己PRが完成します。

完全無料なので、ぜひ活用しましょう。

積極性を使った自己PRの例文

積極性を使った自己PRを上手におこなうには、実際の例文を参考にして、そこから考えるのがおすすめです。例文を知ることで、どのようにアピールするのかひな型を理解することができ、自分のアピールも考えやすくなるでしょう。

また、自分が考えたアピールと例文を比較することで、どこがよくてどこを改善すべきかも分かります。ブラッシュアップにも使えるため、目を通して自己PRを磨く際に役立てましょう。

例文①

私は積極性があり、困難なことでも諦めずにやり通すことが出来ます。私は小学1年生でサッカーを始め、大学でもサッカー部に所属していました。大学のサッカー部は顧問の先生が非常に厳しく、入部当初は100人いた部員も1年で30人までに減りました。私は絶対にレギュラーを勝ち取ろうと決め、毎日努力しました。
コーチの厳しい指導にも耐えることでレギュラー入りし、キャプテンを任されました。御社でも積極性を活かして、難しいことにもいの一番に取り組み、チャレンジし続けることで目標を達成し、周りにもいい影響を与えて活躍します。

積極性をアピールする際には、例文のように、どのような積極性であるかを明示することが大切です。単に「積極性がある」とせず、「困難なことでも諦めず~」とすることで、より明確に人柄を伝えられています。

例文②

私は積極性があり、自分から行動し、周囲を巻き込んで目標の達成を目指すことが出来ます。大学時代は吹奏楽部に所属しており、管楽器のパートリーダーを任されていました。その時のコンクールの曲が非常に難しく、私は部活が始まる前と後に、自主練を行いました。部活中に難しい部分があると相談された時は練習に付き合い、一緒に自主練をしました。
その結果少しずつ自主練に参加する人数は増え、いつの間にかパート全員が参加するようになり、コンクールでも目標にしていた金賞を獲得出来ました。御社でも積極性を活かしてまずは自分から動き、行動で周囲を引っ張ることで活躍したいと考えています。

例文の②では、自らの行動によって周囲を巻き込み、目標を達成できることを強みとしています。エピソードから強制ではなく、自主的に周囲のメンバーを練習に引き込めたことが分かり、アピールの信ぴょう性が高く、強い根拠を示すことができているでしょう。

例文③

私は積極性を活かし、他の人が嫌がることでも挑戦して、結果を出すことが出来ます。大学時代は野球サークルに所属していました。サークルを運営する中で会計が必要となり、立候補者が出なかったため私が担当しました。私は会計をすればサークルで集めた会費を自由に使い、もっと楽しいことが出来ると考えていました。
実際にやりくりを考え、削れるところは節約することで催しにお金を回すことができ、赤字も会費に関する不満も出さずに、充実した活動が出来ました。御社でも大変なことに積極的に挑戦し、自分なりに工夫することで困難を乗り越え、成長して活躍したいと考えています。

例文③では人が嫌がることでも積極的に挑戦できるとあります。他の人が立候補しなかったことに進んで挑戦し、会費を上手に使うというやり方で結果を出しています。単に自分勝手にお金を使ったわけではなく、節約しながらやりくりし赤字や会費に関する不平不満が出ていない点は、評価できるポイントでしょう。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
サクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

自己PRで積極性を使用する際の注意点

積極性は自己PRでもおすすめの題材のひとつで、工夫してアピールすることで高評価を得やすいです。しかし、積極性を題材にしても、アピールの方法を間違えると高評価を得るどころか、マイナスの印象を与えてしまうことも少なくありません。自己PRで積極性を用いる際には、どのような点に注意すべきか知っておきましょう。

必要性に迫られてやるのは積極性ではない

物事に必死に取り組むこと、精一杯頑張ることが、すべて積極性があると判断されるわけではなく、取り組みの姿勢が重要です。どれだけ力を尽くしたことでも、必要性に迫られて仕方なくやったことでは、積極性はアピールできないため注意しなければなりません。

やむを得ないことに取り組む場合は、どれだけ頑張っても課題を「こなした」という印象になってしまいます。積極性は自分から行動し、働きかけることが大切で、自分から取り掛かることが求められます。やらされた、こなしたという表現は、積極性のアピールには不向きなため注意しましょう。アピールする題材を選ぶ際には、物事への取り組みの姿勢という、根本的な部分から見直さなければなりません。

企業が求める人材像を意識することが大切

積極性はポジティブな印象を与えやすく、自己PRの題材の中でも使いやすいことは確かでしょう。しかし、仮に上手に売り込めていたとしても、アピールの内容と企業が求める人材像があまりにかけ離れていると評価されない場合もあります。そもそも自己PRは、企業が求める人材像に合わせて自分を売り込むことが大切です。

自分の魅力、アピールポイントを好き勝手に提示していいわけではなく、志望企業が求めるものに合わせて、内容を変えなければなりません。志望先が積極性や意欲の高さ、向上心の高さを求めているなら、アピールしても問題はないでしょう。しかし、これら以外で全く別の能力、人柄を求めている場合は、それらの人物像との関連性を考慮して内容を工夫することが大切です。

面接では積極的な発言が必要

就活の評価は応募書類だけで決まるわけではなく、面接を通して細部までチェックされ、最終的な合否が決定します。自己PRの題材に積極性を選ぶなら、履歴書、エントリーシート、面接すべてで題材を固定しなければなりませんが、それだけではなく実際に積極性を見せることも大切です。積極性を題材に上手に自己PRができていても、実際に面接での振る舞いで積極性が感じ取れないと、アピール内容の信ぴょう性が薄れてしまいます。

特に集団面接において、質疑応答が挙手制の場合は注意が必要です。他の学生に順番を譲り続けていると、積極性がないと判断されることも多いでしょう。自己PRの内容と本来の人柄、能力が違うと判断されると説得力が欠けてしまいます。

積極性を上手に使って自己PRをしよう

就活では自己PRは必須であり、書類選考から面接まで幅広いシーンで求められます。自己PRは何を題材にするかだけではなく、どのように伝えるかも大切で、細部までこだわってアピールの内容や方法を考えなければなりません。積極性はポジティブな印象も強く、好印象にもなりやすいため自己PRの題材には適しています。

しかし、アピールの方法次第では題材のよさを存分に活かすことができず、場合によってはマイナス評価になることもあります。大切なのはただ伝えるだけではなく、上手に伝えて採用メリットをアピールすることです。企業に自分を売り込むことを意識し、積極性をどのように伝えるべきかを考え、こだわったアピールで高評価の獲得を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ